2017
09.22

レッスン2017♭31(^^)/

Category: レッスン
レッスンに行ってきました。 

*バッハ/イギリス組曲第3番プレリュード*
レッスンで出された課題を家で何度も練習した。
左手が自由に動くようになり、
少しテンポアップしても止まらず弾けるようになってきた。
1ページ目途中まで弾くと「随分出来るようになりましたね」と、
曲らしく仕上げていくレッスンになった。
左手、低音部に進むところはクレシェンドして存在感を出す。
調が変わり色合いが変わるところは音量等で変化をつける。
同じ音型の掛け合い部分はそれと分かるように。
その他、細かく指導していただく。
すごく面白くて弾くのが楽しいのだが、そろそろ終了になりそう。

*ベートーヴェン/ソナタOp.90 2楽章*
今回も更に曲想を付けるレッスン。
どの曲でもそうだが、出だしは難しい。。
出だしが上手くいかない、という話から、冒頭4小節だけの集中レッスンに。
何度も何度も出だしを弾いてみる。先生の言われるように。
少しだが、感覚が掴めたように思う。
冒頭の主旋律は「こんなに美しいメロディです」と主張するように。
次に、同じ旋律を1オクターブ高くユニゾンで奏でる部分は、
音量を上げて歌い上げる。
一つ一つの音、フレーズの流れの意味を考え表現していく。
溜めるところは丁寧に、そしてその後はテンポアップして
拍が間延びしないよう辻褄を合わせる。
この曲は4分の2拍子。2拍子であることを感じて。
2拍子の弾き方のコツ等を教えていただく。
その他、細かく指導していただいた。

今回も楽しかった~~♪
帰ってからレッスンで学んだことを思い出しながら練習。




Comment:1
2017
09.21

最近考えていること( 一一)

Category: ピアノ
芸術の秋ですね。
まだ日中は暑い日がありますが、朝晩は肌寒くなってきました。

最近、選曲など今後の進む方向(?) について色々考えています。
来年の発表会の選曲は、もう一度検討し直すことにしました。
古典派(モーツァルト&ベートーヴェン)から候補曲を数曲選び、
先生に相談して消去法で残ったのは、モーツァルトの幻想曲K.475でした。
この曲は過去2回習ったことがある、本当に大好きな曲。
発表会曲として先生のOKが出たことはとても嬉しかったのですが、
ふと「発表会で弾く、というのはどうなんだろうか?」と迷いが。。
幻想曲K.475は、10分超えの長い曲。。
私は好きですが、一般的にはそう有名でないだろうし、、、
譜読みは出来ててある程度弾けますが、練習期間は半年位。
発表会で弾ける位まで仕上げるのは大変だし。。
(しかもモーツァルト 笑 粗が目立ちますよね。。)
一番気にかかるのは”演奏時間が長い”ということ。
今年バラード1番に挑戦して、色んな意味でもの凄く大変だったので。。
やはりもう少し短い曲にしようかと、古典派にこだわらず選曲中です。

趣味のピアノは、自分の好きな曲を選ぶことが出来るのが良いところだと思います。
(先生により、曲を指定されたり、曲によりOKが出なかったり、様々だとは思いますが)
自分の年齢などを考えて”本当にやりたい憧れの曲”に挑戦されている方って、
結構おられるのでは?・・と思っているのですが。私もその一人です。

何度か書いた記憶がありますが、数年前ピアノ友達が、
「いつピアノが弾けなくなるかわからないから、今、憧れの曲に挑戦する」と、
ショパンの「幻想ポロネーズ」1曲に1年以上かけて取り組まれていました。
その影響で私も超無謀な憧れ曲に挑戦することにしました。
最初に選んだのは、ショパンの「ソナタ3番1楽章」
譜読みを始めたものの、今までの曲とは違い私には相当難しくて、
ソナタ3番の前に「バラード1番」に挑戦することにしました。
詳しくは書きませんが、1年以上取り組んで得るものは沢山あったけど、
私には難しすぎた曲でした。(発表会後、弾くどころか楽譜さえ開いていません。)
・・プロがレパートリーとして弾く曲ですしね。
そして、やっぱり私は長い曲というのがどうも苦手なようです。。
(習ったり遊び弾きするのは大丈夫だけど、本番演奏は、、、しんどいかな~~)

発表会後から自分の課題をクリアするためのレッスンをお願いしています。
数年前から”1曲を深くやる”という方向のレッスンでしたが、
最近は更に”細かく深く”なった様な気がします。。。
現在取組中のベートーヴェンソナタは、譜読みはそれ程難しくなかったのですが、
ある程度形が出来てからの曲作りが難しくて。。Σ(ω |||)
先生の要求されることが難しくなってきました・・・
ただ音を並べるだけでは音楽にならない、ということを感じています。
よく先生が「重箱の隅をつつくように、小姑のように・・」などど言われるのですが、
そんな風にきめ細かくレッスンしていただくことは、とても嬉しいことだな、
・・などと、同教室のピアノ友達(幻想ポロネーズの方)と話したことがありました。

さて、私の今後の進む方向は・・(あまり変わっていませんが)
課題曲は2~3曲、本番演奏は教室発表会と年2回の弾き合い会。
課題曲は、バッハと古典(モーツァルトとベートーヴェン)とショパン+α
本番曲は短め(10分を超えない)、そして出来ればじっくり曲想を付ける余裕のある曲。
本番曲に超無謀曲を選曲するのはやめようと思う。
 ・・思うのだが、私がやりたいと思っている超無謀曲
 (ショパンの大曲、ソナタ3番とか)って、私には音を並べることが大変で。。。
 その先にある”曲としての表現”にまで辿り着くことが困難なわけで、、、
 ただ音を並べるだけ、の演奏になってしまう、或いは音を並べることさえ出来ないかも。。
 そう思うと、超無謀憧れ曲はレッスンで出来るところまで見ていただき、
 自分一人でこっそり楽しんだ方がいいんじゃないか、という気がしている。
今一番やりたいのはベートーヴェンの後期ソナタ(28番30番31番)なんだけど、
後期ソナタは内容が難しいみたいで、、、やはり簡単に弾けるものではないみたい。

まず、発表会の曲を決めないと、、、ですね(笑)
何曲か選んだので、先生に相談してきます~~♪




Comment:2
2017
09.17

次の曲は未定( 一一)

Category: ピアノ
先日のレッスンで、エチュードOp.25-11は一旦終了としました。
理由はいろいろと思うことがあって。。(限定記事に少し書いたけど・・)
一旦終了となったので、次の曲はどうする?
・・といきたいところなんですが、今回は次の曲を決めていません。
こちらもいろいろ思うことがあって。。(こればっかり・・(^^;)
しばらくの間、イギリス組曲とベートーヴェン2曲のレッスンの予定です。

今の先生とは10年のお付き合いになります。
体験レッスンで”弾き方を変えれば楽に弾けるようになる”という指導を受け、
肩こりや手の痛みに悩んでいた私は、即、教室に通うことに決めました。
習い始めた当初から、私に合う「楽な弾き方」をその都度教えて頂き、
弾き方を改善しながらレッスンを続けてきました。
10年前に比べれば、ピアノでの肩こりはなくなり、
手や腕が痛くなることも少なくなってきました。
でも、やはり昔からの癖というものは簡単に直らなくて。。
次の段階に上るために、クリアしなくてはならない壁。
その壁を乗り越えるため、親指改善レッスン中です。
(親指改善・・簡単に言えば親指の独立問題?ですね)
現在イギリス組曲で親指改善のための練習をしています。

そして、ベートーヴェンOp.90 2楽章。
今取組中のベートーヴェンは譜読みから見ていただきました。
フレーズごとに一つずつ弾き方を見ていただき、
現在、深く曲想を着けていくレッスン中です。
こちらは秋の弾き合い会で弾く予定です。
本番演奏する曲ですので、今まで以上にこと細かいレッスンとなり、
レッスン時間はあっという間に過ぎてしまいます。
レッスンのスタイル(というのかな?)は、私は課題曲3曲というのがベスト
なんですが、今は2曲レッスンで時間一杯なので新曲はなしにしました。

・・というか、今やりたい曲が思いつかない、決められないんですよね・・
本番が終わったら来年の発表会曲の練習を始めるつもりですし。。
発表会曲も(限定で少し書いたけど、)まだ仮決定なので・・|д゚)|||
何だか久しぶりに「やりたい曲」が決められません。
やりたいと思う”超無謀曲”や”先生のOKが出ない曲”はあるんですけどね。。。

乗り越えられない壁、何とかしたいな~~(T_T)
・・・ぼちぼち、いきます~~~



Comment:0
2017
09.15

レッスン2017♭30|д゚)|||||

Category: レッスン
レッスンに行ってきました。

*ショパン/エチュードOp.25-11 *
久しぶりに通しで弾く。
少しメロディが聞こえてくるようになった。
右手はミス多発だが、それなりには弾けるようになった。
約5ヶ月、今の自分に出来ることはやった。
課題はクリアできなかったが、悔いはない。
私には無謀な曲なのは承知の上で、見て下さった先生に感謝。
今回で一旦終了~~( 一一)

*ベートーヴェン/ソナタOp.90 2楽章*
今回も更に細かく曲想をつけるレッスン。
ペダルはあまり気にしないで曲らしく仕上げていく。
冒頭からいきなりストップ。
右手の旋律を歌わせるために大切なのは、伴奏である内声部。
フレーズの繋がり、旋律の流れをよく考え、そのイメージにピッタリ合う音を出す。
繊細に。乱暴にならないように、自分の音をよく聴いて創り上げる。
229小節~弦楽四重奏の様な掛け合い部分は、音量をよく考える。
特に右手が伴奏の部分は、自分が思うよりもっと小さい音で弾かないと、
左のメロディが聞こえてこないし、右手がメロディに聞こえてしまう。
ペダルを踏む場合も、音量により踏み替えずに弾ける場合もある。
求める音により、弱音の出し方(弾き方)を変える。

ベートーヴェンは少し飽きてきたのだが、
レッスンを受けるとまた新鮮な気持になった。
ただ音符を並べるだけでは音楽にならないのだ、と実感。
やっぱり先生のレッスンは面白い♪ベートーヴェンは面白い♪



Comment:2
2017
09.14

仮決定etc.

Category: ひとりごと
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

2017
09.14

モーツァルトの短調曲

Category: モーツァルト
来年の発表会曲はまだ決まっていませんが、候補曲を少し譜読みしています。
その中で、現在お気に入りはモーツァルトの幻想曲KV396♪
難しいので発表会曲には無理だろうけど、譜読みだけでも楽しいです♪

他に、モーツァルトの短調曲(ピアノ曲)はないかと検索していたところ、
こんな動画を見つけました↓
  
 ♪モーツァルト/幻想曲へ短調K.608
 元々は自動オルガンのための曲で、オルガン曲らしいです。 
 また、モーツァルトの手でピアノ4手連弾に編曲されているとか。
 ブゾーニ編曲のソロ版もあるようです。
 こちらの動画は”ペダルピアノ”というピアノだそうで。。

 
 ♪モーツァルト/アレグロト短調K.312
 モーツァルト晩年の作。
 プロイセン王国のフレデリケ女王に依頼された「6つのやさしいソナタ」
 の1曲と言われているK.576に続くものとして、このアレグロを、
 ソナタの1楽章にあてるつもりで作曲したらしい、と言われている。

 やっぱり短調の曲が好きだな~~(o‘∀‘o)*:◦♪



Comment:6
2017
09.11

モツソナ練習中(''ω'')ノ

Category: ソナタ
今月の自主練曲「ソナタKV570 3楽章」ぼちぼち練習中です。

<ソナタKV570 3楽章>
 Allegretto 変ロ長調(B-dur) 変則的ロンド形式
この曲は4ページと少し短め。今回は繰り返しを省かずそのまま弾くことにした。
楽譜はシンプル。対位的な部分もあり、基本的な練習をするよい機会だと思い、
片手練習、スケール等の部分練習、指使いの見直し、等をやっている。

K570 1 K570 2
♪冒頭部分(ウィーン原典版)
左手オレンジ部分は同じポジション。ノンレガート。
指使いはPeters版を参考に自分が弾きやすいように変更。

K570 3 K570 4
♪左28小節~、右40小節~
指使いを変更。28,40小節は最初3,4,5432・・で弾いていたが、
小指(下行スケール頂点の音)が上にピンとはねる癖があり、
油断するとその癖が出て音が揃わないので2,3,432・・に変更した。
29、41小節のスケールは親指の指くぐりに注意(イギリス組曲で習ったように弾く)
30、42小節の同音連打部分は5→4へ指替え。

スケールの方向が変わる部分、小指で頂点の音を弾くところは昔から苦手。。
ツェルニー50-1番だけど。。めちゃくちゃ弾きにくかった(;^ω^) 
 3,4,5,4,3・・という指使いが難しくて。ハ長調だから余計に弾きにくい。
 (当時の先生は合格ラインが相当甘かったので、すぐに終了したけど。。。)
 ツェルニーって・・やっぱり嫌いやわ~~(^-^; 
ツェルニー ツェルニー

K570 5
K570 6 K570 7
♪75~82小節。対位的な部分。
それぞれのパート(右手と左手)を練習。それから合わせる。
同音連打が多い。指替えして弾いている。スタッカートは跳ねない。

イギリス組曲もだけど、こういうシンプルな曲は粗が目立つ。。
粒を揃えて弾くのは難しい。でも、いい練習になる。
スケール・アルペジオを練習するのもいいが、
取り組んでいる曲や練習時間等を考えると、
私は曲の中で部分練習する方が合っている気がする。



Comment:0
2017
09.08

レッスン2017♭29!(^^)!

Category: レッスン
レッスンに行ってきました。

*バッハ/イギリス組曲第3番プレリュード*
今回は、左手スケール風音型の弾き方レッスン。
速度を上げて、粒をそろえて弾くにはどうするか?
和音ごとのポジションで弾く。
親指の独立。指くぐり部分で親指が力まないよう注意。
手の甲の向きは変わらない。平行に移動。
まず、これをクリアすること。

*ベートーヴェン/ソナタOp.90 2楽章*
短縮バージョンでのレッスン開始。
まず、ペダルの確認。
次に、最初から曲想を細かくつけていく。
フレーズの終わり、指が離れる時の音に注意。
音符の動きをよく観察して表情をつける。

今一番苦戦しているのはエチュード。
このまま続けて練習するべきか・・ここで終了するべきか、悩むところ。。
先生に聞いたら、まだレッスンであまり見ていないのでこれからです、
と言われた。もう少し頑張ることにした。
2ページ目が出来ないんよね。。。どうなることやら(;^_^A



Comment:0
back-to-top