FC2ブログ
  大人になってピアノ再開しました
練習中♪バッハ 平均律Ⅰ第11番フーガ
2019年06月28日 (金) | 編集 |
 現在取組中の平均律第1巻11番フーガ、
練習過程の記録として音源アップしておきます~♪
 
 <練習中♪バッハ/平均律第1巻11番フーガ>
 
・2回録音しました。
 1回目より2回目の方が、バスに登場するテーマ(主調 F-dur) が
 よく聞こえている気がします。
・27~30小節の右手で2声部を弾く部分は、アルトにテーマが登場するのだが、
 ソプラノの音量が控えめに出来なくて苦労している。。
 大きく出す方がまだ出しやすいかな・・
・本当は音質に変化を付けられればいいのだけど、それは難しすぎる💧
 まず片手で声部ごとに音量を変えることをクリアしたい。

 KIMG0311~2_LI

レッスンでは、一部分だけ取り出して見てもらっています。
時間をかけてやる予定。 ・・・いつまでかかるやら~~~💦

 フーガらしく、立体的に弾けるようになればいいのだが。。。




久しぶりにフーガ♪
2019年05月14日 (火) | 編集 |
平均律第1巻11番フーガを練習しています。

・・フーガ、すっごく久しぶりです!
昔よく遊んでいた懐かしい人 に再会したような気分です(笑) ・・なんやそれ。。

楽譜を見たら、ⅠやⅤ、A,S,B,の書き込みが。。。
以前平均律をやっていた時に、次の曲として譜読みしていたみたいです。
(イギリス組曲をやることにしたので、そのまま放置してました)

KIMG0307_2_convert_20190514170104.jpg 
久しぶりに弾いてみたら面白くって~♪
つい何度も繰り返し弾いてしまいます(笑) バッハはスルメ 状態 
最初、どんな感じの曲なのかと3声で弾いてみて、次に1声部ずつ練習。
2声部ずつ合わせたり、右手だけ・左手だけで練習したり・・
いつもの練習パターンですね。

プレリュードが難しかったので、フーガがすごく弾きやすいと感じます(笑)
 ・・気がするだけやけど~~💧そんな甘くないわよ、きっと(;^_^A

久しぶりのバッハ祭りかしら~~ フーガ11番&フランス組曲アルマンド


     ・・・て、プーランクは?。。。(;^_^A 
              こりゃ譜読み進まないわ~~~💧





久しぶりにバッハ♪
2019年04月18日 (木) | 編集 |
発表会が終わった・・ということで、次の課題曲を練習しています。

新曲はエディットピアフ。譜読みはまだ終わっていません。
フレーズに沿って譜読みをしていますが、
まずレッスンで見てもらってからかな~と思い、1~2ページを少しずつ。。
バラードは後半に進む予定。なので、こちらも譜読み中。

さて、バッハ平均律。
1巻11番に取り組んでいますが、プレリュードが難しくて・・
 ・・こちら底なし沼に浸かり中(笑)トリルが~~~💧
プレリュードの練習に嫌気がさして、フーガの譜読みをやってみた。
すると、これが思いのほか楽しくって♪ 
プレリュードの方が好き、というパターンが多いのだけど、
11番はフーガの方がいいわ~~ ・・プレリュード嫌や~~(。>(ェ)<。)エエェェェ
 ・・やるしかないか。。:(;゙゚''ω゚''):ぼちぼち頑張るわ~~

話は変わりますが、
”ピースの裏表紙”(笑)を眺めていたところ、
№.44「エコー:バッハ」・・という曲が。
どんな曲なんだろう?と気になり調べてみたら、
「フランス風序曲ロ短調(パルティータ)BWV831」の終曲
「エコー」だった。

 ♪バッハ/フランス風序曲(パルティータ) BWV831
 
 1-序曲 2-クーラント 3-ガヴォットⅠ&Ⅱ 4-パスピエⅠ&Ⅱ
 5-サラバンド 6-ブレーⅠ&Ⅱ 7-ジーグ 8-エコー
*管弦楽組曲の形を2段鍵盤のチェンバロ用に書いたものと言える曲。


短調だし、結構好みの曲だわ~♪
 ・・家にあるシフさんのCDに収録されていました!
 ちゃんと聞いていなかったのよね・・ついでに楽譜もあったわ~

まだまだ知らない曲はたくさんありますね~♪




そろそろバッハを・・♪
2018年11月13日 (火) | 編集 |
 ・・レッスン復活させたいな~(#^.^#)と思っています♪
ベトソナテレーゼが終了してからなので、12月のレッスンからですね。
次は平均律第1巻をやる予定です。
バッハ大先生(笑)は、イギリス組曲第3番を1年以上やっていたので・・・
平均律はものすごく久しぶり~!いつ以来?と思い調べてみたら、
去年の6月末に第1巻16番が合格して以来だから・・・約1年半ぶり!!

 わ~~~なんか新鮮やわ(笑) ((^∀^*))
              ・・・フーガ弾けるやろうか( ̄▽ ̄;)

次はですね、平均律第1巻11番 ヘ長調 です♪
イギリス組曲のジーグをやっている時に先生に選曲してもらって、
少しだけ譜読みしていたんですよね。
♪プレリュード♪ 
 装飾音(ひげの付いてるやつ)の弾き始める音が分かるように矢印で記入してた。
KIMG0027_2_convert_20181113194722.jpg
♪フーガ♪
 声部ごとにテーマが始まる部分に印を入れていた。
KIMG0028_2_convert_20181113194803.jpg 
少しだけ弾いてみたら、プレリュードは何となく覚えてました。
フーガは。。。。。Σ(゚д゚|||)
     ま、一から地道にやらないと、やね(笑)

因みにこんな曲👇


・・は、はやっっ!!(゚△゚;ノ)ノ
 ・・・こんなに速くは無理やけど、雰囲気は近づけたいなぁ~~




終了♪イギリス組曲第3番
2018年08月31日 (金) | 編集 |
・・・( ´Д`)=3 フゥ つ、ついに終了しました~~!!ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ 
  🎼バッハ イギリス組曲第3番~~!!

去年の7月から取り組み始めたので、1年2ヶ月もやっていたのです。
ということで~~終了記念として(?)
イギリス組曲第3番取り組みの軌跡 を辿っていきます(笑)

レッスン開始♪2017年7月初め
・プレリュード・・レッスン回数11回 4ヶ月半(途中、ショパンと交互レッスンになっていた)
 ページ数が6ページ!とバッハの曲過去最長であった。
 なめてたわけではないが、譜読みが大変だった(;´Д`A ```
 少し弾けるようになった頃、秋の弾きあい会のエントリー曲にどうか?
 と先生に打診。が、却下されるΣ(゚д゚lll)ガーン
 本番で弾くためには、先生の言われる弾き方が出来ないと難しい ということで、
 エントリー曲はベトソナ27番2楽章にした。
 でも、どうせやるなら。。と効率よく楽に弾く弾き方で仕上げることになった。
 これはすごくいい経験になった。
 

・アルマンド・・レッスン回数6回 1か月半
 フランス組曲でもアルマンド、特に短調のアルマンドが好きだった♪
 このアルマンドも好きな曲のひとつになった。
 フランス組曲より少し複雑で難しかった。
 

・クーラント・・レッスン回数5回 1か月半
 この組曲中ではガヴォットに次いで弾きやすかった曲。
 やはりフランス組曲のクーラントより難しかった。
 年内に終了しなかったので次の年に持ち越しになった。
 

・サラバンド・・レッスン回数13回 3ヶ月半
 譜読みはとてつもなくややこしく、長い装飾音に悩まされた(。pω-。) 
 ようやく譜読み出来たが、譜面通り弾いてもこの曲らしくならない。
 ”レチタティーボ”のように弾く。。。表現能力の壁にぶち当たった。
 プロの演奏を聴き、いろいろ考え試したけれども、
 最後まで歌うようには弾けなかった。
 今まで習ったバッハの曲中、一番難しかった曲。

・ガヴォットーミュゼット・・レッスン回数2回 半月
 サラバンド地獄の後、一回目のレッスンで特に直すところはない、
 と言われた(笑)あと1回やって高速終了となった。
 

・ジーグ・・レッスン回数13回 3ヶ月半
 フランス組曲で散々苦労してきた苦手なジーグ。。。
 覚悟して挑んだ。やっているうちにどんどん好きになった曲。
 終曲なので とことんまでやろう、と粘って粘って取り組んだ。
 苦手な部分は克服できなかったが、ジーグらしく弾けて良かった。
  

・・・サラバンドは思う様な演奏が出来なくて音源アップできなかったな。。。

しばらくバッハはお休みです。(つ∀-)オヤスミー