2017
08.03

ショパンワルツあれこれ( 一一)

Category: ワルツ
ショパンのワルツ、と言えば「小犬」「華麗なる大ワルツ」「別れのワルツ」~等
有名曲人気曲がたくさんありますよね。
ショパンワルツ中で一番好きな曲、と言えばやはり
子供時代の憧れ曲だった「ワルツOp.64-2」です~♪

子供時代はショパンの曲に殆ど縁がありませんでした。
やはりピアノといえばショパンです♪憧れ曲もたくさんありました。
大人になって最初に習ったショパンの曲はノクターン2番でしたが、
その後は「最初はワルツから~」と言われ何曲か習いました。
 今まで7曲習いましたが、14番遺作以外は人前演奏したことがありました。
ワルツの難しさは、左手。そして3拍子のリズム。
日本人は3拍子が苦手らしい・・先生によく「盆踊りになってる」と言われました💦
  話が少しそれますが、私が最も苦手な3拍子系の曲はジーグ・・
  バッハのフランス組曲で何曲か取り組みましたが、大苦戦。。
  8分の3拍子系の曲が苦手なんですよ~~~
  3拍子でもメヌエットはとても弾きやすいんですが。

さて子供時代の憧れ曲「ワルツOp.64-2」(#^.^#)
最初に買った楽譜は全音ピース
DSCN0592_convert_20170803100418.jpg 
定価150円!!・・時の流れを感じるΣ(゚Θ゚)
子供の時の先生の書き込みがありました。

大人教室時代は春秋社井口版を使っていました。
この楽譜はワルツ集とマズルカ集が収録されていて、
当時ちょっとお得♬な気がして買った記憶が・・
でも、マズルカは楽譜を観ながらCDを聴くことはしていたけど、
1曲も習っていないという~~Σ(´Д`lll)エエ!!

今はパデレフスキ版を使っています。
I先生に小犬(3回目の挑戦)を習った時も使いました。
今回自主練を始めて気がつきましたが、
昔習った時に使っていた春秋社版と違うところがありました。
全音 春秋社
*左が全音、右が春秋社。31~32小節ですが、
パで パでレフスキ
*パデレフスキ版は31~32小節が左、159~160小節が右。
全音、春秋社版では後半部分も同じですが、
パデレフスキ版は後半だけ2声部になっている。そして4番目の音ミに内声ソがない・・
DSCN0601_LI_convert_20170803100642.jpg DSCN0602_LI_convert_20170803100703.jpg
*左が春秋社、右がパデレフスキ版。中間部Piu lentoの86小節目。♮の位置が違う。。
こちらはずっと春秋社版のように弾いていたので、ちょっと違和感が。。
プロの演奏を聴いてみようと思います。

1ヶ月後音源アップを目標に練習します。。。(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー






Comment:0
2017
07.24

石の上にも3ヶ月(?!)

Category: エチュード
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

2017
05.29

鍵盤を這うように?(一一")

Category: エチュード
♪ショパン/エチュードOp.25-11♪
以前から習いたかった、「どうしてもやりたい曲」の1曲。
譜読みが大体出来て弾き方のレッスンに入り3回目。。(一一")

。。。面白くなってきました~~~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
 やっぱり、やりたい曲をやらなくっちゃ!! 少々無謀でも 笑
 やっぱり、レッスンで見てもらうと違うわ~~ 俄然やる気が出た!

今はまだ右手のポジションを覚えている段階。
ペダルを付けず、ただひたすら右手の練習をしている。
でもこれが面白くって、つい夢中になってしまい、
気がついたら練習終了時間・・てことがよくある。
  あ~~もっと練習時間が欲しい~~ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

右手5小節目、ジグザグ下行音形やけど・・・
25-11 ① 
6連符の1.3.5番目の音と2.4.6番目の音の2段で下行していく。
1.3.5番目の音は543指、2.4.6番目の音は21指で弾くから、
543指グループと21指グループを交互に弾いていく。
すると、鍵盤を這うように指が下行していくのだが・・これが(笑)
 すごく面白い!・・て、何が?!って感じかもしれないけど
先生が言われるように弾くとスムーズに手が動くのだ!
25-11 ⑤ 
41小節の左手。最初は音が揃わず弾きにくかったけど、
先生が言われるように手の角度を少し変えただけで、
突然スムーズに弾けるようになったのだ!
こんなちょっとしたことがすごく嬉しい~~♪

アルペジオ音型は少々手強い・・
25-11 ② 
9小節目。ここ、白鍵ばかりなので難しい・・・
25-11 ③ 25-11 ④
28~29小節。こちらは黒鍵があるパターン。

やはり黒鍵がある方が弾きやすい。(ショパンが言ったように・・)
白鍵ばかりだと手が安定しないし、ポジションが覚えにくいみたいだ(一一")
観察すると、親指は同じ音(9小節目はファ)の鍵盤を弾くから、
親指の打鍵に注意したら上手く弾けるような感じだな~
先生によく言われる”親指と他の指は別のグループ”ということだ。

難しいけど、自分であれこれ考えて少しずつ形になっていくのが楽しい~♪
  次のレッスンも楽しみだな~~v(o゚∀゚o)v


Comment:2
2017
05.12

細かい音符から( 一一)

Category: エチュード
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

2017
04.09

メトロノーム練習、その後・・"(-""-)"

Category: バラード
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

back-to-top