FC2ブログ
  大人になってピアノ再開しました
2020年01月10日 (金) | 編集 |
今年の前半は、本番演奏の予定が2回あります。

教室発表会ー4月下旬
地元の弾きあい会ー5~6月頃
発表会の曲は、ショパン・バラードOp.52 
弾きあい会は、プーランク・ノクターン第1番 を予定しています。

先ずは教室発表会。
今年は開催されない予定でしたが、諸事情により急遽開催となりました。
会場等が決まったのは12月中旬。
先生に連絡をいただいて、参加することにしました。
 ・・思えば、自分の中で出ないという選択肢はなかったな。
曲に取り組む期間が3ヶ月半位なので、
過去に習った曲・本番演奏した曲から数曲選びました。
 ・・短めの曲、よく弾いていた曲がいいかと思い、
 ショパンーノクターン2番、ワルツ7番、別れの曲、エオリアンハープ、革命、
 モーツァルトーソナタK.330 1楽章 を弾いてみて、
 最終的に、別れの曲か革命にしようと考えていました。


年明けのレッスンから発表会の曲に取り組むとして・・
さて、どうしようか・・と。
バラード4番はどうしようか、と悩んでいました。
実は、11月中旬にコーダのレッスンが終了となり気持ちが切れてしまって。。
取り組んで2年になる3月までは続ける予定でしたが、
発表会の曲とプーランクとバラード、3曲取り組むのはちょっと。。
どれもが中途半端になりそうで。
今年(2019年)でバラードは終わりにしようか?とも考えました。
でもね。。。自分の中で納得がいかなかった。
1年半以上取り組んできて、中途半端で終わりにすることが。

答えが出ないまま、去年の最終レッスン前・・
練習をしていてふと思い出したのが、先生の言葉
「弾けるところまで、途中まででもいいんですよ」
・・そうよね。それでもいいよね。
  やっぱり自分が弾きたい曲を弾くのが一番やわ。
  取り組むことに意義がある。

そう思って、発表会でバラードを弾くと決心しました(笑)
今、かなり必死で練習しています💧
敵は手強いです!一筋縄ではいきません・・
時々「ホンマに大丈夫か?」と不安になりますが、、、
でも楽しいです♪・・あまりに弾けなくて、時々落ち込むけど~~笑

気合いを入れるため(?!)グランド練習の回数を増やすことにしました。
発表会まで月2回は行きたいと思っています。
早速、今月1回目のグランド練習をしてきました。ひとりグランド練習会笑
2時間みっちりバラードの練習・・ではなくて、
最初は30分位ソナタ月光1楽章を練習してましたが~~ ええんかぃ(;^_^A
それから1時間半、バラードの練習をしました。
・・やっぱり、あまりにも弾けなくて悲しくなりましたが💧



♬一応録音もしたので、スタート地点の演奏として
 音源をアップしておきます。あちこち傷だらけです!
 コーダ前の連続オクターブ和音で音が分からなくなり・・💧
 (・・この部分は楽譜を見てないんです。対処法を考えないと)
 録音はそこまでです。コーダは玉砕しました・・☠
  やはり、一番の難関はコーダです。
  コーダ単独なら弾けても、曲の最後にあのコーダ。。。
  。。。かなりキツい。。。 どないするねんっ💦

 それと、録音レベルが何故だか高すぎて、
 すごいノイズ・・雑音が~~( ̄▽ ̄;) なんでやねん~
    ・・耳痛いで・・・なんでやねんっ( ;∀;)
 ・・そうそう、途中で咳込んでますが💧風邪やないです^^;
 部屋が乾燥してたのか?喉が急にイガイガしたのよ~~


 練習中♪ショパン/バラードOp.52⑬~199小節まで



 <追記>
 プーランク・ノクターンはまだ譜読み中。。
 中間部以降が???の嵐。。。
 それと、バッハはしばらくお休み💤



2019年11月02日 (土) | 編集 |
 バラードOp.52の練習記録です。

今回で12回目となるバラードの練習記録は、
取り組み始めて4か月目の頃から1~3ヶ月に1回のペースで、
レッスンを振り返りながら自分の覚書として限定記事にしてきました。
現在レッスン記を限定記事にしているので、
今後、バラードの練習記録は公開記事にします。


今年3月末頃から後半(135小節以降)の譜読みレッスンが始まりました。
そして、最後の難関、コーダのレッスンが始まったのが9月。
前半もスローペースでしたが、後半もかなりのスローペースです💧
・・なんていうのか、早く進むのがいいわけではないと思うんですよね。
時間をかけてコツコツと丁寧に、一つの事を深くやる、
今の私にはその様に取り組むことが大切なんだと思っています。

👇主題Ⅱの再提示部分ですが、この部分は何度もダメ出しされました💧
 まず細かい音符主体(左手16分音符音形)で練習。
 右手の主旋律(和音)は左手に縦に揃えるところから始まり、
 次は主旋律を歌わせていく段階に進みました。
 この、「旋律を歌わせる」というのがすごく難しくて・・・
 何度も、何度も、同じことを繰り返し、見直しレッスン。。
 最近、ようやく歌えるように(完全にではないが・・)なってきました。
KIMG0424_2_LI_convert_20191025211851.jpg
KIMG0425_2_LI_convert_20191025211913.jpg
・コーダはまだまだです。少しテンポを上げられるようになったものの、
 ミスだらけで雑なので・・つい、速く弾いてみたくなりますが・・
 基本に戻り、ゆっくり練習を心がけないと・・💧

 ⇩グランド練習室で録音しました。
 コーダが酷い状態ですが💦特に最後の1ページが・・・Σ(ω |||)
   現状把握のため貼っておきます。
   ♪バラードOp.52 133小節~コーダ


あと半年はやる予定です。
コーダのレッスンが終わったら冒頭からもう一度見てもらいます。
その時が楽しみ~~~♪




2019年09月01日 (日) | 編集 |
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

2019年06月29日 (土) | 編集 |
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

2019年05月10日 (金) | 編集 |
 KIMG0294_2_convert_20190510195831.jpg
バラードの後半部分(134~210小節)を練習しています。
本格的なレッスンが始まったのは発表会が終わってから。約1ヶ月経過です。
151~210小節はこの曲中一番好きなところです♪
左手アルペジオ(伴奏)に乗せて右手メロディを歌わせる、ノクターン風な部分。
本当に美しくて、何度も繰り返し弾きたくなります。
美しく哀しげなヘ短調の主題1変奏部分。
そして、変ニ長調に色合いが変わる第2主題再提示部分。
KIMG0295_2_convert_20190510195809.jpg
⇧この部分もすごく好き♪
KIMG0296_2_convert_20190510195746.jpg
⇧175~176小節、あまりに美しくて涙が・・
ここ、本当に美しく歌わせたいなぁ~~
KIMG0297_2_convert_20190510195730.jpg
少しずつ上り詰めていく左手スケールの先に、大洋(25-12)の音形が✨
KIMG0298_2_convert_20190510195704.jpg
⇧コーダ前の連続和音。
レッスンでf~fff、ppの出し方を教えてもらいました。
手を固めず、自分にとって一番楽で最適なポジションで弾く。
fは苦手なので、つい無駄な力を入れて弾いてしまいがちですが。。
力技ではないんですね。
fもpも一番いい音が出る場所で弾く。
重みの掛け方で音量(音質)を変える。打鍵の速度でも変わる。
一度だけでなく何度も試して、聞いて、また試して・・
・・を繰り返していると出来るようになるのかな。
ベートーヴェンやモーツァルトのfとショパンのfは音質が違うそうです。
ベトベンのfは弾いて直ぐに音の頂点(?)がくる感じで、
ショパンは後から広がっていく感じ(?)とか・・(上手く説明できないけど・・)
(もちろん、全てに当てはまるわけでないけど・・)
綺麗なfを出せるようになりたいな。。。

そして、この連続和音からコーダへ。。。
(休符はお休みじゃない。コーダに向けて進んでいく)
KIMG0299_2_convert_20190510195643.jpg
レッスンはまだ先になるけど、片手ずつ譜読みを始めています。
一つずつポジションを確認。効率よく弾く。
KIMG0300_2_convert_20190510195624.jpg
右手の3度和音、強敵です💧ゆっくりなら大丈夫だけど、
テンポアップ出来るんやろうか・・・
左手はショパンお馴染み(?)の音形。昔は苦手だったわ・・・

少しずつ、少しずつ、亀の歩みだけれども、
手を痛めないように、綺麗な音で、自分に合った楽な弾き方で、
じっくりゆっくり、バラードの世界を楽しんでいます。