2018
02.09

部分練習~♪

Category: スケルツォ
今年最初の再トライ自主練曲 「ショパン/スケルツォOp.31」(一一")
練習開始~2か月目です。
1ヶ月目は、以前習っていた時の感覚を思い出しながらひたすら弾いていました。
まだまだ細かい見直しや部分練習が必要ですが、
前半Aと中間部Bは置いといて(笑)、
中間部後半の難関部分の部分練習に移りました。
(今後は短縮バージョンで練習します。Aの繰り返し部分133~264小節と、
 Bの繰り返し部分366~467小節を飛ばして弾きます。)

難関部は468小節から~~♪
スケルツォ2 ①
476~492小節を一気に弾く。
右手のアルペジオは移り変わり部分(頂点と底)がまだ確実に弾けない。
右手は右手、左手は左手で進んでいけるよう片手練習で覚える。
攻略のポイントは左手。
左手が勝手に動くようになれば、右手も自由に動くようになる。

スケルツォ2 ②
492~516小節。492小節の最初の和音は前のフレーズの終わりの音。
呼吸して弾き始める。ここも左手がポイント。
2・3拍目は同じポジション。そこから、1拍目のベース音に飛ぶ。
効率よく点から点へ移動。この音型パターンはバラード1番にもあった。
場所を覚えるために何度も部分練習。右手は2声部。

スケルツォ2 ③ スケルツォ2 ④
スケルツォ2 ⑤
544~552小節。以前習った時にお手上げだった部分。
544小節最初の和音は前のフレーズ最後の音。ここもポイントは左手。
ベース和音は♭ラ→♭ソ→ファ→♭ミ→♭レ→ド→♭シ→♮ラ と進む。
2・3拍目の和音は同じポジションで弾く。
また、前の和音の上の音と同音連打。
形は違うが、エチュード25-12で教えてもらった1→5の指替えの様にやる。
場所を覚えるために、2・3拍目を一つの和音で弾いて1拍目の和音に飛ぶ、
という練習をやってみた。
ここは右手の方が難しい(自分的には)ので、
左手が勝手に動くようになれば随分弾きやすくなると思う。

・・・という感じで部分練習をやっています。
まだまだ時間がかかりそうですが、マイペースで続けようと思っています。


Comment:0
2018
01.24

発表会に向けて・現在までの振り返り③

Category: ポロネーズ
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

2018
01.24

発表会に向けて・現在までの振り返り②

Category: ポロネーズ
~ポロネーズOp.26-1の取り組み記録~

<譜読みレッスン> 
*10月2週目・・24小節まで。3週目・・33小節まで。4週目・・発表会曲に決定。
 11月1・2週目・・フレーズに添った譜読みがほぼ終了。
 ♪譜読みレッスンについて♪
  昔から譜読みが好きで苦にはならないタイプ。
  大人になってからの2人の先生には「譜読みが早い」と言われた。が、
  拍子ごと・小節ごとに区切る昔からの癖があり、
  曲作りの前にフレーズの取り方や弾き方を直されるケースが多々あった。
  せっかく譜読みしても一からやり直し、また、
  中々弾き方が直らないこともあった。
  去年の発表会後、今後の課題点を克服するために、
  一度譜読みから先生に見ていただくことにした。
  最初は、手を痛めやすいベートーヴェンから。
  ベトソナ27番2楽章を、フレーズに添って一音1フレーズから、
  弾き方や音の出し方(手の方向、音の方向、ポジション、肘や腕の位置、 
  呼吸の入れ方 等)をある程度出来るまで時間をかけてじっくり見てもらった。
  そうすると、一からやり直すこともなく呼吸も自然で、かつ、
  手が楽で音も良い(自分レベルで、だが・・)、という風に譜読み出来て、
  その後の曲作りや仕上げにかかる時間も短く、仕上がり具合も良くなった。
  (あくまでも”自分レベルで” なので。)
  
<曲作りレッスン>
*11月3週目~1月1週目まで。
 譜読み段階に作った骨組み(フレーズに添った呼吸、弾き方 等)を基に、
 細かく曲の基本形を作っていく。
 (呼吸、音の方向、手の使い方、ペダル、メロディの歌わせ方、 
        内声部の弾き方、等)
  全ておかしなところがなく、つじつまが合う様になったら仕上げ段階へ~

<仕上げレッスン>
*1月2週目より。 
 曲の基本形を基に、フレーズをもっと大きく取って、細かい部分を気にせず、
 メロディが浮かび上がるように、流れるように弾いていく。
 今後は、強弱やアゴーギグ等 もっと表情を付けていく。
 
  ~③はレッスンのポイント(備忘録なので限定記事になります。)



Comment:0
2018
01.24

発表会に向けて・現在までの振り返り①

Category: ポロネーズ
早いもので・・・1月も下旬です Σ(´Д`*)
今年の発表会まであと約2ヶ月半となりました。
・・今回、ポロネーズ関連の記事はまだ一度も記してないんですよね~~
  ・・なんか面倒で ^^; 詳しいレッスン記とかさ💦
ということで、現在までの経過をまとめて記録しておこうと思います。

<曲決定までの流れ>
*去年9月初め、そろそろ次の発表会曲を決めなくては~と思い、曲探しを始める。
 今までは、本番曲はある程度形を作り寝かせていた曲や取り組んでいる曲から
 選んでいたのだが、今回バラード後遺症(笑)により弾ける曲がなく、
 (バッハイギリス組曲は無理やし、ベトソナ27番は秋の弾き合い会曲やし、、、
  木枯らしは・・・無理無謀すぎてパスやったし・・)

 半年ほどで仕上げられそうな曲から選曲することにした。
 2年連続ショパン(エチュードOp.25-12、バラードOp.23)だったので、
 古典にしようと思いモツさん&ベトベンの曲から数曲選び先生に相談することに。
  ⇩
*9月中旬、第1回選曲♪
 モーツァルト・・幻想曲ハ短調475、幻想曲未完396、ソナタ310 1楽章、
 ベートーヴェン・・ソナタ30番1&2楽章、ソナタ31番1楽章
 ⇒先生から、幻想曲未完は✖、310はアラが目立ち弾きにくい、
  ベトソナは手を痛めやすく後期ソナタは難しいからとOK出ず。。。
 消去法で幻想曲ハ短調が残り、取りあえず仮決定とした。
  ⇩
*9月下旬、幻想曲ハ短調は好きだけど、長い曲だし発表会曲としてどうなのか?と
 迷いが出て、もう一度古典限定でなく選曲することにした。
 第2回選曲♪
 バッハ・・平均律プレリュードから2曲、パルティータ1番プレリュード
 モーツァルト・・幻想曲ハ短調(・・一応)、ソナタ311 3楽章
 ベートーヴェン・・ソナタ24番1楽章、27番1楽章
 ショパン・・ワルツ5番、ノクターン8番・18番、即興曲3番、ポロネーズ1番・2番
 ⇒先生から、バッハ平均律プレリュードは軽すぎる(発表会向きでない)
  モツ311は、いいですね~でもモーツァルトは損(難しいのに難しく聞こえない)
  ショパンワルツ5番、いい曲だけど難しい部分があるのに軽く聞こえやすい。
  即興曲3番、難しい。ノクターンは大人向けで地味。・・等々
 この時点ではベトソナ24番とポロネーズ2番がお薦めだった。
   ⇩
*10月初め、発表会曲ほぼ決定~
 先生から「ポロネーズ1番か2番」と言われる。
 どちらか好きな方を選んで~と言われるが選べず、結局2曲同時に譜読みすることに。
*10月中旬、譜読みレッスンスタート。1番と2番を少しずつ見てもらった。
   ⇩
*10月下旬、ポロネーズ1番を発表会曲に決めた。

   ~②は今までのレッスンを振り返ります~~♪



Comment:0
2018
01.16

ショパンスケルツォあれこれ・・②(一一")

Category: スケルツォ
今年最初の自主練曲「 ショパン「/スケルツォ/Op.31」ですが・・・
ただ今 ドはまり中 です(笑)
課題曲の練習&次の曲の譜読みもやってますけど、、、(一応ね~^^;)
練習時間の半分はスケルツォ2番に費やしている有様です 爆
去年末から家事中&余暇のBGMはショパンポロネーズ集からスケルツォ集に変えて、
(どちらもショパン生誕200年のコンプリートエディションCDで演奏はポリーニ)
エンドレスで聴いてます(笑)

スケルツォ4曲はどれも好きなんだけど、一番好きなのはやっぱり1番。
特に中間部、(ポーランドのクリスマスキャロル)本当に美しくて✨
  先日、久しぶりにピアノ友Dさんに会って話をした。
  Dさんはショパンが大好きで、憧れのショパンの曲を1曲ずつ、
  自分のペースでゆっくり楽しみながら取り組まれている。
  演奏も音色がショパンに合っていてとても素敵で、
  ピアノ仲間で「この人の演奏が好き♪」と思う方の1人だ♪
  一昨年はスケルツォ1番、去年は2番、
  そして今年は3番に取り組まれているそうで♪
  来年は4番ね~、なんて話をしたのだった。
  一昨年Dさんの1番を聴いて、私も挑戦したいな~♪と思っていた。
・・なので、発表会が終わったら1番に取り組むつもりです(#^.^#)
でも、その前に2番を再トライ・・・と思い、やりだしたら。。。
・・・すっかり、ショパンの曲の魅力に(魔力に)やられてしまいました(笑)

さてさて、自主練で参考にするのは 
以前レッスンで習った時に教えてもらったことが一番なんですが、
それ以外にも何か・・と思い、そういえば~~と、
昔買った本があったことを思い出し、引っ張り出してきました(笑)

その本がこれです
DSCN0696_convert_20180116100533.jpg

左:「NHKスーパーピアノレッスン/ショパン」(2005年)
右:「ショパンを弾こう」(月刊Piano増刊 1999年)

ご存知の方もいるかな?
NHKの方は教育テレビでシリーズ化されていたスーパーピアノレッスンの解説&楽譜本。
月刊Pianoの方は没後150年特別企画本。
これから再び読もうと思っています。(また記事にするつもりです。)

さぁ~~楽しく練習しよう~~~(=゚ω゚)ノ♪♪♪




Comment:4
back-to-top