2018
02.22

レッスン2018#7(*^^)v

Category: レッスン
 レッスンに行ってきました。

*バッハ/イギリス組曲第3番サラバンド*
またまた同じことを言われる。。。^^;)
装飾音はらしく弾く。音の方向や繋がりをよく聴く。

*ショパン/ポロネーズOp.26-1*
今回は最初から本番バージョン(?)で弾く。
本番に向けて、暗譜のコツ等教えてもらう。
25小節はsotto voce(小声で)。前の小節の音量より大きくしないこと。
32~33小節は音が縦刻みになりやすい。音が繋がる様に弾く。
レの同音連打に表情をつける。
50小節~左手が縦刻みになりやすい。
音が繋がるように、手の向きやポジションを考えること。
78小節も音が縦刻みになりやすい。拍子で刻まない。
各声部ごとに歌わせ方を練習する。

*ベートーヴェン/ソナタOp.78 1楽章*
譜読みレッスン。弾き始めたところ、手に無駄な力が入りすぎていて、
力を抜いて楽に弾くように言われる。
細かい音符から始まるように弾くこと。
8~10小節16分音符音型は、
音符の動きをよく見てそれに似合うように弾く。
18小節~右手は回転運動。音の繋がりを聴きながらポジション確認。

・・・なかなか音楽にならないサラバンド( ̄▽ ̄;)
本当に難しい~~~装飾音の部分練習が必要なようだ。
ポロネーズは暗譜で弾くためのコツ等のレッスンだった。
前半は目をつぶっても弾けるようになったが、中間部以降はまだまだ。
左手がポイント。音を繫げて弾く。繋がるポジションで弾く。
レッスンでコツが掴めたので、後は定着するように練習。
ベートーヴェンは、どうも力みすぎてしまうようで。。。
フニャフニャでいいから、無駄な力を抜いて弾かされるように弾く。
また、直線的な音でなくまろやかな音を出すには手首の回転運動等、
柔軟な(?)手の使い方が必要なようだ。
少しずつ自分のものにできれば、と思う。



Comment:0
2018
02.16

レッスン2018#6(#^.^#)

Category: レッスン
 レッスンに行ってきました。

*バッハ/イギリス組曲第3番サラバンド*
前回と同じ注意をされる。
連打部分で手が浮かないように。
声部ごとに音が繋がるように弾くこと。
装飾音は美しく弾くこと。

*ショパン/ポロネーズOp.26-1*
まず、細かく丁寧に弾く。前回より安定してきた。
その後「本番ではこう弾く」という弾き方で練習。
先生の合図に合わせて弾いていく。
メロディを歌わせる。そのためには伴奏が重要。
どう歌わせたいか考え、そう歌えるように伴奏を弾く。

*ベートーヴェン/ソナタOp.78 1楽章*
譜読みレッスン。フレーズに添って譜読み。
メロディが繋がるように弾く。
18~28小節の右手16分音符の音形が難しい。。。
ここは、片手ずつゆっくり練習。まず右手。
一つずつ繋がる音が出る場所で打鍵する。
4指で弾く音は特に注意。

サラバンド、難しい・・・なかなか曲にならない。
どれ位かかるやら💦早く次のガヴォットに進みたいよ~~(笑)
ポロネーズは暗譜出来るように練習していくことに。
ベートーヴェンも難しい。少しずつ、
ぼちぼちやっていこう!



Comment:0
2018
02.11

レッスン2018#5(/・ω・)/

Category: レッスン
 レッスンに行ってきました。

*バッハ/イギリス組曲第3番サラバンド*
譜読みは取りあえず終了~ということで、
繰り返しまで弾いて止められる。
音がブツブツ切れて音楽になっていない。
原因は、同音連打部分の打鍵の仕方が雑だったため。
連打の時は普通に弾く時と音の出るタイミングが違う。
音をよく聴いて流れが切れないように音が繋がるように打鍵する。
指先の感覚に集中。

*ショパン/ポロネーズOp.26-1*
細かいところに注意しながら一通り弾く。
前回の課題点はクリア。ほぼつじつまが合う様弾けていたようだ。
試しにテンポアップして本番ではこう弾く、という弾き方を
先生の声に合わせながらやってみた。
まだ発表会まで時間があるので、
今まで通り細かいところに注意しながら弾く練習を多めに、
最後に一度だけ流れに乗って弾くやり方で弾く、という風にやる。

*モーツァルト/ソナタKV330 1楽章*
一週間、一番練習したのがこの曲。
もう一度鍵盤の弾く場所や手の動きをよく観察、
そして自分の音をよく聴いて練習した。
レッスンで弾き始める時にいつもより緊張した( ̄▽ ̄;)
途中でストップがかかるかも・・と思っていたが、
結局最後まで止められず弾いた。
「一週間でよくここまで戻りましたね。」と言われ、
今回で終了となった。
長期戦覚悟だったので、とても嬉しかった~♪

*ベートーヴェン/ソナタOp.78 1楽章*
少しだけ譜読みを見てもらった。
序奏部分からたくさん注意事項ありだった。
同音連打の弾き方に注意すること。

モツさんは長期戦覚悟だったので、
まさか合格になるとは・・思ってもいなかった。
でも単純に嬉しかった♪頑張って練習した甲斐があったヽ(^o^)丿
次はテレーゼソナタ。やっぱりベートーヴェンは難しい。
今回もいろいろ教えてもらって楽しかった♪



Comment:2
2018
02.02

レッスン2018#4|д゚)|||||

Category: レッスン
 レッスンに行ってきました。

*バッハ/イギリス組曲第3番サラバンド*
まだ譜読み段階。前回よりはましになったがまだまだ・・
装飾音をきちんと入れる。メトロノームに合わせて練習。

*ショパン/ポロネーズOp.26-1*
一通り弾く。前回の課題部分はクリア。
ほぼ前の音から次の音へ繋がって無理なく弾けている、
ということで、本番に向けての仕上げ練習。
全ての音が繋がるように。特に、中間部の左手に注意。
途中で音がプッツリ切れている部分を修正。

*モーツァルト/ソナタKV330 1楽章*
提示部の見直しレッスン。
今になって冒頭の指使いを変更することに。。。
全ての音を最適な音で弾く。
乱暴な音やプッツリ切れる音を出さない。
全ての音を繫げて弾く。

サラバンドはやっぱり、メトロノームに合わせてキッチリ音を入れる練習が
必要なようだ。。。覚悟を決めて(?)やるしかないわ~~~|д゚)
ポロネーズはゆっくり練習や細かい練習を中心に。
まだ2ヶ月あるので崩れないようにしなくては。
モーツァルトは再びダメ出しの嵐だった( ̄▽ ̄;)
・・なんか、永遠に終わらない気がする。。。|д゚)|||
恐るべし、モーツァルト!!

   



Comment:0
2018
01.27

レッスン2018#3|д゚)|||||

Category: レッスン
レッスンに行ってきました。

*バッハ/イギリス組曲第3番サラバンド*
初回レッスン。譜読みを見てもらう。
最初、繰り返し部分までの次に別バージョンの冒頭~繰り返し部分まで、
という風に弾いていたが、
別バージョンは単独で弾く方がいい、ということになった。 
拍子を数えながら弾いているので、
小節線ごとに区切る弾き方になっていた。
譜読み段階からフレーズ通りに弾くこと。

*ショパン/ポロネーズOp.26-1*
本番に向けての仕上げ、だが、もう一度最初から細かく見直していった。
音から音へばねでつなぐ。前の音の重みを次の音に移す。
音をよく聴いて、音の方向や色合い等そこに似合う音色を探す。
メロディを歌わせる。伴奏を歌いやすいように持っていく。
溜める音の後は少しせき込んで弾き辻褄が合う様に。

*モーツァルト/ソナタKV330 1楽章*
今回は思うように弾けなかった。。。
スケールの指くぐりでつまづき、そこを何度も確認、見直しした。
展開部からは良かったようだ。
モーツァルトらしい音の作り方のポイントを教えてもらった。
角が立たないように、まあるい音色で。

サラバンドはこれでいいのかよくわからないまま弾いていた ^^;
拍子に囚われすぎないように。歌うことが大切。
ポロネーズは全てピッタリ嵌る音で弾くこと。
そのためには音をよく聴き歌いながら弾くことが大切だ。
モーツァルトは次回も。




Comment:0
back-to-top