2017
10.19

レッスン2017♭35( 一一)

Category: レッスン
レッスンに行ってきました。

*ベートーヴェン/ ソナタOp.90 2楽章*
本番近づく。最後まで止まらず弾く。
停滞しないで前に前に、という風に弾くこと。
181~195小節は面白みがない平坦な演奏だ、ということで
表情のつけ方をレッスンしていただく。少し溜める部分に印をつけた。
8分音符の音形部分は停滞しやすいので、急き立てるように弾く。
あと少し、練習しよう~~~(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー

*バッハ/イギリス組曲第3番アルマンド*
初回レッスン。譜読みを見てもらう。
各声部が繋がって聞こえるように弾くこと。

*ショパン/ポロネーズOp.26-1*
譜読みレッスン。33小節まで。
25~31小節の装飾音の弾き方を見てもらった。
7~12小節の左手は肘を動かさないで同じポジションで効率的に弾く。

ベートーヴェンのレッスンに50分。
残り時間で2曲の譜読みを見てもらった。
ポロネーズは最初から弾き方を見てもらっているので、
早く形になりそうだ。面白い♪




Comment:0
2017
10.12

レッスン2017♭34( ^ω^ )

Category: レッスン
 レッスンに行ってきました。

*バッハ/イギリス組曲第3番プレリュード*
今週はあまり練習出来なかった。。。
出だしから少しスピードを上げすぎた感が。。。
1ページ目は上手く弾けたが、3ページ目以降はスピードについていけず、
あちこち間違える(;^ω^)・・が、何とか最後まで弾き切った。
今回が最後ということで、先生が💮を入れて下さった♪
次回からアルマンド。

*ベートーヴェン/ソナタOp.90 2楽章*
本番が近づいてきた。自分で譜めくりして最後まで弾く。
前回のメトロノーム刻み弾きからは脱出。
だが、きちんと間違えず弾いただけのつまらない演奏。
もっと表情をつけるためのレッスン。
出だしが肝心。停滞しないよう、縦刻み演奏にならないよう、生き生きと弾く。
リズムに乗って一気に弾く。ベートーヴェンらしく。
いろいろとコツ等教えていただいた。

*ショパン/ポロネーズOp.26-1*
今回から譜読みレッスン。24小節まで。
冒頭、1拍ずつ息を入れる。3~4小節目の和音を集中レッスン。
和音から和音へばねで移動。

ベートーヴェンは難しい。ただ弾いただけでは音楽にならない。
ソナタだし、構成等を考えて創り上げないといけない。
私には弾きにくい音型が多い。(手を痛めやすい。)
引き続きバッハとショパンの譜読み~~♪




Comment:0
2017
10.08

レッスン2017♭33|д゚)||||

Category: レッスン
レッスンに行ってきました。 

*バッハ/イギリス組曲第3番プレリュード*
最後まで一気に弾く。この曲も最終仕上げ。
メトロノーム練習をしたことで安定して弾きやすくなった。
曲として色合いを考えて数個所見ていただく。
次回で終了予定。次はアルマンド。譜読みを進めること。

*ベートーヴェン/ソナタOp.90 2楽章*
一通り弾く。先生が一言「メトロノーム練習しましたね?」
・・縦刻みの「メトロノームに合わせました!」という演奏になっていた。。
 !!!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン|||||| 先週は綺麗に弾けていたのに。。。|д゚)|||||
もう一度最初から見直し。出だしが大切。
最初に縦刻み演奏で出てしまうと、途中で修正できない。
フレーズの始めに呼吸。歌う様に表情を付ける。緩急をつける。
「言えばすぐに直るんですけどね。」と言われた(笑)
本番に向けて仕切り直し。

”メトロノームに合わせる力は必要。
だけど、実際の演奏はメトロノームに合わせた演奏とは違う”
いつも言われていることだが・・身をもって実感(笑)
メトロノーム練習のやりかたを再確認。
メトロノームの刻みの中で呼吸することを忘れないこと。




Comment:0
2017
10.02

レッスン2017♭32(#^.^#)

Category: レッスン
 レッスンに行ってきました。

*バッハ/イギリス組曲第3番プレリュード*
一通り弾く。この曲もそろそろ終了になりそうだ。
先生からメトロノーム練習の話が出た。
縦の音を揃えること、音符の長さを均等にすること。
あと少し、頑張ろう~~~(^^)/

*ベートーヴェン/ソナタOp.90 2楽章*
1回目、細部まで気を付けてゆっくり弾く。
先生から、どの様に弾きたいかがわかる丁寧な演奏です、と。
次の段階として、もっとフレーズを大きくとらえて流れるように弾く。
旋律を聴き、伴奏はあまり気にしない。
すると、とても生き生きとした演奏になった。
本番に向けての練習方法として、
・ゆっくりメトロノーム練習。
・細部に気を配った丁寧な練習。
・本番で弾くように大きなフレーズで流れるように弾く練習。
・・・の3つを提案された。
本番に向けての仕上げ練習、頑張ろう~~~(^^♪

先生によく言われることだが、
”メトロノームにキッチリ合わせる力は必要。
だけど、実際の演奏はメトロノームに合わせた演奏とは違う。”
子供の頃はメトロノーム練習といえばツェルニー等で速度指定に合わせる練習だった。
今は仕上げの段階で音を整えるためにやる練習だ。
この宿題が出ると、その曲はそろそろ終了だということだ。



Comment:0
2017
09.22

レッスン2017♭31(^^)/

Category: レッスン
レッスンに行ってきました。 

*バッハ/イギリス組曲第3番プレリュード*
レッスンで出された課題を家で何度も練習した。
左手が自由に動くようになり、
少しテンポアップしても止まらず弾けるようになってきた。
1ページ目途中まで弾くと「随分出来るようになりましたね」と、
曲らしく仕上げていくレッスンになった。
左手、低音部に進むところはクレシェンドして存在感を出す。
調が変わり色合いが変わるところは音量等で変化をつける。
同じ音型の掛け合い部分はそれと分かるように。
その他、細かく指導していただく。
すごく面白くて弾くのが楽しいのだが、そろそろ終了になりそう。

*ベートーヴェン/ソナタOp.90 2楽章*
今回も更に曲想を付けるレッスン。
どの曲でもそうだが、出だしは難しい。。
出だしが上手くいかない、という話から、冒頭4小節だけの集中レッスンに。
何度も何度も出だしを弾いてみる。先生の言われるように。
少しだが、感覚が掴めたように思う。
冒頭の主旋律は「こんなに美しいメロディです」と主張するように。
次に、同じ旋律を1オクターブ高くユニゾンで奏でる部分は、
音量を上げて歌い上げる。
一つ一つの音、フレーズの流れの意味を考え表現していく。
溜めるところは丁寧に、そしてその後はテンポアップして
拍が間延びしないよう辻褄を合わせる。
この曲は4分の2拍子。2拍子であることを感じて。
2拍子の弾き方のコツ等を教えていただく。
その他、細かく指導していただいた。

今回も楽しかった~~♪
帰ってからレッスンで学んだことを思い出しながら練習。




Comment:4
back-to-top