FC2ブログ
  大人になってピアノ再開しました
Lesson 2021♪4月④
2021年04月22日 (木) | 編集 |
 🌸4月4週目のレッスン記録🌸

*ベートーヴェン/ソナタOp.110 第1楽章*
今回も最初に一通り弾きました。
☆32分音符音型☆
KIMG0655_2_LI_convert_20201009213935.jpg
💀はいっ(笑)毎度おなじみの~~ (-_-)/~~~ピシー!ピシー!
32分音符音型、問題なのは提示部。一番最初に出てくる部分なんですよね。
・今回は、ポジションを確実に覚え、次のポジションへと移動していく練習方法。
 ポイントは中指で弾く音。ドンときつく弾かないで指先で弾く。
・レッスンで何度か練習しました。家でも反復練習しようと思います。
☆序奏の音色☆
久しぶりに序奏のレッスンでした。
・長い音をもっと歌わせる。音をよく聴いて弾くこと。
 歌う音は、打鍵した後から音がふわっと広がる感じ。
 力加減と打鍵の仕方で変わる。音をよく聴くことが大切。

*ショパン/舟歌Op.60*
35小節から弾きました。
前回の課題、上行する音型の弾き方などは良くなったみたいです。
後半の譜読みも前回より進みました。
連続オクターブ和音は、一つずつポジションを覚えていくのが攻略のポイント。
何せ苦手意識が強いので・・
時間はかかるけど、地道にやっていこうと思います。


 


Lesson 2021♪4月③
2021年04月15日 (木) | 編集 |
 🌸4月3週目のレッスン記録🌸

*ショパン/舟歌p.60*
今回は35小節から弾きました。
・43と47小節の上行する音型は一気に弾く。
 そのためには、前の小節で少し溜め気味に弾く。
・50小節の右手装飾音の弾き方注意。
 ここはまだ完全に覚えられていないのよね・・片手練習しないとな。

さて、後半の譜読み。
1週間かなり頑張って練習しました。
まだゆっくり、所々うろ覚えですが、
少し曲らしく聞こえるようになってきました。
93小節以降の左手は、指使いをチェックしてもらいました。
108,109小節も何とか譜読みできました。
今回、初めて最後の和音に到達!(笑)
あ~~~やっと!! o(≧ω≦)o 最後まで見てもらいました!

*バッハ/平均律Ⅰ-12番フーガ*
舟歌のレッスンが50分、残り時間10分で見てもらいました。
31小節から弾きました。
・52小節右手、符点2分音符シの指使い。
 楽譜は2→5の指示なんだけど指替えしないで5で弾くことにしました。
 すぐにアルト声部を弾くので、指替えすると間に合わないんです。
その他、数個所弾く場所を修正しました。
フーガも最後まで見てもらったので、曲想をつけていくことになります。

今回は2曲とも先に進めて良かったです。
反復練習やらなくちゃ~~(笑)







Lesson 2021♪4月②
2021年04月08日 (木) | 編集 |
 🌸4月2週目のレッスン記録

*ベートーヴェン/ソナタOp.110 第1楽章*
まず通しで弾いてから見直しレッスン開始~~
☆32分音符音型☆
KIMG0655_2_LI_convert_20201009213935.jpg
・はい、今回もです(;^ω^)なかなか安定しません💦
  発表会まで毎回言われると思う。。。
 今回は、音符の動きに合う音色で弾く練習でした。
 音符の上行・下行に合わせて一気に弾く練習。
 音型の頂点の音、上記楽譜だとラですが、
 この音がキツい(音色が)、そして音が出るタイミングが少し早いと。
 頂点の音は方向が変わるので、そう聴こえるように弾く。
 鍵盤に指を添わせ下から回ってくる音。
・ポジション移動する下行部分は取り出し練習。
 ・・繰り返し練習するしかないですね(;^ω^)
☆その他☆
・展開部の右手メロディを目立たせる弾き方。
・トリル前にテンポを少し落とすと弾きやすい。
・コーダ111小節の出だし。前の音からなだれ込まない。
 呼吸して弾く。じわっと響く音で。
やっぱり32分音符音型が一番の課題です。

*ショパン/舟歌p.60*
93小節以降の譜読みを見てもらいました。
前回レッスン後からひたすら後半の譜読みをやっていました。
まだ覚えられていないですが、少しずつ進んでいる気はします。
左手の指使いをチェックしました。
108~109小節の譜読みがややこしい・・・
#と♮だらけ。。。音もこれで合っているのか?よくわからんし・・・
片手ずつ、楽譜とにらめっこです(笑)


1週間、舟歌ばかり練習していました。
次回は舟歌をじっくり見てもらいます。



Lesson 2021♪3月④
2021年03月25日 (木) | 編集 |
 🌸3月4週目のレッスン記録

レッスンに行ってきました。
今回はソナタ31番1楽章を見てもらいました。

*ベートーヴェン/ソナタOp.110 第1楽章*
このところ舟歌の練習ばかりやっていたので、ベトソナはサボり気味でした。
案の定・・演奏はグダグダになってしまいました^^;
☆32分音符音型☆
はい、お決りの32分音符音型(笑)まだ安定していません。。
今回新たな練習方法を提案してもらいました。
KIMG0668_2_LI_convert_20201112205737.jpg
・親指で弾く音を飛ばし、ポジションごとに移動。ポジションを覚える。
 上記の楽譜だと、ミドミラミドミ↪ミドミ↪ミドミ↪ミドミラミドミ・・
 という単位でポジション移動。
 ポジションを覚えて、その弾き方で親指で弾く音を間に入れて弾く。
 ・・という練習です。
・この練習法、私には合っているようで、上手く楽に弾けるようになりました。
 反復練習しようと思います。

その他、
・展開部の表現が平坦すぎる。つまらない。
・100~104小節の弾き方。連打だが2番目の音は手首を使う。
・コーダ、111小節の冒頭は改めて弾く。呼吸する。
・・・などでしょうか。

*ベートーヴェン/ソナタOp.110 第2楽章*
初レッスンです。譜読みを見てもらいました。
スケルツォ部分(1~40)の譜読みはほぼ出来ているんですが、トリオ部分が・・
左手が飛ぶので音が覚えられない(;^ω^)
先生に、右手の旋律をキッチリ弾いてその間に左を入れていくよう
アドバイスいただき、とても弾きやすくなりました。
この調子で譜読みを終わらせたいと思います。

その後、少しだけ舟歌を見てもらいました。
次回は舟歌と平均律の予定です。


 
Lesson 2021♪3月③
2021年03月19日 (金) | 編集 |
 🌸3月3週目のレッスン記録

グランド練習室で思う様に弾けなくて、もうやめようかと思った舟歌。
でももう少しがんばろうと思い、家のピアノで練習しました。

レッスンは舟歌と平均律を見てもらいました。
*ショパン/舟歌Op.60*
今回から第2テーマ以降を見てもらう予定でしたが、
後半の譜読みがあまり進んでいないので最初から弾きました。
第2テーマ前半まで弾いてストップ。39小節から見直しです。
☆舟歌のリズム、音の方向が変わる部分☆
・左手伴奏の8分音符+4分音符の単位は船を漕ぐイメージ。
 50小節から8分音符3個単位に変わるけど、ここも同じイメージ。
 このリズムが舟歌らしさを表しているが、3個単位の2番目の音に注意。
 頂点から回って下行していくので音の方向が変わる。
 角張った音でなく滑らかな柔らかい音。
・右手も同じく、8分音符3個単位の2番目の音に注意。
 2番目の音から始まるように弾くと上手くいく。
☆小節線を挟んだ音を繫げる☆
・62小節~第2テーマ後半部分の左手。
 小節線を挟んだ音の部分、移動が遅い。
 特に、右手がタイになっている部分は音価が大きいので、
 左手で右手の表情をつける。

さて、今回初めて78小節~の挿入句部分を見てもらいました。
舟歌で一番好きな部分です🌹
譜読みが完全でないので両手で弾くのは難しいですが、
いろいろとアドバイスいただいて、歌うように弾くことができそうです(#^.^#)
ポイントは、回る音をどう表現するか、ですね。
やはり、楽譜をよく読み込むことが大切だな、と改めて思いました。

弾きにくい、難しい、思う様な音が出せない、で凹みましたが、
大切なことを忘れていたと気づきました。
レッスンで教えてもらったことを繰り返し練習しようと思います。

*バッハ/平均律Ⅰ-12番 フーガ*
フーガも冒頭から弾いていきました。
止められたのは3ページ目、33小節。
左バス旋律のレドシラソファのシを親指で弾く部分。
手を捻って弾いていたので音が繋がっていない、と。
並行に移動できる場所に指を持っていく様に指導されました。
言われたのはその部分だけでした。
今後はテーマをどう出していくか、
ということも考えながら練習していくことになりました。


次回はソナタ31番1楽章の予定です。