2017
06.23

レッスン2017♭21(^^)/

Category: レッスン
 レッスンに行ってきました。

*バッハ/平均律クラヴィーア曲集Ⅰフーガ16番*
一通り弾く。
テーマが聴こえてきていい演奏です、と言っていただく。
惜しい部分を手直しして終了。
ようやく合格です(^^)/

*ショパン/エチュードOp.25-11*
2ページ弾いたところでストップ。5小節目から見直し。
出だしの弾き方が悪いため、刻み演奏になってしまう。
fを意識せず、力まず小さな音で弾く。
右手の2音目注意。停滞しないよう、刻まないようサラッと弾く。
1ページ目はほぼOK。
15小節右手ポジションを覚える。17小節~アルペジオもポジション注意。
下行するところ、手の軸がぶれない様親指の弾き方に注意しながら弾く。
まず、2ページ目を攻略。
出来るようになってから次の部分に進むことになる。。
ゴールまでの道のりは長い~~~
Σ(´Д`lll)エエ!!

*ベートーヴェン/ソナタOp.90 2楽章*
出だしから表情、ペダルをつけて弾く。
ペダルは音が濁らないようによく聴いて踏みかえる。
32小節~フレーズの単位を正しく。フレーズとフレーズの間を開け過ぎない。
手首を使って次のポジションに移動。
60小節~dolce注意。左手3連符は拍で区切らないよう注意。
103小節の♮ソで色合いが変わるが、突然変えると間違えたように聴こえるので、
その前から徐々に変化をつけていく(さじ加減が大切)
105~113小節にかけて、ベートーヴェンらしいパッセージ登場~♪
音符の動きに合う音で弾く。きっぱりと。

平均律16番が終了したので、次の曲を決めた。
候補はイギリス組曲3番かパルティータ1番。先生に聞いたところ、
イギリス組曲の方が弾きやすいということでそちらに決定~♪
プレリュードの譜読みを進めることにした(6ページもあるんやけど。。。)
エチュードは両手で弾くことがとても難しい。。
先生のOKが出なければ次の部分に進めないようだ。
先生の言われる弾き方で弾かないと、曲にならないようだ。
(苦難は続く。。。焦っても仕方ないわ~~)
ベートーヴェンはレッスンが面白くなってきた!!
(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー
久しぶりの感覚!待ってました~~~(^^)/
練習が面白くてベートーヴェンばかり練習してしまう (笑)



Comment:2
2017
06.18

レッスン2017♭20|д゚)

Category: レッスン
レッスンに行ってきました。

*バッハ/平均律クラヴィーア曲集Ⅰフーガ16番*
数個所もう一度見直し。
片手で2声を弾く部分を中心に練習。
音の繋がり、手の動かし方等に気を付ける。

*ベートーヴェン/ソナタOp.90 2楽章*
ペダルを入れて弾く。
旋律をどの様に歌わせるか構想を練り、それに合わせて伴奏部分を弾く。
拍で息が入らないように注意。
音符の動き、フレーズに合わせて音色を変える。

*ショパン/エチュードOp.25-11*

両手で弾く。右手2音目の弾き方注意。
ゆっくり弾くと縦刻み演奏になってしまう。。
速く弾く時と同じ弾き方で弾く。手首を揺らさない。
まず細かい音符優先で、右手に左手を縦にピッタリ合わせる練習。

一番楽しいのはベートーヴェン(^^♪徐々に曲らしくなってきた。
エチュードは大変・・一筋縄ではいかない~~Σ(´Д`lll)エエ!!



Comment:0
2017
06.08

レッスン2017♭19( 一一)

Category: レッスン
レッスンに行ってきました。 

*バッハ/平均律クラヴィーア曲集Ⅰフーガ16番*
表情をもっとつけて弾く。
音符の動きに合った音色で弾く。
24~27小節の掛け合い部分は左手も右手に合わせて弾く。

*ベートーヴェン/ソナタOp.90 2楽章*
表情をつけて弾く。
右手、旋律だけで弾きどのように歌いたいか決める。
決めた歌い方に合うように内声部を弾く。
第2主題(41~56小節)左手2声部の和音は、
鍵盤に指をのせ次の音に移動。連打の弾き方。

*ショパン/エチュードOp.25-11*
両手で弾くレッスン開始。片手だと弾けるのに、
両手になると弾き方が変わってしまい弾けなくなる。
刻み演奏にならない様、片手で弾く時の弾き方で左手を合わせていく。
左手が旋律だが、まず、右手に左手をキッチリ合わせるところから。
ゆっくり合わせる。
(手の重みを抜かずゆっくり弾く。弾き方を変えないこと)

最初からどのように弾きたいか考えて譜読み出来れば良いのだが、
中々その様には出来ない。。。
全体の音符の動きをもっと観察するようにしたい。



Comment:0
2017
06.02

レッスン2017♭18(^^)/

Category: レッスン
レッスンに行ってきました。

*バッハ/平均律クラヴィーア曲集Ⅰフーガ16番*
通しで弾く。大体良いようだが、出だし部分の弾き方に注意。
テーマをキッチリ重く弾いてしまうと後が流れないので、
サラッと流れるように弾く。
すると、次々とテーマが重なり合ってフーガらしくなる。

28小節~最後までの見直し。
4声で次々テーマが登場するところ、テーマとわかるように弾く。
手の重みを抜かないで音を繫げる。
特に、左手2声部を各声部繋がって聞こえるように練習。
あと一息~~!!

*ショパン/エチュードOp,25-11*
右手のレッスン。
17~22小節、アルペジオ音型は黒鍵の間に指を置くため外しやすい。
確実にポジションを覚える。
ポジションが変わる部分(指くぐり部分)は、
軸がぶれて重みが抜けると音が切れる。鍵盤の弾く場所をよく考える。
最後に1ページ目(Allegro com brioから)だけ両手で弾いてみることに。
注意点は、右手出だしの2番目の音。
流れるように弾くには、2番目の音を少し遅めに弾く。

*ベートーヴェン/ソナタOp.90 2楽章*
両手で弾く。親指に注意するためゆっくり弾くこと。
伴奏(内声部)を刻まない。旋律に合うように弾く。

大切なのは出だしの弾き方。
最初に刻み演奏で出てしまうと途中で修正できない。


Comment:0
2017
05.26

レッスン2017♭17(一一")

Category: レッスン
レッスンに行ってきました。

*バッハ/平均律クラヴィーア曲集Ⅰフーガ16番*
引き続き各声部の繋がりに注意。
フレーズの単位を気を付けること。
右手のみ、左手のみの練習が宿題。

*ベートーヴェン/ソナタOp.90 2楽章*
両手共、親指独立レッスン。
右手、各声部それぞれ繋げる。重みを抜かない。
連打部分の弾き方注意。親指は指先で弾くこと。

*ショパン/エチュードOp.25-11*
右手のアルペジオ音型で弾きにくい部分の見直し。
音が繋がるように指を移動させる。重みを抜かない。

今回はベートーヴェンを先に見てもらった。
前回同様、全て親指改善レッスン。
時間がかかりそうだ。。。修行~~~!!!( ;∀;)


Comment:0
back-to-top