FC2ブログ
2018
08.27

長調の曲♪Beethoven

Category: 調性とピアノ
🎆夏休み最後に・・もうひと踏ん張り(笑)
  ~~Beethoven 長調のピアノ曲編~~♪

 ☆参考/PTNAピアノ曲事典
♬ピアノ協奏曲♬
 第1番 Op.15 ハ長調(C-dur) 第2番 Op.19 変ロ長調(B-dur) 
 第3番 Op.37 ハ短調(c-moll) 第4番 Op.58 ト長調(G-dur) 
 第5番 Op.73「皇帝」変ホ長調(Es-dur)

♬ピアノソナタ♬
・ハ長調(C-dur) ⑩
 第3番Op.2-3 1・3・4楽章、第4番Op.7 2楽章、第10番Op.14-2 2楽章、
 第16番Op.31-1 2楽章、第21番Op.53「ワルトシュタイン」 1・2楽章、
 第32番Op.111 2楽章、やさしいソナタWoO.51
🎶ソナタOp.2-3
 
・・・癖になる、ちょっと変わった(ヘンな)曲シリーズ① 爆
<#系の曲>
・ト長調(G-dur)# ⑨
 第10番Op.14-2 1・3楽章、第16番Op.31-1 1・3楽章、第19番Op.49-1 2楽章、
 第20番Op.49-2 1・2楽章、第25番Op.79「かっこう」 1・3楽章
🎶ソナタOp.31-1
 
・・・癖になる、ちょっと変わった(ヘンな)曲シリーズ② 爆
・ニ長調(D-dur)## ⑧
 第2番Op.2-2 2楽章、第7番Op.10-3 1・3・4楽章、
 第15番Op.28「田園」1・3・4楽章、「選帝侯ソナタ」WoO.47 3番 
・イ長調(D-dur)### 
 第2番Op.2-2 1・3・4楽章、第28番Op.101 1・3楽章
🎶ソナタOp.2-2
 
・・・癖になる、ちょっと変わった(ヘンな)曲シリーズ③ 爆
・ホ長調(E-dur)#### ⑥
 第3番Op.2-3 2楽章、第9番Op.14-1 1・3楽章、
 第27番Op.70 2楽章、第30番Op.109 1・3楽章
・嬰へ長調(Fis-dur)###### ②
 第24番Op.78「テレーゼ」 1・2楽章
<♭系の曲>
・へ長調(F-dur)♭ 
 第1番Op.2-1 2楽章、第6番Op.10-2 1・3・楽章、
 第22番Op.54 1・2楽章、第28番Op.101 2楽章
🎶ソナタOp.54

・変ロ長調(B-dur)♭♭ ⑥
 第11番Op.22 1・3楽章、第17番Op.31-2「テンペスト」2楽章、
 第29番Op.106「ハンマークラヴィーア」1・2・4楽章
・変ホ長調(Es-dur)♭♭♭ ⑫
 第4番Op.7 1・3・4楽章、第11番Op.22 2楽章、第13番Op.27-1 1・3楽章、
 第18番Op.31-3 1・3・4楽章、第26番Op.81a≪告別≫1・3楽章、
 「選帝侯ソナタ」WoO.47 1番
・変イ長調(As-dur)♭♭♭♭ ⑧
 第5番Op.10-1 2楽章、第8番Op.13≪悲愴≫2楽章、
 第12番Op.26「葬送」1・2・4楽章、第18番Op.31-3 2楽章、
 第31番Op.110 1・3楽章
・変ニ長調(Des-dur)♭♭♭♭♭ ②
 第14番Op.27-2「月光」2楽章、第23番Op.57「熱情」2楽章

☆ベートーヴェンの長調ソナタは32曲中23曲。
調性では、ハ長調ー2曲(3番、ワルトシュタイン)、
ト長調ー4曲(10番、16番、20番、かっこう)、ヘ長調ー2曲(6番、22番)、
ニ長調ー2曲(7番、田園)、変ロ長調ー2曲(11番、ハンマークラヴィ―ア)、
イ長調ー2曲(2番、28番)、変ホ長調ー4曲(4番、13番、18番、告別)、
ホ長調ー2曲(9番、30番)、変イ長調ー2曲(葬送、31番)、
嬰へ長調ー1曲(テレーゼ)  です。
ト長調#と変ホ長調♭♭♭が4曲、と少し多いです。

私が好きな曲は、色んな調性に程よく散らばっていて、
短調のように偏り(ハ短調に集中)はないように思いました。

☆ソナタ以外の長調曲も少し挙げておきます。
 ♬ロンド♬
・ハ長調ーロンドWoO.48、2つのロンドOp.51-1 
・ト長調―2つのロンドOp.51-2、ロンド・ア・カプリッチョOp.129
・イ長調ーロンドWoO.49
🎶ロンド・ア・カプリッチョOp.129(なくした小銭への怒り)
  
・・・癖になる、ちょっと変わった(ヘンな)曲シリーズ④ 爆
 この曲知っていましたが、こんなタイトルだったとは。。。
 もう「小銭がなくなって怒り狂っている」ようにしか聞こえなくなった💦

♬ソナチネ♬
・ト長調ーソナチネAnh.5(1)
・ヘ長調ーソナチネの2楽章WoO.50、ソナチネAnh.5(2)
♬前奏曲♬
ピアノまたはオルガンのための全長調にわたる2つの前奏曲Op.39
♬ワルツ♬
・変ホ長調ーワルツWoO.84 ・ニ長調ーワルツWoO.85    
♬レントラー♬
・ニ長調ー6つのレントラーWoO.15、7つのレントラーWoO.11
♬メヌエット♬
・6つのメヌエットWoO.10 ・変ホ長調ーメヌエットWoO.82
♬エコセーズ♬
・変ホ長調ーエコセーズWoO.23、6つのエコセーズWoO.83、
      エコセーズWoO.86
🎶6つのエコセーズWoO.83
 
・・・超苦手曲・・💦これも癖になる( 変な) 曲 爆
♬バガテル♬
・ハ長調ー「楽しいー悲しい」WoO.54
・7つのバガテルOp.33 ・11のバガテルWoO.119
・6つのバガテルOp.126 
♬その他のピアノ独奏曲♬
・変奏曲(21)・・ディアベリの主題による33変奏曲Op.120 etc.
・12のドイツ舞曲WoO.13 ・ハ長調ーポロネーズOp.89
・12のコントルダンスWoO.14 ・イ長調ードイツ舞曲WoO.81 etc.
🎶アンダンテ・ファヴォリWoO.57(ヘ長調)
 「ワルトシュタイン」の2楽章として作曲された曲
  
 ・・この曲好きです♪

追記♪
・・・ベートーヴェンの癖になるちょっと変な曲(失礼やけど・・🙇💦)って、
   2拍子系の長調曲が多い気がする。



Comment:2
2018
08.21

短調の曲が好き♪J.S.Bach

Category: 調性とピアノ
🎇 夏休みも残りわずか・・
 8月中に夏休みの自由研究(笑)を終わらせないと~~~!!(∩・∀・)∩ キャー

・・ということで J.S.バッハ のピアノ曲 短調編~~♪
  少しだけ調べたところ、ピアノ独奏曲だけでも相当の数が。。
  (PTNA ピアノ曲事典より)←興味のある方は参考に~
  ・協奏曲(16)・ソナタ(4) ・スケルツォ(1) ・曲集小品集(10)
  ・組曲(30) ・トッカータ(7) ・前奏曲(7) ・幻想曲(4) ・変奏曲(3)
  ・フーガ(22) ・アルマンド(3) ・クーラント(1) ・サラバンド(2)
  ・ジーグ(1) メヌエット(1) ・カプリス(2) ・種々の作品(17)・・等
  さすが、バッハ大先生。。。私、半分以上知りません・・
  ピアノ独奏曲の作品数は軽く100を超えていて、
  曲集など1曲ずつ数えると、何曲になるのやろうか。。。
  例えば~平均律は1巻24曲(プレリュード&フーガ)で2巻で48曲。
  ・・・あまりに数が多く、知らない曲が半分以上なので、
  今まで取り組んだ曲と今後やりたい曲のみ調性ごとに分類します。


・イ短調(a-moll)
 インベンション第13番BWV784、シンフォニア第13番BWV799、
 平均律Ⅰ第20番BWV865(プレリュードとフーガ)、
 平均律Ⅱ第20番BWV889(プレリュードとフーガ)、
 イギリス組曲第2番BWV807(プレリュード、アルマンド、クーラント、サラバンド、
              ブーレⅠ-Ⅱ、ジーグ)
 パルティータ第3番BWV827(ファンタジア、アルマンド、クーラント、サラバンド、
              ブルレスカ、スケルツォ、ジーグ)
<#系の曲>
・ホ短調(e-moll)#
 インベンション第7番BWV778、シンフォニア第7番BWV793、
 平均律Ⅰ第10番BWV855、平均律Ⅱ第10番BWV879、
 イギリス組曲第5番BWV810(プレリュード、アルマンド、クーラント、サラバンド、
              パスピエⅠ-Ⅱ、ジーグ)
 パルティータ第6番BWV830(トッカータ、アルマンド、コレンテ、エール、
              サラバンド、テンポ ディ ガヴォット、ジーグ)
♬イギリス組曲BWV810プレリュード

・ロ短調(h-moll)##
 インベンション第15番BWV786、シンフォニア第15番BWV801、
 平均律Ⅰ第24番BWV869、平均律Ⅱ第24番BWV893、
 フランス組曲第3番BWV814(アルマンド、クーラント、サラバンド、メヌエット-トリオ、
              アングレース、ジーグ)
・嬰へ短調(fis-moll)###
 平均律Ⅰ第14番BWV859、平均律Ⅱ第14番BWV883
・嬰ハ短調(cis-moll)####
 平均律Ⅰ第4番BWV849、平均律Ⅱ第4番BWV873
・嬰ト短調(gis-moll)#####
 平均律Ⅰ第18番BWV863、平均律Ⅱ第18番BWV887
・嬰ニ短調(dis-moll)######
 平均律Ⅱ第8番BWV877
 
<♭系の曲>
・ニ短調(d-moll)♭
 平均律Ⅰ第6番BWV851、平均律Ⅱ第6番BWV875、
 インベンション第4番BWV775、シンフォニア第4番BWV790、
 イギリス組曲第6番BWV811(プレリュード、アルマンド、クーラント、サラバンド、
              ドゥーブル、ガヴォットⅠ-Ⅱ、ジーグ)
 フランス組曲第1番BWV812(アルマンド、クーラント、サラバンド、メヌエットⅠ-Ⅱ、
              ジーグ)
 イタリア協奏曲BWV971第2楽章
・ト短調(g-moll)♭♭
 平均律Ⅰ第16番BWV861、平均律Ⅱ第16番BWV885、
 インベンション第11番BWV782、シンフォニア第11番BWV797、
 イギリス組曲第3番BWV808(プレリュード、アルマンド、クーラント、サラバンド、
              ガヴォットⅠ-Ⅱ、ジーグ)
♬シンフォニアBWV797
 
・ハ短調(c-moll)♭♭♭
 平均律Ⅰ第2番BWV847、平均律Ⅱ第2番BWV871、
 インベンション第2番BWV773、シンフォニア第2番BWV788、
 フランス組曲第2番BWV813(アルマンド、クーラント、サラバンド、エール、
              メヌエット、ジーグ)
 パルティータ第2番BWV826(シンフォニア、アルマンド、クーラント、サラバンド、
              ロンド、カプリッチョ)
♬シンフォニアBWV788

・ヘ短調(f-moll)♭♭♭♭
 平均律Ⅰ第12番BWV857、平均律Ⅱ第12番BWV881、
 インベンション第9番BWV780、シンフォニア第9番BWV795、
・変ロ短調(b-moll)♭♭♭♭♭
 平均律Ⅰ第22番BWV867、平均律Ⅱ第22番BWV891
・変ホ短調(es-moll)♭♭♭♭♭♭
 平均律Ⅰ第8番BWV853

 

当然ですが、12平均律の短調全てに作品がありますね。
嬰ニ短調と変ホ短調は異名同音ですが、
第1巻8番は変ホ短調、第2巻8番は嬰ニ短調となっています。
私は「平均律Ⅰウィーン原典版」を使っていますが、
第8番のプレリュードは変ホ短調、フーガは嬰ニ短調となっています。
(第2巻は持っていないのでわかりません。)

こうして分類するとよくわかりますね。
やはり私はバッハの短調曲が好きな様です。
特にハ短調♪ト短調も好きな曲が多いです。
それと、ホ短調。パルティータ第6番やイギリス組曲第5番は大好きですが、
他の曲はそれ程でもないかな。

これで夏休みの自由研究は終わりです~~( ̄^ ̄)ゞ




Comment:2
2018
08.12

長調の曲♪Chopin

Category: 調性とピアノ
 ✎夏休みの自由研究(?)の続き~(#^.^#)

   ~~Chopin 長調の曲編~~♪
「作曲家別・名曲解説ライブラリー」「調性で読み解くクラシック」を参考にしています。

♪ハ長調(C-dur) 

 ・明るく真っ白なイメージで開放的 
 ・「ドレミファ」の基本の調で、平明な輝かしい楽想の名曲も多い。
 プレリュードOP.28-1、エチュードOp.10-1、Op.10-7
 マズルカ第9番Op.7-5、第15番Op.24-2、第24番Op.33-3、第34番Op.56-2、
     第44番posth.67-3、第46番posth.68-1、第47番posth.68-2、
     第56番KKⅣb-3
 ♬ボレロOp.19(1833年)

<#系の曲>
♪ト長調(G-dur)# ⑥
 ・弦楽器がよく鳴る、春っぽいサウンド
 ・春や新緑をのイメージを醸し出す健康的なサウンドが特徴。
 ・穏やかで明るい楽想。可愛らしい曲が多い。特にチェロが弾きやすい調。

 プレリュードOP.28-3、ノクターン第12番Op.37-2、3つのエコセーズ2⃣posth.72-3、
 マズルカ第30番Op.50-1、第42番posth.67-1、第50番KKⅡa-2
♪ニ長調(D-dur)## ④
 ・神(Deus)を連想させる、祝祭的な響き
 ・古典派は「D」が神を連想させることから、もっとも好まれた調のひとつらしい。
 ・弦・管楽器ともなりやすい調だが、ピアノは響きがいまいちなのかあまり使われない。

 プレリュードOP.28-5、3つのエコセーズ1⃣posth.72-3、
 マズルカ第23番Op.33-2、第54番KKⅣb-2 
  
♪イ長調(A-dur)### 
 ・明るく軽やかで、メロディが美しい音楽が多い。
 ・ストリングス系が鳴りやすい。

 プレリュードOP.28-7、ポロネーズ第3番Op.40-1「軍隊」、
 変奏曲‹パガニーニの想い出›KKⅣa-10、演奏会用アレグロOp.46
♪ホ長調(E-dur)#### ⑧
 ・のどかな響きで自然をイメージさせる
 ・明るく屈託のない響きで、自然の大きな息吹を感じさせる曲が目に付く。

 プレリュードOP.28-9、エチュードOp.10-3「別れ」、
 スケルツォ第4番Op.54、ワルツ第15番KKⅣa-12、ノクターン第18番Op.62-2、
 マズルカ第3番Op.6-3、ドイツ民謡による変奏曲KKⅣa-4、
 モデラート(アルブムブラット)KKⅣb-12
 ♬ノクターンOp.62-2(1845~46年)
  
♪ロ長調(H-dur)##### ⑧
 ・オーケストラでは不人気。
 ・ピアノにとっては黒鍵の含み具合がちょうど良く、ショパンが好んだ調のひとつ。

 プレリュードOP.28-11、ソナタ第3番Op.58 第3楽章<ラルゴ>、
 ノクターン第3番Op.9-3、第9番Op.32-1、第17番Op.62-1、
 マズルカ第27番Op.41-2、第33番Op.56-1、第38番Op.63-1
♪嬰へ長調(Fis-dur)###### ④
 ・#があまりに多すぎて曲例がほぼ見当たらず。
 プレリュードOP.28-13、即興曲第2番Op.36、
 ノクターン第5番Op.15-2、舟歌Op.60
 
♬舟歌Op.60(1845~46年)

<♭系の曲>
♪ヘ長調(F-dur)♭ ⑧
 ・ハ長調に次いで平明で明るい響きを持つ。
 ・明るく軽やかなイメージの曲が中心。
 ・ホルンが得意な調で、ホルンが活躍する曲が多い。

 プレリュードOP.28-23、バラード第2番Op.38、
 エチュードOp.10-8、Op.25-3、
 ワルツ第4番Op.15-1、ノクターン第4番Op.15-1、
 マズルカ第48番posth.68-3、マズルカ風ロンドOp.5

♪変ロ長調(B-dur)♭♭ ⑨
 ・明るく軽やか、管楽器がよく鳴る
 ・響きは明るいものの、少し空虚感のある楽想の曲が目に付く。

 プレリュードOP.28-21、ポロネーズ第9番posth.71-2、第12番KKⅣa-1、
 マズルカ第5番Op.5-1、第10番Op.17-1、第51番KKⅡa-3、第55番KKⅣb-1、
 華麗なる
変奏曲Op.12、カンタービレKKⅣb-6 
♪変ホ長調(Es-dur)♭♭♭ ⑫
 ・「英雄」の調。ベートーヴェンの影響大
 ・英雄的・祝祭的な曲が多く、人気の調。

 プレリュードOP.28-19、エチュードOp.10-11、
 ソナタ第1番Op.4 第2楽章<メヌエット>、第3番Op.58 第2楽章<スケルツォ>、
 ワルツ第1番Op.18、第17番、第18番、
 ノクターン第2番Op.9-2、第16番Op.55-2、
 ロンドOp.16、ラルゴKKⅣb-5、
 アンダンテ・スピアナートと華麗なるポロネーズOp.22
 (元々は管弦楽伴奏付きとして作曲したもの。
  現在は、ピアノパートだけの独奏用として演奏されることの方が多い。)

♬ノクターンOp.55-2(1843年)

♪変イ長調(As-dur)♭♭♭♭ ㉕
 ・黒鍵駆使のピアノ曲で、ショパンがお気に入り
 ・ピアノや金管では明るくストレートな楽想の曲が多く、
  ストリングス系は地味な響き、と対照的。

 プレリュードOP.28-17、プレリュードKKⅣb-7、
 エチュードOp.10-10、Op.25-1、3つのエチュード3-2、
 ソナタ第1番Op.4
第3楽章<ラルゲット>、バラード第3番Op.47、即興曲第1番Op.29、
 ワルツ第2番Op.34-1、第5番Op.42、第8番Op.64-3、第9番posth.69-1、
    第16番KKⅣa-13、ノクターン第10番Op.32-2、
 ポロネーズ第6番Op.53「英雄」、第7番Op.61「幻想」、第13番KKⅣa-2、
 マズルカ第8番Op.7-4、第12番Op.17-3、第16番Op.24-3、第28番Op.41-3、
     第31番Op.50-2、第37番Op.59-2、第57番、
♬タランテラOp.43(1841年)
  
♪変ニ長調(Des-dur)♭♭♭♭♭ 
 ・ピアノの小品に名曲が揃う
 ・♭だらけなので弦楽器の響きは良くない。「くすんだ響き」
 ・ピアノに限りなぜか透明感のある響きになる不思議な調。

 プレリュードOP.28-15「雨だれ」、
 エチュードOp.25-8、3つのエチュード3-3、
 ワルツ第6番Op.64-1「小犬」、第13番posth70-3、ノクターン第8番Op.27-2、
 マズルカ第20番Op.30-3、子守歌Op.57、3つのエコセーズ3⃣posth72-3、
 
♪変ト長調(Ges-dur)♭♭♭♭♭♭ ⑤
 ・ほとんど曲例が見つからない特殊な調
 即興曲第3番Op51、エチュードOp.10-5「黒鍵」、Op.25-9、
 ワルツ11番posth.70-1、ポロネーズ第16番
♬即興曲Op.51(1842年)


短調と同様、12平均律の長調全てに曲がありますね。
(嬰へ長調と変ト長調は12平均律における異名同音の調)
ここに挙げた長調の曲は114曲でした。
<#系の曲>46曲、<♭系の曲>68曲です。
調号の数が多い調性を選んでいるのは、
作品のほとんどがピアノ曲だからですね。

さて、作品の数が多い調は・・
・ハ長調 12曲 ・変ホ長調 12曲 ・変イ長調 25曲
特に変イ長調が飛び抜けて多いです。
ショパンは変イ長調がお気に入りだったみたいですね~♪
バラード3番、ポロネーズ3曲は有名な「英雄」「幻想」があり、
ワルツは5曲、マズルカは7曲も!

反対に、作品の数が少ないのはニ長調とニ短調でしょうか?
ニ長調はピアノの響きがいまいちらしく、ピアノ曲ではあまり使われないとか?
ニ短調はニ長調と同主調の関係なので、
同じくピアノの響きがいまいちなのでしょうか?
ニ長調はストリングス系が鳴りやすい調で、
ヴァイオリン協奏曲の名曲が集中しているらしいです。
ニ短調も音階に弦楽器の開放弦(G~D~A~E)をすべて含んでいるので、
短調の調の中ではもっともよく響く調だそうです。
 ~「調性で読み解くクラシック「」より~

これで夏休みの自由研究(笑)は一応終了です~~
   終わった~~!!ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3 (ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー


            ・・あ!バッハがまだだったわ。。。続きます~~爆



Comment:2
2018
08.07

短調の曲が好き♪Chopin

Category: 調性とピアノ
   夏休みですね。夏休みといえば、宿題の自由研究。。。大変だったけど懐かしい"(-""-)"
  今、暑いのに自由研究みたいなことをやってる私。。。大丈夫やろうか??
さて、短調好きシリーズ続編(笑) 次は~~ ショパン です♪
・・バッハは、ピアノ(クラヴィーア)独奏曲から主な曲だけに絞って分類しようかと思います。

☆ショパンの作品はピアノ独奏曲が殆どなので、協奏曲や歌曲は省略 ^^;
  ~「作曲家別名曲解説ライブラリー④ショパン/音楽之友社」を参考にしました。

・イ短調(a-moll) 
 エチュードOp.10-2、Op.25-4、Op.25-11「木枯らし」 
 プレリュードOp.28-2
 ワルツ第3番Op.34-2、ワルツ第19番KKⅣb-11
 マズルカ第6番Op.7-2、第13番Op.17-4、第36番Op.59-1、
     第45番Op.posth.67-4、第47番Op.posth.68-2、
     第52番KKⅡb-4<ノートルタン>、第53番KKⅡb-5
♬ワルツ第19番KKⅣb-11♬

<#系の短調曲>
・ホ短調(e-moll)# ⑥
 エチュードOp.25-5、プレリュードOp.28-4、
 ワルツ第14番KKⅣa-15、ノクターン第19番Op.posth.72-1、
 マズルカ第11番Op.17-2、第26番Op.41-1

・ロ短調(h-moll)## ⑧
 ソナタ第3番Op.58 1・4楽章、スケルツォ第1番Op.20、
      
 エチュードOp.25-10、プレリュードOp.28-6、ワルツ第10番Op.posth.69-2、
 マズルカ第19番Op.30-2、第25番Op.33-4
・嬰へ短調(fis-moll)### ④
 プレリュードOp.28-8、ノクターン第14番Op.48-2、
 ポロネーズ第5番Op.44、マズルカ第38番Op.59-3
マズルカ第38番Op.59-3♬
 
・嬰ハ短調(cis-moll)#### ⑯
 スケルツォ第3番Op.39、幻想即興曲Op.posth.66、
 エチュードOp.10-4、Op.25-7、
 プレリュードOp.28-10、
プレリュードOp.45、
 
 ワルツ第7番Op.64-2、ノクターン第7番Op.27-1、
 ノクターン第20番KKⅣa-16≪レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ≫
 ポロネーズ第1番Op.26-1、
 マズルカ第1番Op.6-1、第2番Op.6-2、第21番Op.30-4、第29番Op.41-4、
     第32番Op.50-3、第41番Op.63-3
♬マズルカ第41番Op.63-3♬

・嬰ト短調(gis-moll)##### ④
 エチュードOp.25-6、プレリュードOp.28-12、
 ポロネーズ第14番KKⅣa-3マズルカ第22番Op.33-1

<♭系の短調曲>
・ニ短調(d-moll)♭ ②
 プレリュードOp.28-24、ポロネーズ第8番Op.posth.71-1
・ト短調(g-moll)♭♭ ⑦
 バラード第1番Op.23、プレリュードOp.28-22、
 ノクターン第6番Op.15-3、第11番Op.37-1、ポロネーズ第11番KKⅡa-1
 
マズルカ第14番Op.24-1、マズルカ第43番Op.posth.67-2
・ハ短調(c-moll)♭♭♭ ⑫
 ピアノソナタ第1番Op.4 1・4楽章、
 エチュードOp.10-12「革命」Op.25-12「大洋」、プレリュードOp.28-20、
 ノクターン第13番Op.48-1、第21番KKⅣb-8、
 ポロネーズ第4番Op.40-2、マズルカ第18番Op.30-1、第35番Op.56-3、
 ロンドOp.1、葬送行進曲Op.posth.72-2
 
ピアノソナタ第1番Op.4第1楽章♬

・ヘ短調(f-moll)♭♭♭♭ ⑫
 
 バラード第4番Op.52、
 エチュードOp.10-9、Op.25-2、3つのエチュードKKⅡb/3-1、
 プレリュードOp.28-18、ワルツ第12番Op.posth.70-2、
 ノクターン第15番Op.55-1、ポロネーズ第10番Op.posth.71-3、
 マズルカ第7番Op.7-3、第40番Op.63-2、マズルカ第49番Op.posth.68-4、
 幻想曲Op.49
バラード第4番Op.52♬

・変ロ短調(b-moll)♭♭♭♭♭ ⑧
 ソナタ第2番Op.35 1・3・4楽章、スケルツォ第2番Op.31、
 プレリュードOp.28-16、ノクターン第1番Op9-1、
 ポロネーズ第15番KKⅣa-Ⅳ5マズルカ第17番Op.24-4 

・変ホ短調(es-moll)♭♭♭♭♭♭ ⑤
 ソナタ第2番Op.35 2楽章、チュードOp.10-6、プレリュードOp.28-14、 

 ポロネーズ第2番Op.26-2、マズルカ第4番Op.6-4 
    
「名曲解説ライブラリー」に記載されているピアノ独奏曲(短調)を、
調性ごとに分類してみました。(ソナタは楽章の調性ごとに分類)
 (数曲省いています。Ahn.の番号がついているマズルカなど)
ショパンのピアノ独奏曲が全部で何曲あるのか知りませんが、
ここに挙げた短調の曲は97曲でした。
ジャンル別に見ると、
♪ピアノソナタ・・3曲(4楽章構成)12楽章ー3曲(2,4,2)8楽章が短調。
♪バラード・・・・4曲ー2曲(第1番と第4番)が短調。 
♪スケルツォ・・・4曲ー3曲(1.2,3)が短調。
♪即興曲・・・・・4曲ー1曲(幻想即興曲)が短調。
♪エチュード・・・Op.10 12曲ー5曲(2,4,6,9,12)が短調。
          Op.25 12曲ー8曲(2,4,5,6,7,10,11,12)が短調。
          新練習曲3曲―1曲(1)が短調。
♪プレリュード・・26曲ー13曲(2,4,6,8,10,12,14,16,18,20,22,24)(Op.45)が短調。
♪ワルツ・・・・・19曲ー6曲(3,7,10,12,14,19)が短調。
♪ノクターン・・・21曲ー10曲(1,6,7,11,13,14,15,19,20,21)が短調。
♪ポロネーズ・・・16曲ー9曲(1,2,4,5,8,10,11,14,15)が短調。
♪マズルカ・・・・57曲ー28曲(1,2,4,6,7,11,13,14,17,18,19,21,22,25,26,29,
               32,35,36,38,40,41,43,45,47,49,52,53)が短調。
♪ロンド・・・・・4曲ー1曲(Op.1)が短調。
♪その他の小品・・11曲ー2曲(Op.49,posth.72-2)が短調。
 
 

☆ソナタ3曲全て、スケルツォは3曲、バラードは2曲が短調。
 ポロネーズ4番、5番など大曲(ドラマチック)が多いかな?
調性で見ると、12の短調全てに作品があるところが凄い。。
(前奏曲を除いても・・)
数だけだと、イ短調13曲、嬰ハ短調16曲、ハ短調Ⅰ2曲、ヘ短調12曲が多い。
そして、#・♭の数が3個・4個の調性だというところが
(イ短調が多いのは意外だったけど・・)
#系の曲は38曲、♭系の曲は46曲で少し多いけど、
異名同音の調性があるので、(普通、嬰ニ短調は変ホ短調、
嬰イ短調は変ロ短調、変イ短調は嬰ト短調として使われるため。)
それ程違いはないように思う。。。

私が好きな曲が多いのは、やはりハ短調。それとヘ短調かな。
   ・・・やっぱり♭系・・・(一一")
実は~ショパンの長調の曲も調性ごとに分類してみました。
・・長調の曲は、或る一つの調に集中していることが判明・・・
(さて、何長調でしょう??)  

     
ということで、Chopin編は続きます~~(笑)
 


Comment:2
2018
08.04

短調の曲が好き♪Beethoven

Category: 調性とピアノ
” 短調好き”シリーズ続編・・(笑)
  ・・暑いのになんでこんな記事を書いているのか。。。Σ(゚д゚|||)
  暑さにやられて思考回路がおかしくなっているのかも~~(∩・∀・)∩ キャー

今回は~~ ベートーヴェン です♪
  ・・バッハの短調曲はどれ位あるのか?と思い調べてみたら・・・
  予想通り半端ない数だったわ。。。
  大体、バッハの作品数は1000曲を超えているのだから・・
  それに~前奏曲とフーガ、トッカータとフーガ、とか似た曲名ばかりやし・・
  やっぱり後回しやわ~~~無理かも Σ(´Д`lll)エエ!!


  👇このブログはピアノブログなので、ピアノ曲以外は簡単に~~(手抜き 笑)
♪ピアノ独奏曲以外の主な短調曲♪
イ短調(a-moll)
 交響曲第7番 Op.92 2楽章、ヴァイオリンソナタ第4番 Op.23、
 弦楽四重奏曲第15番 Op.132
<#系の曲>
ホ短調(e-moll)#
 ピアノ協奏曲第4番 Op.58 2楽章、弦楽四重奏曲第8番 Op.59-2「ラズモフスキー2番」
<♭系の曲>
ニ短調(d-moll)♭
 交響曲第9番{合唱付き}Op.125
ト短調(g-moll)♭♭
 チェロソナタ第2番 Op.5-2
ハ短調(c-moll)♭♭♭
 交響曲第5番{運命}Op.67、ピアノ協奏曲第3番 Op.37
 ヴァイオリンソナタ第7番 Op.30-2
へ短調(f-moll)♭♭♭♭
 交響曲第6番「田園」Op.68 4楽章、弦楽四重奏曲第第11番 Op.95「セリオーソ」

♪ピアノ独奏曲の主な短調曲♪ 
イ短調(a-moll)
 「エリーゼのために」WoO59
<#系の曲>
ホ短調(e-moll)#
 ピアノソナタ第9番Op.14-1 2楽章、第27番Op.90 1楽章、
 ♬第30番Op.109 2楽章
 
嬰へ短調(fis-moll)###
 ピアノソナタ第29番「ハンマークラヴィア」Op.106 3楽章
嬰ハ短調(cis-moll)####
 ピアノソナタ第14番「月光」Op.27-2 1・3楽章
<♭系の曲>
ニ短調(d-moll)♭
 ピアノソナタ第7番Op.10-3 2楽章、第15番Op.28 2楽章、
       第17番「テンペスト」Op.31-2 1・3楽章
ト短調(g-moll)♭♭
 ピアノソナタ第19番Op.49-1 1楽章、第25番Op.79 2楽章、幻想曲ト短調Op.77
ハ短調(c-moll)♭♭♭
 ピアノソナタ第5番Op.10-1 1・3楽章、第8番「悲愴」Op.13 1・3楽章、
       第13番Op.27-1 2楽章、第26番「告別」Op.81a 2楽章、
       第32番Op.111 1楽章
ヘ短調(f-moll)♭♭♭♭
 ピアノソナタ第1番Op.2-1 1・3・4楽章、第6番Op.10-2 2楽章、
       第23番「熱情」Op.57 1・3楽章
 ♬第31番Op.110 2楽章
   
変イ短調(as-moll)♭♭♭♭♭♭♭
 ピアノソナタ第12番Op.26 3楽章(葬送)
 
ベートーヴェンのピアノソナタ32曲中、短調のソナタは9曲。
また、長調ソナタで2楽章(3楽章)の調性が短調のものは10曲。
☆9曲の短調ソナタを調性で分けてみると、
 ・ホ短調・・27番 ① ・嬰ハ短調・・14番「月光」②
 ・ニ短調・・17番「テンペスト」②  ・ト短調・・19番 ①
 ・ハ短調・・5番、8番「悲愴」、32番 ⑤
 ・ヘ短調・・1番、23番「熱情」⑤
☆10曲の長調ソナタの短調楽章を調性で分けてみると、
 ・ホ短調・・9番2楽章、30番2楽章 ②
 ・嬰へ短調・・29番「ハンマークラヴィア」3楽章 ①
 ・ニ短調・・7番2楽章、15番2楽章 ②
 ・ト短調・・25番2楽章 ①
 ・ハ短調・・13番2楽章、26番「告別」2楽章 ②
 ・ヘ短調・・6番2楽章、31番2楽章 ②  
 ・変イ短調・・12番3楽章 ①
ピアノソナタ32曲中、曲数だとハ短調とヘ短調が7曲でした。
あら~そうだったんだ。。ソナタ以外、ピアノ曲以外の曲を含めると
違う結果が出るんでしょうけど・・ そこまでは面倒なのでやりませんが 爆
でも、やはり♭系の曲が多いみたいですね。
  ロマン派の時代になると、#系の曲が多くなるのやろうか??わかりませんが・・

さて、短調好きな私・・ベートーヴェンもモーツァルトと同じく、
ハ短調に好きな曲が多いのか?・・どうなんだろうか?
実は、ベートヴェンの曲に関しては長調の曲の方が好きかもしれません。
ピアノソナタなら「悲愴」や1番、27番など好きですが、
「田園」「ワルトシュタイン」「告別」31番なども好き。
そして、交響曲では「田園」と7番、ヴァイオリンソナタでは「春」、
ピアノ協奏曲はダントツで第4番ト長調が好きなのです。

♪ピアノを再開した頃、バックハウス演奏のベートーヴェンをよく聴いていました。
最近、ベートーヴェンは後期ソナタの長調の曲を好んで聴くことが多いです。
年齢とともに曲の好みも変わりますね。
私の場合、モーツァルトの好きな曲は20年前と殆ど変わっていません。
が、ベートーヴェンは自分に似合わないと思う曲、
「熱情」や「テンペスト」「月光」はあまり聴かなくなりました。

・・・なんてことを言うと、「短調好き」のタイトルと違うやん~!!
となっちゃいますが~(笑) 
長調と短調は光と影、どちらもなくてはならないもの、
モーツァルトの大好きな長調曲には明るいけどどこか翳りがあり、
その翳りにとても魅力を感じるように、
ベートーヴェンの曲、ソナタには全体の構成ー
楽章ごとの調性の変化にとても魅力を感じるのです。
15番「田園」、30番、31番の2楽章(短調)はとても好きですし、
27番、32番の2楽章(長調)も心惹かれます。
ベトソナは全楽章を聴くのが一番かも(・・時間がある時限定やけど・・)


Comment:4
back-to-top