FC2ブログ
  大人になってピアノ再開しました
練習中♪バッハ 平均律Ⅰ第11番フーガ
2019年06月28日 (金) | 編集 |
 現在取組中の平均律第1巻11番フーガ、
練習過程の記録として音源アップしておきます~♪
 
 <練習中♪バッハ/平均律第1巻11番フーガ>
 
・2回録音しました。
 1回目より2回目の方が、バスに登場するテーマ(主調 F-dur) が
 よく聞こえている気がします。
・27~30小節の右手で2声部を弾く部分は、アルトにテーマが登場するのだが、
 ソプラノの音量が控えめに出来なくて苦労している。。
 大きく出す方がまだ出しやすいかな・・
・本当は音質に変化を付けられればいいのだけど、それは難しすぎる💧
 まず片手で声部ごとに音量を変えることをクリアしたい。

 KIMG0311~2_LI

レッスンでは、一部分だけ取り出して見てもらっています。
時間をかけてやる予定。 ・・・いつまでかかるやら~~~💦

 フーガらしく、立体的に弾けるようになればいいのだが。。。




久しぶりにフーガ♪
2019年05月14日 (火) | 編集 |
平均律第1巻11番フーガを練習しています。

・・フーガ、すっごく久しぶりです!
昔よく遊んでいた懐かしい人 に再会したような気分です(笑) ・・なんやそれ。。

楽譜を見たら、ⅠやⅤ、A,S,B,の書き込みが。。。
以前平均律をやっていた時に、次の曲として譜読みしていたみたいです。
(イギリス組曲をやることにしたので、そのまま放置してました)

KIMG0307_2_convert_20190514170104.jpg 
久しぶりに弾いてみたら面白くって~♪
つい何度も繰り返し弾いてしまいます(笑) バッハはスルメ 状態 
最初、どんな感じの曲なのかと3声で弾いてみて、次に1声部ずつ練習。
2声部ずつ合わせたり、右手だけ・左手だけで練習したり・・
いつもの練習パターンですね。

プレリュードが難しかったので、フーガがすごく弾きやすいと感じます(笑)
 ・・気がするだけやけど~~💧そんな甘くないわよ、きっと(;^_^A

久しぶりのバッハ祭りかしら~~ フーガ11番&フランス組曲アルマンド


     ・・・て、プーランクは?。。。(;^_^A 
              こりゃ譜読み進まないわ~~~💧





♪練習中♪バッハ 平均律クラヴィーア曲集Ⅰフーガ16番
2017年05月31日 (水) | 編集 |
久しぶりにバッハ平均律の音源をアップしておこう~♪

<♪練習中♪J.S.Bach 平均律クラヴィーア曲集Ⅰフーガ16番>
 
*4声フーガ ト短調(g-moll)
この曲は2月末からやっている。・・3ヶ月も抱えてるやん!!
(発表会前1ヶ月程お休みしていたので仕方ないけど)
中々フーガらしくなりません・・
テーマは最初2番目の音の後、切って弾いていたけど、
この曲のテーマが聞こえてこない(歌えていない)ということで、
レガートで弾くことになった。(ノンレガートが出来ない・・)
現時点では、3声部のところは大分良くなった。が、
4声部出てくるところは上手く弾けない。。。難しい~~
テーマが聞こえてこないところもある。

平均律フーガ16番1 平均律フーガ16番2
ここは結構苦労している・・2声部の掛け合い。
タイの音の前で手が浮いてフレーズが切れてしまう^^;
バッハ独特の指使いが難しい。

  もう少し練習を続けます~~( ̄^ ̄)ゞ



声部ごとに繋げて(=゚ω゚)ノ
2017年05月12日 (金) | 編集 |
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請


♪譜読み♪J.S.バッハ/平均律Ⅰプレリュード16番
2017年01月31日 (火) | 編集 |
自分のための覚書(一一")

<J.S.バッハ/平均律Ⅰプレリュード16番>
ト短調(g-moll) 主音ソ
平均律1-16 1 
♪1~4小節 トリルは主要音から。
 旋律は細かい音から長い音へ繋げて弾くと上手く流れる。
 左手2声、下の声部も聞こえるように。
平均律1-16 2 
♪5~8小節 音色の変化を感じて。短調から長調へ。
平均律1-16 3 平均律1-16 4
♪9~10小節 右手2声の掛け合い。32分音符から始まるように弾く。
平均律1-16 5 平均律1-16 6
♪11~19小節 音色の変化を感じながら。両手で掛け合い。

このプレリュードはアリアのようで哀愁があり美しい。
32分音符の音型は、フランス組曲2番アルマンドにも
同じような音型があったことを思い出した。

♬譜読み開始から約10日目の音源をアップ~( ̄▽ ̄;)
 
*YAMAHAグランドで演奏。
 まだ譜読みがあやふやな部分もあるが、一応通せるようになった段階。
 細かい音符から長い音符に繋げて弾くことを心がけた。
 今後弾き込んでいく上での課題は、
 ・トリルの粒を揃える。
 ・各声部のメロディが繋がって聞こえるように弾く。
 ・大きなフレーズでとらえて弾く。
                 ・・・etc.