2017
08.14

続・自分の音を聴くこと(・_・D

Category: 日々の練習
少し前の記事「自分の音を聴くこと」にいただいたコメントを読んでいて、
そうだな~と思うことがありました。
ブロともさんが「聴けてても右手の音しか聴けてない」と書かれていて、
それってすごくわかる!ピアノあるある(?)でないかと思いました。

音が聴けない大きな理由は、やはりピアノは弾くことが一番だからだと思います。
楽譜を読み音を並べて覚えていくことが大変なので。
ただ、譜読みの時点でもっと音のイメージを持って取り組むことは必要かな、と。
先生によく言われています。。。
今取組中のベートーヴェンソナタは譜読みから先生に見ていただきました。
まず冒頭の主旋律部分を片手ずつ、フレーズごとに1音・1和音から
弾き方や音等を時間をかけて見ていただき、
ある程度両手で弾けるようになった時点で更に曲想をつけていきました。
時間はかかりましたが、レッスンで手直しする部分も少なく、
仕上がり具合も良く、これはいい方法だ、などと思いました(笑)

”右手の音しか聴けてない”のは、やはりどうしてもメロディの方が聞こえてくるから、
メロディ優先で聴くからなんだと思います。
何かで読んだ記憶がありますが、日本人はハーモニーを聴くことが苦手、らしい。。
 ♬音楽の三要素は「リズム」「メロディ」「ハーモニー」
 (・・そういえば、リズムも苦手よね。。)
 「吉松隆/調性で読み解くクラシック」より~
  メロディはハーモニーに乗ることで表現力を持ち、
  ハーモニーはリズムに乗って変化してゆくことで意味を持つ。
  この3つは「心・技・体」のように「3つでひとつ」な音楽の基本要素といえる。
  ひとつの「音」の横の並びが「メロディ(旋律)」、複数の音の重なり具合が「ハーモニー(和声)」、
  縦に並んだ瞬間の組み合わせが「コード(和音)」、そしてそれらの体系や秩序が「調性」

ハーモニー、どうしたら聴けるようになるのでしょうね。。。
和声・和音と言えば、楽典で出てくるⅠやⅣやⅤの文字。。
昔、月に1回楽典を教えてもらっていました。本当に基本的な事だけでしたが。
でも身に付きませんでした。
何故かというと、ⅠやⅣやⅤの文字を見ただけでは音が浮かんでこないから。
先日の練習会でピアノ友達さんがⅠやⅣやⅤを書き込んでいる楽譜を拝見しました。
ハノンを参考に、ピアノで音を出しながら書き込まれたそうで、
これはいい方法だなと思いました。
そんな風に、自分で一つずつ音を出して、和音の音の重なり具合、響きを
耳でよく聴いて確かめ覚えていく。
一度位では忘れてしまうので、何度も繰り返せば定着するのでは?と思います。



Comment:4
2017
08.12

耳を澄まして②(・_・D

Category: 日々の練習
ある日のレッスンで。
先生が和音を弾かれる。手に力を入れてガン!と弾く。
・・出てくる音は響きがなく止まった音。
その後、力を抜いていく。
・・すると、ピアノの音色が変化してまろやかな音になる。

人により出せるいい音は違う。
耳でよく聴いて自分のいい音、最適な音が出る部分を探すことが大切だ。
でもそれは簡単な事ではないと思う。
まず、どんな音がいい音なのかがよくわからない。
何度もレッスンで教えてもらうが未だにわかっていない気がする。
今のがいい音です、と言われるときは、大体程よく力が抜けて楽に弾いている時。
逆に手に力が入りすぎている時は縦刻み演奏になり注意される。
手も寝かし気味?の方がいい音がでる、というか、手が浮いてくると
先生が私の手を押さえられる(表現が変だが、どう言えばいいのかわからない(^-^;)
もちろん表現したい音により弾き方は変わるので、全てがそうではないが。

私はfが苦手。昔の癖でf=強くて大きい、力を入れて弾かなくては!
・・と無意識に反応してしまい、肩が上がり力んでしまう。
結果、出てくる音は固くて響きの無い汚くて大きな音。癖はなかなか直らない。
なので、fを出そうと思わず小さな音で弾くように言われている。
fの弾き方はその都度教えてもらっているが、あまり音量は出せていない。
・・いつか苦手意識がなくなるといいけど (^-^;

よく言われるのが、fと書いてあるから、pと書いてあるからf、pで弾く、
のではないということ。楽譜をよく見れば、音符の動きを見れば、
そこはどんな音が欲しいかわかる。その様に作られている、ということ。
(・・楽譜を読むことは難しい。譜読みは好きで苦にならないけど・・)
譜読みの段階で、どんな音が欲しい、とか音のイメージを持てればいいけど、
それはなかなか出来ない。。どうしても音符を追うことばかりに気持ちがいくから。。

楽譜にある全ての音を自分にとっての最適な音で弾くことが出来ればいいが、
そんな事は気が遠くなる程不可能(どーゆー意味やねん(^^; )なので、
まず、音価の大きい音、長い音をよく聴くように言われている。
音がどのように変化しているか、どんな音が欲しいか、色々試す。
また、音が消えるところを注意深く聴く。休符前の音等だ。
これもよく言われることだが、休符は休みではない。音楽はそこで終わっていない。
一旦止まっているが、また次のフレーズに繋がっていく。
だから次に繋がる音で消えていく。
どんな曲でも言われるが、バッハの曲は特にそのことを注意される。
バッハの曲は左手の練習になるし、音を聴く(各声部を聴く)耳の練習にもなると思う。

耳を澄まして自分の音をよく聴くこと。
大切なことだが難しい。。。


Comment:0
2017
08.11

耳を澄まして"(-""-)"

Category: 日々の練習
以前は年に2回程大人教室時代のピアノ友達と練習会をやっていた。(通称ME会 笑)
メンバーそれぞれ忙しくなり、また、
レッスンを辞めてピアノから長く離れてしまった方もいて、
最近は集まる機会がなくなってしまったが。。

5年位前だろうか?ME会でピアノ友達に言われた。
「どうして目をつぶって弾いてるん??」
その時何の曲を弾いていたのか覚えていない。
また、本人目を閉じて弾いている自覚なし。。
目を閉じていたのはある部分だけだったと思うが・・たぶん、
その部分の音をより聴くため、鍵盤に触れている感覚をより感じるためだったと思う。

弾きあい会や練習会で、その演奏(音)を聴きたい、楽しみたいと思う時、
目を閉じて聴くことがある。
(そういえば、講師の方やI先生も目を閉じて聴いておられた。)
youtubeで演奏動画を観ることがある。
弾き方等参考になるけど、やっぱり私はCD派。
見ることに集中すると、音が聴こえてこないから。

「音をよく聴いて~」
どう練習すればいいのか?
音をより聴くためには目を閉じればいいのでは?と思い、
鍵盤感覚と音を頼りに弾いてみる。
・・でもさ~完全に手が覚えてて暗譜出来ていないと無理やん💦
全て目を閉じては無理でも、部分的練習にはいいかも。
また、楽譜を見ながら弾いている時も音に集中できる空間を作れば?と思い、
照明を消しカーテンを閉めて部屋を暗くして、
ピアノの上に置いた卓上ライトの光のみで練習。
(卓上ライトは年のせいで楽譜が見えにくくなったための対処策 笑)
すると、いつもより音に集中出来ている気がした。

先生の教えをヒントに、自分で考え、自分で創り上げていくことは楽しい。
・・たまに「遊び弾き」や「弾き散らかし」等、息抜きも必要だが 笑





Comment:0
2017
08.07

自分の音を聴くこと"(-""-)"

Category: 日々の練習
レッスンで毎回先生に言われること。

 「音をよく聴いて~」

そうなんよね。自分の音をよく聴くことは大切だと思う。。。( 一一)
でもねぇ~~演奏しながら自分の音を聴くのって難しいと思う。
聴いているようで、実は聴けていないのだ。
ピアノを弾いている時は楽譜を追うことに気持ちがいったり、
弾けない部分の弾き方に囚われたりすることが多い。
勿論ピアノの音は聞こえている。
でも、音の方向や音が消える瞬間、右と左のバランス、ハーモニー、
固い音、柔らかい音、強い弱いだけでない音・・・
自分の出している音が聴こえていないのだ。
ペダルが苦手というのも、音が聴けていないからだと思う。

・・というわけで、久しぶりに音を出して練習。
(普段は弱音ペダルで練習してしまう。これも一因かも・・)
イギリス組曲プレリュードは片手ずつ。それぞれ曲想を考えて練習。
前回録音したものは、何だか固くてうるさいだけの演奏だった。。。
まだ速く弾くのは難しいのに無理して速く弾いたのもあるけど、
それにしても・・
どうしてこう一本調子の盛り上がりも何もない演奏になるんやろうか💦
バッハはもろ自分の演奏のアラが出てしまう、ごまかしが効かない。
色々試してみたがよくわからん・・まだ時間がかかるな、これは |ω・`)

ベートーヴェンは後半の練習。
弦楽四重奏の様な、一番好きな部分。
ペダルは音をよく聴きながら濁ったら踏みかえる。
ベートーヴェンの響きは、濁りでも許される範囲の濁りがある・・とか
先生が言われていたけど・・よく分からない。
この曲は後期ソナタに入る直前だし、ロマン派の香りがする。
各パートの掛け合い部分、メロディを出したいけど、
音を大きくすれば良い、という問題じゃない気がする。
旋律を浮き上がらせるには、その他のパート部分の音量は小さく控えめ。
これも難しい。バランス感覚も必要。
音色を変える、というけど・・出来る??それって難しいやん。。。Σ(´Д`lll)エエ!!

ショパンエチュードは弱音で練習。
前に録音したものは右手がうるさすぎてメロディが聞こえてこなかった。。
まぁ~まだ左手も旋律出せないけど。
こちらもペダルが難しい。。。

ショパンワルツ。弾き方の見直し中。
音を出して弾いてみた。・・何だか汚いな~~~(;^ω^)
ゆっくり、ゆっくり弾いて音を確かめる。
時間がかかりそうだ。。。1ヶ月で出来るん???

グランド練習室では、いつも弾くことばかりに気を取られて
音が聴けていなかったと思う。せっかくの機会、時間なのに勿体ない。。。
一度、音を聴くことに集中して練習しようと思う。



Comment:6
2017
07.12

少しの進歩(*^^)v

Category: 日々の練習
今日は調律DAYでした♪
調律したての我が家のピアノで久しぶりに長時間練習しました。
調律したてはやっぱり音がクリア♪そして鍵盤も滑らかになって弾きやすい♪

最近の練習メニューは、
バッハ→ベートーヴェン→ショパン→モーツァルトという順番に練習。
イギリス組曲は譜読みが終わって少し落ち着いたので、あまり練習していない。。
ベートーヴェンも少し落ち着いたので、一通り弾いて終わり。。という感じ。
今一番練習しているのは、ショパンエチュードOp.25-11。

”木枯らし”は前から習いたかった憧れ曲。
発表会終了後から本格的に(?)譜読みを始めた。
思ったより譜読みは早く出来たけど、それからがすごく大変で。。。
レッスンでは2ページから先に進めなくて停滞している状態。
片手だけでも難しいのだが、両手で弾くことはもっと難しい。。。
ゆっくり弾くことが大切だけど、速く弾く弾き方でゆっくり弾くのって、
すごく難しい!!ゆっくり弾くと縦揺れになってしまう悪い癖が・・(T_T)
何度も何度も同じことを注意され、出来なくて2か月半。。
でも諦めない!やるよ~~( ̄^ ̄)ゞだって、本当にやりたかった曲だから。

・・てことで、前回レッスン終了後から木枯らし集中練習メニュー~♪
まず5~12小節までを片手ずつ練習。次に両手で練習。
ポジションが確実に覚えられていないところを取り出して部分練習。
出来るまで何度も繰り返す。
手の動きを観察、角度や軸のぶれがないか確認、親指の独立も確認。
左手メロディの音の方向やつながりを確認。
簡単には覚えられないので、ある程度出来たら次のパートを同じように練習。
以下同様に練習。
・・これを約1週間続けたところ、
少しずつだけど出来なかった部分が弾けるようになってきた!
特に、一番の課題部分であった17~22小節がハマるようになってきた!
 おぉ~~~♪♪♪(*σ´Д`*)(゚∀゚≡゚∀゚)(^ω^ ≡ ^ω^) 
嬉しくなって何度も弾いてしまった (笑)
まだまだ先は長いけど、少しでも進歩できて良かった~~

そうそう、絶賛(?!)”モツ祭り”継続中~~♪K.309 1楽章(o‘∀‘o)*:◦♪
こちらもつっかえながら(笑)何度も弾いてしまう~~
出来ないところの取り出し練習しないと・・やけど、
楽しくってついついエンドレスで弾いてしまう。。ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

  さて、レッスンではどうなることやら~~(∩・∀・)∩ キャー




Comment:0
back-to-top