2018
02.04

永遠に終わらない気がする・・・|д゚)|||||

Category: ソナタ
”シンプルなものほど難しい” とは言いますが・・・
・・・本当に、ホンマに、、、そうだと思う。

モーツァルト ソナタKV330 1楽章。取り組み始めて約3ヶ月。
そろそろ終わりかな~と思っていたのですが、またダメ出しの嵐・・・(。>(ェ)<。)エエェェェ
どんな曲でも出だし部分は難しいと思うのです。
最初の1音、1小節、1フレーズでその曲の運命(流れ)が決まってしまう。
今まで何度も言われてその都度修正してきたけど、またふりだしに戻ってしまった。。
・・そうです。また提示部の見直しをすることになりました。
K.330 1
330の冒頭。本当に難しい・・
今さらなんですが、1小節目右手の指使いを変更することになり。。
(3から始めてミの同音部分で1→4としていたが、3→4に変更。)
トリルも上手くいく時といかない時の割合が半々で。
何度か同じフレーズ(トリル)が出てくるけど、この冒頭のトリルが一番難しい。
その他にもいろいろと。。
注意するのは、フレーズの終わりの音かな。
プッツリ切らないで次の音に繋がるように弾く。
それと、一番低い谷底の音。底から上っていく音。
つまり、自分の音をよく聴いて最適な音が出る場所で弾く。
指先に神経を入れて弾く。

やっぱりモーツァルトは難しい。
上手くいったと思っていても油断できない。
気を抜くとフッとそっぽを向かれてしまうような。
永遠に終わらない気がする、、、
まだまだお付き合いしなくてはならないようです。



Comment:2
2017
12.08

今日もモーツァルト♪②

Category: ソナタ
現在取組中の「モーツァルト/ソナタKV330 1楽章」
譜読み開始から1ヶ月以上練習しています。
が、レッスンは5分程見てもらうパターンが多くてあまり進んでいません。
ようやく提示部を最後まで見てもらったところです。
レッスン時間は短くても内容は濃く、勉強になります。
とにかく1音にこだわり、同じ様なことを何度も教えてもらっています。

K.330 1
*提示部冒頭
レッスンの度に装飾音の弾き方をチェック。
最初はドレドレドレドレミソ~と弾いていたが、あまりにも弾きにくいので、
先生の提案ドレドレドレドレドレミソ~に変更。弾きやすくなった。

kv330 kv330
*30~41小節
第2主題b(34小節~)はただ「スタッカートだ!」と弾くのでなく、
音符の動きに合う様に歌わせること。
38小節の付点16分音符が16分音符になっていた・・・
つまり、64分音符(・・なのか?)が32分音符になってた・・・
楽譜をよく見ないと~~~(。>(ェ)<。)エエェェェ
音価を正しく!!修正、修正~~~💦
kv330
*52~58小節
52小節、56小節のギザギザ音型は32分音符4個で区切ってしまいがち。
下行するところは一気に繋げて弾く。
こーゆーところが地味に難しい。。。
58小節の1音目は前のフレーズの終わりの音で、2,3音目の和音は別物。

・・・やっぱりレッスンを受けると違いますね。
曲が生き生きしてきました。
それと、譜読み間違い・・音間違いや音価間違いはよくあって、
先生に言われて気付くことも多い。
(やっぱり私は独学に向いてないと思うわ・・・)

上記以外では、何と!最後149小節の右手を間違えていたことが判明~~
~~ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
・・実は、ずっと違和感ありながら弾いてました(^-^;
(違和感あるならすぐに楽譜を見直せばいいのにそのまま弾いていたという💦)
で、新たに、前にアップした動画の修正Ver.を作りました(笑)
何となく気持ち悪いので・・・(∩・∀・)∩ キャー
劇的に変わってないけど、一応・・・・・

   

また間違いが判明するかもしれないが・・・
   めげずに頑張るわ~~~!!(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー


Comment:0
2017
11.17

今日もモーツァルト♪

Category: ソナタ
 モーツァルトソナタの練習を開始して約2週間。。。
譜読みはほぼ出来たので、自分の手の動きを見るために動画を撮ってみました。
(デジカメの動画メニューで撮影。故に音質は悪い・・)
  
まだ音並べがほぼ出来た状態なので、たくさん間違えています。
速度を上げると悪い癖が出やすいので、
その状態を観察するため少し速く弾いてみました。
・・・どうだろう?時々親指が要らない動きをしているな。。。
小指がピンと伸びる癖は出ていないけど・・その気配もあるな~~~
もっとポジションや音の方向に気を付けて練習しないとな・・・

さて、動画を撮った後レッスンに行ってきました。
モツソナのレッスンは10分程でしたが・・・・・

 先生に、すっごく難しい課題を出されてしまったぁぁぁ~~~!!!
  
   キャ──ヽ(o´・ω・`o)ノ──!!! (∩・∀・)∩ キャー キャ━(´ェ`)━!!!

それは、全ての音を歌っている音で弾くこと です!
右手も左手も全部です!
全ての音が繋がるように、前の音から派生するように、
的確なタッチで音の方向を聴いて・・・etc.
・・・難しいですよ~~出来るんか?!
でも、いい機会なので頑張って練習します。
ピアノ再開した時の目標(夢?)は、
「モーツァルトをらしく弾けるようになりたい」だったので。
まず、提示部の第2主題に入る前までを集中練習(集中レッスン)です。
早速練習開始します~~~~(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー




Comment:4
2017
11.10

今日のモーツァルト♪

Category: ソナタ
今日も練習。モーツァルト ソナタK.330 1 楽章。
レッスンを振り返りながら、テンポゆっくりで練習。
K.330 1
・2小節目のトリル。まだ上手くはまらない時がある。
 縦に揃えようと意識しすぎると縦刻みになり音楽が流れない。
 トリルは軽くサラッと弾く。
k.330 4 k.330 5
・6~7小節の左手。6小節目はミドの分散和音で7小節目の最初はミドの和音。
 ここは、同音連打になるけど指替えが上手くいかず間が空いてしまう。
 まず、右手。6小節目を弾いたら休符のところで次の場所に移動。
 左手は指をスライドさせるようにして(指を鍵盤から離さない)移動。
・9~10小節の右手。バタバタならないように。
 鍵盤に指を密着して和音ごとにポジション移動。手を下の方から持っていくと上手くいく。
 音の繋がり、方向をよく聴いて。
・13小節。のように繋げて弾くと良い。(この曲は2拍子だけど4拍子と考えて見ると、)
 次の拍の頭の音まで間を開けず繋げて一気に弾く。すると拍ごとに刻む弾き方にならない。
・12、14小節。方向が変わるソは親指を内側に回転するようにして上行すると上手くいく。

片手練習、自分の手の動きの観察、音をよく聴きながら最適な場所を探す、
苦手な部分を取り出して練習・・・etc.
それと、両手でゆっくり全てレガートで(休符の部分は音を伸ばして)弾いてみた。
フレーズの前で呼吸して、時には声に出して歌いながら、どんな風に歌いたいか考えながら。

こんな風に、先生のアドバイスをヒントに、
音を聴きながら、自分であれこれ考え試している時間がとても楽しい♪





Comment:2
2017
11.08

難しいな・・・(*_*;

Category: ソナタ
 現在取組中のモーツァルトソナタK.330 1楽章。
譜読み開始から約2週間経過しました。
一般的な難易度で言うと、モツソナで初期に習う簡単なソナタになるそうですが。。。
・・・いやいや、簡単ではないと思う。。。
譜読み自体は特に難しくありません。ハ長調ですし。
指がよく回る子供なら簡単に弾けるだろうなぁ~、と思う。

だがしかし・・・私には難しい。ハ長調のいやらしさ(?)満載です(笑)
ハ長調、本当に弾きにくいわ~~~(。>(ェ)<。)エエェェェ
K.330 1
*冒頭部分。左手分散和音の16分音符1つに右手32分音符2こ。
 何となくでなくキッチリ入れないとダラッとしてしまう。
 だけど、メトロノームに合わせたように縦刻みになるとメロディが流れない。
 ここの右手、ミの連打が曲者・・素早く指替えして段差が出来ない様、
 音価も正しく(ゆるやかな下行スケール)
 1音目ソ、2音目ソは当たり前だが弾き方が違う。付点8分音符のソは固い音にしない。
 2小節目のトリルはドレドレドレドレミ。ここも左手にキッチリ合わせる。
K.330 2
*30小節目。
 右手スケール、頂点の音シ(5)がピンと伸びて上から振り下ろす癖が出る。
 指のポジションが高い、また16分音符シからソに移動した際
 場所がずれると、その癖が出るみたいだ。
 手を低くしてポジションごとに移動して弾くと大丈夫みたい。
*37小節目。ここのトリルも最初小指が変な動きをしていたが、
 指使いを変更したら大丈夫だった。
K.330 3
*再現部92~93小節。提示部5~6小節が少し変化。
 このスタッカートは跳ねない。軽やかなノンレガート。
 モーツァルトによくあるスタッカート。美しく。
K.330 4
*再現部135小節。提示部42~43小節が変化。
 ここのトリルは難しい・・・指がもつれる(;^ω^)

まだまだこれからです。ゆっくりゆっくり弾いて練習しています。
まず、細かい音符から。キッチリ縦に合わせながらも音楽は横に流れていく様に。
いい基本練習です。ぼちぼち楽しみながら続けます。

 

Comment:2
back-to-top