FC2ブログ
  大人になってピアノ再開しました
2019年12月27日 (金) | 編集 |
 🎹来年は ベートーヴェン生誕250年記念イヤー🎹

☆ほぼ曲が決まったので、企画の概要?を記しておきます。(少々変更あり)
①今までに習った曲から、長調と短調各6曲ずつ選曲。
<長調>
 1番2楽章、悲愴2楽章、月光2楽章、20番2楽章、かっこう1楽章、
 (かっこう3楽章、告別1楽章、27番2楽章から選ぶ)
<短調>
 1番1・3・4楽章、月光1楽章、19番1楽章、かっこう2楽章
 ☆長調の残り1曲はまだ選べていない・・
  難易度を考えるとかっこうが無難だけど、27番もやりたい気持ちが。
  (Gだらけになるしな~~💧)残り1曲はシークレット(爆)にしようかな・・
 ☆Gだらけの件やけど、短調もト短調が2曲だった!
  習った曲から選んでいるので、調性が重なるのは仕方ないけど、
  しかし。。。Gが2(3)曲でgが2曲て・・「ベトソナ祭り」やなくて、



 「ゲゲゲ祭り♪」🍳になってしまうやんっっ!!!
    ♬G~、g~、GGg~のゲ~~~♬

  👈「目玉おやじ・かわいいVer.」
    ・・ただ単に「目玉おやじ」を書きたかっただけか~い(爆)

🎹結論🎹長調1曲はシークレットにする 
 ・・ただ単に決められなかったからやけど💧

②1ヶ月1曲、練習して音源記録を残す。
 ☆まず1ヶ月1曲だけど・・今まで自主練をやってきて、
  1ヶ月では思う様に仕上がらないことは分かっているので、
  今回は1ヶ月2曲ずつやってみようかと思っている。
  今月の自主練曲(メイン曲)&来月の自主練曲(サブ曲)という感じで。
  結果、1曲2ヶ月自主練することになるけど・・出来るかしら💧 
 ☆音源は練習したという記録なので、出来たところまででもアップする。

  クオリティは求めない。てか、無理💧  
🎹結論🎹1ヶ月2曲自主練、1ヶ月1曲音源記録を残す
 ・・こうして自分の首を絞めることになる。。。爆
 
・・という感じで、来年1月から ”ベトソナ祭り” を開始します。
☆最後に・・
この企画の趣旨は、ベートーヴェン記念イヤーを楽しむ♪ ことです。
 選曲だけでも楽しくて、たくさん記事をアップしてしまいましたが(笑)
 このまま最後まで、完走を目指して続けられればいいなと思っています。

今年は体調を崩して、ブログを1ヶ月休止し、自主練も途中で終了にしました。
来年は、健康でいられるように毎日過ごしていきたいと思っています。



🍳さて、来年の自主練♪ベトソナ祭り♪は~~

  👇の曲から始めます!! グランド練習室で弾いてきました。
  

  
 
 

2019年12月14日 (土) | 編集 |
 🎹来年はベートーヴェン 生誕250年 記念イヤー🎹

🌹長調ソナタ6曲(楽章)の選曲 仕切り直し
 👇選曲の条件を決め選抜総選挙(?)したところ、以下のようになった。
💮ソナタ第1番  2楽章   ヘ長調  
・ソナタ第19番  2楽章   ト長調  
・ソナタ第20番  1楽章   ト長調   
・        2楽章   ト長調  
ソナタ悲愴   2楽章   変イ長調 
・ソナタ月光   2楽章   変ニ長調 
ソナタテレーゼ 1楽章   嬰へ長調 
・ソナタかっこう 1楽章   ト長調  
        3楽章   ト長調  
ソナタ告別   1楽章   変ホ長調 
        3楽章   変ホ長調 
ソナタ第27番  2楽章   ホ長調

☆ちょうど6曲残ったのだが、ここで物言いがついた⇐て、自分やけど笑
<理由>
 ①出来れば大人になって再開してから習った曲にしたい。
  19番と20番は子供時代に習った曲。
  短調曲で19番1楽章を選んでいるので、19&20全楽章やることになってしまう。
  やはり再開してからやった曲メインで選びたい。
  
 ②ト長調が4曲・・と、調性が偏っている。
  短調曲は、ソナタ1番を全楽章取り組むことに決めたのでヘ短調が3曲。
  これはいいとして、、、ト長調が4曲はどないなん?
   
*因みに、ベトソナでト長調のソナタは4曲ある。10.16.20.25番
    楽章だと9楽章ある。10-1,3 16-1,3 19-2 20-1,2 25-1,3楽章
    4曲のうち10番・20番・25番はソナタアルバムに収録されていて、
    16番は癖になる変な曲(笑)19番、20番、25番は「やさしいソナタ」
      ・・偶然なんですかね?

 
🐽このト長調4曲問題(?)なんだけど・・・

 Gなんだよね~~G.
 ト短調を含めると、gも加わり・・G(ゲー)だらけやん。。。
  つい、あの歌を口ずさんでしまうんやけど~~~ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


 

 ♬ゲー(G)、ゲー(G)、ゲゲゲ~(ggg)のゲ~~~(G~)👀
   


・・・と、脱線しまったが、話を元に戻して。。。
調性は出来るだけ偏らない方がいいかな。
では、①と②を踏まえて改めて選曲していきます。

💮当確ーソナタ第1番 2楽章 ・・全楽章取り組むソナタを1番に決めたので。
 ☆月光2楽章・・変ニ長調やし再開してから習ったので当選やな。
 ☆ト長調問題の4曲から選ぶ・・25番1楽章と20番1楽章やな。(同じ調は3曲までにしよう)
 ☆やはり、あまりに難しい曲はやめる・・告別3楽章はパスやわ💧
 ☆第1回選曲で落選した曲から選ぶ・・残り2曲!
   悲愴2楽章は変イ長調、かっこう3楽章はト長調、告別1楽章は変ホ長調、
   テレーゼは嬰へ長調、27番2楽章はホ長調。  
  ・・この中だと、悲愴2楽章を選びたいな。
  テレーゼは去年やったので今回はパスしよう。
  あと1曲は。。。敢えて、ト長調3曲でかっこう3か?告別?27番?
      ・・・迷う~~~~:(;゙゚''ω゚''): 
  結論👉上記の3曲を弾いてみて、自主練できそうな曲を選ぶことにした。

👑決定👑
<長調> 
💮ソナタ第1番  2楽章   ヘ長調  
ソナタ第19番  2楽章   ト長調  
💮ソナタ第20番  1楽章   ト長調  
        2楽章   ト長調  
💮ソナタ悲愴   2楽章   変イ長調 
💮ソナタ月光   2楽章   変ニ長調 
ソナタテレーゼ 1楽章   嬰へ長調 
💮ソナタかっこう 1楽章   ト長調  
        3楽章   ト長調  
ソナタ告別   1楽章   変ホ長調 
        3楽章   変ホ長調 
ソナタ第27番  2楽章   ホ長調  

 ・・・一応、決まりました~~💧
残り1曲は今年中に決めたいと思います。



2019年12月13日 (金) | 編集 |
🎹来年はベートーヴェン 生誕250年 記念イヤー🎹 

☆来年の自主練候補曲を選曲☆
 💡ベートーヴェンのピアノソナタ全32曲、楽章は100曲位になる、、
🌷まず、今までに習ったことがある曲を長調曲と短調曲に分けてみました。
 *以前「長調の曲♪Beethoven」短調の曲が好き♪Beethoven」で
  ベートーヴェンの曲を調性ごとに仕分けしていたので、その記事を参考にした。

 *子供時代ー子、前の先生ーM、今の先生ーI

<長調> 12曲
・ソナタ第1番  2楽章   ヘ長調  M
・ソナタ第19番  2楽章   ト長調  子
・ソナタ第20番  1楽章   ト長調  子 
・        2楽章   ト長調  子
・ソナタ悲愴   2楽章   変イ長調 子&I
・ソナタ月光   2楽章   変ニ長調 M
・ソナタテレーゼ 1楽章   嬰へ長調 I
・ソナタかっこう 1楽章   ト長調  M
・        3楽章   ト長調  M
・ソナタ告別   1楽章   変ホ長調 I (2回)
・        3楽章   変ホ長調 I
・ソナタ第27番  2楽章   ホ長調  I

<短調> 10曲
・ソナタ第1番  1楽章   ヘ短調  M
・        3楽章   ヘ短調  M
・        4楽章   ヘ短調  M
・ソナタ第19番  1楽章   ト短調  子
・ソナタ悲愴   1楽章   ハ短調  子&I
・        3楽章   ハ短調  子&M&I
・ソナタ月光   1楽章   嬰ハ短調 M
・        3楽章   嬰ハ短調 M
・ソナタテンペスト3楽章   ニ短調  M
・ソナタかっこう 2楽章   ト短調  M

 ☆長調曲が12曲、短調曲が10曲。ほぼ同じでしたね。
  ベトソナはそれ程習っていないのですよね。同じ曲を何度もやっているし。
  全楽章やったソナタが数曲あるので、調性のバランスが取れてるのかも?
      

🌹長調と短調、各6曲ずつ選曲していきます。
 ☆選曲の基準
 ①全楽章に取り組むソナタを一つ選ぶ。②今までにブログで音源アップした曲は外す。
 ③あまりにも難しい曲は外す。

①全楽章に取り組むソナタを選ぶ
 今までに全楽章習ったソナタは6曲。
 19番、20番、1番、悲愴、月光、かっこう
 「悲愴」は2・3楽章を音源アップしているので✖
 「月光」は3楽章が難しすぎるので✖
 「かっこう」も中途半端やけど一応3楽章をアップしているので✖やな・・
 19番20番でもいいんだけど、やっぱりレッスン再開してから習った1番やな。

👑決定👑「ソナタ第1番 Op.2-1」全4楽章

②今までにブログで音源アップした曲
 1年目ー悲愴2楽章、告別1楽章⇐レッスン 
 2年目ーなし。モツ祭り♪の年なのでほぼモーツァルト(笑)
 3年目ー27番2楽章、告別1楽章⇐自主練
 4年目ーテレーゼ1楽章、かっこう3楽章⇐譜読み
 5年目ー悲愴3楽章⇐自主練

☠落選☠
 悲愴2・3楽章、告別1楽章、27番2楽章、テレーゼ1楽章、かっこう3楽章

③あまりに難しい曲
 月光3楽章は手がキツイ・・30分位かけてゆっくりなら大丈夫だろうけど💀
 告別3楽章は冒頭から無理無理っっ!感が。。。💧
 テンペスト3楽章、悲愴1楽章は途中までならいけるかも??

☠落選☠「月光3楽章」「告別3楽章」
  一応予備曲枠(笑)・・悲愴1楽章、テンペスト3楽章

🌼残った曲から改めて選曲
<長調>
💮ソナタ第1番  2楽章   ヘ長調  
・ソナタ第19番  2楽章   ト長調  
・ソナタ第20番  1楽章   ト長調   
・        2楽章   ト長調  
ソナタ悲愴   2楽章   変イ長調 
・ソナタ月光   2楽章   変ニ長調 
ソナタテレーゼ 1楽章   嬰へ長調 
・ソナタかっこう 1楽章   ト長調  
        3楽章   ト長調  
ソナタ告別   1楽章   変ホ長調 
        3楽章   変ホ長調 
ソナタ第27番  2楽章   ホ長調  

<短調>
💮ソナタ第1番  1楽章   ヘ短調  
💮        3楽章   ヘ短調  
💮        4楽章   ヘ短調  
・ソナタ第19番  1楽章   ト短調  
・ソナタ悲愴   1楽章   ハ短調  
        3楽章   ハ短調  
・ソナタ月光   1楽章   嬰ハ短調 
        3楽章   嬰ハ短調 
・ソナタテンペスト3楽章   ニ短調  
・ソナタかっこう 2楽章   ト短調  

 ・・あらら💧長調の曲が減ってしまいました(;^ω^)
 ちょうど6曲なんですけど、出来れば再開してから習った曲中心でいきたいので・・
 短調の曲は、予備枠の悲愴とテンペストを除く6曲に決定ですね。

👑決定👑1番1・3・4楽章、19番1楽章、月光1楽章、かっこう2楽章

長調6曲はどうしましょうかね~~Σ(´Д`lll)エエ!!
・・再考することにします。
   

     ・・ということで③に続きます~~笑




2019年12月12日 (木) | 編集 |
🎹来年はベートーヴェン記念イヤー🎹

<ベトソナ祭り♪>と題して、自主練企画を考え中~♪
 ”モツ祭り”の時は、急に思いついた勢いで1年間突っ走ったのですが(笑)
 今回は一応、最初に選曲することを考えています。
 1ヶ月1曲やるなら12曲?、選んでおこうかと。
 習った曲中、自主練では無理やろ💧という曲もあるので。。

さて、ひとり選曲会議 笑 を始める前に、
ベートーヴェン ピアノソナタの予備知識的なことを少し記しておきます。

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven
 生年月日 1770年12月16日頃 没年月日 1827年3月26日
  ★ベートーヴェンが生きた時代の歴史的出来事★
   1774-フランス ルイ16世即位 1775-アメリカ独立戦争 76-独立宣言
   1789-フランス革命 1799ーナポレオン ブリュメールのクーデター
   1804-ナポレオン皇帝の地位に就く  1814年ーウィーン会議


☆ベートーヴェンのピアノソナタは32曲。ピアノの「新約聖書」と呼ばれている。
         参考文献:ベートーヴェン ピアノ・ソナタ全作品解説/横原千史*
<初期 1793-1801>
☆1792年11月にウィーンへ出たベートーヴェンは、まずピアニストとして名を馳せた。
 初期の作品には未熟な面もあるが、それ以上に快活で明るく、
 ユーモアたっぷりの魅力があふれ、青春の輝きがきらめいている                
♪ソナタ第1番 ヘ短調(f-moll)  Op.2-1    4楽章 1795年
 
☆ヘ短調はベートーヴェンにとって特別な調
♪ソナタ第2番 イ長調(A-dur)  Op.2-2    4楽章 1795年 
 ☆第3楽章に初めてスケルツォを導入し、1番より規模や構成において、拡大・充実している  
♪ソナタ第3番 ハ長調(C-dur)  Op.2-3    4楽章 1795年
 ☆作品2(3曲)はハイドンに献呈された
♪ソナタ第19番 ト短調(g-moll)    Op.49-1    2楽章 1797年
 ☆ソナチネアルバムに収録されている「2つのやさしいソナタ」
♪ソナタ第20番 ト長調(G-dur)  Op.49-2    2楽章 1795か96年
 ☆出版は1805年「2つのやさしいソナタ」
♪ソナタ第4番 変ホ長調(Es-dur) Op.7     4楽章 1797年
 ☆献呈:アンナ・ルイーゼ・バルバラ(ハンガリーの貴族ケグレヴィチ伯爵令嬢)
♪ソナタ第5番  ハ短調(c-moll)  Op.10-1   3楽章 1797年
 ☆ベートーヴェン得意のハ短調
♪ソナタ第6番 ヘ長調(F-dur)  Op.10-2        3楽章 1796~97年
 ☆作品10-1,2は調の対比となっている(1-ハ短調、2-ヘ長調)
♪ソナタ第7番 ニ長調(D-dur)  Op.10-3          4楽章 1797~98年
 ☆再び4楽章構成へ。作品10でもっとも規模が大きく、内容的にも充実した初期の傑作
♪ソナタ第8番  ハ短調(c-moll)   Op.13【悲愴 】 3楽章 1797~98年
 ☆「悲愴」はベートーヴェン自身がつけたタイトル
♪ソナタ第9番  ホ長調(E-dur)    Op.14-1           3楽章 1798年
 ☆四声体の室内楽的な書法がめだち、後に弦楽四重奏に編曲している
♪ソナタ第10番  ト長調(G-dur)   Op.14-2           3楽章 1798~99年
 ☆弟子のシントラ―著「ベートーヴェンの生涯」1840年初版より、 作品14について
 「2曲とも夫と妻の会話、あるいは恋人どうしの会話をその主題としている」

♪ソナタ第11番 変ロ長調(B-dur) Op.22      4楽章 1800年
 ☆古典的な4楽章作品として初期のソナタの集大成といえる
♪ソナタ第12番 変イ長調(As-dur)  Op.26【葬送】  4楽章 1801年
 ☆モーツァルトソナタK.331<トルコ行進曲付>が念頭にあったことは明らか
♪ソナタ第13番 変ホ長調(Es-dur)Op.27-1【幻想風】4楽章 1801年
 ☆「幻想曲風ソナタ」ソナタ冒頭楽章を持たない。
  4つの楽章がいずれもソナタ形式ではなく、すべてアタッカで結ばれて、切れ目なく演奏される

♪ソナタ第14番 嬰ハ短調(cis-moll)Op.27-2【月光】3楽章 1801年
 ☆献呈:ジュリエッタ・グイッチャルディ 恋に落ちる
  「幻想曲風ソナタ」緩徐楽章のような瞑想的なアダージョで始まり、
  短い舞曲楽章の後にソナタ形式の終楽章が付いている。

♪ソナタ第15番 ニ長調(D-dur)    Op.28【田園】   4楽章 1801年
 ☆「田園」の愛称がふさわしい性格的なソナタ。
  過渡期的な要素と中期作品に迫る内容の充実ぶりをあわせもつ両義的な作品


<中期 1802-1813>
☆1802年、耳疾の苦悩から自殺を考えて書いた「ハイリゲンシュタットの遺書」が、
 ベートーヴェンの創作に転機をもたらした。

♪ソナタ第16番 ト長調(G-dur)  Op.31-1    3楽章 1802年
 ☆古典的な3楽章形式の明快なソナタ 「新しい道」の新機軸が随所に見られる佳品    
♪ソナタ第17番 ニ短調(d-moll)Op.31-2【テンペスト】3楽章1802年
 ☆再現部のラルゴにレチタティーヴォが現れる
♪ソナタ第18番 変ホ長調(Es-dur) Op.31-3    4楽章 1802年
 ☆作品31のなかで唯一4楽章構成。
  中間楽章がスケルツォとメヌエットで、普通の緩徐楽章を持たない。

♪ソナタ第21番 ハ長調(C-dur)Op.51【ヴァルトシュタイン】3楽章 1803~1804年
 ☆第2楽章アンダンテを切り離し、新たに終楽章の序奏を書き加え完成。
  アンダンテは、1807年に再版されたときに<アンダンテ・ファヴォリ>WoO.57 と命名された

♪ソナタ第22番 ヘ長調(F-dur)   Op.54    2楽章 1804年
 ☆「ヴァルトシュタイン」と「熱情」という二大ソナタにはさまれた小さなソナタ。
  2つの楽章しかもたず、ソナタ形式の楽章もない、
  まったく自由な発想で作られた実験的なソナタと見ることができる

♪ソナタ第23番 ヘ短調(f-moll)  Op.57【熱情】 3楽章 1805年
 ☆1804年ー「傑作の森」と呼ばれる中期の絶頂期
  ヨゼフィーヌと熱烈な恋に落ちる。恋の炎が創作の原動力となった?

♪ソナタ第24番 嬰へ長調(Fis-dur)Op.78【テレーゼ】2楽章  1809年
 ☆献呈:テレーゼ・フォン・ブルンスヴィグ伯爵令嬢(ヨゼフィーヌの姉)
    愛らしく魅力的な楽想と構成をもち、過渡期を代表し、後期の先駆となる傑作
♪ソナタ第25番 ト長調(G-dur)  Op.79【かっこう】3楽章 1809年
 ☆1810年11月の初版では「ソナチネ」のタイトルが付けられた。
  第1楽章の中間にカッコーの鳴き声のような楽想があるので
 「かっこう」の愛称で呼ばれることもある

♪ソナタ第26番 変ホ長調(Es-dur) Op.81a【告別】 3楽章 1809年
 ☆ルドルフ大公との別離を契機に作曲を開始
  告別ソナタの調性 変ホ長調は、この時期の傑作に集中している。
  ・ピアノ三重奏Op.70-2、ピアノ協奏曲「皇帝」Op.73、弦楽四重奏曲Op.74「ハープ」


<後期 1814-1827>
☆1813~16年まで、一種のスランプ時期。中期から後期への過渡期と呼ばれる。
 1817年の「ハンマークラヴィーア」と「ミサ・ソレムニス」で完全に創作力を取り戻す。

♪ソナタ第27番 ホ短調(e-moll)  Op.90     2楽章 1814年
 ☆2つの楽章で構成され、短調と長調の対比は第32番の先駆である
♪ソナタ第28番 イ長調(A-dur)   Op.101     3楽章 1816年
 ☆スランプの時期。中期から後期への過渡期の時期。
  後期様式を切り拓く、みごとな傑作

♪ソナタ第29番 変ロ長調(B-dur)Op.106【ハンマークラヴィーア】4楽章1818年
 ☆「ハンマークラヴィーア」=イタリア語のピアノフォルテのドイツ語訳
  ベートーヴェンのソナタのなかでも最大にして最高の傑作

♪ソナタ第30番 ホ長調(E-dur)   Op.109     3楽章 1820年
 ☆「ミサ・ソレムニス」と並行して作曲された
  巨大な変奏曲の終楽章を重点にすえて、その前に幻想的な楽章を配した傑作

♪ソナタ第31番 変イ長調(As-dur) Op.110    3楽章 1822年
 ☆ベートーヴェンの最高傑作
♪ソナタ第32番 ハ短調(c-moll)   Op.111    2楽章 1822年         
 ☆究極のソナタ


 ・・予備知識的なまとめはこれ位にして、次はいよいよ選曲に移りたいと思います(笑)
 今までに習った曲から、自主練候補曲を選びます。


   
      選曲編②に続く~~♪




2019年12月09日 (月) | 編集 |
来年は、ベートーヴェン生誕250年のメモリアル・イヤー ✨

・・ということで、
来年は ”ベトソナ祭り” と題して自主練をやることに決めました。
3年前の ”モツ祭り” に続く(笑)、一人の作曲家の曲に取り組む企画です。
 モーツァルトの時も、生誕260年の記念イヤーでしたので・・笑

”モツ祭り”の時は、
・今までに習ったことのある曲から選曲。
・奇数月は長調の曲、偶数月は短調の曲から選ぶ。
・1ヶ月1曲取り組む。月末に音源記録を残す。
   ・・という縛りを決めました。
今回は・・どうしようかな?

・曲は、やはり今まで習ったことがある曲から選ぼうと思っています。
 モーツァルトほど習った曲の数は多くないんですが。。
 私には難しい曲も多いですし。習ったけど今は弾けない曲も多いし。
 ・・仕分けしていくと、候補曲は絞られてしまうかな。。
・長調と短調交互というのも、候補曲を挙げてみないとね。。
・一番悩むのが、1ヶ月1曲、の縛りです。
 普段よく弾いていたモツさんの時も、1ヶ月では満足できる仕上がりには
 ならなかったので。よく12曲音源アップ出来たものやわ~~💧音源アップ可の基準が低いから(爆)
 取りあえず1ヶ月1曲と決めて、出来たところまでで終了とするかな。
・あと、記事の内容として、楽曲分析的なことは記したいのよね~
 ソナタの形式とか、調性とか、調べるのが好きなので 笑
 ・・和声は苦手なので無理だけど・・・( ̄▽ ̄;)

・・と、まだ大まかな感じですが(笑)
今月中に決めて、来年1月から始動したいと思っています♪
 ・・今年は自主練できなかったので、、、来年は続けたいな(希望 笑)


自主練以外に、やっぱり新しい曲(ベトソナ)も習いたいな~と思っています。
曲は、ほぼ決めています。
先生に相談して、春頃から始められたらな~と思っています。