2017
09.29

今月の自主練曲♪Ⅸ

今月の再トライ自主練曲は、モーツァルト「ソナタK.570 3楽章」でした。

この曲は、ノンレガートやスタッカートや下行スケール等、
私の苦手な技術がてんこ盛り・・でして、
いい練習になるかと練習を始めましたが・・

・・苦手なものはそう簡単には克服出来ないのだ!!!

片手練習、部分練習をしてから両手で合わせる様にしていましたが、
出来た!と思っても次の時には元に戻り、また同じ様に反復練習を繰り返し。。
・・で1ヶ月経ちました。(´。・ωq)(pω・。`)
本当に難しかった。。。今まで自主練したモツさんの曲中1番難しかったかも。
本当はもう少し練習すればいいかと思うけど、この曲にも少し飽きたので(笑)
来月は違う曲にします(・・・て、懲りずに続けるピアノ馬鹿 💦)

録音は、とにかく粗目立ち、ミスだらけ音抜け満載、、、、なので、
取りあえずアップはしてますが、無視して下さいませ(笑)






続きを読む
Comment:2
2017
08.31

今月の自主練曲♪Ⅷ

今月の自主練曲は「ショパン/ワルツOp.64-2」でした。

練習は、ぼちぼちやっていました。(遊び弾きはしていたので、、、)
苦手な部分であるPiu mossoのところは部分練習しました。
昔習った時、右手が難しくて・・結局きれいに弾けなかったんですよね。
冒頭3~4小節、7~8小節も苦手でした。
指使いが難しく、装飾音とリズムも上手く出来なかった。
あと、半音階で下降するところなんかも(13~16小節)
この曲、意外と弾きにくいんですよね。。。
Piu lentoのところは大好きで、左手を一生懸命(?)練習した記憶があります。
CDを聴いてお手本にしました。(アシュケナージでした。)
本当に好きな曲、子供の頃の憧れ曲でしたから。
発表会で弾かせていただきましたが、
緊張でPiu lentoはボロボロだったなぁ~~  懐かしい  ( /ω)

 <♬ショパン/ワルツOp.64-2♬>
 ・・やっぱりPiu mossoは綺麗に弾けませんでした。。
 もう少し練習すれば良かったな。。
 昔、Piu mossoの後半、ppの同じ旋律部分の最初は(48~56小節)
 ソフトペダルを踏んで弾いていました。
 今回録音を聴いたら、ソフトがへたくそすぎて(ソフトの時の弾き方が)
 ぼやけてしまったので、ソフトペダルは無しで弾きました。

 




Comment:4
2017
07.28

今月の自主練曲♪Ⅶ

7月の自主練曲は「モーツァルト/ソナタK.309 1楽章」でした。

2ヶ月続けて音源アップパスしたので、ここはやっぱり!
・・と”モツ祭り”復活~♪しましたが・・現実は甘くないのだ!!
いや~ほんと、難しかったです。
やはり1ヶ月では仕上がりません、私の場合。
録音は3回挑戦。
1回目は少し練習してからの録音。
2回目はテンポアップ。このソナタらしいけど、速すぎて指がもつれ、
音外しまくりで聴くにたえられないので・・×
3回目はゆっくり弾きすぎて?何だか重たい演奏なので×
・・というわけで選択肢が1回目しかなくなり、
1回目も色々やらかしていますが、
6月「悲愴」5月「春の歌」と比べればまだマシなので(笑)
自分の記録として音源アップしておきます。
(音外し、指もつれ、手が迷い子、・・等てんこ盛りです 笑)
 

練習は楽しかったので、まぁいいや~~(。>ω<。)ノ
機会があれば、また取り組みたいです。



続きを読む
Comment:2
2017
04.27

今月の自主練曲♪Ⅳ

4月の”再トライ自主練曲"は、モーツァルト「アダージョロ短調K.540」

・・・┐(´-`)┌・・・キャ━(´ェ`)━!!!。。。Σ(´Д`lll)エエ!!

まぁ~あれです。あまり練習しませんでした。
去年から始めた1ヶ月1曲再トライ自主練、
今までで一番練習しなかった。。理由は・・まあ色々と(笑)
一応、自分の記録なので音源アップはします。
・・・かなりグダグダ、無味乾燥な演奏です 笑

  

    
  
  あ~~~ごめんなさいぃぃ~~~モツ様・・・。゚(゚´Д`゚)゚。
  アダージョを練習せず、他のモツソナばかり弾いてました~~(爆)


  


Comment:2
2017
04.03

今月の自主練曲♪Ⅲ

4月になってしまいましたが、3月の自主練曲のまとめです(一一")

3月の”1ヶ月1曲再トライ自主練”は、モーツァルト/ソナタK.332 1楽章♪

・・なんていうか~やっぱり私はモーツァルトが好きだな~と実感。
弾いているだけで楽しい。上手く弾けなくても、つっかえながらでも楽しい。
「ここのメロディが好きだな~」「左手も歌わせよう」。。。
いろいろ感じながら、ただ弾いていることが楽しいのだ。
音楽って、ピアノって、本当はそういうものだと思うのだが?
小難しいことを語り「この構成は○○で、ここは○○調で・・云々」と論じたり・・
もちろん、アナリーゼも大切だと思う。
でも、言葉だけが独り歩きして音が置き去りにされたら・・
言葉に縛られてがんじがらめの演奏になったら・・
窮屈で息が出来ない演奏になり、弾いていて疲れてしまうだろう。
バランスが難しい。。(一一") ・・て、何の話やねん?!


 


back-to-top