2017
07.30

久しぶりの練習会(^^)/

Category: ピアノ
Sさん宅での練習会に参加させていただきました。
去年秋以来、久しぶりの参加でした。
MOさん、Kっ子さんと待ち合わせてお昼の買い出し、
お喋りしながらSさん宅まで歩き、インターフォンを押したら、
いつもの笑顔でSさんが迎えて下さいました。
とっても素敵な居心地の良いピアノルームで楽しい時間を過ごしました~♪
最近は地元のピアノ友達とピアノ談議&弾き合い会で集まる機会がなく、
久しぶりにピアノ友達さんに会えて、ピアノ談議(ピアノ以外の事も♪)が出来て、
皆さんの演奏を聴けて、良い刺激を受けて、とっても楽しかったです(#^.^#)
やっぱりピアノ仲間は大切ですね~~(o‘∀‘o)*:◦♪
出逢いに感謝!ありがとうございました~~(。>ω<。)ノ♪♪♪

お喋りしながら順番にピアノを弾きました。
Kっ子さんは発表会曲、ショパンワルツ遺作~♪
とてもダイナミックな華やかな音。カッコいいワルツに仕上がりそう~♪
発表会目指して頑張って下さい~そして、また聴かせて下さい~
MOさんは発表会で弾かれた、ゲゲゲシリーズ~♪
何度かブログで聴かせていただきましたが、やっぱり生で聴くのが一番でした~♪
音がとても綺麗で、爽やかで。良い曲です♪いつかまた生で聴きたいです。
Sさんは平均律1番プレリュードとスカルラッティソナタ~♪
いつもながらのホワッとしたSさんカラーの素敵な音色♪
スカルラッティソナタはとても素敵な曲でした~また聴きたいです~

ハノンのスケール講座(?)、ツェルニーで指の独立の練習方法等、
なるほど~、と思う情報も教えていただき、とても面白かったです^^

さて、明日からも頑張ろう~~~(=゚ω゚)ノ♪♪♪




Comment:4
2017
07.11

やっぱり買ってしまった(@^^)/~~~

Category: ピアノ
先日用事で神戸に出かけた際、YAMAHAに立ち寄ってきました。
今自主練中のモーツァルトソナタK.309の原典版楽譜を見るためです。
ソナタ集1はPeters版と春秋社井口版を持っていますが、
原典版とは異なる部分があるらしい。。ということで確認のため 笑
気になっていたのは、冒頭1小節目の左手2音目。
Peters版と春秋社井口版ではソのオクターブ和音ですが、原典版では単音。
2小節目のスラーは原典版ではついていない。
3小節目の飾り音符も違う・・等々

それと、ベートーヴェンソナタ集も手に取ってみました。
ベートーヴェンの楽譜は全音ソナタ集(全2巻)と
春秋社井口版の3(24番~32番)を持っています。
Op.90は春秋社井口版を使っています。
ベートーヴェンの原典版ならヘンレ版でしょうね。。
あの青い楽譜は憧れですが、なにせ分厚い。。
。。そしてお値段が高い!!(約6000円ですよ!)

そしてもうひとつ、バッハのイギリス組曲。
フランス組曲と平均律1はウイーン原典版を使っていますが、
イギリス組曲は多分3番しかやらないかな~と思い春秋社井口版を使用。
ヘンレ版とウイーン原典版を見ると、
やっぱり原典版はすっきりしていて見やすい。
(平均律で原典版に慣れたようです。)
ウイーン原典版は装飾音がたくさん付いててちょっと難しそう。。
イギリス組曲はヘンレ版の方がいいな~などと思いながら眺めていました。

・・で、結局2冊購入してしまいました~(笑)
DSCN0577_convert_20170711141103.jpg 
♪モーツァルトソナタ1ウィーン原典版&
 ベートーヴェンソナタOp.90(園田高広校訂版)
や~っぱりモーツァルトは原典版で練習したくなりました。
途中までレッスンで見てもらい放置しているK.311  3楽章もいつか練習したいし 笑
 *K.309 1楽章冒頭の楽譜*
 DSCN0578_convert_20170711141126.jpg DSCN0579_convert_20170711141143.jpg
 <Peters版>              <ウィーン原典版>
 指使いも原典版の方が弾きやすい。そして、譜めくりしやすい。

ベートーヴェンの園田版は、テンペストや告別、熱情も持っています。
園田さんのペダル指示が参考になるかな、と思ったので(ペダルで悩み中。。)
ヘンレ版はやはりお値段がね・・Σ(´Д`lll)エエ!!
イギリス組曲原典版は、気が変わって3番以外をやりたくなったら買うかも。

・・それと・・こんなものも買ってしまいました~~(∩・∀・)∩ キャー
     DSCN0573_convert_20170711141016.jpg  相変わらず撮影が下手・・
     

     DSCN0574_convert_20170711141036.jpg
     クリアファイル(平行調ファイル)です(笑)


早速原典版で練習しています~~v(o゚∀゚o)v
  原典版効果でスラスラ弾けるように~~!
           ・・なんてことは決して(全く)ないので 笑



Comment:4
2017
06.26

昔の癖は直らない?(+_+)

Category: ピアノ
先日先生と弾き方の話をしていた時、
「弾き方を直す前に弾いていた曲は、未だに悪い弾き方になる」という話が出た。
先生は学生時代にご自身で弾き方を1から見直されたそうだが、
見直す前に弾き込んでいた曲は昔の癖が抜けないそうだ。
その話を聞いて「その通りだな~」と思った。
確かに、というか今すごく実感しているところなのだが (;^_^A

ベートーヴェンの「ソナタ悲愴」 高校時代に発表会で弾いた曲。
子供の頃は良い弾き方なんて知らず、
ただ譜読みして曲を仕上げること、音を並べることが大変だった。
また、ハノンやツェルニーのスタッカート練習で変な癖がついてしまい、
未だにスタッカートは大の苦手・・
スタッカートとは「音を短く切る」
音と音の間に明確な空間を空けて演奏することだが、
子供の頃の癖で「上に跳ねる」・・となってしまう。
大人になりレッスンを再開した時、最初に習ったモーツァルトのK.545でも
「スタッカートは跳ねない」と注意された。
スタッカート攻略方法として先生に提案されたのは、
まずレガートで弾く→弾き方を変えず音と音の間を空けて弾く、
という風に段階を踏んで練習すること。
これはかなり効果があるのでその様に練習しているが、
油断していると昔の癖が顔を出す・・(困ったヤツやわ~~)
前置きが長くなったが、「ソナタ悲愴」は
・子供時代の悪い弾き方で弾き込んだ曲
・やたらスタッカートが多い      ・・のである (;^_^A

現在悲愴1楽章を自主練中。だが、思うように弾けない~~( ;∀;)
この曲はI先生にも見てもらったことがあり、当時はある程度弾けていたのだが・・
久しぶりに練習すると・・昔の悪い弾き方になってしまう (;^_^A
スタッカート跳ねちゃうし~~右手親指問題もあるし~~
時間があればレガート練習をするけど、また戻ってしまうという繰り返し。。
そういえば~~先月の「春の歌」も子供時代に弾き込んだ曲!!

・・・昔の癖って直らない、てか、忘れた頃に顔を出すのよね~~




Comment:2
2017
04.28

次に向けて(=゚ω゚)ノ

Category: ピアノ
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

2017
04.21

ピアノ再開17年目(=゚ω゚)ノ

Category: ピアノ
いつの間にか4月下旬です。 
そういえば~~(一一")と、今頃気が付いたのですが・・

ピアノ再開17年目に突入してました。。。Σ(゚□゚(゚□゚*)!!!


去年6月に長時間勤務に変更してから、
今まで以上に時間の流れが早いと感じます。。。( ̄▽ ̄;)

年齢的にもいろいろあります。。。

これからも、ぼちぼちマイペースでやっていこうと思います^^
  継続は力なり!!・・ですね(笑)




Comment:6
back-to-top