2017
10.03

手の動きを観察( 一一)

Category: イギリス組曲
イギリス組曲第3番プレリュードは仕上げ練習中です。
本番演奏の予定はないので、ある程度仕上がれば合格となります。

テンポアップしてこの曲らしく仕上げるためには、
和音で考えポジションごとに移動することが必要。
指くぐり部分で余計な動作をしないこと。
音の凸凹なく、つなぎ目でリズムが狂わないようにするには、
親指が力まないことが大切。

 ・・さて、私の親指はどうなっているのか?
 久しぶりに動画を撮ってみました。
 スマホデビューしていないので(笑)デジカメの動画機能で撮影。
 音はあまりよくありませんが。。
  
 親指、あまり見えないけど・・どうだろう??
 時々つっかえそうになる時は親指に力が入っている気がするな~~
 長年の癖なので、そう簡単には直らないだろうけど随分マシになったと思う。

時々、動画で自分の手を観察することもいいですね~(^-^)/



Comment:4
2017
06.26

イギリス組曲あれこれ!(^^)!

Category: イギリス組曲
バッハの次の課題曲はイギリス組曲第3番に決めて譜読みを再開しました。
不思議なもので、2ページから全く進まなかったプレリュードの譜読みが
レッスンに持っていくと決まったことで一気に進み、最後まで到達しました。
すると、そこからは久々のエンドレス状態(笑)
つっかえながらだが最後まで弾いて、また最初から弾く・・の繰り返し(笑)
バッハの曲は、繰り返し弾きたくなる という現象が時々起こるんよね"(-""-)"

イギリス組曲第2番  イギリス組曲第3番
 ♪以前ブロともさんに教えてもらったポゴレリチの演奏  
イギリス組曲第5番 ♪A・シフの演奏 

 ポゴレリチの演奏は颯爽としていてカッコいい!
 ・・こんな風には絶対に弾けません!!(憧れますが 笑)
 2番と3番が有名みたいですが、私は5番も好きです(´ω`人)

いつも参加している弾き合い会では、バッハの曲を聞く機会が多いです。
インヴェンション、シンフォニア、フランス組曲、平均律、パルティータ。。
でも、イギリス組曲を聞いたことは一度もないんですよね。
なんで??
練習している方もあまりいないような気がする・・
気のせい??
 
ピアノ友さんで”イギリス組曲2番プレリュードが憧れ曲”
 と仰っていた方がおられて、その話を聞いた時は嬉しかったな~♪

プレリュードは長いけど(6ページ・・今までの最長記録 笑)
同じパターンが多いので平均律フーガよりは弾きやすそうです。
調子に乗って(笑)アルマンドも譜読みしています~~♪
さて、レッスンに向けて練習しよう~~( ̄^ ̄)ゞ


Comment:0
back-to-top