FC2ブログ
2018
06.21

楽譜への書き込み♪Bach

Category: イギリス組曲
イギリス組曲第3番、終曲ジーグもそろそろ終了が近づいてきました。
もちろん、まだレッスンは終わってませんが(笑)あと数回でしょうかね?

前回レッスンで譜読み段階で全体の構想を考える方が良い、という話が出ました。
そしてジーグの宿題は、
”自分がどう弾きたいか全体の構想を考えて練習する” ということでした。
譜読みの段階で・・という話は以前何度か言われたことがあったので、
やっぱり、もう少し譜読みの取り組み方を考えた方がいいよな~
・・などと思って、家にある音楽書を読んで、覚書として記事にしました。

ジーグの宿題=どう弾きたいか、の構想ですが・・
ちょっと参考にしようかと思い、プロの演奏を聴いてみました。
イギリス組曲は、シフ氏とポゴレリチ氏の演奏を聴いていました。
どちらの演奏も好きなんですが、
最近のお気に入りは マリア・ジョアン・ピリス さん。
ピリスの演奏はダイナミクスの幅が広く、とても参考になります。
繰り返し部分の表現の違いがよくわかります。
(因みに、シフさんは装飾音等で変化をつけておられますね。)
 
レッスンでは繰り返しを省いているので、私は繰り返し部分を弾いていませんが、
バッハだけでなく、他の曲でも参考になりますね。
例えば、ショパンのノクターン1番。
中間部は3度同じ音型が出てきますが、全て同じ様に弾くとつまらない、
退屈な演奏になってしまいます。(幻想即興曲の中間部もですね。)
昔レッスンで習った時に、同じ旋律は同じように弾かないで
何かしら変化をつけるように言われたことを覚えています。

話がそれてしまいましたが、楽譜を見ながらピリスさんの演奏を聴き、
楽譜にピリスさんの演奏のダイナミクス(クレシェンドやfやp)を
書き込んでみました。(・・楽譜の画像はありません💦)
そして、それを参考に自分なりに強弱や色合いの変化をつけてみました。
(ちゃんと色合いの変化が出ていたかはわかりませんが、気持ちだけは~笑)

皆さんは楽譜にどんな書き込みをされているのでしょう?
見せ合いっこ(?!)するのも楽しいかも~(笑)



Comment:0
2018
05.08

ミュゼットって?

Category: イギリス組曲
 ようやくサラバンド地獄が終わり、次回レッスンからガヴォットです。
イギリス組曲第3番のガヴォットはⅠとⅡがあって、
楽譜(春秋社)には、Ⅰ(alternativement)、Ⅱ(ou la Musette)と書いてあります。
調べてみると、
alternativement(アルテルナティーヴマン・仏)は「組み合わせた舞曲を交互に」
Musette(ミュゼット)は、①フランスの民族楽器、ふいご式バグパイプの一種。

②田園風な3拍子の舞曲。楽器のミュゼットで奏するような低音の持続音をもつのが特徴。
・・・とありました。
へぇ~そうなのか~~(一一")

・・・「バグパイプ」ってさ、こーゆーやつだっけ?

  ・・・また落書きタイム(笑) わかるやろうか~~(;^_^A

バグパイプというとスコットランドやイギリスだと思うんだけど、
ミュゼットはフランスの民族楽器で、
17~18世紀に貴族階級の間で流行した小風笛というものらしい。
    ミュゼットの音色

ミュゼットという楽器は保続低音が特徴らしいです。
イギリス組曲第3番のミュゼットの楽譜。
DSCN0787_convert_20180508205903.jpg
*最初から最後まで保続低音が~~
   今更だけど、ピアノではどう表現するんだ?CDを聴いてみよう~~



Comment:6
2018
02.02

楽しく譜読み中~♪

Category: イギリス組曲
 現在取組中の「バッハ/イギリス組曲第3番」(一一")
・・いったいいつからやってたんだっけ?と思い、過去記事を巡ったところ・・
去年の7月からレッスンが始まっていた!・・・てことは~
もう7ヶ月もやってたのね。。。Σ(´Д`*)

バッハの組曲は今まで大体1ヶ月に1曲のペースでやってたみたいなんだけど、
(フランス組曲第2番は約6ヶ月)
イギリス組曲はプレリュードに3ヶ月位かかったので・・(難しかった💦)
アルマンドも時間がかかったし。やはりフランス組曲より難しいよね・・
7ヶ月でようやくサラバンドで、残すところ3曲。
次の曲 ガヴォットは大好きな曲。で、ラストは超苦手なジーグ!( ̄▽ ̄;)
サラバンドもいつまでかかるかわからないし・・・
・・・平均律に戻る日はいつになるやら・・・(。>(ェ)<。)エエェェェ

というわけで・・てことでもないんだけど、ラスト2曲の譜読みを始めました。
(サラバンドどうするねん・・・・・放置か?!)
♬ガヴォット♬
イギリスガヴォット
見た目はシンプル。2声だから譜読みはしやすい。
左手が鍵かな~ (一一") 

♬ジーグ♬
イギリスジーグ
・・・やはり、という感じの譜面面( ̄▽ ̄;) 3声ね。
フランス組曲2番のジーグよりは弾きやすい気がする。
侮れないけど。。。

それと、、、楽譜を捲りながら「この曲やっぱり好き~」と目に留まり、
つい 少しだけ譜読みしてしまった曲がこれ⇩
イギリス5番
♬イギリス組曲第5番プレリュード♬
すっごく好きな曲。いつか習えるといいな。
3番のプレリュードより難しそうだけど。。。

・・・と、サラバンドの練習は早々に切り上げて(笑)
         楽しく譜読みをしているのでした~(終)
                      いいのか?!   





Comment:0
2017
06.26

イギリス組曲あれこれ!(^^)!

Category: イギリス組曲
バッハの次の課題曲はイギリス組曲第3番に決めて譜読みを再開しました。
不思議なもので、2ページから全く進まなかったプレリュードの譜読みが
レッスンに持っていくと決まったことで一気に進み、最後まで到達しました。
すると、そこからは久々のエンドレス状態(笑)
つっかえながらだが最後まで弾いて、また最初から弾く・・の繰り返し(笑)
バッハの曲は、繰り返し弾きたくなる という現象が時々起こるんよね"(-""-)"

イギリス組曲第2番  イギリス組曲第3番
 ♪以前ブロともさんに教えてもらったポゴレリチの演奏  
イギリス組曲第5番 ♪A・シフの演奏 

 ポゴレリチの演奏は颯爽としていてカッコいい!
 ・・こんな風には絶対に弾けません!!(憧れますが 笑)
 2番と3番が有名みたいですが、私は5番も好きです(´ω`人)

いつも参加している弾き合い会では、バッハの曲を聞く機会が多いです。
インヴェンション、シンフォニア、フランス組曲、平均律、パルティータ。。
でも、イギリス組曲を聞いたことは一度もないんですよね。
なんで??
練習している方もあまりいないような気がする・・
気のせい??
 
ピアノ友さんで”イギリス組曲2番プレリュードが憧れ曲”
 と仰っていた方がおられて、その話を聞いた時は嬉しかったな~♪

プレリュードは長いけど(6ページ・・今までの最長記録 笑)
同じパターンが多いので平均律フーガよりは弾きやすそうです。
調子に乗って(笑)アルマンドも譜読みしています~~♪
さて、レッスンに向けて練習しよう~~( ̄^ ̄)ゞ


Comment:0
back-to-top