FC2ブログ
  大人になってピアノ再開しました
ピースの裏表紙②
2019年04月20日 (土) | 編集 |

*全音ピースの難易度(A~F)は?の部分が多いみたいだけど(深くは追求しないけど)
 一番多いのは難易度C(中級)の曲でした。


<’75年頃のピース一覧表>
KIMG0264_3_convert_20190418100226.jpg
31 ロンドンデリーの歌/アイルランド民謡 A⇒B
    ・・世界の民謡シリーズか?
32 グルックのガボット/ブラームス編曲 B⇒C 
33 舞踏の後にみる愛の夢/チブルカ A⇒B
   ☆アルフォンス・チブルカ・・ハンガリーの作曲家。     
34 さらばピアノよ/ベートーベン A⇒B Anh.15遺作
   「あるピアニストの一生ー全音ピアノピース」には、
    ”ベートーヴェンの遺稿のスケッチからディアベリが勝手にピアノ曲として
    作り上げてこの売れるであろう(笑)題名をつけて出版したもの” と。。。

35 小犬のワルツ/ショパン B⇒C ワルツOp.64-1 
36 へ調のメロディ/ルビンシュタイン B⇒C
37 ホフマンの舟歌/オッフェンバッハ A⇒B 
   「ホフマン物語」のホフマンの舟歌
   ☆ジャック・オッフェンバックは父親の出身地から取ったペンネーム
    「天国と地獄」などが有名   

38 花の歌/ランゲ B⇒B
39 マズルカ(Op.7-1)/ショパン B⇒B
40 歌劇「ジョコンダ」時の踊り/ポンキェリ C
  ⇒現在は、ロンドト長調(Op.51-2) /ベートーヴェン C   
KIMG0265_3_convert_20190418100202.jpg
41 アルプスの鐘/オースティン B⇒B
   出た!”アルプス”シリーズ⁈
42 スケルツォ/ガーデ B ⇒現在は再会/シューマン D
   ☆再会は「謝肉祭」の一曲 Op.9-14
    ☆ガーデ・・デンマークの作曲家 
     スケルツォというタイトルのピアノ曲は多数あるが、どれなのか不明

43 ロンドカプリチオーソ/メンデルスゾーン C⇒E
44 エコー/バッハ B⇒C 
       ♪フランス風序曲ーパルティータ BWV831-8
       
45 セレナーデ/ハイドン B⇒B 
   ☆弦楽四重奏曲17番「セレナーデ」6つの弦楽四重奏13番~18番は、
    修道士R.ホフシュテッタ―の作曲ということが判明している

46 葬送行進曲/ショパン D⇒D
47 きけきけ雲雀を/シューベルト B⇒B
   ☆12の歌曲 8曲目の編曲
48 タランテラ/ヘラー B⇒B Op.85-2
49 森の鍛冶屋/ミヒャエリス B⇒B
50 幼き流浪者/ランゲ⇒小さなさすらい人 B⇒B
KIMG0266_3_convert_20190418100139.jpg
51 ゴパック/ムソルグスキー B⇒B
   ☆歌劇「ソローチンツィの定期市」より
52 神の栄光/ベートーベン&サラバンド/ヘンデル A⇒B
   ☆6つの歌Op.48-4-自然における神の栄光と
    サラバンドニ短調のカップリング 

53 歌/チャイコフスキー B⇒C 今は舟歌
   「四季」Op.37a-6
  ・・漢字がになっていると船酔いの気分になるのは。。私だけ?!
  ・・ベニスの舟歌、ホフマンの舟歌はなのに・・ミスプリか?
54 序曲「詩人と農夫」/スッペ A⇒B
   ☆喜歌劇「詩人と農夫」序曲の編曲    
55 ハバネラ/ビゼー A⇒B 「カルメン」より
56 メヌエット/ハイドン B⇒B 交響曲第44番ト長調第2楽章より
57 メヌエット/ボッケリーニ A⇒A 弦楽五重奏曲第11番第3楽章より
  ・・編曲もの4連続!編曲ものが多いな。。。
58 タンブラン/ラモー A⇒B
59 セレナーデ/シューベルト A⇒B D957-4
60 結婚行進曲/ワーグナー B⇒B  ・・こうして編曲ものは続く。。
KIMG0267_3_convert_20190418100121.jpg  
61 歌劇「ミニヨン」のガボット/トーマ A
  ⇒現在は、女学生/ワイトトイフェル B
  ☆「ミニヨン」アンブロワーズ・トマ(フランス)のオペラ作品
  ☆
ワルツ「女学生」 
62 舞踏への招待/ウェーバー C⇒D 「舞踏への勧誘」
63 別れの曲/ショパン D⇒F
64 黒鍵のエチュード/ショパン D⇒F
65 革命のエチュード/ショパン D⇒F
66 木枯しのエチュード/ショパン D⇒F
  ・・ショパンエチュード4連続
67 ウィーンの森の物語/シュトラウス B⇒C Ⅱ世
68 春の声/シュトラウス B⇒C Ⅱ世
69 美しき青きドナウ/シュトラウス B⇒C Ⅱ世
  ・・シュトラウス2世3連続
70 歌の翼にのせて/メンデルスゾーン B⇒B

  ★管弦楽曲、オペラなどの編曲が多い
   ★カップリングの謎・・難易度で合わせてる??




ピースの裏表紙①
2019年04月07日 (日) | 編集 |
”標題シリーズ”part2(?)ー全音ピアノピースの裏表紙シリーズ(笑)

*昔のピース一覧表(’75年頃?)と現在の一覧表を比べてみた。。。
 ☆難易度 A=初級 B=中級 C=中級上 D=上級
  現在は A=初級 B=初級上 C=中級 D=中級上 E=上級 F=上級上

KIMG0253_2_convert_20190406201846.jpg
1 月光の曲/ベートーベン C⇒E ソナタOp.27-2「月光」
  昔はベートーベンだが、現在はベートーヴェン
2 エリーゼのために/ベートーベン B⇒B 同じくヴェンに
3 銀波/ワイマン B⇒D アディソン・ワイマン・・アメリカの作曲家
  昔、発表会で聞いた記憶が・・変奏曲なのよね(・・苦手💧)
  間違えて「ギン」と打ち込んだら「銀歯」と変換された(笑)
  水の戯れを表現した曲らしいわ。。虫歯の曲ちゃうやん(・・銀歯やないで💧)
4 トルコマーチ/モーツァルト B⇒B ソナタK.331 3楽章 
5 トロイメライ・ロマンス/シューマン B⇒D 
  「子供の情景」Op.15-7と「ユーゲントアルバム」Op.68-19
  これはシューマンの子供というタイトルの曲集からのカップリングかな・・
6 狩の歌/メンデルスゾーン B⇒C 無言歌Op.19-3
7 紡ぎ歌/エルメンライヒ A⇒A エルメンライヒ・・ドイツの音楽家
8 即興曲(Op.90 No.2)/シューベルト B⇒D
9 トルコマーチ/ベートーベン B⇒D
  劇付随音楽「アテネの廃墟」の一つ。ピアノ変奏曲Op.76の主題が転用されている  
10 軍隊ポロネーズ/ショパン C⇒E ポロネーズ第3番Op.40-1「軍隊」
11 歌劇「ファウスト」のワルツ/グノー A⇒A 現在は”グノーのワルツ”
  グノーのオペラ「ファウスト」のワルツ のピアノ独奏編曲版(初級)
  因みに、リスト編曲「ファウスト」のワルツもあるみたいです(ド派手!)
12  春の歌/メンデルスゾーン B⇒D 無言歌Op.62-6
13 ウィーンナマーチ/ツェルニー A⇒A   ・・練習曲やないねんな・・
14 結婚行進曲/メンデルスゾーン B⇒C「真夏の夜の夢」Op.61-9
15 ト調のメヌエット/ベートーベン・楽しき農夫/シューマン A⇒B
  謎の組み合わせ。。難易度で?短い曲やから?ドイツ繋がり??

KIMG0254_2_convert_20190406201827.jpg
16 乙女の祈り/バタルゼフスカ B⇒C 
  現在はバダジェフスカ
17 ベニスの舟歌/メンデルスゾーン A⇒B 無言歌Op.30-6
18 悲歌/カル二コルフ A⇒B 現在はカリニコフ・・ロシアの作曲家
  カリンニコフ、カルにコルフ?あーややこしい。。
    
19 楽興の時(Op.94 No.3)/シューベルト B⇒C
20 ハンガリア舞曲第5番/ブラームス B⇒D 現在はハンガリー舞曲 
   ♪~いちにぃサンガリア にいにぃハンガリア?!

21 軍隊行進曲/シューベルト B⇒D
22 ガボット/ゴセック B⇒A ベルギー生まれのフランスの作曲家
23 ジョスランの子守歌/ゴダール A⇒B ゴダール・・フランスの作曲家
  オペラ「ジョスラン」の第2幕で歌われる子守歌
24 きらきら星変奏曲/モーツァルト B⇒D
  フランスの歌「ああ、お母さん聞いて」による12の変奏曲K.265K6.315b
25 タンホイザーマーチ/ワーグナー B⇒C 編曲もの?
26 愛の夢第三番/リスト C⇒E  ・・3が漢字というのがレトロ(笑)
27 ラ・パロマ/イラディール A⇒A イラディール・・スペインの作曲家
  編曲ものか?
28 コッペリアの円舞曲/ドリーブ A⇒C ドリーブ・・フランスの作曲家
  バレエ組曲「コッペリア」のワルツ
29 アルプスの夕映え/オースティン A⇒B オースティン・・ドイツの作曲家
  アルプスシリーズか?
30 トロイカ/チャイコフスキー B⇒D
  「四季」より11月ートロイカ

          ~~②に続く~~





ピースの裏表紙
2019年04月02日 (火) | 編集 |
 「全音ピアノピース」 子供時代、憧れの楽譜でした。
当時、発表会曲の楽譜は”全音ピース”ということが多かったので。
毎年(小学校低学年の頃は年2回発表会がありましたが)発表会の3ヶ月程前に、
先生から楽譜を手渡されていました。
・・ピースを渡された時のワクワク感は☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
でも、その後の練習はサボり気味でしたね(笑)間際になって焦ってましたね💧

 👇発表会で使ったピース
KIMG0248_2_convert_20190402093419.jpg KIMG0249_2_convert_20190402093354.jpg
♪懐かしいわ~~この表紙✨一番好きやわ~~

楽譜よりも好きだったのが、裏表紙!!
じぃ~っと眺めてあれこれ妄想(笑)してましたね。
 ・・空想の世界でひとり発表会をやってました(笑)
KIMG0250_2_convert_20190402094356.jpg
*「春の歌」の裏表紙。多分、持っているピースで一番古いもの。
〇印は持っていたピース。
「エリーゼのために」「紡ぎ歌」「春の歌」「人形の夢と目覚め」は習った曲。
「トロイメライ」「乙女の祈り」はお小遣いで買ったものかな。
「トルコマーチ」は・・記憶にないわ^^;
今も残っている楽譜は「春の歌」だけやけど・・

*値段が150円!!難易度はA~Dの4段階。この難易度は意味不明なものが多いけど。。

KIMG0251_2_convert_20190402094416.jpg
*こちらはモーツァルト「トルコマーチ」の裏表紙。
買ったのはピアノを再開した頃??
  シューベルト即興曲にライン引いてるが、何でかわからん・・
価格欄がなくなってる~消費税がかかるようになったからやね。。
難易度はA~Fの6段階。

改めて見ると、なかなか面白いですねぇ~
知らない曲もたくさんありますし。
  ・・機会があれば記事にしてみようかしら~~(笑)



 ⇩全音ピース関連サイト
ピアノ教材研究としての文献→あるピアニストの一生ー全音ピアノピース
全音ピアノピースの歴史→全音ピアノピース物語
ZADAN「全音ピアノピースってすごいよね!!」→PTNAみんなのブルグミュラー


こどものブルグミュラー
2019年03月15日 (金) | 編集 |

「ブルグミュラー25の練習曲」
子供も大人も大好きなピアノ曲集だと思います。
私も子供時代大好きでした。
家には2冊の「ブルグミュラー25」の楽譜がありますが、
2冊とも20年程前に娘が使っていた楽譜です。
全音「ブルグミュラー25の練習曲」と、
ヤマハ「こどものブルグミュラー・ミッキーといっしょ」です。
 
全音は北村智恵さん校訂・解説版。
解説が8ページで充実していますね~♪
 ブルグミューラー「25の練習曲 」エチュードとしての価値を、
 音域・調性・拍子・デュナーミク・テンポ・ペダルなど、
 さまざまな視点でアプローチ、その結果が記述してあり興味深いです。
 
 
「こどものブルグミュラー」は、
”大きくて見やすい音符とやさしいアドバイス付き”
各ページにミッキーたちの挿絵があり、五線譜が大きくて見やすいです。
全音版が1ページの曲は、見開き2ページとなっていますね。
 これは”老眼のおばちゃん”にもやさしい楽譜と言えるかも(笑)
そして、”やさしいアドバイス”なのでしょうか、
速度標語や音楽用語の意味が、日本語で表記されています。
楽譜の下の余白に書かれている、マメ知識的(?)な言葉が面白い(笑)

 ☆25曲順番に書き出してみると・・・ *( )内は全音版のタイトル
♪素直な心(すなおな心)・・・純真な心。わざと人に逆らったり、
 いじけたりしないまっすぐな性格のこと。  
・・いじける。。( ´∀` )
♪アラベスク(アラベスク)・・・アラビア風、唐草模様のこと。
 また、バレエのポーズに”アラベスクのポーズ”というスタイルがあります。
 軽やかに踊っている姿が思い浮かびます。 
 ・・バレエですか~~へぇ 
♪牧歌(パストラル<牧歌>)・・・羊の番人の吹く笛の音。
 のどかに、ときには子守歌風な感じを表します。
  ・・ト長調がピッタリ
♪子供の集会(小さなつどい)・・・お楽しみ会?お誕生日会?
 なんの集まりでしょうか?にぎやかで楽しそうですね。 
・・おばちゃんもいれて~
♪無邪気(無邪気)・・・赤ちゃんが、泣いたり笑ったりおこったり・・
 あどけなく素直な様子は無邪気ですね。  
  ・・そうですね~~
♪進歩(進歩)・・・向上。障害があっても、どんどん進んでいき、
 時の経過にともない良くなっていきます。
 科学の進歩はいろんな夢を実現してくれますね。
 ・・なぜに科学?
♪清い流れ(清らかな小川)・・・透明な、澄んだ流れ。
 山奥の小さな小川から透きとおった水の音が聞こえてきます。
 ・・ヒーリング?
♪優美(優しく美しく)・・・上品で優しい美しさ。
 舞踏会で華麗に踊る姿は、とても優雅で美しいですね。
 ・・なぜに舞踏会?
♪狩猟(狩<かり>)・・・野生の鳥や獣を捕まえにいくこと。
 一匹の動物を捕まえるのには、いろいろなことがあるようですね。
  ・・どんな?
♪やさしい花(やさしい花)・・・きれいに咲いた花をながめていると、
 清らかでやさしい気持ちになりますね。     
・・そうですね!?
♪せきれい(せきれい)・・・スズメ目の鳥。体はほっそりしていて、
 羽の色は白と黒または黄色と黒です。長い尾を上下にふりながら、
 水辺を歩き回って虫を食べます。        
・・へぇ~~そうなんだ!
♪さようなら(別れ)・・・日本語に訳すと”さようなら”ですが、
 本来の意味は長い間会えなくなる人、または二度と会わない相手に対して言う
 あいさつとして使われます。      
・・Adieu そうなのね~~φ(`д´)メモメモ...
♪なぐさめ(コンソレーション<なぐさめ>)・・・悲しんだり苦しんだり
 寂しがっている人に、やさしい言葉をかけたり楽しい音楽を聞かせたりして、
 心をなごやかに、晴れやかにさせること。     
・・なるほど~~
♪スティリアの女(シュタイヤー舞曲<アルプス地方の踊り>)・・・
 オーストリア南部のスティリア地方のダンスを踊るときの音楽です。  ・・ほぉ~~
♪バラード(バラード)・・・バラードは、詩と音楽の形式の一つです。
 ショパンとブラームスは、3部形式のピアノ曲に「バラード」の名称を
 使った作品を残しています。また、この曲のように物語詩的な内容や雰囲気を
 持った曲にも使われます。      
・・なるほど、なるほど~~
♪小さな嘆き(ちょっとした悲しみ)・・・少ししょんぼりして元気がないのでしょうか?
 小さなため息が聞こえてきそうですね。  
・・どないしたん?
♪おしゃべり(おしゃべりさん)・・・道で2人がバッタリ会いました。
 話がはずんでいくうちに3人になり、4人になり・・・がやがやとにぎやかです。      
                 
・・大阪のおばちゃんの井戸端会議か?!
♪心配(気がかり)・・・気がかりで落ち着かない様子です。
 発表会でじょうずに弾けるか心配ですか?おやおや、失敗をしないように・・・
               ・・おやおや、て。。。(;^_^A
♪アベ マリア(アヴェ・マリア)・・・聖母マリアという意味。
 カトリックでよく用いられる祈りの言葉です。この曲は、教会で歌われる合唱、
 または、オルガンによるコラール(聖歌のこと)の形を借りています。
                 
・・へぇ~~なるほど~~φ(`д´)メモメモ...
♪タランテラ(タランテラ)・・・急速な8分の6拍子のナポリの舞曲。
 この名はイタリア南部の地名タラントから、あるいは毒グモのタラントゥーラ
 にかまれたときにこの踊りを踊ると治るという伝説から生まれたとも言われています。

               ・・豆知識、ありがとう~~!
♪天使の声(天使の合唱)・・・天使の持っている竪琴(ハープ)の調べは、
 天使のおしゃべりのようでもあり、歌声にも聴こえます。   
・・ハープね!
♪舟歌(バルカロール<舟歌>)・・・ベネチアのゴンドラ漕ぎの舟歌です。
 またはそれを模して書かれた曲を指します。8分の6拍子(または8分の12拍子)で
 舟の揺れを表す単調な伴奏型と朗々と歌うメロディーが特徴です。 
・・へえ~
♪かえりみち(再会)・・・日が暮れてきました。そろそろ帰りの時間です。
 さあ、家に帰りましょう。    
・・は~~~い?!
♪つばめ(つばめ)・・・春になるとやってきて軒先などに巣を作って繁殖し、
 秋になると南のほうに帰る渡り鳥です。速く飛ぶことができ、
 飛びながら昆虫を捕まえて食べます。  
・・へぇ、豆知識ありがと。
♪貴婦人の乗馬(乗馬)・・・原題の”シュバレスク”は”騎士道的な”という意味です。
 スラリとした美しい騎士がパッカパッカというひづめの音をさせ、
 馬術の演技を披露している様子です。
 紳士や貴婦人たちのたくさんの観客が見物に行きます。 
・・パッカパッカ(笑)

・・という感じです(笑)
子供向けなので、とてもわかりやすいですね。
曲のイメージが浮かんでくるようです。
 時々??なことが書いてありますが、純真な子供には通じるんだろうな。。
  
      ・・・おばちゃんは荒んでるから・・・(笑)




楽譜あれこれ・・・(一一")③
2019年01月15日 (火) | 編集 |
久しぶりにYAMAHAに行ってきました。

今回は、楽譜を購入するためでした(笑)
 購入したのは~~
 KIMG0110_2_convert_20190114231719.jpg
♪J.S.バッハ「イギリス組曲」ヘンレ版
そうです~~ついに~~買ってしまいました~~🌹

年始の弾き初めから、イギリス組曲5番の遊び弾きをやってます。
家にあるのは春秋社井口版。3番は井口版で習いましたが、、、
どうも私には指使いがしっくりこなくて。
指使いは自分で弾きやすいように変更すればいいのですが、
昔からの習慣で、楽譜に書いてある指使いで弾く癖が抜けません。
・・しばらくは井口版で弾いていたのですが、
やっぱり原典版が欲しいなぁ~・・と思い、購入することに。
(・・贅沢かもしれないけど。。。)

楽譜棚から赤いウィーン原典版と青のヘンレ版を取り出して、
どちらにしようか・・と見比べる(一一")
ウィーン原典版は、ヘンレより少しお安く、日本語訳があるのが利点かな。
家にある原典版はウィーン原典版ばかりでして。
(参考として楽譜の解説を読むので。語学に疎いため、訳して読めません。。)
今回もウィーン原典版かな?と思ったのですが、
第5番プレリュードの冒頭の指使いがヘンレと全く違います。
 ☟ヘンレ版5番プレリュード
KIMG0111_2_convert_20190114231737.jpg
・・よく見たら、冒頭のアルトパート部分のところを、
ウィーン原典版は右手で弾くようになっていました。
アルトパートは、ソプラノが始まる手前で右から左へ手を変える指示が。
  これは弾きにくいかも。。。Σ(´Д`lll)エエ!!
  繋ぎ目に段差ができないように弾かなあかんし~~

。。。ということで、ヘンレ版に決めました。

家に帰って夜の空き時間に弾いてみたくなり、
すご~~く久しぶりに電子ピアノで弾いてみました。
  うちの電子ピアノ、右ペダルが壊れていて(修理してない💧)
  ペダル必須の曲は弾けないのですよ💦
  でも、バッハはペダルなくてもOKなのでたま~に弾いてました。

なんか・・すご~く楽しくて♪音色を変えて弾いてみたり(笑) 
  チェンバロの音色はないので、ハープシコードとパイプオルガンで♪
レッスンに持っていくのはまだ先だけど、少しずつ譜読みを楽しむつもりです。

♪実は、もう一冊購入しました(笑)
ベートーヴェン ソナタ「悲愴」の園田版です。
本当はヘンレのピースが良かったのですが置いてなかったので。
「悲愴」はずっと全音標準版?を使っていました。
今年、自主練でやろうと思っています。
 ・・出来れば1楽章。一昨年音源アップできなかったのが心残りでして・・
どうなるかわかりませんが(笑)取りあえず~~目標です(^-^)/