FC2ブログ
  大人になってピアノ再開しました
2月の音楽鑑賞♪
2019年02月01日 (金) | 編集 |
2月の音楽鑑賞は、ハチャトゥリアンの曲です~♪

ハチャトゥリアンの曲で有名なのは、やはり「剣の舞」でしょうか。 
 ☆「剣の舞」は、バレエ「ガイーヌ」の最終章で用いられる曲。
そして、フィギュアスケートに使われたことでも有名なのが、
組曲「仮面舞踏会」のワルツ ですね。

 <♬組曲「仮面舞踏会」♬> Wikiペディア より
 ・1941年、ミハイル・レールモントフの戯曲「仮面舞踏会」のための
  劇音楽として作曲。全14曲。
 ・1944年、5曲を選び二管編成の管弦楽の「組曲」に再編成した。
  Ⅰワルツ Ⅱノクターン Ⅲマズルカ Ⅳロマンス Ⅴギャロップ
 
 
 ♪仮面舞踏会~ワルツ Pianoソロバージョン
 



1月の音楽鑑賞♪
2019年01月08日 (火) | 編集 |
さて、”1ヶ月1曲自主練 ”企画(?)として、
毎月、自主練曲の作曲家の作品を一曲選んで鑑賞することにします。
選曲基準は、ピアノ曲以外の曲でその作曲家の代表曲もしくは私が好きな曲(笑)

ピアノをやっている人は、ピアノ曲を聴くことは多いと思いますが、
管弦楽や歌曲、オペラ等はピアノ曲程聴かないのでは?・・と思っています。
私自身も、ピアノ曲を聴くことの方が多いです。
 ・・・え?そんなことない?管弦楽や歌曲メッチャ聴くで~~詳しいで~~
  というクラシック通の方もおられるでしょうが。。。

「モーツァルトを弾くならオペラを聴くと良い」
という話を聞いたこともあります。
(ベートーヴェンなら交響曲や弦楽四重奏、等)
たまには、ピアノ曲以外の曲を聴くのもいいのでは?と思うのですが。
 曲作りにもプラスになると思うんだけど。

・・ということで(笑) いきなりですけど・・
1月はドビュッシーの作品から選びました。

 <♬牧神の午後への前奏曲♬> Wikiペディアより
  ホ長調 管弦楽曲 1892~1894作曲
  ・ドビュッシーが敬慕していた詩人マラルメの「牧神の午後」
   に感銘を受けて書かれた作品。
  ・牧神の象徴である「パンの笛」をイメージする楽器として
   フルートが重要な役割を担っている。
  ☆ピアノ編曲版☆
   ・ドビュッシーによる二台ピアノ用編曲
   ・ラヴェルによる連弾用編曲
   ・レナード・ボーウィックによるピアノ独奏用編曲
     ・・などがあるそうです。

 
 
 

本日の音楽鑑賞♪♪♪
2018年08月01日 (水) | 編集 |
只今、絶賛(?!)ヘ短調祭り中~~♪(笑)

バッハピアノ協奏曲を検索していた時に気になる曲を発見(?!)
初めて聴いたのだが、すご~く好みの曲だった♪

♪パッヘルベル/シャコンヌ ヘ短調
パッヘルベルと言えば「カノンニ長調」が有名。
昔、デニス・エイゲイ編曲版を習ったっけ・・
シャコンヌヘ短調のピアノ編曲楽譜もあるみたい。

♪子供の頃よく聴いていたヴィヴァルディ「四季」
<春><夏><秋><冬>の中で好きだったのは<夏>と<冬>だった。
どちらも短調(笑)<夏>はト短調で<冬>はヘ短調。
・・・関係ないけど、子供の頃「四季」の<春>は
アニメ「山ねずみロッキーチャック」に出てくるピーターうさぎの曲だったのよね~~~(笑)
弟と歌詞?を付けて歌ってたという・・^^;



♪ヘ短調祭りは続く~~(かも?!)


本日の音楽鑑賞♪♪
2018年07月31日 (火) | 編集 |
ヘ短調について調べて(検索して)いた時、ふと思い出した曲。

昔、M先生のお薦めCDを借りてMDに録音した。
バッハのピアノ(鍵盤楽器)協奏曲集。
一番好きなのは1番ニ短調だけど、5番へ短調もいい♪
最近、バッハの曲はピリスの演奏を聴くことが多い。

 
本日の音楽鑑賞♪
2018年05月13日 (日) | 編集 |
さて、今日も夕食は一人で済ませて後片付け。
普段からあまりTVは観ないので、
夕食後の一時はCDを聴いて過ごすことが多い。

今日はモーツァルトの序曲集を聴きたくなり、棚の奥から引っ張り出してきた。
・モーツァルト/序曲集 指揮:カール・ベーム
・モーツァルト/序曲&管弦楽曲集 指揮:オットー・クレンペラー
私はクラシック通ではないので、指揮者や管弦楽団のことはよくわからない。
だから、どうしてこのCDを買ったのかは?なんだけど・・
どちらも「フィガロ」「魔笛」「ドン・ジョヴァンニ」「コジ・ファン・トゥッテ」
「後宮からの逃走」「皇帝ティートの慈悲」などが収録されている。
ついでに言うと、オペラもよくわかっていない・・
ただ、子供の頃に「フィガロ」や「魔笛」序曲が好きでよく聴いていたので、
今でもモーツァルトの序曲は好きなのだった。

上記CD収録曲中の一曲。
♪アダージョとフーガ ハ短調K.546


・・オペラの序曲じゃないんやけどね。。
フーガは、2台ピアノのためのフーガK.426と同じもの。
426のフーガにアダージョ部分をつけて管弦楽に編成した曲らしい。
2台ピアノK.426を聴いた時もインパクトを受けて、
一度聴いたら忘れられないという風に感じたのだが、
管弦楽だとまた趣が違うな~~(一一")