FC2ブログ
2018
12.02

標題あれこれ・まとめ♪(=゚ω゚)ノ②

~ ②は作曲家に関係するタイトルと作曲家の名前(気になる名前)編です♪

🌺〇〇を讃えて🌺
☆タイトルに作曲家の名前がある曲は結構ありました。
 特にロマン派~近代に多い気がしました。
 音楽雑誌から、生誕○○年・没後○○年などメモリアルイヤーの特集として
 委嘱された作品などもあるようです。
 人気(笑)なのはショパンとシューマンかな?

【ショパン】
 ♬レシェティツキ(オーストリア)
  ・青年の物語Op.46-9 ショパンを讃えて
 ♬ヴォルフ・エドゥアール(ポーランド)
  ・ショパンを讃えて、ノクターンOp.109
 ♬カセッラ(イタリア)
  ・12のコントラストOp.31 グラツィオーゾ(ショパンを讃えて)
  ・6つの練習曲 5度(ショパン第2番のオマージュ)
 ♬オネゲル(スイス)
  ・ショパンの思い出
 ♬グリーグ(ノルウェー)
  ・気分Op.73-5 練習曲ーショパンの思い出
 ♬ケスラー(ドイツ)
  ・24の前奏曲Op.31(かの友、フレデリック・ショパンに捧ぐ)
 ♬ヘラー(ハンガリー)
  ・フレデリック・ショパンの魂に、エレジーと葬送行進曲Op.71
 ♬キダン(フランス)
  ・ショパンへの一言、メロディ・ノクチュルヌOp.47
 ♬セヴラック(フランス)
  ・休暇の日々から第2集 ショパンの泉
 ♬チャイコフスキー(ロシア)
  ・18の小品Op.72-15 少しショパン風に
【シューマン】
 ♬レシェティツキ(オーストリア)
  ・青年の物語Op.46-8 幻想的小品(シューマンを讃えて)
 ♬アプシル(ベルギー) 
  ・シューマンを讃えてOp.67
 ♬バルトーク(ハンガリー)
  ・ミクロコスモス80R シューマンに捧ぐ
 ♬モシュコフスキ(ドイツ)
  ・シューマンへのオマージュ・幻想曲Op.5
 ♬セヴラック(フランス)
  ・休暇の日々から第1集 シューマンへの祈り
 ♬サペルニコフ(ロシア)
  ・3つの小品Op.4 シューマンへの想い
 ♬チャイコフスキー(ロシア)
  ・18の小品Op.72-9 少しシューマン風に
 ♬キュイ(ロシア)
  ・12のミニアチュアOp.20-4 シューマン風の即興曲
 ♬ルーウィン(ドイツ)
  ・ロベルト・シューマンという人(ロベルト・シューマンへ)
【ドビュッシー】
 ♬タイユフェール(フランス)
  ・ドビュッシーを讃えて
 ♬マリピエロ(イタリア)
  ・クロード・ドビュッシーに捧ぐ
 ♬グーセンス(オーストラリア)
  ・ドビュッシー礼賛Op.28
 ♬ニン(キューバ)
  ・ドビュッシーへのメッセージ
 ♬ファリャ(スペイン)
  ・クロード・ドビュッシーの墓碑銘のための讃歌
 ☆多いのは上記の3人だった。

~続いて「気になる名前」シリーズ(笑)
👀プークラン、クーランプ?!👀
 ♬クープラン、フランソワ(フランス) 1668~1733
 ★クープラン一族の中でもっとも有名「大クープラン」
  ・クラウザン曲集第3巻第13組曲No.13-4
   「フランス人気質、またはドミノ(仮面舞踏会の頭巾)」
 ♬プーランク(フランス) 1899~1963
 ★「六人組」という作曲家グループを組む
  ・15の即興曲 15番「エディットピアフを讃えて」 
 ☆名前が似ていて、よく混乱する。。。
  ①しりとり「プ、プーランク・・ク、クープラン」
  ②名前を間違えるおばちゃん「プ、プークラン?ク、クーランプ??」
  「クープランの墓」という曲があるのに・・間違えるわ~~💦

  ♪ラヴェル「クープランの墓」
  

🌱気になる名前・・🌱
☆作曲家の名前をカタカナ&関西弁で読んでしまうと・・(笑)
 ♬アンタイル(アメリカ)  #ピアノソナタ第1番「野蛮なソナタ」
  ・・アンタ、居る?もしくは アンタ、要る?あるいは アンタ、煎る?(爆)
 ♬ドライショック(チェコ) #音階の学校
  ・・どぇらいショック~~!(意味不明・・💦)
 ♬ゲッツ(ドイツ)     #綴じてないページ、9つのピアノ曲
  ・・一発屋芸人。ゲッツ!
 ♬ヘンゼルト(ドイツ)   #「もし鳥になれたら君の所へ飛んでゆくのに」
  ・・ヘンゼルとグレーテル(爆)
 ♬ヤーダスゾーン(ドイツ) #6つのアルバムの綴り
  ・・駄々こねる子供か?!や~~だ!スゾーン(苦💦)
 ♬クラ(フランス)     #5つのくつろいだピアノ曲
  ・・ハイジの友達「・・ク、クラ、クララ~~!(´;ω;`)ウゥゥ」
 ♬ラコンブ(フランス)   #「自然の調和」
  ・・自然の恵み。。ラ・昆布です?!
★”マン”シリーズ(笑)
 ♬テレマン(ドイツ)    #忠実な音楽の師
  ・・も~~照れまんがな・・(笑)
 ♬バットマン(フランス)  #私の美しいお城に
  ・・アメコミヒーロー
 ♬タンスマン(ポーランド) #縮小模型で世界中を
  ・・箪笥・男??
 ♬ナデルマン(フランス)
  ・・撫でる・マン 
 ♬ゴリア(フランス)    #近代的ピアニスト、様式と技巧の練習曲
  ・・「ゴリラ」と読み間違えてしまった。。。
   Nuさん情報!ゴットシャルクさんから「バナナの木」という曲を献呈されたとか。

 ♪ゴットシャルク「バナナの木」
 


     ~~以上!「標題シリーズ」終了~~♪ <(_ _)>
    
 

Comment:4
2018
11.30

標題あれこれ・まとめ♪(=゚ω゚)ノ①

 ・・え~~(一一")、⑪まで続いた「標題シリーズ」(笑)
少し早いですが、今年の締めくくり(?)として総集編+αを作ってみました<(_ _)>

 先ずは「標題シリーズ」のきっかけとなった曲~♪
🌸ヘンなタイトル・おかしな曲🌸 
 ♬ベートーヴェン(ドイツ)
 「ロンド・ア・カプリッチョ(なくした小銭への怒り)」
 
 ☆ブロともNuさんとのやりとりで始まった「癖になるヘンな曲」探し(笑)
  この曲は、タイトルもヘンだし主旋律も何だか可笑しい・・(失礼💦)
  だけど、聞いているうちに繰り返されるメロディが頭から離れなくなり、
  つい何度もリピートしてしまう・・という(笑)
  なんで「なくした小銭への怒り」てタイトルがつけられたのか・・(笑)
  でも小銭をなくして怒っている映像と歌詞が浮かんでくる、という(笑)
  さすがやね~ベートーヴェン!! 
て、なんでやねん(笑)
 ♬ウェーバー(ドイツ) 華麗なポロネーズ「笑いこける」Op.72
 ☆この曲もタイトルがヘン(笑)で、主旋律が笑い声に聞こえてしまい、
  聞いてて「笑いこけ」ました(爆)  
・・何があった?!笑いこけるほど・・(笑)

🌷ヘンなタイトルの宝庫🌷
 ♬サティ(フランス)
 ・嫌らしい気取り屋の3つの高雅なワルツ
  「彼の容姿」「彼の眼鏡」「彼の脚」
 
 ☆音楽史上もっとも風変わりな人物?サティさん。
 「犬のためのぶよぶよとした前奏曲」「ひからびた胎児」・・etc.
  ヘンなタイトルの宝庫やわ~~(笑)
  でも曲はそれほどヘンじゃないかな。

 ♬ハチャトゥリアン(ロシア)
  子どものアルバム第2集「少年時代の響き」
 ・2人のおかしなおばさんが、けんかをしました
  ☆このタイトル見た時は吹き出してしもたわ・・・
   大阪のテレビ番組でよく見る
  「アニマル柄の洋服を着たパンチパーマのおばちゃん」を思い出したわ(笑)

   
🌼地獄の饗宴・・🌼
 ♬ショパン(ポーランド)
  スケルツォ第1番Op.20-「地獄の饗宴」第1スケルツォ
  ☆イギリス初版を出版したウェッセル社が勝手につけた標題。
   あまりに衝撃的|д゚) なんやこれ的なタイトルで面白かったわ(笑)
   もしも、ウェッセル社のタイトルが現在でも使われていたら。。。
  「今、ショパンの<地獄の饗宴>やってるねん。」
  「そーなん。私は言葉なしのバラード<お気に入り>やで~」
   なんて会話が。。。。。Σ(´Д`lll)エエ!!


🌻人気のタイトル?🌻
 ★ベートーヴェンソナタはタイトルが付けられた曲が有名だけど、
  (「熱情」「月光」「田園」「テンペスト」「ワルトシュタイン」・・・)
  ベートーヴェン自身がつけたのは「悲愴」「告別」のみ。
 この「悲愴」「告別」というタイトルは他の作曲家の曲にもあった。

【悲愴】
 ♬カルク=エーレルト・ジークフリート(ドイツ)
  ピアノソナタ「悲愴」Op.105  ・・ベートーヴェンと同じやん!!
 ♬ベルガー(ドイツ)  
  大ソナタ「悲愴」Op.1     ・・”大”ソナタですか。。。
 ♬クリューガー(ドイツ)
  悲愴的ロンド―        ・・”的”ね、的!!(笑)ソナタちゃうけど
 ♬スクリャービン(ロシア)
  12のエチュードOp.8-12「悲愴」 ・・ドイツやなかった(爆)
【告別】
 ♬ドゥシーク(チェコ)
  ピアノソナタ「告別」Op.44   ・・同じやわ~~
 ♬シラス(オランダ) 
  告別Op.86    ・・地味に名前が気になる。。。大根おろしに合うわね(笑)
  
お次は~気になるタイトルシリーズ いきます~~♪
🍨快適シリーズ🍨 
 ☆今年の夏は長くて暑すぎたので・・「快適=クーラー」と脳内変換してしもた(笑) 
 ♬ハイドン(オーストリア)
  主題と6つの変奏「やさしく快適」 ・・初代快適シリーズ(笑)
 ♬チェルニー(オーストリア)
  3つのやさしく快適なロンド―
  青少年のためのレクリェーション、お気に入りの主題による
   12の教育的で快適なロンド―Op.385  
    ・・サービスで2個!しかも1個は長い期間楽しめます?(タイトル長すぎやねん・・) 
 ♬ディアベリ(オーストリア) 
  快適な一時Op.78        ・・こちらもオーストリア製です(爆) 
 ♬ベチョヴァジョフスキー(チェコ)
  快適で段階的なやさしいソナタ  ・・こちらはチェコ製。段階的に調整できます(爆)    
🐽タイトル長っっ!🐽
 ☆タイトルの長さを競っているのか?と思うような(笑)長いタイトルの曲があった。
 ♬バイエル(ドイツ)
  若きアーティスト、まだオクターヴまで手が開かない、
  先に進んだ生徒のために作曲された、お気に入りのモチーフからの協奏的幻想曲
 ♬ランゲ(ドイツ)
  幼少時代の楽しい日から、オクターヴの掴みがないやさしく人好きのするピアノ曲
 ♬エステン(ドイツ)
  花の神殿、6つの人好きのする教育的なソナチネ(運指付きの小さな手のための)
   ・・ドイツ3連投~~~!優勝はバイエルさんでしたっ(笑)
👿練習曲地獄👿
 ☆永遠に終わらない練習曲地獄。。。
 ♬チェルニー(オーストリア)
  毎日の運動、40の練習曲Op.387  ・・健康維持のため毎日続けましょう(爆)
  練習への励まし、24のアイルランドのエアを練習曲としてOp.684 
  根気のよい速度大練習曲Op.779  ・・年やからもう根気がないわ。。。 
 ♬ル・クーペ(フランス) 
  チェルニーの速度の前口上、15の技巧練習曲  ・・チェルニーさん、コラボ希望者です(爆)
 ♬リスト(ハンガリー)
  サロン小品、上達の練習曲    ・・サロンの人気者を目指そう~~  
  怒りをこめてー仕上げの練習曲  ・・何かやらかしました?   
 ♬チェレプニン(ロシア)
  6つの苦痛な練習曲Op.21     ・・いやや~~!絶対やらへんで~~💧
🌹べ、ベルばら・・?!🌹 ♪バラはバラは~~ぁ~
 ♬ドゥシーク(チェコ)
  フランス王妃の受難Op.23/44  ・・ホンマにベルばらやった。。。
   ☝Nekoushiさんのブログにこの曲の解説記事があります。
    ギロチンの描写が衝撃的!なんですよ~Σ(゚Д゚)聴いてみて~~♪

 ♬ジョプリン(アメリカ)
  アントワネット  ・・アメリカ版ベルばら?!(・・ちゃうで💦)
 

    ~~②に続きます~~(=゚ω゚)ノ  


Comment:2
2018
11.18

標題あれこれ・・⑪Σ(・ω・ノ)ノ!

・・標題シリーズ、いよいよラスト~~~!

<アメリカ> 
♬ゴットシャルク♬ (1829~1869)
☆ニューオリンズ生まれブラジルで没した作曲家、ピアニスト
・最後の希望Op.16
・いとしい人よ、私をいたわってOp.44  えぇ?何があったん・・
・私といっしょにOp.45         えぇ?どこかいくん・・
・解放の叫びOp.55      

♬マクダウェル♬ (1860~1908)
☆ニューヨーク生まれの作曲家、ピアニスト、教師
・軽快なリズムでOp.2 気まぐれに、しかし遅くなく
             遅くなく、陽気で快活に

・6つの空想Op.7 1-錫の兵士の愛 2-ハチドリ 3-夏の歌 
           4-野を超えて 5-気まぐれ 6-小さい円

・森のスケッチOp.51 51-1野ばらに寄す
 ♪51-3 昔ひそかに会った所で
 
・海の小品Op.55 55-1海に寄す

♬ジョプリン♬ (1868~1917)
☆「ラグタイムの王」
・アントワネット  ・・べ、ベルばら再び?!(ちゃうで 爆)
・エンタティナ―
・メープル・リーフ・ラグ

♬アイヴス♬ (1874~1954)
☆保険会社を経営する傍ら趣味で作曲活動を行っていた
・5つ戯画集  見えるもの、見えないもの  
        間に合わせ      ・・今晩の夕食
        よい言葉のない歌、情景のエピソード、悪い決断とよい解決
・天空の線路  天空の城・・やなくて線路ね。銀河鉄道か?!

♬アンダーソン=ギルマン (1881~1971)
・ウォータール(ワーテルロー)の戦い  懐かしい~~~!

♬グリフィス♬ (1884~1920)
・3つの音画Op.5 夕べの湖、夢の谷、夜の風
・高音部記号のための6つの小品 ト音記号🎼のための小品

♬カウエル♬ (1897~1937)
☆作曲家、ピアニスト。
 ピアノの弦に直接手を触れさせて音を出す奏法を考案した

・ロープ付きのピアノのための小品
マノノーンの潮流

♬ガーシュウィン♬ (1898~1937)
☆「ラプソディ・イン・ブルー」
・アイ・ガット・リズム
・誰かが私を見つめている

♬アンタイル♬ (1900~1959)
☆気になる名前シリーズ(笑)アンタ、居る?(爆)
・ピアノソナタ第1番「野蛮なソナタ」第2番「飛行機ソナタ」
       第3番「機械の死」
・百頭女ー45の前奏曲  「百頭女」マックスエルンスト作、20世紀の奇書らしい・・

♬コープランド♬ (1900~1990)
☆20世紀アメリカを代表する作曲家のひとり
・滑稽なスケルツォ(猫とねずみ)  ♪トムとジェリー~~仲良くケンカしな(笑)
 
♬アンダーソン、リロイ (1908~1975)
・トランペット吹きの子守歌  ・ラッパ吹きの休日
・シンコペィテッドクロック  ・タイプライター

♬ギロック♬ (1917~1993)
・叙情小曲集 原題を直訳すると「ロマン派様式による叙情的前奏曲集」
        サブタイトル「全調による24の小品集」
 ☆曲の配列が長調から平行短調ではなく同主短調に進むのは、
  同主調間の視聴覚的な分析に教育的価値があるという考えから。

  (ムジカノーヴァ2003年1月号より)
 ・こどものためのアルバム  ・はじめてのギロック

<アルゼンチン>
♬ヒナステラ♬ (1916~1983)
・アルゼンチン舞曲集Op.2
  年老いた牛飼いの踊り、優雅な乙女の踊り、ガウチョの踊り
  

♬ピアソラ♬ (1921~1992)
☆アルゼンチンタンゴを採り入れた作品を手掛けた
・リベルタンゴ  ・鮫   ・忘却 

<ブラジル>
♬ナザレ♬ (1863~1934)
☆「ブラジルのショパン」
・ワルツ「打明け(しのびやかな愛)」
・カヴァキーニョよ、がんばれ

♬ヴィラ=ロボス♬ (1887~1959)
☆ブラジルを代表する作曲家
・赤ちゃんの一族 第1組曲「お人形たち」
         第2組曲「小さい動物たち」
         第3組曲「遊戯」
・ブラジル風バッハ第4番W264,424
 ♪飾りのない詩
  

<日本>
♬滝廉太郎♬ (1879~1903)
・花 ・荒城の月
 ♪憾(うらみ)
   

♬山田耕作♬ (1879~1903)
・組曲「夢の桃太郎」 夢路、流れの桃、誕生の喜び、森のたわむれ、
           鬼ヶ島、凱旋
・日本風の影絵 1「おはよう」2「こんにちは」3「こんばんは」4「おやすみ」
・ピアノのためのからたちの花 
 
 ・・これにて終了~~~!(。>ω<。)ノ




Comment:4
2018
11.08

標題あれこれ・・⑩Σ(・ω・ノ)ノ!

・・標題シリーズ連投~~~! (一一")

北欧いきま~す!(`・ω・´)ゞ
<ノルウェー>
♬グリーグ♬ (1843~1903)
☆北欧のショパン 「ペールギュント」
・2つの悲しき旋律Op.34  「胸のいたで」「過ぎにし春」
・ペールギュント第1組曲Op.46 第2組曲Op.55
・気分Op.73 73-5「ショパンの思い出」 ・・やっぱり人気やね
・抒情小品集 1~10集 
 

♬シンディング♬ (1856~1941)
☆「春のささやき」
・6つの小品Op.32
 1-グロテスクな行進曲 3-春のささやき 4-民謡の調べ

<デンマーク>
♬クーラウ♬ (1786~1832)
☆ドイツ生まれの作曲家。デンマークへ亡命。ソナチネアルバム
・「コペンハーゲンの魅力」-デンマークの旋律によるロンドOp.92
・ベートーヴェンの思い出、3つのロンド
 1825年ウィーンを訪れた際、ベートーヴェンに会っている その時の思い出??

♬ゲーゼ♬ (1817~1890)
☆メンデルスゾーンとの交流からライプツィヒ音楽院の教師として進出。
 同地でシューマンとも親しくなった。

・春の花Op.2b 
・謎かけOp.2a  ・・一休さん ♪好き好き好き好きスキッ好き~
・水彩画、10のピアノ曲Op.10
 ♪水彩画 Op.10-1「悲歌」
 

♬シュッテ♬ (1848~1909)
☆シュッ手✋さん。数多くのピアノ教則本によって今日でも知られているらしい。
・25の小さな練習曲Op.108 ・練習曲集Op.58 他
・再会 森の中で、下流にて

♬ニールセン♬ (1865~1931)
☆デンマークで最も有名な作曲家。交響曲第4番「不滅(滅ぼし得ざるもの)」
・若い人と年寄りのためのピアノ音楽Op.53 1集と2集があるから・・?
  ・・気持ちは10代やねんから、年寄り扱いせんでくれぃ~(心の声)
・組曲「堕天使」Op.45

<フィンランド>
♬シベリウス♬ (1865~1957)
☆フィンランドの大作曲家。音詩「フィンランディア」
・5つの小品(樹木の組曲)Op.75
 1-ピヒラヤの花咲くとき 2-孤独な松の木 3-はこやなぎ 4-白樺 
 ♪5-樅の木
 
・5つの小品(花の組曲)Op.85
  1-ひな菊 2-カーネーション 3-アイリス 4-金魚草 5-つりがね草
・5つの特徴的な印象Op.103
 1-村の教会 2-ヴァイオリン弾き 3-舟の漕ぎ手 4-嵐 5-悲しみに沈んで

♬メラルティン♬ (1875~1937)
・組曲「悲しみの園」Op.52
 1-われら二人 2-愛の小道 3-乞食の子の子守歌 4-雨 5-孤独

♬パルムグレン♬ (1878~1951)
☆フィンランドにおいてピアノ協奏曲のジャンルを確立した作曲家
・太陽と雲Op.102
・3つのピアノ曲Op.54
 1-雨だれ 2-愛らしいワルツ 3-月の光
・3つの情景による夜想曲Op.72
 1-星はきらめく 2-夜の歌 3-暁
・さあ行こうOp.9  ・揺りかごのリフレイン

♬カスキ♬ (1885~1957)
☆ピアノ作品は100曲以上。小品の名手
 ♪カプリの春の朝Op.25-3
 
・3つのピアノ曲Op.34 1-「夜の海辺にて」
・森の精Op.10-1  ・激流Op.48-1

♬ノルドグレン♬ (1944~2008)
・小泉八雲の「怪談」によるバラード
 雪女、ろくろ首、耳なし芳一 等

<スウェーデン>
♬ペッテション=ベリエル♬ (1867~1942)
・貴婦人たちのアルバムー7つの献呈曲Op.6
・フローセの花 第1~第3巻
・バイキングの掟  ・・食べられる量だけお皿にお取りください<(_ _)>

♬ヴィークルンド♬ (1879~1950)
・歌と雰囲気Op.15
  水彩画、民謡調 等

・・残るはアメリカ大陸&アジアかな?まだ続く~(一一")



Comment:0
2018
11.06

標題あれこれ・・⑨Σ(・ω・ノ)ノ!

 ・・まだ続いてたんだよね。。笑 ちょっと間が空いたけど(一一")

今回は再びの~~♪
<フランス> ”プークラン、クーランプ”を超えるもの(?)はまだ見つかっていない(笑)
♬ル・クーペ♬ (1811~1887)
☆練習曲集が23作品もあった!
・ピアノの練習ABC Op.17 ・ラジリテ 25の練習曲Op.20
・チェルニーの速度の前口上、15の技巧練習曲  チェルニーさんとのコラボ希望?
・技巧の学校  ・・校長先生でしたか(*- -)(*_ _)ペコリ

♬キダン♬ (1815~1893)
・雨ですよ、羊飼いさん
・ショパンへの一言、メロディ・ノクチュルヌOp.47

♬バットマン♬ (1818~1886)
☆気になる名前シリーズ① アメコミヒーロー⁈
・私の美しいお城に  アメコミヒーローやなくて王様だったのか?

♬ゴリア♬ (1823~1860)
☆気になる名前シリーズ② 間違えて”ゴリラ”と読んでしまった・・
 すると、お写真が”ゴ○○”に見えてしまって。。失礼しましたっっ(笑)

※練習曲集が17作品!
・劇的大練習曲Op.25  ・強弱の大練習曲
・近代的ピアニスト、様式と技巧の練習曲Op.72
・ピアニストの近代的な学校(第1組曲)  ・・あなたも校長先生!!

♬バッハマン♬ (1847~1894)
☆気になる名前シリーズ③ え?バッハマンさん?。。。
・冗談ーカプリース ・・(-∀-)

♬ゴダール♬ (1849~1944)
☆シューマンに傾倒し<子供の情景>を管弦楽用に編曲
・行く道、6つのカプリスOp.53
・魔法のランプ(1~5) 3-Op.66-2 ショパン
   ・・ホンマにショパンとシューマンは人気やわ 

♬ケックラン♬ (1867~1950)
☆作曲家、理論家。教育者、批評家
・田舎の古い家Op.124 全14曲 
  Op.124-12 老年の入り口から見た青春時代  ・・懐かしいのぉ。。。( ;∀;) 

♬セヴラック♬ (1872~1921)
☆即興演奏の名手
・組曲「ラングドックにて」
・休暇の日々から第1集 シューマンからの影響が色濃い作品
 ♪シューマンへの祈り
 
・休暇の日々から第2集 ショパンへの敬意を表した作品 未完のままこの世を去る
 ♪ショパンの泉
 

♬イベール♬ (1890~1962)
・物語  ・巡り合い
・15のイマージュによる小組曲

♬ミヨー♬ (1892~1974)
・家庭のミューズOp.245
・やわらかいキャラメル  ・・は、歯にくっつくやん💦

♬アラン♬ (1911~1940)
☆フランスのオルガニスト。作品はきわめて私的な色合いが強い
・幸いなことに、代母は娘を立派に育て上げたAWV23 ・・ぎぼむす??
・日本神話AWV28  ・・天照大御神か?
・原始林でトランペットを吹いていた男の物語AWV69 ・・どのような状況⁈
・一日中雨でしょう  ・・天気予報のお兄さんかい。。

<ベルギー>
♬ゴドフロア♬ (1818~1897)
・思想を通して―音楽的な12の詩
  「涙よ流れて」「再会する、彼女だ!」「もう私を愛していない」
   ああ~~~、失恋したのね。。。(つД`)ノ

♬ストリーボッグ♬ (1835~1886)
☆本名は、ジャン・ルイ・ゴバールツ
 芸名ストリーボッグはゴバールツ(Gobbaerts)を逆さから読んだもの

・Op.63 気持ちのいい朝、兵隊の行進、・・他

♬アプシル♬ (1893~1974)
・シューマンを讃えてOp.67  やっぱりシューマン大人気
・7つの罪源への素描Op.83
・数々の失敗Op.96   ・・それが人生

  まだ続きます~~~(=゚ω゚)ノ




Comment:2
back-to-top