FC2ブログ
  大人になってピアノ再開しました
エディットピアフを讃えて♪
2019年07月02日 (火) | 編集 |
 現在取組中の、プーランク「エディットピアフを讃えて」
ようやく譜読みが終わりました ^^; 
・・約3ヶ月かかってしまいましたよ~
まだ中間部分は完全に覚えられていませんが(特に左手。。)
レッスンは曲作り段階へ進めました。

この曲、楽譜はそれ程複雑でなく、一見簡単そうに見えるんですけど、
ただ弾いただけではこの曲らしくならなくて・・
シャンソン風に歌わせることやペダルなど、表現がとても難しいと感じます。
特にペダルが・・細かい踏み替え、ソフトペダルなどよくわかりません💦

プロの演奏は、パスカル・ロジェを聴いています。
イメージを掴むため、ピアフの歌も聴きました。
 *シャンソンはフランスの歌曲・大衆歌謡

 ♬Poulanc Piano Works より
 



 ♬「枯葉」
 
 「エディットピアフを讃えて」は「枯葉」に雰囲気が似ていますよね?

 ♬「パリの空の下」
 
 50年代のフランス映画「巴里の空の下セーヌは流れる」の挿入歌。
 子供の頃、家にあった映画音楽のレコード集がお気に入りで
 よく聴いていました。大好きな曲です。 




譜読み攻略!
2019年05月13日 (月) | 編集 |
プーランク「エディットピアフを讃えて」の譜読みが進みません。。。

譜読みが進まない理由は、
・バラードにかける時間が長いので練習する時間があまりない。
・楽譜に運指が全く書かれていない。
・左の音域が広い。    ・・などでしょうか。

楽譜は「プーランクピアノ作品集第1巻 15の即興曲」
  (サラベール社ライセンス版) を使っています。
KIMG0301_2_convert_20190511221245.jpg
*この通り、指番号の記譜はありません。
 左手、最低音部の音がド→ファ→シ→ミ→ラ・・と移動。
 その間に内声があるので、場所を覚えて素早く移動しないと綺麗な音が出ません💦

KIMG0302_2_convert_20190511221228.jpg
*指使いは先生と相談しながら決めています。まだ確定ではないけど。。
KIMG0303_2_convert_20190511221212.jpg  
*中間部。左手低音部が・・パッと見で音符が読めなくて、、何度も数える(笑)

譜読み攻略の近道(?)は、左手を覚えることかな~と思っています。
片手練習、声部ごとの練習などかな?
練習時間があまり取れないので中々進みませんが・・
それと、年のせいなのか、以前と比べて覚えが悪くなっているんですよ~~💧
少しやった位では定着しなくなってます・・ ま、しゃーない。ぼちぼちでいこ(笑)

この曲は表現が難しそうです。それとペダル。
出来るだけ早く譜読みを終わらせて、
そちらのレッスンに進めるようにしたいです。



プーランクのピアノ曲♪♪
2019年03月27日 (水) | 編集 |
プーランクのピアノ曲第2弾です~♪

プーランクはモーツァルトを敬愛していたそうです。
「音楽でモーツァルトに勝るものはない」と言いきっているとか。
プーランクのピアノ曲を聴いてみて思ったのは、
軽快、メロディが美しい、そして長調の曲が多いこと、かな。


 ♪メランコリー
 
 *メロディがとても美しくてロマンチック。大人の曲よね・・

 ♪間奏曲 第3番
 *これも長調。出だしのメロディが好きです♪

 ♪3つの常動曲
 
 *ついメロディを口ずさんでしまいます(笑)
  2番は何かの呪文に聞こえるんだけど・・(私だけ??)


 ♪愛の小径
 *歌曲(シャンソン)のピアノソロヴァージョン



プーランクのピアノ曲♪
2019年03月26日 (火) | 編集 |
 フランスの作曲家、プーランク。
そういえば、今年はプーランク生誕120年のメモリアルイヤーでしたね~

去年ブログ記事(標題シリーズ)を作ったことで、今まで知らなかった
たくさんの作曲家のピアノ曲を知ることができました。
プーランクもその中の一人です。
ちょうどタイミングよく、メモリアルイヤーに取り組むことになりました。
  ・・これも巡り合わせかしら~(笑)

即興曲集の楽譜と一緒に購入したCDを聴いています♪
  <プーランクピアノ曲集/パスカル・ロジェ>
   2枚組CDで、全37曲(曲集・組曲など小品が多い)

プーランクのピアノ曲で知っていたのは「3つの常動曲」でした。
家にあるピアノ曲のオムニバスCDに収録されていたので・・
「エディットピアフ」も知らなかったんですよね。

☆CDを聴いて「いいな~」と思った曲☆
 ♪8つの夜想曲 
  第1番ーハ長調、第2番ーイ長調「少女の舞踏会」
   第3番ーヘ長調「マリーヌの鐘」、第4番ーハ短調「幻の舞踏会」
   第5番ーニ短調「しゃくとり虫」、第6番ート長調、第7番ー変ホ長調、
   第8番ート長調「曲集のコーダの役を果たすために」

 
  *特に好きなのは1番。メロディがとっても魅力的~♪ 
   4番は、”霊感においてショパンに近い”

   
 ♪村人たち(子供のための小品)
  チロル風ワルツ スタッカート 田舎風に
  ポルカ 小さなロンド コーダ
 
 *楽しくて踊りたくなるような曲集(#^.^#)かわいいわ~♪
  
 ♪ナゼルの夜
  前奏曲 8つの変奏曲 カデンツァ フィナーレ
 
 *CDの最初に収録されていて、初めて聞いた時ビックリした曲。
  結構好きです。何度か繰り返し聴きました。 


 ☆CD添付冊子「ナゼルの夜」の解説文に、こんな文章が・・・
  「・・・また、それぞれの変奏は洗練された表題を持ち、
   それは彼がフランソワ・クープランの子孫であることを
   思い出させるのに十分である。」
  ・・これは、どのようなことを意味するのでしょうか??

 *他にも好みの曲があるので、また取り上げようと思います(#^.^#)