FC2ブログ
  大人になってピアノ再開しました
左で?いや右でしょ?!
2020年01月19日 (日) | 編集 |
 プーランクのノクターン第1番を譜読み中です。
去年12月にピアフの本番が終わってからなので、ちょうど1ヶ月位。
ピアフは、慣れない現代曲だからなのか、楽譜に運指指示がないからなのか、
譜読みにすごく時間がかかりました。
今回のノクターンはピアフで少し慣れたからなのか、
ピアフよりは早く譜読みが進んでいるかな?

冒頭の楽譜はこんな感じ👇
KIMG0512_2_convert_20200119093721.jpg
*ハ長調の曲。曲の構成はピアフと同じ様な感じですね。
 メロディと伴奏、そして内声部。
 今回も運指は全く書いていない楽譜です。
 片手ずつ、1声部ずつ弾いてみて両手で合わせていく。
 指番号はその都度書き込んでいます。
 運指はレッスンで変更になったり、途中で変えたりしています。

まだゆっくり弾いています。
レッスンはまだ4回程なんですが、レッスンで毎回言われることが・・
「メロディを歌いながら、フレーズをよく読むこと」です💧
思うところあって「譜読みレッスン」を始めたのが3年程前。
譜読みレッスンを始める前よりは、譜読み段階でフレーズやポジション等
自分なりにいろいろ考えながら譜読みするようにはなりましたが、
ちょっと気を抜くと、以前と同じように譜読みしてしまいます・・
・・つまり、フレーズなどあまり考えず、ただ音を並べていくー
 ーこれは譜読みというより ”音読み” だと思っています。

今回も、音符を読むことばかりに気持ちがいってしまい、
ただ音を並べただけ、フレーズの区切りや声部の区別ができていない、
呼吸もない、棒読み状態の弾き方になっていたんです。
常に歌うことを忘れないようにしたいです。

KIMG0513_2_convert_20200119093738.jpg
*中間部。曲調がハ短調になりガラリと雰囲気が変わります。
 ここから不思議な響きや、突如予想外の和音が出てきたり・・と、
 この辺り、やっぱり現代曲やな~と思います。
 臨時記号も多い・・これで合っているのか?と思いながら譜読み中💧
 今は出来るだけプロの演奏を聴かないようにしています。
 楽譜の情報だけで譜読みしてみようかと思っていて。
 でも、音が?の部分は楽譜を見ながらCD等を聴いてもいいかもですね。

KIMG0515_2_convert_20200119095758.jpg
*後半。ここで、タイトルの「左で?いや右でしょ?!」の登場笑
 3段譜ですね。3段譜は初めてです。
 ・・なんやこれ?!ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3 ・・と言いたくなるわ~~
 特に、👆の下の3段譜なんですが・・・
 上段の最初にm.g.(左手)と指示が。
  m.g.(マン・ゴーシュ)・・左手 m.d.(マン・ドロアト)右手 フランス語

 そうか~~左手か、と、何も考えず左手で弾いてみたら。。。
 右手が低音部、左手が高音部、かなりのクロス!!!
  クロス地獄💀 拷問かいっっ💦
 弾きにくいけど、楽譜に書いてあるから・・と、
 素直な私(笑)はそのように弾いてレッスンへ。。。
 でも、先生から弾きにくいのでは?と言われ、
 上段は右で弾いて中段の2拍目は左で弾けばいいとアドバイスいただきました。
 身体が大きくて腕が長い方なら、楽譜通りにクロスで弾けると思いますが、
 私は背が低くて手が小さい、腕も長くないので・・
 そうか~~!そうやな。左やなくて右やな、と納得したという話でした(笑)
 因みに、下段譜は左手アルペジオで弾いて、
 2番目と4番目の同じ和音は弾けないから鳴っているつもりで弾いています。

 

仕上げ練習中・・
2019年10月31日 (木) | 編集 |
「エディットピアフを讃えて 」
・・本番に向けて、仕上げ練習中です。

本番は昔から参加している 地域の弾きあい会です。
そろそろ楽譜をどうするか決めないといけないのですが、
まだ何も考えてなくて・・・💧 てか、遅いよ(^-^;
楽譜は5ページ。今は1ページ目をコピーして楽譜の横に置き、
3ページ目が終わったらめくるようにしています。
グランド練習室でめくれているので、大丈夫な気もしますが。。
去年弾いた「テレーゼ」も5ページで、コピーして5枚並べたっけ。
どうしますかね~~ :(;゙゚''ω゚''): ・・・

仕上げ練習・・片手練習やメトロノーム練習をやらないとな~~
まだ安定していないんですよね。特に中間部。
時々どこを弾いているのかわからなくなるんです💧
中間部は、譜読みの時からなかなか覚えられなかったから・・
片手練習やろな~~やっぱり。特に左手💦

曲作りも、もう少しやらないと。
前半と後半の同じフレーズの部分、少し変化をつけたい。
KIMG0301_2_convert_20190511221245.jpg
同じフレーズでも、前半pp、後半pとか、少し違うところが。
音色を変える、ですかね・・でも難しい。
ソフトペダルかな~~と思い、グランド練習室で試してみました。
(最後は以前からソフトペダルを踏んでますが。)

 ♪ソフトなし、通常の演奏
 ・いつも通り、ちょこちょこミスってます💦
 

 ♪ソフトペダルを踏んでみたバージョン
 ・・ちょっと音が籠りすぎな気も。。。加減が難しいな~~ 

ピアノで歌う・・難しいなぁ~~
またピアフの歌を聴いてみようと思います。


 

エディットピアフを讃えて♪
2019年07月02日 (火) | 編集 |
 現在取組中の、プーランク「エディットピアフを讃えて」
ようやく譜読みが終わりました ^^; 
・・約3ヶ月かかってしまいましたよ~
まだ中間部分は完全に覚えられていませんが(特に左手。。)
レッスンは曲作り段階へ進めました。

この曲、楽譜はそれ程複雑でなく、一見簡単そうに見えるんですけど、
ただ弾いただけではこの曲らしくならなくて・・
シャンソン風に歌わせることやペダルなど、表現がとても難しいと感じます。
特にペダルが・・細かい踏み替え、ソフトペダルなどよくわかりません💦

プロの演奏は、パスカル・ロジェを聴いています。
イメージを掴むため、ピアフの歌も聴きました。
 *シャンソンはフランスの歌曲・大衆歌謡

 ♬Poulanc Piano Works より
 



 ♬「枯葉」
 
 「エディットピアフを讃えて」は「枯葉」に雰囲気が似ていますよね?

 ♬「パリの空の下」
 
 50年代のフランス映画「巴里の空の下セーヌは流れる」の挿入歌。
 子供の頃、家にあった映画音楽のレコード集がお気に入りで
 よく聴いていました。大好きな曲です。 




譜読み攻略!
2019年05月13日 (月) | 編集 |
プーランク「エディットピアフを讃えて」の譜読みが進みません。。。

譜読みが進まない理由は、
・バラードにかける時間が長いので練習する時間があまりない。
・楽譜に運指が全く書かれていない。
・左の音域が広い。    ・・などでしょうか。

楽譜は「プーランクピアノ作品集第1巻 15の即興曲」
  (サラベール社ライセンス版) を使っています。
KIMG0301_2_convert_20190511221245.jpg
*この通り、指番号の記譜はありません。
 左手、最低音部の音がド→ファ→シ→ミ→ラ・・と移動。
 その間に内声があるので、場所を覚えて素早く移動しないと綺麗な音が出ません💦

KIMG0302_2_convert_20190511221228.jpg
*指使いは先生と相談しながら決めています。まだ確定ではないけど。。
KIMG0303_2_convert_20190511221212.jpg  
*中間部。左手低音部が・・パッと見で音符が読めなくて、、何度も数える(笑)

譜読み攻略の近道(?)は、左手を覚えることかな~と思っています。
片手練習、声部ごとの練習などかな?
練習時間があまり取れないので中々進みませんが・・
それと、年のせいなのか、以前と比べて覚えが悪くなっているんですよ~~💧
少しやった位では定着しなくなってます・・ ま、しゃーない。ぼちぼちでいこ(笑)

この曲は表現が難しそうです。それとペダル。
出来るだけ早く譜読みを終わらせて、
そちらのレッスンに進めるようにしたいです。



プーランクのピアノ曲♪♪
2019年03月27日 (水) | 編集 |
プーランクのピアノ曲第2弾です~♪

プーランクはモーツァルトを敬愛していたそうです。
「音楽でモーツァルトに勝るものはない」と言いきっているとか。
プーランクのピアノ曲を聴いてみて思ったのは、
軽快、メロディが美しい、そして長調の曲が多いこと、かな。


 ♪メランコリー
 
 *メロディがとても美しくてロマンチック。大人の曲よね・・

 ♪間奏曲 第3番
 *これも長調。出だしのメロディが好きです♪

 ♪3つの常動曲
 
 *ついメロディを口ずさんでしまいます(笑)
  2番は何かの呪文に聞こえるんだけど・・(私だけ??)


 ♪愛の小径
 *歌曲(シャンソン)のピアノソロヴァージョン