FC2ブログ
  大人になってピアノ再開しました
左手が重要 ワルツ「小犬」('ω')ノ
2015年04月17日 (金) | 編集 |
♬ショパン ワルツOp.64-1

今回も、同じようなところの確認でした。
まず、出だしの右手。trは付いていない楽譜もありますね。
ワルツ集は、最初は春秋社版を使っていました。(今はパデレフスキ版)
春秋社版はtrなしです。trはどちらでもいいとのこと。
重要なのは、2音目の♮ソ。
♮ソから始まるように弾く。ゆっくりから
助走をつけテンポアップして一気に9小節目の♭シまで駆け上がります。
注意点は、5小節の左手が入る前にテンポを落とさないこと。
左手が入ると思うと、テンポが落ちて構えちゃってたんですよ💦
以前のレッスンで何度も言われました。
9小節目の♭シは歌わせる音。左手は右手が歌いやすいように弾きます。
(1拍目を少しタメる)同じようなところが何箇所かあります。
中間部37小節の♭ラは始まりの音。♭ラの前に息を吸って、少しタメ
る。小節線を挟んだ
♭ミ♭ラは間を開けない(息を入れない)で弾くと
リズムに乗れてスムーズに流れます。ここも、左手が重要。

左手は3拍目と次の1拍目をばねでつなげる。
右手を歌わせるためには、左手が大切ですね。歌の伴奏なのですから。
ゆっくり、左手練習します(#^.^#)