FC2ブログ
  大人になってピアノ再開しました
今はこんなところ・・・(一一")
2015年06月29日 (月) | 編集 |
何だかバタバタしております~~(>_<)もう6月も終わりですやん!!
仕事が休みの日に出かけていたので、家の中がぐちゃぐちゃです(>_<)💦💦💦
片付けないと~~

でも、今日はピアノの練習をしましたよ♪♪♪(片付け後回し・・・
久々に、録音もしてみました。
今練習中のバッハとノクターン5番とソナタ告別、それと最近モーツァルトを
時々弾いているのですが、ソナタK.545も録音して聴いてみました。
バッハ平均律プレリュード21番は、こんなものかな~?もう少しテンポを
上げられるといいのだけれど、速く弾くとミスが多くなるので・・・(一一")
ノクターン5番は、中間部の左手のリズムがおかしいことがわかりました(>_<)
ベートーヴェンはまだ提示部まで。例の、右手の難しい和音はテンポ上げると
まだちゃんと弾けません(一一")ここは、手のポジションを確実に覚えないと!
モーツァルトソナタは、やっぱり粗が目立ちますね(;一_一)難しいな・・・

音源アップしました(一一")
ノクターン5番はあまりに酷いので入っていません・・・(>_<)

    


               ・・・もっと練習しないと!!!



表情をつける(・ω・)ノバッハ平均律
2015年06月27日 (土) | 編集 |
バッハ平均律Ⅰ 21番プレリュード<変ロ長調(B-dur)主音♭シ>

両手で一つの旋律を弾く、スケール風音形の部分(3.4.8小節)
始めの低音の部分にペダルを入れる。濁らないように耳で確認してペダルを
踏む(外す)こと。
10~11.12~13.14~15.16~17小節は、和音の前の音
(スケールの最後の音)にペダルを入れる。和音もペダルを踏む。
20小節の左手で弾く部分にもペダルを入れる。
スケール風音形の部分は、低音に向かうところから徐々にクレッシェンド。
20小節の最後は、デクレッシェンドで小さく終わっても良い。

今までバッハの曲でペダルを入れたことは殆どなかったのです。
やはり、バッハはきちんと弾くという思い込みからだと思います。
ロマン派の曲みたいに踏んだらおかしなことになるけど、所々ペダルを
入れると表情がついて音楽らしくなるのですね"(-""-)"
楽譜を見れば、高音と低音を自由に駆け巡り歌っている曲だということが
わかるのですが・・・(一一")

次回で終わりになりそうです。自由に歌わせて仕上げよう!
フーガも譜読みしています。2声部ずつ合わせる段階です(=゚ω゚)ノ♪♪♪


レッスンに行って来ました|д゚)
2015年06月26日 (金) | 編集 |
雨ですね~~~(一一")
お久しぶりのブログです親のことでバタバタしていました(>_<)
💦💦
この一週間まともに練習出来なかったけど、気分転換にレッスンに行って来ました。

まず、バッハ平均律。21番プレリュードは再び曲想をつけて弾くことを
教えてもらいました。ペダルを踏んで色をつけたり色々と・・・"(-""-)"
ノクターン5番は、またまた中間部の難所。相変わらずリズムが狂います
右手の内声部の部分が流れてしまって正確に弾けていないのが原因。
左手も微妙に狂っていました片手ずつ音符の長さを正確に弾くところから
修正ですね~~~|д゚)
ソナタ告別は、時間がなかったので少しだけ(一一")
Allegroの部分、左手が流れてしまっていて正確に弾けていなかった。
今回はとにかく「リズムを正確に!!」が課題やね~~~(一一")

さて、久しぶりに練習しようかな・・・


気分転換になったかな?(>_<)
2015年06月20日 (土) | 編集 |
毎年GWに同級生の友達と同窓会を開いています。
もう、20年位続いている恒例行事です。子供が小さい頃は、子供の話が多かったけど、
最近よく出る話は、体調のことと親のこと。
全員50代になりましたからね。当たり前なんですが・・・(>_<)
同級生の友達に会うと十代の頃に戻った気分になるけれども、
み~んな、”関西のアラ50おばちゃん”ですから・・・(一一")
先日も、老眼の話が出ましたよ。更年期症状とかね・・|д゚)そして、親のこと・・・。
最近、親のことでバタバタしています。気分が滅入ることもあり・・・(>_<)
いろいろ考えるとしんどくなるので、気分転換に、ピアノを弾いていました。

今レッスン中の曲を一通り。中でも、ソナタ告別を何回も練習。
バラード1番の譜読みをして、さて、何か他の曲を弾いてみようと思い、
ふと取り出した楽譜は、ショパンのプレリュード集。
久しぶりに「雨だれ前奏曲」を弾いてみました。
弾く、と言っても詰まりながら間違いながらですけど。
・・・今の心境は「雨だれ」かな~~(;゚Д゚)梅雨やし・・・(一一")
その後、ショパンのワルツOp.64-2を弾いてみた(一一")・・・短調の曲やん!!
明るい、元気な曲は弾く気分ではなく・・・元々、短調の暗~い曲が好きだけども💦💦💦
でも、少しは気分転換になったかな?弾いている間は余計なこと考えずに済むし(一一")
・・・ピアノがあって良かった・・・"(-""-)"

                     。。。ひとりごと(一一")でした。



見直しレッスン2回目( 一一)ソナタ「告別」1楽章
2015年06月19日 (金) | 編集 |
ベートーヴェン ピアノソナタOp.81a「告別」1楽章

やっぱり面白い!!!ベートーヴェンのレッスン~~~(*^^)v♪♪♪
今回も、1~67小節、第1部(提示部)のレッスンでした。
1~16小節、Adagio序奏部分はほぼOK。
12~16小節の休符がおかしくなっていたので修正すること。
Allegro17~29小節の♭シまでが第1主題。フレーズの区切りに注意すること。
小節線で息を入れる癖があるので、要注意です"(-""-)"スラーに惑わされないこと。
29~34小節。右手と左手は別の楽器が演奏しているように(2声で)弾く。
35~49小節。細かい音符から長い音符を1単位と考えて弾く。ここでは、例えば
8分音符♭シ♮ラ♭シ♮ラ♭シ♮ラと4分音符♭ソを繋げて弾く。間に息を入れない。
これは、他の曲の時にもよく言われること。細かい音から始まるように弾くと、
上手く流れるそうです。(説明難しい・・・)
50~53小節は第2主題。主旋律は、序奏冒頭の動機(Lebewohl)に基づいている。
ここは、2音目の♪ファから始まり次の小節の1音目♪ドまでをひと塊と考えて
弾くとよい。上声部の旋律はつなげる。
62~65小節は8分音符・符点4分音符を1単位と考えて弾くとよい。

さて、以前習った時に弾けなかったところ。32~35小節の右手、8分音符の
連続和音の部分ですが、ゆっくりだと弾けるようになりました。
ここは、和音ひとつずつポジションを確認しながら、バネでつなげる練習を
しています。手が小さいので、大変なんですよ💦指の間も広げるし。
この調子で、テンポアップしても外さないように練習を続けないと"(-""-)"
今回は、人前演奏出来る位に仕上げたいな~~~♬♬♬(=゚ω゚)ノ