FC2ブログ
  大人になってピアノ再開しました
2015年10月03日 (土) | 編集 |
ベートーヴェン ソナタOp.81a「告別」1楽章

ソナタ「告別」1楽章は6月初め頃から習っています。約4か月。何年か前に
習った再トライ曲なので、合わせると半年以上習ったことになります(一一")
前回レッスン位から、先生に”少し崩れかけている”と言われておりました。
確かに~~(一一")弾くのに慣れて少し飽きてきて、中だるみしているようです。
まだまだなんですよ。一通りは弾けるけど、まだ仕上げ段階には進めません。
ベートーヴェンで手を痛めたので、以前より時間をかけて丁寧にやることに
なったのです。最近はよく音を聴いて弾くレッスンが中心になっていますが、
それも手をなるべく痛めないようにするため。
音にこだわると、時間がかかり進歩もあまり感じられないため、ちょっと
中ダレしてしまうのですね・・・(;一_一)仕方ありませんね。

今回はフォルテの弾き方を教えてもらいました。
私はfが苦手です。大人教室時代には、M先生に”遠慮がちに弾いているから、
もっと音量を出して弾けるようになることが今後の課題”と言われてました。
fね・・・(;一_一)力みから、すぐ肩が上がってしまうんです💦💦💦
先生は以前から、「無理に大きな音を出そうとしなくていい。今はふわっと
弾いて。」などとおっしゃっていました。いい弾き方で弾けるようになれば
自然とfを出せるようになる、と。
fの弾き方を教えてもらったことは以前もありました。
エチュード革命の最初の右手和音や、ソナタ悲愴1楽章の最初の両手の和音など。
fは瞬時に(速く)打鍵して力を抜く、手首のバネを使う感じで弾いています。
音量はあまり出ていません。いい音で大きく出せないんです・・(;一_一)
fにもいろいろあり、ただ大きい音ということでなく曲のその部分に合った音を
考えて出せるようになればいいな、と思っています。
(簡単にイメージ通りの音は出せないですけど・・・)
革命の最初の右手和音は素早く突き上げるように弾いています。手首のバネを
使います。突き上げると尖った音になる気がします。衝撃的な感じかな?
悲愴の最初の和音は、暗くて重い音のイメージなので手の重みをすべてかける
感じで上から下へ手を素早く落としています。
告別のfは、何箇所か先生に弾き方を教えてもらいました。
ベートーヴェンのダイナミックスは極端なことが多い。pからf(その逆も)など・・
提示部のAdagio.からAllegro.に移るところとか、何箇所かp→fの部分があり、
そこは、鍵盤から指を離さずに手首を上げてスナップをきかせて素早く指を落とす
(弾く)という風に教えてもらいました。これが、なかなか出来ませんでした💦
何回か教えてもらい、少しコツが掴めたところです。
ベートーヴェンのフォルテは出せないけど、私なりのフォルテが出せるように
練習を続けたいと思います。