FC2ブログ
  大人になってピアノ再開しました
2015年10月21日 (水) | 編集 |
バッハ フランス組曲第2番 クーラント (BWV.813)<ハ短調(c-moll)>

クーラント初回レッスンです。
一通り弾いた後、どの様に曲想をつけたいか?を考えて片手ずつ弾きました。
この曲は3拍子の速い曲。アウフタクトで始まり、右手は8分音符の音型が
上行下行しながら駆け巡る曲。8分音符の音型の山と谷の音が角が立たない
ようにまろやかな音になるように気をつける。
9~13小節は♭シソ♭ミ♭シ♭レ・ド♭ラファド♭ミ・レ♭シソレファ♭
♭ミド♭ラ♭ミソファ・ファレ♭シファ♭ラソ・・ここはそれぞれ音のイメージが
違うので音質を変える。和音で考えると良い。
左手も同様に考えて弾く。例えば、49~51小節ファ♭シレ♭ミソ♭ラドファ~。
頂点のドから4分音符ファに下がるところは、ド(親指)に完全に重みを移し、
音の方向を変えてファを弾くと下行した音になる。他の部分も同様に考える。

2声なので、左手の音楽をどう作るかが鍵ですね(=゚ω゚)ノ