2017
06.29

ひとりグランド練習会(''ω'')ノ

はっきりしないお天気の今日この頃・・( 一一) 洗濯が乾かへん~~!!
久しぶりにグランド練習室に行ってきました。
前回は4月初め、発表会前の練習のためでした。
今回は気分転換と一応(?)自主練曲録音のためにレンタル。
いつもと違うグランドでした(YAMAHAですが・・)

まず最初はやはりバッハ(笑)いつもの習慣です "(-""-)"
合格した平均律フーガ16番をおさらい。2.3回弾いてからイギリス組曲へ~~
そこから延々とプレリュードを練習(笑)
気が付いたら30分以上バッハばかり練習してた!
こりゃいかん!!と、ソナタ悲愴の練習。
スタッカート和音部分を練習してから通しで弾いてみたが、いまいち・・
 あちゃ~~やっぱり(。>(ェ)<。)エエェェェ
 昔弾き込んだ曲は弾き方が直らない法則が・・・ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

気を取り直し、ベートーヴェンソナタ27番2楽章の練習。
出だしの音が難しく、何度も試し弾き。
弾き始めると面白くなってきて、今度は延々と27番を練習~♪
   *-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
・・はっっ!!Σ(゚Θ゚) すでにレンタル時間の半分以上過ぎていた!
家でもやけど、最近プレリュードと27番の練習を始めると
いつの間にか時間が経っていて他の曲に手が回らない状態 (笑)

とりあえず~~少しだけ木枯らしも練習。
木枯らしは、最初の2ページのポジション等が確実に覚えられるまで
次に進めないので、地道練習中。
手の角度や脱力状態、音を確認しながら試行錯誤中。
まだまだ時間がかかるだろう。でもやるよ~~(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー

・・で、ようやくソナタ悲愴1楽章を録音してみた。が、
やっぱり予想通り。思うように弾けない~~(T_T)(;д;)。゚(゚´Д`゚)゚。
 いろいろ考えたんだけど・・なんでこんなに弾けないのかって。
 1か月で自主練で、てのが無謀なのは承知だけど、
 今レッスンで右手親指改善のため弾き方を見直しているので、
 昔の悪い弾き方で弾くと違和感でストップがかかってしまうのだ。
 弾き方を直すのって本当に大変~~~(。>(ェ)<。)エエェェェ

疲れたので悲愴はあきらめて、またしてもプレリュード祭り~♪
終了時間までエンドレスで弾いて終了~~(。>ω<。)ノ
帰りに、ひとりカフェで軽食を食べながら録音を聞き反省会。
・・楽しかったです♪♪♪(=゚ω゚)ノ



続きを読む
Comment:6
2017
06.26

昔の癖は直らない?(+_+)

Category: ピアノ
先日先生と弾き方の話をしていた時、
「弾き方を直す前に弾いていた曲は、未だに悪い弾き方になる」という話が出た。
先生は学生時代にご自身で弾き方を1から見直されたそうだが、
見直す前に弾き込んでいた曲は昔の癖が抜けないそうだ。
その話を聞いて「その通りだな~」と思った。
確かに、というか今すごく実感しているところなのだが (;^_^A

ベートーヴェンの「ソナタ悲愴」 高校時代に発表会で弾いた曲。
子供の頃は良い弾き方なんて知らず、
ただ譜読みして曲を仕上げること、音を並べることが大変だった。
また、ハノンやツェルニーのスタッカート練習で変な癖がついてしまい、
未だにスタッカートは大の苦手・・
スタッカートとは「音を短く切る」
音と音の間に明確な空間を空けて演奏することだが、
子供の頃の癖で「上に跳ねる」・・となってしまう。
大人になりレッスンを再開した時、最初に習ったモーツァルトのK.545でも
「スタッカートは跳ねない」と注意された。
スタッカート攻略方法として先生に提案されたのは、
まずレガートで弾く→弾き方を変えず音と音の間を空けて弾く、
という風に段階を踏んで練習すること。
これはかなり効果があるのでその様に練習しているが、
油断していると昔の癖が顔を出す・・(困ったヤツやわ~~)
前置きが長くなったが、「ソナタ悲愴」は
・子供時代の悪い弾き方で弾き込んだ曲
・やたらスタッカートが多い      ・・のである (;^_^A

現在悲愴1楽章を自主練中。だが、思うように弾けない~~( ;∀;)
この曲はI先生にも見てもらったことがあり、当時はある程度弾けていたのだが・・
久しぶりに練習すると・・昔の悪い弾き方になってしまう (;^_^A
スタッカート跳ねちゃうし~~右手親指問題もあるし~~
時間があればレガート練習をするけど、また戻ってしまうという繰り返し。。
そういえば~~先月の「春の歌」も子供時代に弾き込んだ曲!!

・・・昔の癖って直らない、てか、忘れた頃に顔を出すのよね~~




Comment:2
2017
06.26

イギリス組曲あれこれ!(^^)!

Category: イギリス組曲
バッハの次の課題曲はイギリス組曲第3番に決めて譜読みを再開しました。
不思議なもので、2ページから全く進まなかったプレリュードの譜読みが
レッスンに持っていくと決まったことで一気に進み、最後まで到達しました。
すると、そこからは久々のエンドレス状態(笑)
つっかえながらだが最後まで弾いて、また最初から弾く・・の繰り返し(笑)
バッハの曲は、繰り返し弾きたくなる という現象が時々起こるんよね"(-""-)"

イギリス組曲第2番  イギリス組曲第3番
 ♪以前ブロともさんに教えてもらったポゴレリチの演奏  
イギリス組曲第5番 ♪A・シフの演奏 

 ポゴレリチの演奏は颯爽としていてカッコいい!
 ・・こんな風には絶対に弾けません!!(憧れますが 笑)
 2番と3番が有名みたいですが、私は5番も好きです(´ω`人)

いつも参加している弾き合い会では、バッハの曲を聞く機会が多いです。
インヴェンション、シンフォニア、フランス組曲、平均律、パルティータ。。
でも、イギリス組曲を聞いたことは一度もないんですよね。
なんで??
練習している方もあまりいないような気がする・・
気のせい??
 
ピアノ友さんで”イギリス組曲2番プレリュードが憧れ曲”
 と仰っていた方がおられて、その話を聞いた時は嬉しかったな~♪

プレリュードは長いけど(6ページ・・今までの最長記録 笑)
同じパターンが多いので平均律フーガよりは弾きやすそうです。
調子に乗って(笑)アルマンドも譜読みしています~~♪
さて、レッスンに向けて練習しよう~~( ̄^ ̄)ゞ


Comment:0
2017
06.23

レッスン2017♭21(^^)/

Category: レッスン
 レッスンに行ってきました。

*バッハ/平均律クラヴィーア曲集Ⅰフーガ16番*
一通り弾く。
テーマが聴こえてきていい演奏です、と言っていただく。
惜しい部分を手直しして終了。
ようやく合格です(^^)/

*ショパン/エチュードOp.25-11*
2ページ弾いたところでストップ。5小節目から見直し。
出だしの弾き方が悪いため、刻み演奏になってしまう。
fを意識せず、力まず小さな音で弾く。
右手の2音目注意。停滞しないよう、刻まないようサラッと弾く。
1ページ目はほぼOK。
15小節右手ポジションを覚える。17小節~アルペジオもポジション注意。
下行するところ、手の軸がぶれない様親指の弾き方に注意しながら弾く。
まず、2ページ目を攻略。
出来るようになってから次の部分に進むことになる。。
ゴールまでの道のりは長い~~~
Σ(´Д`lll)エエ!!

*ベートーヴェン/ソナタOp.90 2楽章*
出だしから表情、ペダルをつけて弾く。
ペダルは音が濁らないようによく聴いて踏みかえる。
32小節~フレーズの単位を正しく。フレーズとフレーズの間を開け過ぎない。
手首を使って次のポジションに移動。
60小節~dolce注意。左手3連符は拍で区切らないよう注意。
103小節の♮ソで色合いが変わるが、突然変えると間違えたように聴こえるので、
その前から徐々に変化をつけていく(さじ加減が大切)
105~113小節にかけて、ベートーヴェンらしいパッセージ登場~♪
音符の動きに合う音で弾く。きっぱりと。

平均律16番が終了したので、次の曲を決めた。
候補はイギリス組曲3番かパルティータ1番。先生に聞いたところ、
イギリス組曲の方が弾きやすいということでそちらに決定~♪
プレリュードの譜読みを進めることにした(6ページもあるんやけど。。。)
エチュードは両手で弾くことがとても難しい。。
先生のOKが出なければ次の部分に進めないようだ。
先生の言われる弾き方で弾かないと、曲にならないようだ。
(苦難は続く。。。焦っても仕方ないわ~~)
ベートーヴェンはレッスンが面白くなってきた!!
(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー
久しぶりの感覚!待ってました~~~(^^)/
練習が面白くてベートーヴェンばかり練習してしまう (笑)



Comment:2
2017
06.18

レッスン2017♭20|д゚)

Category: レッスン
レッスンに行ってきました。

*バッハ/平均律クラヴィーア曲集Ⅰフーガ16番*
数個所もう一度見直し。
片手で2声を弾く部分を中心に練習。
音の繋がり、手の動かし方等に気を付ける。

*ベートーヴェン/ソナタOp.90 2楽章*
ペダルを入れて弾く。
旋律をどの様に歌わせるか構想を練り、それに合わせて伴奏部分を弾く。
拍で息が入らないように注意。
音符の動き、フレーズに合わせて音色を変える。

*ショパン/エチュードOp.25-11*

両手で弾く。右手2音目の弾き方注意。
ゆっくり弾くと縦刻み演奏になってしまう。。
速く弾く時と同じ弾き方で弾く。手首を揺らさない。
まず細かい音符優先で、右手に左手を縦にピッタリ合わせる練習。

一番楽しいのはベートーヴェン(^^♪徐々に曲らしくなってきた。
エチュードは大変・・一筋縄ではいかない~~Σ(´Д`lll)エエ!!



Comment:0
back-to-top