2017
06.04

ソナタ悲愴あれこれ( 一一)

Category: ソナタ悲愴
今月の自主練曲に決めた、ベートーヴェン ソナタ「悲愴」
この曲は私の中で特別な曲でして。
子供時代の発表会で唯一、演奏終了後先生にすごく褒められた曲でした。

子供時代の記憶は曖昧で、発表会で何を弾いたとか詳しく覚えていません。
バイエルやブルグミュラー等、子供時代の楽譜は殆ど残っていませんし。
 手元にあるのは、ハノンとソナタアルバム、ツェルニー40番、インヴェンション、
 発表会で弾いた、チャイコフスキー「くるみ割り人形」集とピアノピース
 (春の歌、ソナタ悲愴、英雄ポロネーズ、ロンドカプリチオーソ)位です。

最初の発表会は小2か小3だったのでは?と思います。
当時、教室では年2回発表会が開催されていました。
(子供時代のアルバムに発表会の集合写真がありました。)
ピアノ歴には記憶を辿りながら発表会で弾いた曲を書いていますが、
発表会デビュー(笑)の曲が何だったのか?は思い出せません。

子供時代、発表会の曲は先生が決められていました。
本番約3か月前に、先生から楽譜をいただいていました。
高校1年か2年(記憶が曖昧・・)の時「今年はこの曲です」
と手渡されたのが、「ソナタ悲愴」でした。
 悲愴1
子供時代、全音ピースは発表会の時だけに弾ける特別な楽譜でした。
故に、エリーゼやノクターン9-2のピースを練習曲としていただいた時は
特別嬉しかったのを覚えています。

先生に楽譜をいただいて「こんな曲ですよ。」と、
レッスン室にあるステレオでLPレコードを聴きました。
その時の印象は、「めっちゃ暗くて深刻。重い曲やなぁ・・・」
・・・はっきり言って全く興味が湧かなかった ^^;
その頃はやはり当時流行っていた歌謡曲やニューミュージック、
洋楽の方が好きでしたから。。。
大人になって、何度も弾きたい特別な曲になるとはね・・(笑)
 悲愴2
楽譜は全音ピースを使おうかと思っています。

今まで習った3人の先生全員に見ていただいた曲は、
ソナタ悲愴3楽章とショパンノクターンOp.9-2だけです。
それだけ思い入れが深い曲とも言えます。
今回は久しぶりに自主練するので、
どこまで出来るかわかりませんが、楽しみたいと思います~♪
(まだ1楽章か3楽章、どちらにするか決めてないけど・・)



Comment:6
back-to-top