FC2ブログ
2017
11.28

今月の自主練曲♪Ⅺ

 もうすぐ11月も終わりです。今年も一年早かったなぁ~~~( 一一)

さて、今月の自主練曲は”アルマンド祭り”(笑)フランス組曲第5番アルマンドでした。
練習はぼちぼちやっていましたが、やっぱり去年ほどやる気が湧いてこなくて。
しかも途中から5番でなく2番アルマンドに気持ちが傾いてしまい、
2番を遊び弾きしていました(笑)・・・という感じで1ヶ月。
取りあえず、先日のグランド練習で録音した音源はアップしておきます。

 <♪アルマンド祭り♪フランス組曲第5番&イギリス組曲第3番>
 今回、バッハはどうもいまいちだった。。。( ;∀;)練習も早々に切り上げたし。
 5番はウィーン原典版を使ったため、以前とトリルや指使いを替えました。
 各声部の弾き分けがいまいち。弾き込んでないからたどたどしいし。
 イギリス組曲第3番もいまいちだった。
 今さらだけど、井口版はやっぱり指使いが合っていない。。。弾きにくい。
 次のクーラントは指使いを考えて変更した方がいいかも・・・
 

 ・・・ついでに、一昨年音源アップしたもの。家のアップライトで。
 <フランス組曲第5番アルマンド&第1番アルマンド>
 

今年も来月で終わり。
  あと1ヶ月は”1ヶ月1曲再トライ自主練”を続けます( ̄^ ̄)ゞ
 


Comment:2
2017
11.27

ひとりグランド練習会(*^^)v

グランド練習室に行ってきました。

今回はKAWAI でした。このピアノは低音がよく響きペダルがよく効く。
なので、左手を控えめな音量で弾かないと右手の音が埋もれてしまう。
また、音をよく聴いてペダルの踏み替えをしないと音が濁って汚くなる。
各声部のバランスを自分の耳で聞いて確認して、弾き方や力のかけ方を変える。
・・・難しいです。特に苦手なのはペダル。
レッスンでよく指摘されますが、細かく踏みかえる癖があって、
残したい音が消えてしまったり踏みかえのタイミングがずれて音が汚くなったり。。
どうやったら上手くいくんだろうな・・
やっぱり大切なのは音をよく聴くことなんだろうな。
それと打鍵する時に指が鍵盤に密着していないと、音が出ないことがある。
特にpで弾いている時。トリルもかな。
普段弱音で練習することが多いので、久しぶりに大きな音で練習すると・・・
自分の出す音の汚さに。。。。。(T_T)
録音を聴くとそうでもないんですが。。。
自分に聞こえている音と離れたところで聴く音は違うんだけど、、、
自分で綺麗だ、と思える音が出せるようになれればなぁ~~~

バッハは”アルマンド祭り”(笑)
いつも繰り返し弾きたくなるんですが、今回は思う様に弾けなくて。
声部ごとの繋がりがスムーズでないし音が汚い・・・
イギリス組曲第3番もフランス組曲第5番も弾くのを早々に切り上げました。
そして少しだけ・・と思い、久しぶりにフランス組曲2番アルマンドを弾いてみたら、
やっぱり嵌ってしまい、エンドレスに(笑)

その後はショパンポロネーズの練習。
冒頭の和音は苦手で・・・パキッとした芯のある音が出せない・・・
こんな音じゃないんだけどな、、、と何度も練習しましたがコツは掴めず。
先生に教えてもらおうと思います。
まだ譜読み出来立てなので、リズムが狂うことが多い。
ペダルもまだまだ。これからですね。

そしてモーツァルトソナタ。
音を聴きながら、こんな音じゃない、音が出てない、トリルがへた・・・と、
あれこれ思いながら延々と練習していました。難しいです。

こんな感じで2時間あっという間でした。
帰りにいつものカフェでランチ&反省会。
また行きたいと思います~~~(^^♪



続きを読む
Comment:4
2017
11.24

うれしかったことと今後のこと♪④

Category: ピアノ
 ~~またしても続き( 一一)

次は古典。子供の頃慣れ親しんだ曲はほとんど古典だったからか、何故か安心感がある。
ロマン派の曲ばかりやっていると、リズムが崩れていく気がして古典派の曲をやりたくなる。

*モーツァルト*
ピアノ再開した時、”モーツァルトをらしく弾けるようになりたい”が夢だった。
やりたかった曲はほとんど習ったので、今後は昔習った曲をもう一度やろうかと考えている。
モーツァルトは音符の数が少なくてシンプル。音を並べることは難しくない。
基本、スケールやアルペジオで出来ているので、基礎練習にいいのでは?と思う。
それと、音の数が少ないので自分の音を聴く練習もやりやすい。
 (スケール・アルペジオをレッスンや自主練で取り組んでいる方もいるけど、
  私は曲中でやる派。もし、スケール・アルペジオをレッスンで見てもらうと・・・
  それだけに時間の大半をかけることになり曲を見てもらう時間がなくなるので。。
  自主練も、自分に合った楽な弾き方で練習しないとやる意味がないと思うし。)
 
今習っているソナタK.330は時間をかけてやるつもり。
その後は、途中放置しているK.311 3楽章をやりたい。
その次は~~K.333、K.310、K.576のどれかをやりたいな~~
(ベートーヴェンの合間にやる予定なので。。。いつになるかわからないけど💦)

*ベートーヴェン*
とにかく、レッスンが面白い!!
自分には合っていない作曲家だよなぁ~(音質など・・)とは思うんだけど、
(f苦手だし、手を痛める率高いし・・・)
曲を作り上げていく過程が面白くて、定期的に取り組みたくなる。
ベートーヴェンは音符を並べただけでは曲にならない。
曲の構成を読み、創り上げていくことが大切。
私はアナリーゼ等得意ではないし、私の手に優しくない音形も多いので、
今後も譜読みから先生に見てもらうパターンで取り組むつもり。
やりたいのは後期ソナタ(28番・30番・31番) だけど先生の許可?が出ないので、
(曲の内容が深くて難しいから。簡単に手を出していい曲ではないのだろう・・)
次は、24番テレーゼソナタ1楽章の予定。その後は・・もう一度告別をやるかも。
27番1楽章もやりたいけど、手を痛めそうな音形満載だからなぁ~・・・



続きを読む
Comment:8
2017
11.23

うれしかったことと今後のこと♪③

Category: ピアノ
~~続きです( ̄^ ̄)ゞ
 ・・途中で放置するのもアレなので最後まで記事にしてしまいますが(笑)
 ほとんど独り言の世界なので。。。
 こんなアラ50のピアノ好きな関西のおばちゃんの独白なんか興味ないわっっ!
 ・・・って通り過ぎて下さいませ~~(誰に言うてるねん・・)

今後目指す方向(目標)は、
”年をとっても弾き続けられる弾き方を習得したい” かな?
今が一番若いから、手がよく動くうちに、
憧れの難曲、大曲、無謀曲に挑戦する。
そう思って無謀曲にも挑戦した。
挑戦することで得るものも確かにあったけど、でも、それって?
年を取ったら今より成長できないってことだろうか?
・・・そんなことはないと思う。
この間の弾き合い会で、
”80歳を過ぎても現役の頃と変わらない演奏をされている方”
の話を聞き、まだ私はひよっこだと思った。
いくつになってもピアノを続けられるよう、
身体に負担が来ない、手を痛めない、
自分に最適な楽な弾き方を習得することは大切だと思う。
それともうひとつ。
どんな曲でもその曲に合った美しい音・歌っている音を
奏でられるようになりたい。
その為には自分の出している音をよく聴くことが大切だと思う。

今後取り組みたい曲は作曲家別にまとめておこう~
*バッハ*
私にとっては”修行”枠(笑)練習曲として最適だと思っている。
曲は程よく短いものが多くて、どれも魅力的♪
故に、時々中毒になって繰り返し何度も弾いてしまう。。
平均律は、プレリュードは好きなんだけどフーガがとっても苦手。。。
自分ルール(?)で、平均律を2~3曲取り組んだら
お楽しみ♪(息抜き)で組曲をやることにしている。
ただし、曲によっては息抜きにならないことも。。。(ジーグとか・・)
平均律は、フーガが両手で合わせられるようになった頃に
次の曲を先生に選んでもらい、早めに譜読みを始めるパターン。
組曲は、イギリス組曲第3番の次はフランス組曲第3番の予定(1年位先だろうな。。)
その後はイギリス組曲2番か?5番もやりたい~~
パルティータもやりたい~~(何年後の話やねん・・💦)

  ・・長くなったのでまた続く(しつこい・・(^^; )



Comment:0
2017
11.22

うれしかったことと今後のこと♪②

Category: ピアノ
 前記事の続きです~( 一一)
さて、ようやくバラードの呪縛(?)から解放された気分です(笑)
  発表会後、ブログには出来るだけ前向きなことを書いてきましたが、
  心のどこかでずっと引きずっていたんですよね。

・・ということで(?)
今後のこと~目指す方向や目標・取り組みたい曲等を、もう一度考えることにしました。
 (ピアノ再開した時から、この様に自分の中の取り決め(?)を考える習慣があります。
 性格なのか、毎日の食事の簡単な献立等も考えて1週間ごとにノートに書く習慣があります(笑)
 ただ、結構大雑把なので細かく決めてませんけど・・適当~にゆる~く、長く続けられる範囲でやってます^^)

まず、やはり取り組むのはバッハ&古典(モーツァルトとベートーヴェン)&ショパン。
これは変わりません。他の作曲家の曲もやってみたい気持ちはありますが、
ピアノ練習の時間は限られているのでその余裕がない。
(突然ある曲に嵌ってレッスンに持っていく、という可能性はあるかもですが。。
 ・・・シューベルトとかシューマンとか 笑)

本番演奏の機会は、今まで通り教室発表会と地域の弾き合い会(年2回)
発表会の曲は、無謀曲は出来れば避ける。自分が本当に弾きたいと思う曲を選びたい。
教室は小学生までの子供が多いので、子供も楽しめるような選曲を心がけたいと思う。
・・・教室の発表会に2度参加してふと考えたんです。
何で発表会に出るかというと、本番演奏に向けて切磋琢磨することで自分が成長できるから、 
そして、自分の演奏を誰かに聞いてもらいたいから だと思うのですが、
気心知れたピアノ仲間との弾き合い会とは違って、
発表会には生徒の家族やお友達という純粋な(?)お客さん(聴衆)がいるわけです。
ピアノを全くやったことがない方や小さい子供さんには、
やっぱり耳馴染みが良い曲の方がいいと思うんですよね。
(昔、子供の頃の発表会で、上級者の方の演奏が小難しくて退屈だったという記憶が
 残っていて・・ベートーヴェン熱情全楽章 とか。。今なら喜んで聴きますが(笑))

・・思えば、過去2回の私の演奏は退屈だったのではなかったか?と。
何だか難しそうな曲だなぁ~長い曲だなぁ~・・なんてさ(^-^;
選曲って難しいです。自分が好きなやりたい曲でないと長い時間をかけて取り組めないし。
でも、いくら自分が好きでも発表会の雰囲気に合わない曲ではね。。。
そんな思いもあって、今回は先生に選曲をお願いしました。
結果、今回の選曲はバッチリだったと思っています。
  ・・まだどうなるかわかんないけど・・
その代わりに(?)ピアノ仲間との弾き合い会では、
大人向けで地味な曲(地味な曲が好き♪)やちょっと背伸びした曲を選ぼうと思う。

  ・・・また長くなってしまった~~~多分続きますヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3



Comment:0
back-to-top