FC2ブログ
2018
02.27

発表会に向けて・仕上げ練習

Category: ポロネーズ
発表会まで1ヶ月半を切りました。
現在暗譜に向けて、仕上げ練習中です。
覚書として、課題点を挙げておこうと思います。

♬グランド練習室での録音♬
今回は部分練習の後本番バージョンで2回録音、
終了時間前にもう一度録音してみました。
⇩2回目の録音を音源アップ~♪


前半は暗譜で弾いている。が、まだ時々わからなくなることが・・
完全に暗譜出来るようにしたいと思う。
中間部以降は、大体暗譜できているが数個所あやふやな部分がある。
あやふやな部分は、前の音のばねで弾けていない。
楽譜に頼り、縦刻みになったり最適なポジションで弾いていない らしい。
重要なのは、左手と内声部。
左手は左手のバネで勝手に手が動くように、ポジションの見直し等をしていく。
内声部は同じ音でもそれぞれ音の向かう方向が違うことを考えて弾く。

*改善すべき部分*
ポロネーズ1 ポロネーズ2
・30~31小節の右手アルペジオ(装飾音)は最後の音を外す確率が高い。
 原因は、左手に気を取られて右手に神経がいっていない。
     右手のポジションが確実に覚えられていない。
     右手の小節最後の2つの和音が掴みにくく、次の音にスムーズに行けない。
・31小節から32小節のフレーズ、音を繫げる。
 右手#レは付点2分音符。内声で表情をつける。
 内声は同じ和音だが刻み演奏にならないように。同じ音だが性質が違う。
 内声のメロディを歌わせる。フレーズ繋げる。小節線で区切らない。
 は溜めるところ。前の音から自然にそう聞こえるように持っていく。
・33小節の同音連打は丁寧に。大切な接続詞。表情をつける。

ポロネーズ3 ポロネーズ4
ポロネーズ5
・77~78小節 78小節最初の音は前のフレーズ最後の音。
 内声部は刻まない。右手は右手、左手は左手で進んでいく。
 左手は細かい音符から始まるように弾く。(息を入れない)
・79小節の右手、刻まないでメロディを歌わせる。音符の動きをよく見て。
 81~82小節に向けて盛り上がっていく。

まだゆっくり目で弾いています。(速く弾くとミスしまくるので・・)
今後は、もう少しテンポアップしてポロネーズらしく仕上げられれば・・
と思っています。
ラストスパート!出来ることは全てやって、
悔いが残らないように頑張りたいと思います。


Comment:8
2018
02.27

ひとりグランド練習会(*^^)v

グランド練習室に行ってきました。

今回はYAMAHAにしました。
まず最初にポロネーズを弾いてみました。
手が動きにくくて、いつもミスしない部分も間違えてしまいました💦
発表会まで1ヶ月半を切りましたからね・・
こんな練習もしていこうと思っています。

次はバッハ。苦戦中のサラバンド・・・( ̄▽ ̄;)
まず通しで弾いてみましたが、
音が固くて拍子を数えながら刻んでいるような演奏・・・
なかなか音楽になりません。難しいなぁ~~~
ソプラノ声部だけ弾いたり、装飾音を入れずメロディを弾いたり、
装飾音だけ部分練習してみたり・・・・
気がついたら、30分もサラバンドと格闘してました(笑)
気分転換にガヴォットの譜読みを少しだけやって、
次はテレーゼソナタ。

テレーゼはまだ提示部の譜読み中。
レッスンで見てもらったところまでを復習しています。
ベートーヴェンはとにかく力んでしまいやすいので、
無駄な力を抜いて楽に弾く、と念じながら(?)弾いていく。
フレーズごとに、音符の動きをよく見てそこに似合う音で弾く。
自分にとって楽で繋がる音の出るポジションを探していく。
たった数小節のフレーズに時間をかけて、いろいろ試して考えて、
曲の骨組みを作っていく作業が面白くて、
つい夢中になってしまいます(笑)
でもレンタル時間に限りがあるので(笑)次の曲へ~

今回のメイン。ポロネーズ1番。現在暗譜に向けて練習中。
レッスンで言われた課題点を順番に部分練習。
その後、2回通しで弾いて録音してみました。

その後は、自主練中のスケルツォ2番。
発表会が近づいてきたので、最近はポロネーズ中心に練習しています。
なので、スケ2さんはあまり練習していません。。。
中間部の難所はまだまだ・・・録音できる状態ではないし、
前半の左手アルペジオも久々に弾いたら、粒が揃ってなくてガタガタ・・・
私って、やっぱり自主練向いてないな~~と思う。
ここも、あそこも、全部先生に見てもらいたい~~なんて思ってました(笑)
ま、発表会が終わるまではダラダラ弾いている形になると思う💦
(このままフェードアウトかもよ・・・)

そうしているうちに残り時間30分。
ここで、イギリスのガヴォット再登場~♪そして引き続きジーグ~♪
片手練習だけでも楽しくて、エンドレスになる勢い・・(。>ω<。)ノ
あ~~でも、今日のメインはポロネーズ!
・・ということで、ポロネーズを通しで弾く!
(疲れて結構ボロボロだったけど~~)
そして、少しだけ残った時間でモツさんK330を~♪
(楽譜を持って来てなかったので暗譜で~でも途中で分からなくなって終了~笑)

今回も楽しかったです~♪(/・ω・)/ ♪
帰りにいつものカフェでひとりランチ&反省会。
次は、発表会前かな?
それまでにもっと仕上げられるよう頑張ろうと思っています。


続きを読む
Comment:0
2018
02.22

レッスン2018#7(*^^)v

Category: レッスン
 レッスンに行ってきました。

*バッハ/イギリス組曲第3番サラバンド*
またまた同じことを言われる。。。^^;)
装飾音はらしく弾く。音の方向や繋がりをよく聴く。

*ショパン/ポロネーズOp.26-1*
今回は最初から本番バージョン(?)で弾く。
本番に向けて、暗譜のコツ等教えてもらう。
25小節はsotto voce(小声で)。前の小節の音量より大きくしないこと。
32~33小節は音が縦刻みになりやすい。音が繋がる様に弾く。
レの同音連打に表情をつける。
50小節~左手が縦刻みになりやすい。
音が繋がるように、手の向きやポジションを考えること。
78小節も音が縦刻みになりやすい。拍子で刻まない。
各声部ごとに歌わせ方を練習する。

*ベートーヴェン/ソナタOp.78 1楽章*
譜読みレッスン。弾き始めたところ、手に無駄な力が入りすぎていて、
力を抜いて楽に弾くように言われる。
細かい音符から始まるように弾くこと。
8~10小節16分音符音型は、
音符の動きをよく見てそれに似合うように弾く。
18小節~右手は回転運動。音の繋がりを聴きながらポジション確認。

・・・なかなか音楽にならないサラバンド( ̄▽ ̄;)
本当に難しい~~~装飾音の部分練習が必要なようだ。
ポロネーズは暗譜で弾くためのコツ等のレッスンだった。
前半は目をつぶっても弾けるようになったが、中間部以降はまだまだ。
左手がポイント。音を繫げて弾く。繋がるポジションで弾く。
レッスンでコツが掴めたので、後は定着するように練習。
ベートーヴェンは、どうも力みすぎてしまうようで。。。
フニャフニャでいいから、無駄な力を抜いて弾かされるように弾く。
また、直線的な音でなくまろやかな音を出すには手首の回転運動等、
柔軟な(?)手の使い方が必要なようだ。
少しずつ自分のものにできれば、と思う。



Comment:0
2018
02.19

ベトソナ・譜読みあれこれ(一一")

Category: ソナタOp.78
ベートーヴェン ソナタOp.78 1楽章の譜読みレッスンが始まりました。
ここに、覚書として記録しておこうと思います。

 <ソナタOp.78 第1楽章>
  Adagio cantabile-Allegro ma non troppo
  嬰へ長調(Fis-dur) 4分の2拍子
テレーゼ 1
*ウィーン原典版 導入部1~4小節
左手 主音嬰へ音の持続低音。同音連打。
右手は同音連打。フレーズを小節線で区切らない様に注意。
同音連打は音の出るタイミングが違う。
指先の感覚に集中、鍵盤から指を離さず手を浮かせない。
音をよく聴き、音が繋がるように打鍵する。
4小節目はため息のように。

テレーゼ2
テレーゼ3 テレーゼ4
*提示部 第1主題(5~12小節)
5小節目 4小節からのアウフタクト注意(F1動機)
小節線で手が浮かないように。
左手は2音目からフレーズが始まる。右手同音連打の弾き方。
左手8分音符分散和音音型は、2個単位で区切らないように。
8分音符2個目と3個目、4と5、6と7、8と次の小節の1個目を繫げるよう意識。
(手が浮かない様にする。音をよく聴く。)
8~9小節 (F2動機)歌うように。右と左の掛け合い。
音符の動きに合う音が出る場所で弾く。
ポイントはフレーズの最後の音。次のフレーズに繋がる音で消えていく。
10~12小節 全てのパートが合奏。
11小節最初の左手2分音符、音価に似合う音。次の音の場所に素早く移動。

テレーゼ5
*17~28小節(推移)
18~28小節の右手16分音符音型が難しい・・
18小節1音目は前のフレーズ最後の音。2音目から始まるように弾く。
16分音符2個目~5個目までを繫げて。全ての音が繋がるポジションで弾く。
レの連打は指替え(1→2)ポイントは4指#ラ。4指は弱いので思うより強めに弾く。
回転運動でポジション移動しながら28小節まで弾く。

このソナタはやはり後期前の作品なのでいろいろと難しいです。。。
#や臨時記号が多くて譜読みは大変ですが、大分慣れてきました。
曲のイメージは、ベートーヴェンらしからぬ・・というか(笑)
とても可愛らしい美しい曲だと思います。
楽譜解説に「作品78においてピアノソナタのひとつの原点でもある
室内楽的な性格に回帰している」とあります。
確かに、室内楽的、弦楽四重奏のような趣だと感じます。

レッスンはまだこれから。
どんな風に、自分なりの曲作りが出来るか~楽しみです♪





Comment:2
2018
02.16

レッスン2018#6(#^.^#)

Category: レッスン
 レッスンに行ってきました。

*バッハ/イギリス組曲第3番サラバンド*
前回と同じ注意をされる。
連打部分で手が浮かないように。
声部ごとに音が繋がるように弾くこと。
装飾音は美しく弾くこと。

*ショパン/ポロネーズOp.26-1*
まず、細かく丁寧に弾く。前回より安定してきた。
その後「本番ではこう弾く」という弾き方で練習。
先生の合図に合わせて弾いていく。
メロディを歌わせる。そのためには伴奏が重要。
どう歌わせたいか考え、そう歌えるように伴奏を弾く。

*ベートーヴェン/ソナタOp.78 1楽章*
譜読みレッスン。フレーズに添って譜読み。
メロディが繋がるように弾く。
18~28小節の右手16分音符の音形が難しい。。。
ここは、片手ずつゆっくり練習。まず右手。
一つずつ繋がる音が出る場所で打鍵する。
4指で弾く音は特に注意。

サラバンド、難しい・・・なかなか曲にならない。
どれ位かかるやら💦早く次のガヴォットに進みたいよ~~(笑)
ポロネーズは暗譜出来るように練習していくことに。
ベートーヴェンも難しい。少しずつ、
ぼちぼちやっていこう!



Comment:0
back-to-top