2018
02.22

レッスン2018#7(*^^)v

Category: レッスン
 レッスンに行ってきました。

*バッハ/イギリス組曲第3番サラバンド*
またまた同じことを言われる。。。^^;)
装飾音はらしく弾く。音の方向や繋がりをよく聴く。

*ショパン/ポロネーズOp.26-1*
今回は最初から本番バージョン(?)で弾く。
本番に向けて、暗譜のコツ等教えてもらう。
25小節はsotto voce(小声で)。前の小節の音量より大きくしないこと。
32~33小節は音が縦刻みになりやすい。音が繋がる様に弾く。
レの同音連打に表情をつける。
50小節~左手が縦刻みになりやすい。
音が繋がるように、手の向きやポジションを考えること。
78小節も音が縦刻みになりやすい。拍子で刻まない。
各声部ごとに歌わせ方を練習する。

*ベートーヴェン/ソナタOp.78 1楽章*
譜読みレッスン。弾き始めたところ、手に無駄な力が入りすぎていて、
力を抜いて楽に弾くように言われる。
細かい音符から始まるように弾くこと。
8~10小節16分音符音型は、
音符の動きをよく見てそれに似合うように弾く。
18小節~右手は回転運動。音の繋がりを聴きながらポジション確認。

・・・なかなか音楽にならないサラバンド( ̄▽ ̄;)
本当に難しい~~~装飾音の部分練習が必要なようだ。
ポロネーズは暗譜で弾くためのコツ等のレッスンだった。
前半は目をつぶっても弾けるようになったが、中間部以降はまだまだ。
左手がポイント。音を繫げて弾く。繋がるポジションで弾く。
レッスンでコツが掴めたので、後は定着するように練習。
ベートーヴェンは、どうも力みすぎてしまうようで。。。
フニャフニャでいいから、無駄な力を抜いて弾かされるように弾く。
また、直線的な音でなくまろやかな音を出すには手首の回転運動等、
柔軟な(?)手の使い方が必要なようだ。
少しずつ自分のものにできれば、と思う。



Comment:0
back-to-top