FC2ブログ
  大人になってピアノ再開しました
ミュゼットって?
2018年05月08日 (火) | 編集 |
 ようやくサラバンド地獄が終わり、次回レッスンからガヴォットです。
イギリス組曲第3番のガヴォットはⅠとⅡがあって、
楽譜(春秋社)には、Ⅰ(alternativement)、Ⅱ(ou la Musette)と書いてあります。
調べてみると、
alternativement(アルテルナティーヴマン・仏)は「組み合わせた舞曲を交互に」
Musette(ミュゼット)は、①フランスの民族楽器、ふいご式バグパイプの一種。

②田園風な3拍子の舞曲。楽器のミュゼットで奏するような低音の持続音をもつのが特徴。
・・・とありました。
へぇ~そうなのか~~(一一")

・・・「バグパイプ」ってさ、こーゆーやつだっけ?

  ・・・また落書きタイム(笑) わかるやろうか~~(;^_^A

バグパイプというとスコットランドやイギリスだと思うんだけど、
ミュゼットはフランスの民族楽器で、
17~18世紀に貴族階級の間で流行した小風笛というものらしい。
    ミュゼットの音色

ミュゼットという楽器は保続低音が特徴らしいです。
イギリス組曲第3番のミュゼットの楽譜。
DSCN0787_convert_20180508205903.jpg
*最初から最後まで保続低音が~~
   今更だけど、ピアノではどう表現するんだ?CDを聴いてみよう~~