FC2ブログ
  大人になってピアノ再開しました
北欧の作曲家②
2018年05月31日 (木) | 編集 |
 🎶ジャン・シベリウス
 1865年12月8日生まれ フィンランドの作曲家

シベリウスのピアノ曲といえば、やはり「樅の木」だろうか。
地域の弾き合い会で何度か聴いたことがあるし、
ブロともさんの演奏を聴いたこともある。
私も以前弾きたいと思い楽譜を購入したが、
レッスンに持っていくこともなくそのままになっている・・・
以前、シベリウスのピアノ曲集CDをよく聴いていた。
その中のお気に入りの1曲♪

♪即興曲Op.5-5

🎶ヘイノ・カスキ
 1885年6月21日生まれ フィンランドの作曲家

カスキの曲との出逢いは16年程前、大人教室第2回発表会だった。
講師演奏でM先生が弾かれた曲。
北欧の森に迷い込んだような幻想的な曲。高音の響きが美しい曲だった。
「森の精Op.10-1」という曲だった。
その後、地域の弾き合い会に参加することになり
先生にお薦め曲を聞いてみたところ「それ程難しくなく聴き映えのする曲」
として「激流Op.48-1」を紹介していただいた。
それ程難しくなくは、??だったが(笑)聴き映えする曲で、
今でも好きな曲のひとつだ。(長らく弾いていないけど・・)
他には「夜の海辺にてOp.34-1」夏の朝Op.35-1」を習った。
カスキの曲集はどの曲も好きだが、
「秋の朝Op.21-2」「泉のほとりの妖精Op.19-2」等が特に好きだ。
演奏は、やはり舘野泉さんの演奏が好きだ~♪

🎶エルッキ・メラルティン
 1875年2月7日生まれ フィンランドの作曲家

以前、舘野泉さんの「フィンランドピアノ名曲コレクション」
というCDを借りてMDに録音したものがある。
久しぶりに聴いてみた。
その中の1曲「悲しみの園Op.52より~雨
YouTube検索していたら、こんな曲も・・「舟歌Op.59-1」

🎶セリム・パルムグレン
 1878年2月16日生まれ フィンランドの作曲家

上記のCDの収録曲。好きな曲。
「3つの夜想的情景Op.72」 星はまたたく、夜の歌、曙
「3つの小品 粉雪Op.57-2」  
組曲「春」より「とんぼOp.27-3




北欧の作曲家①
2018年05月31日 (木) | 編集 |
🎶エドヴァルド ・ハーゲンループ・グリーグ
 1843年6月15日生まれ ノルウェーの作曲家

子供時代のお気に入り”少年少女世界名曲アルバム”。 
その解説絵本の中で、絵があまりにも怖くて、
強く印象に残っている曲がある。
(怖いもの見たさ・・というものだろうか 笑)
シューベルトの「魔王」、そしてグリーグの「ペール・ギュント」

<ペール・ギュント>第1組曲より 第3曲「アニトラの踊り」

グリーグのピアノ曲といえば「ピアノ協奏曲イ短調Op.16」が有名。
ピアノ独奏曲なら<抒情小曲集>だろうか?
<蝶々>、<アリエッタ>・・・(あまり詳しくないので ^^;)
<ノクターン Op.54-4> は、大人向きの洒落た曲♪

グリーグの曲を習ったことはないのだが、
大人教室時代のお楽しみ会でグリーグが2台ピアノ版に編曲した
モーツァルトソナタK.283 1楽章を2台ピアノで披露したことがあった。
(第1ピアノはオリジナル、第2ピアノはグリーグが作曲したもの)
・・ただ、私は第1ピアノでモーツァルトだったのだけど・・(^^;
DSCN0788_convert_20180529090321.jpg
・・第2ピアノの方はダイナミックな演奏をされる方だったので、
その迫力に驚いた・・ことを覚えている(笑)

🎶クリスティアン・シンディング
 1856年1月11日生まれ ノルウェーの作曲家

「ピアノパッションⅡ」というピアノ曲のオムニバスCDに収録されていた、
「春のささやき」という曲。
あ~何だかいいな、弾いてみたいな~と思い、ピースを購入。
しかし譜読みをすることもなく、その楽譜はお蔵入り・・・
久しぶりに聴いてみた。