FC2ブログ
2018
07.16

自分に合った曲②

Category: ピアノ
 ~前記事の続きです。

今年の発表会が終わってから、これから取り組む曲について少し考えました。
特に、発表会の選曲について。
今までに教室発表会に参加したのは3回。
一昨年はショパン「エチュードOp.25-12」、去年はショパン「バラードOp.23」、
今年はショパン「ポロネーズOp.26-1」3年連続ショパンでした。
(しかも、3曲とも短調という。。。)
一昨年は発表会の2か月前に大洋で参加を決め、去年はバラード以外に選択肢がなく、
今年は選曲を迷った末に、自分で選んだ候補曲数曲から先生に決めていただきました。
3曲ともいつか弾いてみたかった曲。
それぞれ本番曲として取り組んだことで、レベルアップに繋がり、
いろいろと悩んだり苦労もしたので、思い入れもあります。
本番の出来は残念な部分もあったけれども、
当時の自分がやれることは全てやったので悔いは残っていません。

でもね、3曲とも自分が好きな曲だけれども「自分に合った曲」ではなかったと思うのです。
3曲ともショパンの曲中ではカッコイイ系の曲だと思うのですが、
私の音色は「華やか」や「派手」ではないので。
(これは実際にその様に言われたことがあるので。。。)
fやオクターブ和音が苦手で、手が小さいこともあり太い音や音量は出せません。
自分の苦手分野に敢えて挑戦した、とも言えるかも ^^;
自分を卑下しているわけではありません。
本来その曲が持つイメージとは違っていたかもしれませんが、
どの曲も自分らしく仕上げることは出来た、とは思っています。

「モーツァルトやショパンが似合う」
その様に言われることは嬉しいです。どちらも好きな作曲家ですし。
でも、ショパンのポロネーズやスケルツォ・バラードなどのカッコいい系の曲は
合っていない気がします。ノクターンとか地味系の方がしっくりくるかな。
モーツァルトも短調ソナタが特別好きだけれども、
どちらかというと長調ソナタの方が合っている気がします。
・・・そんなことを考えてます。
来年の発表会曲は、自分の音色に合う曲を選ぼうと思っています。
(気が早いですが、既に何曲か候補曲を選んでます 笑)

・・・あ、でも~「自分には似合わない曲」であっても、 
憧れ曲にはこれからも挑戦はしていくつもりです(笑)

  今はバラード4番が楽しい~♪弾けなくても、レッスンで見てもらえるだけで嬉しい~♪



Comment:2
2018
07.16

自分に合った曲①

Category: ピアノ
 毎日暑い日が続いていますね。。。(;´д`)<萎ェェェ↓ 
    38℃って・・体温より高いやん(-_-;)

さて、先日ブロ友さんが
”自分に似合う作曲家や曲を他人に指摘されるのは興味深い”
という内容の記事を書かれていて、面白いな~と思いました。
皆さん、自分に似合う作曲家や曲って何だろう?と少なからず、いや、
大いに(笑)気になりますよね?
先生やピアノ友から「○○が似合う」と言われると、
「え?私ってそんなイメージなんだ。」と意外に感じたり、
「そうなんだ。じゃやってみようかな。」
とその曲(作曲家)に嵌ってしまうこともあるかも。
(反対に、”え~~私は○○が好きなのにぃ~”と思う場合もあるかも?)
私自身、子育て奮闘中の頃 ピアノ友達に言われた言葉に導かれるように(?)
約20年の再開ピアノ生活を続けてきたように思います。

「あんたにはモーツァルトやショパンが似合っている。
 ベートーヴェンの<熱情>とかをガンガン弾くイメージじゃないね。」
子育て時代のママ友でもある、ピアノ友達K子さんの言葉です。
当時は「そうなん?子供の頃は発表会でベートーヴェンを弾いていたけど・・」
  (・・と言っても「悲愴」位であとは簡単なソナタでしたが ^^;)
などと思ったのですが、彼女の言葉に導かれるように・・(笑)
「ピアノ奏法」のビデオに影響を受けて、
「モーツァルトを”らしく”弾けるようになりたい!」と思い、
レッスン再開した次第です。

レッスン再開前は、息抜きにポピュラー曲をちょこちょこ弾いていた位でした。
なのに、なぜモーツァルトとショパンが似合うと思われたのか?
そういえば、K子さんは結婚前にピアノの先生をされていたので、
一度ショパンの「ノクターン2番」を見てもらったことがありました。
それで、そのように言われたのかな???
そして「ベートーヴェンをガンガン弾くイメージじゃない。」は、
当時はよくわからなかったけど、今はその通りだと思います。
fが苦手なことと、情熱的にガンガン弾くタイプでないこと、
自分の録音を聴くようになって、音質的にも合っていないと思いました。
でも、ワルトシュタインや熱情や月光3楽章など、
爆発する(?!)ベートーヴェンには憧れがあります。
今は、これはベートーヴェン? と言われるような優しくて可愛らしい曲ばかり
取り組んでいますが、いつかは~~!(・・たぶん無理でしょう ^^;)

そうそう、先生や友達が「○○が似合う」と言われる場合、
・自分の持つ音色がその曲(作曲家)に似合う。
・手が大きい、等、体格(骨格)によるもの。
・曲に対しての取り組み方による場合。 
   ・・など幾つかパターンがあるように思います。
今の先生に「バッハ(の平均律)が合っている」と言われたことがありますが、
それは、ずっと続けてバッハに取り組んでいるからだと思われます。
バッハの場合は、曲に対する取り組み方を見てその様に言われたようです。


Comment:2
back-to-top