FC2ブログ
2018
08.31

終了♪イギリス組曲第3番

Category: イギリス組曲
・・・( ´Д`)=3 フゥ つ、ついに終了しました~~!!ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ 
  🎼バッハ イギリス組曲第3番~~!!

去年の7月から取り組み始めたので、1年2ヶ月もやっていたのです。
ということで~~終了記念として(?)
イギリス組曲第3番取り組みの軌跡 を辿っていきます(笑)

レッスン開始♪2017年7月初め
・プレリュード・・レッスン回数11回 4ヶ月半(途中、ショパンと交互レッスンになっていた)
 ページ数が6ページ!とバッハの曲過去最長であった。
 なめてたわけではないが、譜読みが大変だった(;´Д`A ```
 少し弾けるようになった頃、秋の弾きあい会のエントリー曲にどうか?
 と先生に打診。が、却下されるΣ(゚д゚lll)ガーン
 本番で弾くためには、先生の言われる弾き方が出来ないと難しい ということで、
 エントリー曲はベトソナ27番2楽章にした。
 でも、どうせやるなら。。と効率よく楽に弾く弾き方で仕上げることになった。
 これはすごくいい経験になった。
 

・アルマンド・・レッスン回数6回 1か月半
 フランス組曲でもアルマンド、特に短調のアルマンドが好きだった♪
 このアルマンドも好きな曲のひとつになった。
 フランス組曲より少し複雑で難しかった。
 

・クーラント・・レッスン回数5回 1か月半
 この組曲中ではガヴォットに次いで弾きやすかった曲。
 やはりフランス組曲のクーラントより難しかった。
 年内に終了しなかったので次の年に持ち越しになった。
 

・サラバンド・・レッスン回数13回 3ヶ月半
 譜読みはとてつもなくややこしく、長い装飾音に悩まされた(。pω-。) 
 ようやく譜読み出来たが、譜面通り弾いてもこの曲らしくならない。
 ”レチタティーボ”のように弾く。。。表現能力の壁にぶち当たった。
 プロの演奏を聴き、いろいろ考え試したけれども、
 最後まで歌うようには弾けなかった。
 今まで習ったバッハの曲中、一番難しかった曲。

・ガヴォットーミュゼット・・レッスン回数2回 半月
 サラバンド地獄の後、一回目のレッスンで特に直すところはない、
 と言われた(笑)あと1回やって高速終了となった。
 

・ジーグ・・レッスン回数13回 3ヶ月半
 フランス組曲で散々苦労してきた苦手なジーグ。。。
 覚悟して挑んだ。やっているうちにどんどん好きになった曲。
 終曲なので とことんまでやろう、と粘って粘って取り組んだ。
 苦手な部分は克服できなかったが、ジーグらしく弾けて良かった。
  

・・・サラバンドは思う様な演奏が出来なくて音源アップできなかったな。。。

しばらくバッハはお休みです。(つ∀-)オヤスミー

         

Comment:2
2018
08.31

ひとりグランド練習会 ^^) _旦~~

 グランド練習室に行ってきました。

今回はお久しぶりのKAWAI。
まず最初はバッハ・・・ではなくて、ベートーヴェン(笑)
11月の本番に向けて仕上げ段階に入ったところです。
暗譜・・は無理そうなので、譜捲りをしなくていいように
本番用の楽譜を作りました。・・と言ってもコピーして繫げただけ、、、
ピアノ友達はいつも色画用紙にコピーした楽譜を貼って綺麗に仕上げているんだけど、
私は5枚の楽譜コピーをセロテープでつなげただけ、という横着ぶり発揮(笑)
譜面台に並べると端の方の楽譜は見にくいのが。。。だけど。
縮小コピーすると見えないからなぁ~~(;^_^A 老眼&ド近眼・・

まあ何とか大丈夫そうでした💦
最初に通しで弾いて、弾きにくい部分を部分練習。
レッスンでの課題、自分はどう弾きたいか?を考えながら練習。
やっぱり連続和音のところで音楽が停滞しちゃうのよね・・
和音もメロディを歌わせるようにすると良いみたい。

続いて、自主練曲の譜読み。
(まだ楽曲分析らしき記事を作っていないのだが💦)
ベトソナかっこう3楽章、昔習ったもののすっかり忘れていた・・
なので一から譜読み。始めて2週間位?
前半は大分覚えられたけど、中間部以降がまだあやふや。。。
チャイコフスキー四季・5月は前半だけ譜読み。
中間部のロ短調の部分が好きなんだけど、ここは難しい。。
片手ずつ譜読みしないと~~~!!

イギリス組曲ジーグも終了記念(?)に何度か弾いて録音してみた。
最後まで苦手部分は克服できなかったけど、
それなりにジーグらしく弾けるようになって良かった。

ショパンバラード。最近は99小節目から練習している。
レッスンもここを集中レッスン中だし。
自分に最適なポジションを考え、その場所を覚える・・
という作業を1ヶ月以上続けている。ようやく少し覚えられたようで♪
本当に亀の歩みなんだけど、それでも取り組めることが嬉しくて。
地道練習を続けます~~!!

その後、発表会候補曲を少し弾いてみた。
まだ決めかねているけど。。。次のレッスンで決定する予定。
そして、もう一度取組中の曲を一回ずつ弾いて終了。

帰りはお決まりのコース♪
カフェでランチ&反省会(*^^)v
・・いつまでも~~ι(´Д`υ)アツィー~ので気合いが入らないけど、
いい気分転換になりました。


続きを読む
Comment:0
2018
08.30

レッスン2018#30(*^^)v

Category: レッスン
 レッスンに行ってきました。

*バッハ/イギリス組曲第3番ジーグ*
あまり練習できなかった。
弾き始めるが出だしの数小節でつまづき、もう一度最初から弾き直した。
あまり良い出来ではなかったが、ジーグらしく弾けるようになったので合格。
これで、イギリス組曲第3番は無事(?)終了~♪

*ベートーヴェン/ソナタOp.78 1楽章*
一通り弾いた後、より良い演奏にするために見直し。
序奏、少し音量が大きすぎたようだ。小さく綺麗な音で弾く。
この4小節の序奏で、惹きつけられる魅力的な演奏かどうかがわかる。
細かい音符を美しく、ため息の様に。
第1主題、フレーズの始めは後拍。ガツンと音を出さないこと。
各フレーズの繋がりを自然に。
和音で停滞しないように、音楽が前に進んでいくように弾く。
第2主題、pであることに注意。優しい音で弾く。
展開部に向けて、16分音符音型は流れるように弾く。
再現部、fとpの連続和音はメロディが聞こえてくるように。
ただ音を鳴らすのでなく、表情をつける。

*ショパン/バラードOp.52*
99小節より譜読みレッスン。
拍で息が入らない様、流れるように弾く。
右手は良くなったようだ。左手は素早く次のポジションへ移動すること。
主に、左手をポジションごとに見直した。
121小節~、フレーズの出だしを忘れないこと。

ジーグが合格した。1年以上取り組んだイギリス組曲第3番はこれで終了。
難しく時間がかかったのは、プレリュード・サラバンド・ジーグ。
難しかったが、とてもいい勉強になった。
またいつか他のイギリス組曲にも挑戦したいな~(#^.^#)
テレーゼが終了するまでバッハはお休み。
次回から発表会の曲に取りかかる。発表会の曲候補は3曲。
どれにするかまだ決めかねているけど。。次のレッスンで先生に相談するつもり。
テレーゼはだんだん曲らしくなってきた。11月の本番に向けて頑張ろう~♪
ショパンも前進。少しずつだけど、その少しの進歩が嬉しい♪



Comment:0
2018
08.27

長調の曲♪Beethoven

Category: 調性とピアノ
🎆夏休み最後に・・もうひと踏ん張り(笑)
  ~~Beethoven 長調のピアノ曲編~~♪

 ☆参考/PTNAピアノ曲事典
♬ピアノ協奏曲♬
 第1番 Op.15 ハ長調(C-dur) 第2番 Op.19 変ロ長調(B-dur) 
 第3番 Op.37 ハ短調(c-moll) 第4番 Op.58 ト長調(G-dur) 
 第5番 Op.73「皇帝」変ホ長調(Es-dur)

♬ピアノソナタ♬
・ハ長調(C-dur) ⑩
 第3番Op.2-3 1・3・4楽章、第4番Op.7 2楽章、第10番Op.14-2 2楽章、
 第16番Op.31-1 2楽章、第21番Op.53「ワルトシュタイン」 1・2楽章、
 第32番Op.111 2楽章、やさしいソナタWoO.51
🎶ソナタOp.2-3
 
・・・癖になる、ちょっと変わった(ヘンな)曲シリーズ① 爆
<#系の曲>
・ト長調(G-dur)# ⑨
 第10番Op.14-2 1・3楽章、第16番Op.31-1 1・3楽章、第19番Op.49-1 2楽章、
 第20番Op.49-2 1・2楽章、第25番Op.79「かっこう」 1・3楽章
🎶ソナタOp.31-1
 
・・・癖になる、ちょっと変わった(ヘンな)曲シリーズ② 爆
・ニ長調(D-dur)## ⑧
 第2番Op.2-2 2楽章、第7番Op.10-3 1・3・4楽章、
 第15番Op.28「田園」1・3・4楽章、「選帝侯ソナタ」WoO.47 3番 
・イ長調(D-dur)### 
 第2番Op.2-2 1・3・4楽章、第28番Op.101 1・3楽章
🎶ソナタOp.2-2
 
・・・癖になる、ちょっと変わった(ヘンな)曲シリーズ③ 爆
・ホ長調(E-dur)#### ⑥
 第3番Op.2-3 2楽章、第9番Op.14-1 1・3楽章、
 第27番Op.70 2楽章、第30番Op.109 1・3楽章
・嬰へ長調(Fis-dur)###### ②
 第24番Op.78「テレーゼ」 1・2楽章
<♭系の曲>
・へ長調(F-dur)♭ 
 第1番Op.2-1 2楽章、第6番Op.10-2 1・3・楽章、
 第22番Op.54 1・2楽章、第28番Op.101 2楽章
🎶ソナタOp.54

・変ロ長調(B-dur)♭♭ ⑥
 第11番Op.22 1・3楽章、第17番Op.31-2「テンペスト」2楽章、
 第29番Op.106「ハンマークラヴィーア」1・2・4楽章
・変ホ長調(Es-dur)♭♭♭ ⑫
 第4番Op.7 1・3・4楽章、第11番Op.22 2楽章、第13番Op.27-1 1・3楽章、
 第18番Op.31-3 1・3・4楽章、第26番Op.81a≪告別≫1・3楽章、
 「選帝侯ソナタ」WoO.47 1番
・変イ長調(As-dur)♭♭♭♭ ⑧
 第5番Op.10-1 2楽章、第8番Op.13≪悲愴≫2楽章、
 第12番Op.26「葬送」1・2・4楽章、第18番Op.31-3 2楽章、
 第31番Op.110 1・3楽章
・変ニ長調(Des-dur)♭♭♭♭♭ ②
 第14番Op.27-2「月光」2楽章、第23番Op.57「熱情」2楽章

☆ベートーヴェンの長調ソナタは32曲中23曲。
調性では、ハ長調ー2曲(3番、ワルトシュタイン)、
ト長調ー4曲(10番、16番、20番、かっこう)、ヘ長調ー2曲(6番、22番)、
ニ長調ー2曲(7番、田園)、変ロ長調ー2曲(11番、ハンマークラヴィ―ア)、
イ長調ー2曲(2番、28番)、変ホ長調ー4曲(4番、13番、18番、告別)、
ホ長調ー2曲(9番、30番)、変イ長調ー2曲(葬送、31番)、
嬰へ長調ー1曲(テレーゼ)  です。
ト長調#と変ホ長調♭♭♭が4曲、と少し多いです。

私が好きな曲は、色んな調性に程よく散らばっていて、
短調のように偏り(ハ短調に集中)はないように思いました。

☆ソナタ以外の長調曲も少し挙げておきます。
 ♬ロンド♬
・ハ長調ーロンドWoO.48、2つのロンドOp.51-1 
・ト長調―2つのロンドOp.51-2、ロンド・ア・カプリッチョOp.129
・イ長調ーロンドWoO.49
🎶ロンド・ア・カプリッチョOp.129(なくした小銭への怒り)
  
・・・癖になる、ちょっと変わった(ヘンな)曲シリーズ④ 爆
 この曲知っていましたが、こんなタイトルだったとは。。。
 もう「小銭がなくなって怒り狂っている」ようにしか聞こえなくなった💦

♬ソナチネ♬
・ト長調ーソナチネAnh.5(1)
・ヘ長調ーソナチネの2楽章WoO.50、ソナチネAnh.5(2)
♬前奏曲♬
ピアノまたはオルガンのための全長調にわたる2つの前奏曲Op.39
♬ワルツ♬
・変ホ長調ーワルツWoO.84 ・ニ長調ーワルツWoO.85    
♬レントラー♬
・ニ長調ー6つのレントラーWoO.15、7つのレントラーWoO.11
♬メヌエット♬
・6つのメヌエットWoO.10 ・変ホ長調ーメヌエットWoO.82
♬エコセーズ♬
・変ホ長調ーエコセーズWoO.23、6つのエコセーズWoO.83、
      エコセーズWoO.86
🎶6つのエコセーズWoO.83
 
・・・超苦手曲・・💦これも癖になる( 変な) 曲 爆
♬バガテル♬
・ハ長調ー「楽しいー悲しい」WoO.54
・7つのバガテルOp.33 ・11のバガテルWoO.119
・6つのバガテルOp.126 
♬その他のピアノ独奏曲♬
・変奏曲(21)・・ディアベリの主題による33変奏曲Op.120 etc.
・12のドイツ舞曲WoO.13 ・ハ長調ーポロネーズOp.89
・12のコントルダンスWoO.14 ・イ長調ードイツ舞曲WoO.81 etc.
🎶アンダンテ・ファヴォリWoO.57(ヘ長調)
 「ワルトシュタイン」の2楽章として作曲された曲
  
 ・・この曲好きです♪

追記♪
・・・ベートーヴェンの癖になるちょっと変な曲(失礼やけど・・🙇💦)って、
   2拍子系の長調曲が多い気がする。



Comment:2
2018
08.23

レッスン2018#29(;^_^A

Category: レッスン
 レッスンに行ってきました。

*バッハ/イギリス組曲第3番ジーグ*
一通り弾いたあと見直し。
課題だった後半左手で2声部を弾く部分は良くなったようだ。
各声部の音楽の流れが聞こえてくるように弾く。
各声部ごとに前の音の重みで次の音を弾いていく。

*ベートーヴェン/ソナタOp.78 1楽章*
一通り弾いたあと、仕上げに向けての見直し。
右手、左手それぞれの音楽の流れを止めないように弾く。
特に左手。右手の陰になりいい加減になりやすい。
音を全てつなげていく。縦のラインを揃える。

*ショパン/バラードOp.52*
100~107小節の集中レッスン。
右手、左手それぞれ最適なポジションで弾く。
ただ音を鳴らすだけでなく、音の向かう方向をよく観察。
欲しい音が出る場所で弾くこと。

お盆明けのレッスン。
ちょっと気が抜けていたが、レッスンに行くとまたやる気が出た。
バッハはジーグをあと1~2回取り組むことにした。
ジーグ終了後は発表会の曲に取り組むことに決めた。
なので、平均律はベートーヴェンが終了するまでお休み。



Comment:0
back-to-top