FC2ブログ
2018
09.29

練習記録♪バラードOp.52③

Category: バラード
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

2018
09.28

ひとりグランド練習会 (*^^)v

 グランド練習室に行ってきました。

今回はYAMAHA。
楽譜は、テレーゼとバラード集&モツソナ集を持っていきました。

最初はベートーヴェン。
本番用の楽譜を作ったので、それを見ながら通しで1回弾きました。
モツソナ330終了後から習っているので、もう8ヶ月位取り組んでいるのかな。
最近は、1回目から止まらず最後まで弾けるようになってきました。
自分の思い描く「テレーゼソナタ」のイメージにも近づいてきた感じ。
通しで弾いた後は、レッスンで言われたことを思い出しながら部分練習。
その後、一度だけ録音をしました。

次に、ベトソナ繋がり(?)で自主練のソナタOp.79 3楽章を弾いてみました。
あまり練習していなくて。。。すごい適当やし。
通しで弾いてばかりだったので、当然弾けないところが多数・・・
これ、部分練習しないと仕上がらないわ。どうするかな~~
(・・実はこっちより「四季」をやりたいのだが、、、
 「四季」は1ヶ月位全く弾いていないけど。。どうする??)

ショパンバラード。
今レッスン中の課題部分から練習。
レッスンで譜読み間違いが判明したので修正中。。
(先生はわかっておられたようだが、弾き方を覚えることを優先されたみたい)
中間部分最後まで練習して、そこから前に戻って部分練習。
最後に習っているところまで通しで弾いて録音もしてみた。

モーツァルト。
現在、昔の悪い弾き癖を修正中。
これがなかなか大変で。。。(;^_^Aゆっくり、ゆっくり、部分練習。
提示部~展開部をテンポアップして弾くと・・あちこち粗が。。。
地道にコツコツ、やるしかないです・・・(´;ω;`)

残り時間30分で、テレーゼの演奏動画を撮ってみた。
デジカメだから音質は悪いけど、自分の弾き方を見るために。
最後にもう一度バラードを弾いて終了~♪


続きを読む
Comment:2
2018
09.27

レッスン2018#34(#^.^#)

Category: レッスン
レッスンに行ってきました。

*ベートーヴェン/ソナタOp.78 1 楽章*
まずひと通り弾く。最後の左手パッセージがグダグダになったが、
何とか最後まで弾いた。
手が慣れていない状態でここまで弾ければ上等ですね、とのこと。
本番までまだ1か月半あるので、
もっと魅力的な演奏にするための見直しをしていった。
序奏。自分のイメージとしては、豊かで綺麗な温かい音色で、
その後どんな世界が始まるのか、と期待させるように(?)弾きたいのだが・・
全体的には良いみたいだけど、3小節目のトリルが素っ気ない、と。
ここと次の4小節目はとても美しい部分、
簡単に弾くと勿体ないので、歌うように、溜めて、オシャレに弾く。
・・こーゆーのは難しいんだけど、何度も色々試してみた。
提示部。フレーズ2(8小節最後)に入る前の左手の弾き方が大切。
前の音からの繋がりをよく聴き、前の音の重みを移して次の音を弾く。
雑に弾かない。小さな音で美しく。
18小節の右手16分音符音型は、1音目のド(ダブル#)が聴かせどころ。
美しく、少し溜める。
28小節の和音はfで。綺麗なfの出し方を教えてもらった。
展開部はほぼOK。再現部は提示部と同じ部分を注意すること。
問題は最後の左手16分音符音型。
焦って弾いてしまうので、グダグダになりやすい。
部分練習の仕方を教えてもらった。

*ショパン/バラードOp.52*
いつもの部分の譜読みレッスン。
108~111小節のシンコペーションのリズムがおかしい、と。
正しいリズムより早く左手が入っていた!
どうも、自分が思っているより早く音が鳴っていたみたい。
ちゃんと音を聴いてリズムを正しくすること。

*モーツァルト/ソナタOp.333 1楽章*
昔の弾き癖が抜けなくて苦戦中。。。
ということで、最初から弾き方を見直していった。
前回言われた、右手のフレーズに沿って弾くことに関しては
特に何も言われなかった。
9小節目の指使いを変更してまだ馴染んではいないけど、
これは慣れれば大丈夫そう。
次の問題点は12~14小節右手。
ここは、和音ごとのポジションに分けて練習して最後に繋げて弾いた。
これも慣れれば大丈夫かな。
18小節と20小節の右手、21小節の左手は弾く位置をよく考える。
手が楽で綺麗な音が出るところで弾く。親指は指先で軽く。
とにかく、ゆっくり丁寧に見直して最適な弾き方を覚える。
そうすれば、速く弾いた時に前の悪い弾き方が出てきても修正できるそうだ。
地道にぼちぼちやろう~~

今回もいろんな発見がある、有意義なレッスンだった。
地道にコツコツやっていこう~~(=゚ω゚)ノ



Comment:0
2018
09.26

標題あれこれ・・⑤Σ(・ω・ノ)ノ!

 <ロマン派>~1890年頃まで<近現代>1890年以降
*西洋音楽史の時代の区切りはキッチリ決まっているわけでないので。。。
 面倒なので(笑)まとめていっちゃいます~~( ̄^ ̄)ゞ


<フランス>
♬アルカン♬ (1813~1888)
☆ショパンやリストと同じ時代を生きた。超絶技巧曲の作曲家???
鉄道:練習曲Op.27 ・・・は、速っっ(@ ̄□ ̄@;)!
♬ビゼー♬ (1838~1875) ☆代表曲「カルメン」
・子供の遊びOp.22(連弾曲)
♬サン=サーンス♬ (1835~1921)
☆「動物の謝肉祭」
・カナリアのワルツ  ・かわいいワルツ  ・のんきなワルツ
・物憂げなワルツ   ・愉快なワルツ  ・・ワルツシリーズ??
♬シャブリエ♬ (1841~1894)
・10の絵画風小品 6「牧歌」 10「スケルツォ・ワルツ」が人気。
 
♬フォーレ♬ (1845~1924)
☆三大レクイエム(モーツァルト、ヴェルディ、フォーレ)
 ピアノ曲多数。ノクターン11作品、舟歌13作品など。

・組曲「ドリー」Op.56(連弾曲)
・シシリエンヌOp.78(ピアノ独奏曲版)
月の光Op.46-2(ピアノ独奏曲版)

♬ドビュッシー♬ (1862~1918)
☆印象派 性格悪し?!
・映像第1集 水の反映、ラモーを讃えて、運動
・プレリュード(前奏曲)集Ⅰ 亜麻色の髪の乙女、沈める寺 等
 その他、喜びの島、ハイドンを讃えて、レントより遅く 等多数。
・12のエチュード
 1-5本の指のための(チェルニー氏による)チェルニーへのオマージュ
 

♬サティ♬ (1866~1925)
☆ヘンなタイトルの宝庫(笑)変人だった???
・子供の曲集Ⅲ迷惑な軽い罪 大きな頭の友人という存在をやっかみ
              彼のジャムパンを失敬して食べてしまう
              足のまめを理由に輪回しの輪を頂戴するために
・コ・クオの少年時代(母親の忠告)
              ココアを指につけてなめちゃだめよ、
                 耳もとでコソコソ話してはだめよ、
                 頭の上に手をのせるのはよしなさい、
   ・・・サブタイトルが何とも。。。爆

 
♬ラヴェル♬ (1875~1937)
☆やはり「ボレロ」かな?
・夜のガスパール オンディーヌ、絞首台、スカルボ
・クープランの墓
・マ・メール・ロワ  ・・など多数。

♬プーランク♬ (1899~1963)
☆名前を見て思ったこと
  その1「しりとり」 ・・プ、プーランク ・・ク、クープラン( ̄▽ ̄;)
  その2「名前を間違えるおばちゃん」 ・・プ、プークラン? ク、クーランプ??

・15の即興曲 10・音階賛美  ・・な、なんて美しい音階なんだ!!???
       12・シューベルトを讃えて 可愛らしい曲でした
 ♪エディットピアフを讃えて
 

♬メシアン♬ (1908~1992)
・鳥のカタログ 1~7巻

★この時代の流行りなのか、作曲家へのオマージュ的な曲が多い??

・・・標題(タイトル)、他にもまだまだありますが・・
         これで一旦終了。小休止とします<(_ _)>




Comment:6
2018
09.23

ピアノ音楽史(音楽書)

Category: 楽譜 音楽書
先日神戸に出かけた際、久しぶりにYAMAHAに立ち寄ってきました。
目的は、ベートーヴェン「アンダンテ・ファヴォリ」の楽譜と、
ショパンバラード4番の楽譜を見ることでした。

「アンダンテ・ファヴォリ」は、元々はワルトシュタインの2楽章として作曲され、
ベートーヴェンがお気に入りでよく弾いていたことから、
「お気に入りのアンダンテ=アンダンテ・ファヴォリ」
と呼ばれるようになったとか。
ヘンレ版ピースは置いてなくて、ウィーン原典版(・・だったか?確か)の
ベートーヴェンピアノ曲集に収録されていました。
楽譜を見たところ、私にはちょっとしんどいかな?と思われる、
両手の連続オクターヴ和音部分があったため、弾くのはちょっと・・
・・ということで、今後も聴いて楽しむことにしました。

バラード4番は、版により違う部分が多いので(エキエル版を使っている)
家にある楽譜(パデレフスキ、エキエル、コルトー版)以外の楽譜を確認しました。
ウィーン原典版は、エキエル校訂なのでエキエル版とほほ同じ、
ヘンレ版はパデに近い?(じっくり見ていないので定かではない)
いつも聴いている演奏に近い版に変更するか迷いましたが、
結局、エキエル版の通りに弾くことにしました。

それから店内をウロウロ。。。音楽書のコーナーへ。
ふと目に付いたのが、「すぐわかる!4コマシリーズ」え??何??
4コマ漫画つきの西洋音楽史シリーズでした。
実は~~好きなんですよね♪音楽史(^^♪
手に取ってパラパラめくると、各ページに4コマ漫画が!!
バッハやモーツァルト、ベートーヴェンなどが登場してます(^^♪
4コマ漫画が面白そうだったので(笑)またしても買ってしまいました( ̄^ ̄)ゞ
 👇こんな本です♪
 DSCN0830_convert_20180923174124.jpg
「すぐわかる!4コマピアノ音楽史」
「4コマ西洋音楽史」も面白そうだったけど、やっぱりピアノよね~・・ということで(笑)
 ピアノの誕生から古典派編、ロマン派から20世紀編の2冊。
 ピアノの歴史が楽しくわかる!・・そうだ(笑)
 文章も読みやすくわかりやすいけど、何といっても4コマ漫画!!
 実は~漫画も大好きなので(笑)しかも!登場人物がクラシックの作曲家やし(笑)
 ・・ということで(??)4コマ漫画の一部を紹介~

DSCN0832_convert_20180923174300.jpg
☝「クラヴサン芸人クープラン」(笑)
 タイトルを調べて記事にしたので・・超ウケました(笑)

DSCN0834_convert_20180923174343.jpg
☝「ハイドンの部屋で」ハイドンとハイドンの教え子シリーズ
 おちゃめなハイドンがツボ(笑)オヤジギャグが。。ダジャレ連発(笑)

DSCN0831_convert_20180923174550.jpg
☝「シューマン夫妻とピアノ」
 ・・・この、窓の外のブラームスが~~~爆

・・・他にも、バッハやベートーヴェン、リストとかツボでした(笑)


Comment:4
back-to-top