FC2ブログ
2018
09.11

決定~(=゚ω゚)ノ♪♪

Category: ピアノ
来年の発表会曲が決まりました。

過去3回の発表会曲は、ショパンの短調の曲でした。
(大洋、バラード1番、ポロネーズ1番)
来年は”自分に合った曲”を選ぼうと思い選曲開始。
”自分に合った曲”・・やはりモーツァルトだなぁ~と思い、
先ずやったことのない曲から探しました。
モーツァルトは、8番以降のソナタはほとんどやったことがあり、
ソナタ以外の曲も幻想曲やロンド、アダージョなど好きな曲は習ったことがあって・・
やっていない曲だと、短調ソナタ(8番、14番)の2楽章、7番と10番の3楽章、
6番「デュルニッツ」1楽章、ロンドイ短調は今後習いたいと思っていますが、
2楽章は発表会向きでないし、7番と10番もいまいちかなぁ~と。
「デュルニッツ」は交響曲ぽく華やかなんだけど、すごく弾きにくいし。。
ロンドは・・長いし、何となく今はやりたくないし。
♪ソナタK.284 1楽章

♪ロンドK.511


・・ということで、やったことのある曲から選ぶことに。
ソナタK.310、K.457、幻想曲K.475・・と、最初に浮かんだのは短調の曲。
やっぱり短調の曲が好きなんだよね~(o‘∀‘o)*:◦♪
特に、幻想曲ハ短調とソナタ14番3楽章~♪
♪ソナタK.457 3楽章


一瞬(?)K.457 3楽章にしようかと思ったけど、4年連続短調曲かぁ・・( 一一)
やはり来年は長調の曲にしよう!!
・・ということで(笑)やったことのある長調の曲から選ぶことに。
2楽章以外の曲から3曲を候補曲として選びました。
「ソナタK.333 1楽章」「ソナタK.333 3楽章」「ソナタK.311 3楽章」
長調の曲で一番好きなのがK.333 1楽章 なんだけど、
この曲は普段遊び弾きすることが多くて、ヘンな癖がついてて直すのが大変かも。。
という心配があって、昔習ったきり弾いていない3楽章のどちらかで
先生に相談することにしました。
(K.311 3楽章はK.333が無理そうな場合の予備曲?として。)
♪ソナタK.311 3楽章

♪ソナタK.333 


十何年かぶりにK.333 3楽章を練習して少し弾けるようになったので、
レッスンで先生に相談しました。(K.311の楽譜は持っていかず)
ベトソナのレッスン終了後、先生が「モーツァルトは?」Σ(・ω・ノ)ノ!
 いやいや、待ってください(笑)古典連続2曲はしんどいので~~( ̄▽ ̄;)
先にショパンのレッスンをお願いしました(笑)。
その後、モツソナ333の楽譜を取り出し1楽章の提示部までを弾きました。
すると・・・「いいじゃないですか。」
「(フレーズの取り方等)おかしいところもないし。これにしましょう。」
・・と、先生即答~~!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
 いやいや、待ってください(笑)せっかく練習したので~~( ̄▽ ̄;)
3楽章を少しだけ弾きました。
すると・・・「3楽章もいいですね。2拍子感があります」
「2拍子なので、かなり速く弾かないといけませんね。」
3楽章は、ページ数が多く16分音符音型の速いパッセージも多く、
本格的なカデンツァがついているのです。
この曲らしく仕上げるのはちょっと大変かもしれない。。。
1楽章の方がメロディが綺麗で仕上げやすい ということで、
「ソナタK.333 1楽章」 に決定しました~~!!( ̄^ ̄)ゞ

今回は、”モーツァルトらしく仕上げること” を目標にトライします。
早速、次回からレッスンが始まります。
先生には、常に”呼吸と歌”を忘れないように言われています。
11月までベトソナ&モツソナ、古典2曲(しかも、2曲とも長調)になるので、
間に癒し(笑)のショパンバラードを挟みながら、
レッスンしていただこうかと思っています。
(正直、ベト&モツはキツイです。。。)



Comment:4
back-to-top