FC2ブログ
  大人になってピアノ再開しました
2019年♪自主練<1月>
2019年01月31日 (木) | 編集 |
1月の自主練曲は「アラベスク1番」でした。
今年は、再び”1ヶ月1曲”のパターンに戻しました。
やはり1ヶ月では人前演奏できる位には仕上げられませんね。
でも1ヶ月1曲で続けていきますよ~~(笑)

今年は、ブログを始めた年に音源アップした曲に、
再び挑戦していくつもりです。
ブログを始めて良かったことのひとつが”音源アップ”です。
自分の演奏を客観的に聴くことは大切ですね。
弾いているときには気づかなかったことがわかり、
改善点を見つけてレベルアップに繋げることもできます。
自分自身の成長を知ることもできるかな?
反対に、以前の方が良かった・・なんてこともありますが(笑)

今回の「アラベスク1番」は、以前の演奏の方が良かったやん。。
。。などと思ってしまいました(;^_^A
4年前の演奏も粗だらけでしたが、今回の方が酷いです。。
何がって、3連符がね、ガタガタなんですよΣ(´Д`lll)エエ!!
めちゃくちゃ汚い・・カクカクしてるし。粒がバラバラやし。
右と左でひとつのラインにする部分が寸断されてます。。
これ、アラベスクになってないやん💦・・と思いました。
原因は、部分練習しなかったことと、
アップで音を出して弾かなかったことだと思います。
住宅事情で弱音ペダルを入れて練習することが多いのですが、
そういえば、一度も音を出して弾いていないーことに気が付きました。
 ・・せっかくのグランドだったのに。。勿体ないわ~~
中間部はまだましかな、と思えたことが救いでした(笑)
そんな粗だらけの演奏ですが、自分の記録としてアップします<(_ _)>

 <♬ドビュッシー/アラベスク1番♬>
  


 これで懲りずに(笑)来月も続けますよ~~٩( ''ω'' )و

[READ MORE...]
練習記録♪バラードOp.52⑦
2019年01月31日 (木) | 編集 |
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請


ひとりグランド練習会(*^^)v
2019年01月31日 (木) | 編集 |
 グランド練習室に行ってきました。

今回もYAMAHA。
トップはモツソナK.333 1楽章。
まず通しで弾いてから部分練習。
フレーズ通りにポジションを覚える段階に戻ってやり直し中です。
ゆっくり弾くと大丈夫なのに、テンポを上げると昔の癖が出る・・
・・まだ改善されていません。
弾きにくい部分は指使いを変更しました。
まだ定着していませんが💧
試行錯誤しながら、後退しながら、前向きに(笑)取り組んでます。

自主練曲アラベスク1番。
部分練習をほとんどやっていなかったのでガタガタ。。。
これも昔の悪い癖のまま弾き続けていたので、、、
今回は見なおすことは出来ませんでした。
とりあえず今回で終了します。

バラードOp.52。
序奏ー主題1提示、主題1の変奏部分を部分練習。
まだポジションがはまっていないのでよく間違えます。。。
その後中間部分まで通しで弾いてみました。

モーツァルトに1時間。残りの1時間でアラベスクとバラード。
なので、平均律は出来ませんでした。また次回に。。。



[READ MORE...]
つぶやき
2019年01月30日 (水) | 編集 |
 大人になってレッスンを再開した時
「弾きたい曲はありますか?」と聞かれて、
「モーツァルトのソナタをやりたいです!」と答えた変わり者の私。。
普通?というか一般的に?なら、もっと有名な曲を挙げるんだろうな。
「幻想即興曲」とかさ・・
モツソナ好きは再開して20年近く経った今でも変わっていない。

何年か前のことだけど、
バッハが好きでバッハだけレッスンを受けられている方が、
モーツァルトをやりますか?と聞かれ、
「モーツァルトは深みがないので面白くない(だからやらない)」
 と言われたそうだ。

「深みがない」
・・そうなんですかね?一般的には? そうかもしれないけど・・
・・深みって?何なのでしょうか???

今、ソナタに取り組みながら、
 ふとその言葉を思い出すことがあります。





楽に効率よく・2
2019年01月27日 (日) | 編集 |
自分が思い描く速いテンポで弾くとは・・?
それは、力任せに無理矢理速く手を動かすことではないと思います。
自分が思う様に歌わせるためには・・?
歌わせるつもりで鍵盤を押さえつけたり指を浮かせたり手首を回したり・・
自分が思っているほど音色に変化は出ていない。。。反省・・( ̄▽ ̄;)
手や腕が痛くなるのは、弾き方が悪いから。
楽に効率よく美しく弾くためには、ポジションを覚える等、ゆっくり&部分練習が必要。
時間はかかりますが、結局それが近道なんですよね。

♪ソナタK.333 1楽章
K.333
*17~19小節
 前のフレーズはどこまでか?意識して。
 16分音符の拍の頭の音がメロディ(ファ・ソ・ラ・シ・・)
 20小節の1拍目、8分音符2つのシはそれぞれ性格が違う。音色を変える。
 小節線、拍子で区切ると縦刻みになる。要注意。
K.333
*展開部71~73小節 ヘ短調(Ⅴの同主調)
 ・右手は指くぐりさせないで弾く。親指とその他の指は別行動。
  1指で弾く音を省いてポジションを確認、覚える⇒
  ⇒同じ弾き方で1指を入れる。横にスライドさせるように弾く。
 ・16分音符を2個単位で刻まないこと。頂点の音から弾く。 
 ・左手、親指は同音連打の弾き方。5指と3指でメロディ(伴奏)
 ・73小節で音色が変化。鍵盤の下方向から手を持っていく。
K/333
*80~82小節
 フレーズの始めに注意。2個単位にならないように。
K.333
*再現部154~156小節
 ポジションが前後に移動する。鍵盤の位置を確認。
 親指に無駄な力が入らないように。指くぐりさせないで弾く。

♪平均律11番プレリュード
平均律11
*1~2小節
 で囲んでいる部分は途中で息が入らないように一気に弾く。
 親指は横に動く。そのまま次の鍵盤に移動
 左手は、まずレガートで弾いてポジションを覚え、
 同じ弾き方でノンレガートにする。 
平均律11
*7~8小節 
 同様に。左手は小指(黒鍵は4指になることも)が横に移動。

☆以前から何度も言われていますが、拍子で区切らない、
 拍子で指が浮いて息が入らないように注意することが大切です。
KIMG0143_2_LI_convert_20190127161945.jpg
例えとして、バイエルやブルグミュラーで実演されることがあります。
これは4分の4拍子ですが、拍子を縦に刻んでしまい、
1拍目(強)と3拍目(中)の前に息が入ってしまったり区切ってしまう
弾き方になることはよくあるそうで。。。
こうなると、音楽が流れなくなり縦刻み演奏になってしまうそう・・
その場合、拍の前の音と拍の頭の音を繫げるように弾くと良いそうです。
その部分だけを繫げる練習なども効果的です。

ソナタK.333もそうなんですが、
1拍目からフレーズが始まっている曲はあまりないように思います。
フレーズの始まりを意識する、拍子の前の音に注意する、
それだけで音楽が流れるようになる気がします。