FC2ブログ
  大人になってピアノ再開しました
練習記録♪バラードOp.52⑩<限定>
2019年06月29日 (土) | 編集 |
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請


2019年自主練♪<6月>
2019年06月29日 (土) | 編集 |
 早いもので、6月も終わり・・今年も半分過ぎたってことですよね!!

 ・・年々、時間が経つのが早い、と感じます。
 が、物覚えは悪くなっているようで・・・(^-^;
 最近譜読みのスピードが落ち、曲の仕上がりも半年~一年以上かかるという。。。
 じっくり取り組む方向でやっているのもありますが、、、それにしても・・(;^_^A


・・というわけで(?)1ヶ月では思うように仕上がりませんね。
元々、3ヶ月は弾き込まないと手に馴染まないタイプなので、仕方ありません。 
・・という言い訳は置いといて(笑)、
1ヶ月自主練として取り組んだソナタ「悲愴」3楽章は、
音源アップして終了とします。
いろいろとやらかしていますが(笑)、練習自体は楽しかったので良しとしよう!

 <ベートーヴェン/ソナタOp.13「悲愴」3楽章>
 ・今回は4度目の挑戦でした(笑)やっぱり「悲愴」はいいなぁ~♪
 ・楽譜に形式の分析(・・たいしたことは書いてません)や和音記号を書き、
  当時のレッスンを思い出しながら、
  フレーズを考え、ゆっくり練習をやりました。
 ・3連符やスケールがガタガタ、きちんと弾けていないのが気になります。
 ・3楽章は譜読み的にはそれ程難しくないと思いますが、
  すごく粗が目立ちやすい・・今回もあちこち粗が目立ってます💧
 ・冒頭の第1テーマ、左手がすごく苦手なんです。。
  習っていた時、何度もダメ出しされて、本番ではちゃんと弾けるように
  なったんですが。。今回、また変な弾き方に戻ってしまいました💧
  次にやる時は(いつやねん~笑)そこを重点的に練習しなくては!!

  

 ・・もう7月だよ~~~( ̄▽ ̄;)暑いの苦手。。。




練習中♪バッハ 平均律Ⅰ第11番フーガ
2019年06月28日 (金) | 編集 |
 現在取組中の平均律第1巻11番フーガ、
練習過程の記録として音源アップしておきます~♪
 
 <練習中♪バッハ/平均律第1巻11番フーガ>
 
・2回録音しました。
 1回目より2回目の方が、バスに登場するテーマ(主調 F-dur) が
 よく聞こえている気がします。
・27~30小節の右手で2声部を弾く部分は、アルトにテーマが登場するのだが、
 ソプラノの音量が控えめに出来なくて苦労している。。
 大きく出す方がまだ出しやすいかな・・
・本当は音質に変化を付けられればいいのだけど、それは難しすぎる💧
 まず片手で声部ごとに音量を変えることをクリアしたい。

 KIMG0311~2_LI

レッスンでは、一部分だけ取り出して見てもらっています。
時間をかけてやる予定。 ・・・いつまでかかるやら~~~💦

 フーガらしく、立体的に弾けるようになればいいのだが。。。




ひとりグランド練習会♪
2019年06月28日 (金) | 編集 |
グランド練習室に行ってきました。

 ♪ベートーヴェン/ソナタ「悲愴」3楽章
今月の自主練曲。
練習はぼちぼちやっていました。
まず、いつも通りゆっくり練習から。
それから通しで弾いて録音しました。
たくさん粗が目立ち、修正できないままですが、
これで終了にしました。

♪プーランク/エディットピアフを讃えて
ようやく通しで弾けるようになったところです。
・・といっても、中間部はまだ完全に覚えられていません💧
通しで弾いて、その後部分練習。
特に、中間部の練習をやりました。

♪ショパン/バラードOp.52
レッスンで取り組んでいる部分のみ練習しました。
前半と中間部は時間がなくて弾けませんでした。。

♪バッハ/平均律第1巻11番フーガ
テーマを出す練習。特に片手で2声部を弾く部分の練習。
音のバランスが難しい・・全部大きな音で弾くとガチャガチャ💧
細かい練習、一つずつ取り出し練習を繰り返しました。

今回一番練習したのはエディットピアフでした。
やっと、何とか曲に聞こえるようになったので嬉しくて・・(#^.^#)
メロディと内声・バスの音量の調整、
そしてペダルがとても難しい。。ペダルはよく分かりません💧

バラードはあまり弾く時間が取れなかったので、
次回は30分長くレンタルするのもアリか?と考えています。
一つの部分に集中すると、時間が過ぎるのが早いので。。(;^_^A


 ♬今回の録音♬
 <プーランク/エディットピアフを讃えて>
 ・やっと最後まで到達しました。譜読み終了かな。
   3ヶ月位かかりましたよ~~(;^_^A
 ・家で練習する時はメロディを歌いながら弾いていますが、
  練習室では声に出すのは控えました(笑)
 ・まだ左手が完全に覚えられていないので、途中迷うことも。。
 ・内声はできるだけ控えめに弾きたいと思っていますが、
  音量が出てしまうところもあります(^-^;
 ・今後は、もっと表情豊かに歌えるように出来れば、と思っています。
  ペダルはよく分からず踏んでいます。
  最後はソフトペダルを踏んでみました。
  




レッスン2019♮29
2019年06月27日 (木) | 編集 |
レッスンに行ってきました。

*ショパン/バラードOp.52*
いつものところから弾き始めました。
135~143小節、フレーズがわかるようにフレーズの始めの音は動きを止めて弾く。
162、163小節の左手はポジションを修正。効率よく。
169~190小節は次の段階へ。左手主体で右手和音を縦に合わせる。
右手と合わせた次の音を意識する。

*プーランク/即興曲第15番「エディットピアフを讃えて」*
今回は冒頭から。
出だしゆっくり弾き始めたところストップがかかりました。
プロの演奏を聴いたところ(パスカル・ロジェ)、
出だしは(内声が)同音連打のように聞こえるので、そのように弾くことに。
主旋律を歌わせていく。フレーズに沿って呼吸。
ポジションごとに効率よく弾くこと。

*バッハ/平均律第1巻11番フーガ*
テーマがはっきりわかるように弾く練習をしました。
テーマは最初主調であるヘ長調(このフーガはアルトから)、
次に属調ハ長調(ソプラノ)、そして主調ヘ長調(バス)という順番で登場。
調性の変化、バスに再び主調が表れることがよくわかるように弾くことが課題。
3声になる部分、バスのテーマが上手く出せませんでした。
原因は、テーマの手前の音で動きを止めずそのまま流れ込んで弾いているから。
テーマの前の音で動きを止め、呼吸してテーマの最初の音を弾くと良い。
また、テーマ以外の旋律は音量を小さくする、など、
よく音を聴いて部分練習すると良いそうです。

今回は「動きを止める」ことが大切だと思いました。
ただなんとなく弾くのでなく、細かい部分に気を配ること。
楽譜をよく観察することが大切ですね。
引き続き取り組んでいきます。