FC2ブログ
  大人になってピアノ再開しました
2020年01月19日 (日) | 編集 |
 プーランクのノクターン第1番を譜読み中です。
去年12月にピアフの本番が終わってからなので、ちょうど1ヶ月位。
ピアフは、慣れない現代曲だからなのか、楽譜に運指指示がないからなのか、
譜読みにすごく時間がかかりました。
今回のノクターンはピアフで少し慣れたからなのか、
ピアフよりは早く譜読みが進んでいるかな?

冒頭の楽譜はこんな感じ👇
KIMG0512_2_convert_20200119093721.jpg
*ハ長調の曲。曲の構成はピアフと同じ様な感じですね。
 メロディと伴奏、そして内声部。
 今回も運指は全く書いていない楽譜です。
 片手ずつ、1声部ずつ弾いてみて両手で合わせていく。
 指番号はその都度書き込んでいます。
 運指はレッスンで変更になったり、途中で変えたりしています。

まだゆっくり弾いています。
レッスンはまだ4回程なんですが、レッスンで毎回言われることが・・
「メロディを歌いながら、フレーズをよく読むこと」です💧
思うところあって「譜読みレッスン」を始めたのが3年程前。
譜読みレッスンを始める前よりは、譜読み段階でフレーズやポジション等
自分なりにいろいろ考えながら譜読みするようにはなりましたが、
ちょっと気を抜くと、以前と同じように譜読みしてしまいます・・
・・つまり、フレーズなどあまり考えず、ただ音を並べていくー
 ーこれは譜読みというより ”音読み” だと思っています。

今回も、音符を読むことばかりに気持ちがいってしまい、
ただ音を並べただけ、フレーズの区切りや声部の区別ができていない、
呼吸もない、棒読み状態の弾き方になっていたんです。
常に歌うことを忘れないようにしたいです。

KIMG0513_2_convert_20200119093738.jpg
*中間部。曲調がハ短調になりガラリと雰囲気が変わります。
 ここから不思議な響きや、突如予想外の和音が出てきたり・・と、
 この辺り、やっぱり現代曲やな~と思います。
 臨時記号も多い・・これで合っているのか?と思いながら譜読み中💧
 今は出来るだけプロの演奏を聴かないようにしています。
 楽譜の情報だけで譜読みしてみようかと思っていて。
 でも、音が?の部分は楽譜を見ながらCD等を聴いてもいいかもですね。

KIMG0515_2_convert_20200119095758.jpg
*後半。ここで、タイトルの「左で?いや右でしょ?!」の登場笑
 3段譜ですね。3段譜は初めてです。
 ・・なんやこれ?!ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3 ・・と言いたくなるわ~~
 特に、👆の下の3段譜なんですが・・・
 上段の最初にm.g.(左手)と指示が。
  m.g.(マン・ゴーシュ)・・左手 m.d.(マン・ドロアト)右手 フランス語

 そうか~~左手か、と、何も考えず左手で弾いてみたら。。。
 右手が低音部、左手が高音部、かなりのクロス!!!
  クロス地獄💀 拷問かいっっ💦
 弾きにくいけど、楽譜に書いてあるから・・と、
 素直な私(笑)はそのように弾いてレッスンへ。。。
 でも、先生から弾きにくいのでは?と言われ、
 上段は右で弾いて中段の2拍目は左で弾けばいいとアドバイスいただきました。
 身体が大きくて腕が長い方なら、楽譜通りにクロスで弾けると思いますが、
 私は背が低くて手が小さい、腕も長くないので・・
 そうか~~!そうやな。左やなくて右やな、と納得したという話でした(笑)
 因みに、下段譜は左手アルペジオで弾いて、
 2番目と4番目の同じ和音は弾けないから鳴っているつもりで弾いています。

 

2020年01月19日 (日) | 編集 |
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

2020年01月14日 (火) | 編集 |
🎹今年はベートーヴェン・生誕250年の記念イヤー  ということで、
去年末から勝手に盛り上がっております♪

普段あまりテレビを観ないので、
家事の時間や夜の隙間時間にCDをかけていることが多いです。
曲は専らクラシック。
モーツァルトのオムニバスCDや序曲集をかけることが多いのですが、
去年末からベートーヴェン率が高いです(笑)
最近は家にある交響曲ー全曲は持ってないのですが、
5番・6番・7番ばかり聴いています。

ピアノ曲は、ソナタ12~15番が収録されたCD(シフさん)を購入したので、
そればかり聴いています。
ピアノソナタ全曲CDbox(バレンボイム氏)もあるのですが、
こちら全く聴いていない。。。購入した頃よく聴いていましたが。
発表会後にソナタ「田園」をやる予定なので「田園」を聴いてますが、
「田園」はMDでずっとケンプ先生の演奏を聴いていたので・・
他のプロの演奏もいいけど、やっぱりケンプ先生の演奏が聴きたくて。

去年の夏体調を崩したころに、だましだまし使っていたコンポが壊れて
MDが全く聴けなくなってしまいました💦
昔、図書館やM先生のお薦めCDを借りてMDに録音していたものを
現在までずっと聴いていました。
ベートーヴェンは、ピアノ協奏曲やピアノトリオなど・・
ピアノソナタは、バックハウス、リヒテル、前出のケンプなど・・
もう聴けないんですよね~~(MDがね笑)
今はYouTubeで、色々な曲を簡単に聴ける便利な世の中なんですが、
やっぱりCDで聴きたいんですよね~~

・・ということで(笑)・・前置きながっっ
W.ケンプのベートーヴェン・ピアノソナタ全集を購入~♪
まだ届いていませんが ^^; 楽しみです♪ Amazon
そして、この際だから笑
ベートーヴェンのピアノ協奏曲やピアノトリオ(大公や幽霊が収録されてるもの)
順番に購入したいな~と思っています。
ベートーヴェンのピアノ協奏曲、ピアノトリオ、その他で
お薦めのCDがありましたら教えて下さいませ~♪



2020年01月11日 (土) | 編集 |
🎹今年はベートーヴェン・生誕250年記念イヤー 🎹

ソナタ第14番 Op.27-2「月光」
<第1楽章>
 Adagio sostenuto アダージョ ソステヌート
 嬰ハ短調(cis-moll) 2分の2拍子
 三部形式(不完全なソナタ形式)

*Si deve suonare tutto questo pezzo delicatissimamente e senza sordino
 この作品(楽章)全体は非常に柔らかく、ダンパーペダルなしで弾かれる。
 つまり、右ペダルを踏んで弾かれる。


第1部 提示部(1~23)
・導入 1~5小節
 左手和音、4つの音階的に下行する音が作っているのが発生的基本線
・第1主題 6~9小節 嬰ハ短調
 KIMG0496_2_LI_convert_20200111212857.jpg
 確保  10~15小節 ホ長調
・第2主題 16~23小節
 KIMG0498_3_LI_convert_20200111212921.jpg
第2部 展開部(24~42)
・前半 24~28小節 第1主題が展開
 KIMG0499_2_convert_20200111212954.jpg
・後半 29~42小節 3連符が展開 左手、長い持続低音
 KIMG0500_2_LI_convert_20200111213019.jpg
第3部 再現部(43~59)
・提示部の導入は省かれる。大体第1部・提示部と変わりない。
 KIMG0501_2_LI_convert_20200111213041.jpg
 KIMG0502_2_LI_convert_20200111213110.jpg
 KIMG0503_2_convert_20200111213148.jpg
コーダ 60~69小節 
 KIMG0504_2_convert_20200111213207.jpg

☆演奏について
 ・2拍子であることを忘れないこと。
  テンポは遅すぎない方が弾きやすく感じる。
 ・右手で2声部を弾くところ、9度の部分があるが、
  (8、16、18、45、52、54)
  昔習った時は右手は9度が届かなかったので、下の音を左手で取っていた。
  今は届くけれども、当時の弾き方で弾いている。
  59小節は今も届かないので、最初の#ファは弾いていない。
 ・同じフレーズが2度続く部分は、同じ様に弾かず変化をつける。
  (16~19小節など)
 ・主旋律を浮かび上がらせるように弾きたい。
  3連符は控えめに。バッハのように、各声部の流れを意識する。


     ・・という感じでしょうか。
      月末まで練習を続けたいと思います。



2020年01月10日 (金) | 編集 |
今年の前半は、本番演奏の予定が2回あります。

教室発表会ー4月下旬
地元の弾きあい会ー5~6月頃
発表会の曲は、ショパン・バラードOp.52 
弾きあい会は、プーランク・ノクターン第1番 を予定しています。

先ずは教室発表会。
今年は開催されない予定でしたが、諸事情により急遽開催となりました。
会場等が決まったのは12月中旬。
先生に連絡をいただいて、参加することにしました。
 ・・思えば、自分の中で出ないという選択肢はなかったな。
曲に取り組む期間が3ヶ月半位なので、
過去に習った曲・本番演奏した曲から数曲選びました。
 ・・短めの曲、よく弾いていた曲がいいかと思い、
 ショパンーノクターン2番、ワルツ7番、別れの曲、エオリアンハープ、革命、
 モーツァルトーソナタK.330 1楽章 を弾いてみて、
 最終的に、別れの曲か革命にしようと考えていました。


年明けのレッスンから発表会の曲に取り組むとして・・
さて、どうしようか・・と。
バラード4番はどうしようか、と悩んでいました。
実は、11月中旬にコーダのレッスンが終了となり気持ちが切れてしまって。。
取り組んで2年になる3月までは続ける予定でしたが、
発表会の曲とプーランクとバラード、3曲取り組むのはちょっと。。
どれもが中途半端になりそうで。
今年(2019年)でバラードは終わりにしようか?とも考えました。
でもね。。。自分の中で納得がいかなかった。
1年半以上取り組んできて、中途半端で終わりにすることが。

答えが出ないまま、去年の最終レッスン前・・
練習をしていてふと思い出したのが、先生の言葉
「弾けるところまで、途中まででもいいんですよ」
・・そうよね。それでもいいよね。
  やっぱり自分が弾きたい曲を弾くのが一番やわ。
  取り組むことに意義がある。

そう思って、発表会でバラードを弾くと決心しました(笑)
今、かなり必死で練習しています💧
敵は手強いです!一筋縄ではいきません・・
時々「ホンマに大丈夫か?」と不安になりますが、、、
でも楽しいです♪・・あまりに弾けなくて、時々落ち込むけど~~笑

気合いを入れるため(?!)グランド練習の回数を増やすことにしました。
発表会まで月2回は行きたいと思っています。
早速、今月1回目のグランド練習をしてきました。ひとりグランド練習会笑
2時間みっちりバラードの練習・・ではなくて、
最初は30分位ソナタ月光1楽章を練習してましたが~~ ええんかぃ(;^_^A
それから1時間半、バラードの練習をしました。
・・やっぱり、あまりにも弾けなくて悲しくなりましたが💧



♬一応録音もしたので、スタート地点の演奏として
 音源をアップしておきます。あちこち傷だらけです!
 コーダ前の連続オクターブ和音で音が分からなくなり・・💧
 (・・この部分は楽譜を見てないんです。対処法を考えないと)
 録音はそこまでです。コーダは玉砕しました・・☠
  やはり、一番の難関はコーダです。
  コーダ単独なら弾けても、曲の最後にあのコーダ。。。
  。。。かなりキツい。。。 どないするねんっ💦

 それと、録音レベルが何故だか高すぎて、
 すごいノイズ・・雑音が~~( ̄▽ ̄;) なんでやねん~
    ・・耳痛いで・・・なんでやねんっ( ;∀;)
 ・・そうそう、途中で咳込んでますが💧風邪やないです^^;
 部屋が乾燥してたのか?喉が急にイガイガしたのよ~~


 練習中♪ショパン/バラードOp.52⑬~199小節まで



 <追記>
 プーランク・ノクターンはまだ譜読み中。。
 中間部以降が???の嵐。。。
 それと、バッハはしばらくお休み💤