2017
08.03

ショパンワルツあれこれ( 一一)

Category: ワルツ
ショパンのワルツ、と言えば「小犬」「華麗なる大ワルツ」「別れのワルツ」~等
有名曲人気曲がたくさんありますよね。
ショパンワルツ中で一番好きな曲、と言えばやはり
子供時代の憧れ曲だった「ワルツOp.64-2」です~♪

子供時代はショパンの曲に殆ど縁がありませんでした。
やはりピアノといえばショパンです♪憧れ曲もたくさんありました。
大人になって最初に習ったショパンの曲はノクターン2番でしたが、
その後は「最初はワルツから~」と言われ何曲か習いました。
 今まで7曲習いましたが、14番遺作以外は人前演奏したことがありました。
ワルツの難しさは、左手。そして3拍子のリズム。
日本人は3拍子が苦手らしい・・先生によく「盆踊りになってる」と言われました💦
  話が少しそれますが、私が最も苦手な3拍子系の曲はジーグ・・
  バッハのフランス組曲で何曲か取り組みましたが、大苦戦。。
  8分の3拍子系の曲が苦手なんですよ~~~
  3拍子でもメヌエットはとても弾きやすいんですが。

さて子供時代の憧れ曲「ワルツOp.64-2」(#^.^#)
最初に買った楽譜は全音ピース
DSCN0592_convert_20170803100418.jpg 
定価150円!!・・時の流れを感じるΣ(゚Θ゚)
子供の時の先生の書き込みがありました。

大人教室時代は春秋社井口版を使っていました。
この楽譜はワルツ集とマズルカ集が収録されていて、
当時ちょっとお得♬な気がして買った記憶が・・
でも、マズルカは楽譜を観ながらCDを聴くことはしていたけど、
1曲も習っていないという~~Σ(´Д`lll)エエ!!

今はパデレフスキ版を使っています。
I先生に小犬(3回目の挑戦)を習った時も使いました。
今回自主練を始めて気がつきましたが、
昔習った時に使っていた春秋社版と違うところがありました。
全音 春秋社
*左が全音、右が春秋社。31~32小節ですが、
パで パでレフスキ
*パデレフスキ版は31~32小節が左、159~160小節が右。
全音、春秋社版では後半部分も同じですが、
パデレフスキ版は後半だけ2声部になっている。そして4番目の音ミに内声ソがない・・
DSCN0601_LI_convert_20170803100642.jpg DSCN0602_LI_convert_20170803100703.jpg
*左が春秋社、右がパデレフスキ版。中間部Piu lentoの86小節目。♮の位置が違う。。
こちらはずっと春秋社版のように弾いていたので、ちょっと違和感が。。
プロの演奏を聴いてみようと思います。

1ヶ月後音源アップを目標に練習します。。。(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー





関連記事

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top