2017
08.11

耳を澄まして"(-""-)"

Category: 日々の練習
以前は年に2回程大人教室時代のピアノ友達と練習会をやっていた。(通称ME会 笑)
メンバーそれぞれ忙しくなり、また、
レッスンを辞めてピアノから長く離れてしまった方もいて、
最近は集まる機会がなくなってしまったが。。

5年位前だろうか?ME会でピアノ友達に言われた。
「どうして目をつぶって弾いてるん??」
その時何の曲を弾いていたのか覚えていない。
また、本人目を閉じて弾いている自覚なし。。
目を閉じていたのはある部分だけだったと思うが・・たぶん、
その部分の音をより聴くため、鍵盤に触れている感覚をより感じるためだったと思う。

弾きあい会や練習会で、その演奏(音)を聴きたい、楽しみたいと思う時、
目を閉じて聴くことがある。
(そういえば、講師の方やI先生も目を閉じて聴いておられた。)
youtubeで演奏動画を観ることがある。
弾き方等参考になるけど、やっぱり私はCD派。
見ることに集中すると、音が聴こえてこないから。

「音をよく聴いて~」
どう練習すればいいのか?
音をより聴くためには目を閉じればいいのでは?と思い、
鍵盤感覚と音を頼りに弾いてみる。
・・でもさ~完全に手が覚えてて暗譜出来ていないと無理やん💦
全て目を閉じては無理でも、部分的練習にはいいかも。
また、楽譜を見ながら弾いている時も音に集中できる空間を作れば?と思い、
照明を消しカーテンを閉めて部屋を暗くして、
ピアノの上に置いた卓上ライトの光のみで練習。
(卓上ライトは年のせいで楽譜が見えにくくなったための対処策 笑)
すると、いつもより音に集中出来ている気がした。

先生の教えをヒントに、自分で考え、自分で創り上げていくことは楽しい。
・・たまに「遊び弾き」や「弾き散らかし」等、息抜きも必要だが 笑




関連記事

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top