2017
11.02

レッスン2017♭37(*^^)v

Category: レッスン
 レッスンに行ってきました。

*バッハ/イギリス組曲第3番アルマンド*
一通り弾く。基本の形はできたので、もっと曲想をつけていく。
1小節目左手の音形はもっと抑揚をつける。
2小節目の右手音形は1小節目左手と同じ形。同じように抑揚をつける。
同様に、各声部に現れる同じ音形を見つけて抑揚をつけていく。
声部の弾きわけは、はっきりキッパリと。

*ショパン/ポロネーズOp.26-1*
譜読みレッスン。
3~4小節、和音から次の和音への移動は無駄なく。点から点へ。
左手、4分音符の音は長く。メロディに合う様に伴奏(左手)を弾く。
50~65小節、メロディを歌わせる。アゴーギク重要。

*モーツァルト/ソナタK.330 1楽章*
初回レッスン。主に弾き方を見てもらう。
音価を正しく。両手をキッチリ合わせること。
スタッカートはどの様に弾きたいかレガートで弾いて、
それから音と音の間を開けてレガートの時と同じように弾く。

モーツァルトは基礎練習のために習うことにした。
ハ長調はとても弾きにくい。
鍵盤に添うように手の位置をいつもより低くすると上手くいくようだ。
少し先生に見てもらっただけで、音が全く変わったことにビックリした!
やはり弾き方は大切だ。音をよく聴いて効率よく弾く。
まだまだこれから。。。( ̄^ ̄)ゞ



関連記事

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top