FC2ブログ
2017
11.04

楽譜あれこれ・・・( 一一)

Category: 楽譜 音楽書
久しぶりに神戸YAMAHAに行ってきました。
今回は楽譜を購入するためでした。
現在取組中のイギリス組曲、終了したベトソナ27番は春秋社井口版を使っています。
井口版は輸入楽譜と比べるとお値段が手頃なため何冊か持っていて、
以前からレッスンで使っていたのですが、
バッハ等レッスンで原典版を使用するようになってから、
井口版は楽譜がゴチャゴチャしていて見にくい、と感じるようになりました。
・・全音標準版等もですが、昔ながらの日本の楽譜はスラーが多くて、
それが見にくく感じる一つの原因なのでは、と思っています。

私の先生は楽譜を指定されることはないので、家にある楽譜を持っていきます。
その楽譜で疑問に思うところがあると、先生が学生時代に使われていた楽譜
(私から見るとお宝です✨)を出してきて、照らし合わせて確認されます。
今回、ベトソナ27番でもある部分を確認するため、
年代物の輸入楽譜を出してこられました。(何版かは覚えていません。)
そして、井口版はスラーの書き込みが多すぎる、というような話になりました。
DSCN0641_convert_20171103193117.jpg DSCN0642_convert_20171103193141.jpg
 ♪春秋社井口版「バッハ集3」より イギリス組曲第3番サラバンドの冒頭部分ですが、
  この曲は持続低音が重厚で何小節も続きます。
  左手だけでなく右手にもタイがありますが、解釈でつけられているスラーが多くて、
  パッと見るとタイなのかスラーなのか分からずゴチャゴチャ見にくいです。。。
  原典版でなく解釈版なので、スラー等の書き込みがあるのは当たり前なのですが。

  (他の解釈版を見たことがないので比べることは出来ません。)

また、指使いも私には合わないところが多々あります。
子供時代の名残なのか、指使いは楽譜に書かれているように弾くという癖があります。
自分に合う指使いに変えて弾けばいいのですが、それがなかなか出来なくて、
レッスンで直されることがよくありました。
(よく直されたのは井口版の楽譜だったので、合わないのだと思います。)
いいな、と思うところもあります。
装飾音の弾き方などがそのページの下段に記入されているのがすごく便利でわかりやすい。
これは参考にしています。

先生も言われていましたが、
版の違う楽譜を何冊か手元に置き、見比べてみるのがBestなようです。
・・というわけで、ベートーヴェンソナタ集(後期が収録されているもの)を
もう1冊購入することにしました。どうしてベトソナかというと・・・

  それは、次の機会に~~~ヽ( ´_`)丿 ・・て、続くんかいっ(笑)



関連記事

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top