2017
12.08

今日もモーツァルト♪②

現在取組中の「モーツァルト/ソナタKV330 1楽章」
譜読み開始から1ヶ月以上練習しています。
が、レッスンは5分程見てもらうパターンが多くてあまり進んでいません。
ようやく提示部を最後まで見てもらったところです。
レッスン時間は短くても内容は濃く、勉強になります。
とにかく1音にこだわり、同じ様なことを何度も教えてもらっています。

K.330 1
*提示部冒頭
レッスンの度に装飾音の弾き方をチェック。
最初はドレドレドレドレミソ~と弾いていたが、あまりにも弾きにくいので、
先生の提案ドレドレドレドレドレミソ~に変更。弾きやすくなった。

kv330 kv330
*30~41小節
第2主題b(34小節~)はただ「スタッカートだ!」と弾くのでなく、
音符の動きに合う様に歌わせること。
38小節の付点16分音符が16分音符になっていた・・・
つまり、64分音符(・・なのか?)が32分音符になってた・・・
楽譜をよく見ないと~~~(。>(ェ)<。)エエェェェ
音価を正しく!!修正、修正~~~💦
kv330
*52~58小節
52小節、56小節のギザギザ音型は32分音符4個で区切ってしまいがち。
下行するところは一気に繋げて弾く。
こーゆーところが地味に難しい。。。
58小節の1音目は前のフレーズの終わりの音で、2,3音目の和音は別物。

・・・やっぱりレッスンを受けると違いますね。
曲が生き生きしてきました。
それと、譜読み間違い・・音間違いや音価間違いはよくあって、
先生に言われて気付くことも多い。
(やっぱり私は独学に向いてないと思うわ・・・)

上記以外では、何と!最後149小節の右手を間違えていたことが判明~~
~~ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
・・実は、ずっと違和感ありながら弾いてました(^-^;
(違和感あるならすぐに楽譜を見直せばいいのにそのまま弾いていたという💦)
で、新たに、前にアップした動画の修正Ver.を作りました(笑)
何となく気持ち悪いので・・・(∩・∀・)∩ キャー
劇的に変わってないけど、一応・・・・・

   

また間違いが判明するかもしれないが・・・
   めげずに頑張るわ~~~!!(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー

関連記事

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top