2018
01.24

発表会に向けて・現在までの振り返り①

Category: ポロネーズ
早いもので・・・1月も下旬です Σ(´Д`*)
今年の発表会まであと約2ヶ月半となりました。
・・今回、ポロネーズ関連の記事はまだ一度も記してないんですよね~~
  ・・なんか面倒で ^^; 詳しいレッスン記とかさ💦
ということで、現在までの経過をまとめて記録しておこうと思います。

<曲決定までの流れ>
*去年9月初め、そろそろ次の発表会曲を決めなくては~と思い、曲探しを始める。
 今までは、本番曲はある程度形を作り寝かせていた曲や取り組んでいる曲から
 選んでいたのだが、今回バラード後遺症(笑)により弾ける曲がなく、
 (バッハイギリス組曲は無理やし、ベトソナ27番は秋の弾き合い会曲やし、、、
  木枯らしは・・・無理無謀すぎてパスやったし・・)

 半年ほどで仕上げられそうな曲から選曲することにした。
 2年連続ショパン(エチュードOp.25-12、バラードOp.23)だったので、
 古典にしようと思いモツさん&ベトベンの曲から数曲選び先生に相談することに。
  ⇩
*9月中旬、第1回選曲♪
 モーツァルト・・幻想曲ハ短調475、幻想曲未完396、ソナタ310 1楽章、
 ベートーヴェン・・ソナタ30番1&2楽章、ソナタ31番1楽章
 ⇒先生から、幻想曲未完は✖、310はアラが目立ち弾きにくい、
  ベトソナは手を痛めやすく後期ソナタは難しいからとOK出ず。。。
 消去法で幻想曲ハ短調が残り、取りあえず仮決定とした。
  ⇩
*9月下旬、幻想曲ハ短調は好きだけど、長い曲だし発表会曲としてどうなのか?と
 迷いが出て、もう一度古典限定でなく選曲することにした。
 第2回選曲♪
 バッハ・・平均律プレリュードから2曲、パルティータ1番プレリュード
 モーツァルト・・幻想曲ハ短調(・・一応)、ソナタ311 3楽章
 ベートーヴェン・・ソナタ24番1楽章、27番1楽章
 ショパン・・ワルツ5番、ノクターン8番・18番、即興曲3番、ポロネーズ1番・2番
 ⇒先生から、バッハ平均律プレリュードは軽すぎる(発表会向きでない)
  モツ311は、いいですね~でもモーツァルトは損(難しいのに難しく聞こえない)
  ショパンワルツ5番、いい曲だけど難しい部分があるのに軽く聞こえやすい。
  即興曲3番、難しい。ノクターンは大人向けで地味。・・等々
 この時点ではベトソナ24番とポロネーズ2番がお薦めだった。
   ⇩
*10月初め、発表会曲ほぼ決定~
 先生から「ポロネーズ1番か2番」と言われる。
 どちらか好きな方を選んで~と言われるが選べず、結局2曲同時に譜読みすることに。
*10月中旬、譜読みレッスンスタート。1番と2番を少しずつ見てもらった。
   ⇩
*10月下旬、ポロネーズ1番を発表会曲に決めた。

   ~②は今までのレッスンを振り返ります~~♪


関連記事

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top