2018
03.08

レッスン2018#9Σ(・ω・ノ)ノ!

Category: レッスン
 レッスンに行ってきました。

*ショパン/ポロネーズOp.26-1*
さて、発表会まで残すところ1ヶ月。ということで、
まず最初にポロネーズを暗譜で一通り弾くことにした。
前半は暗譜で弾けたが、一番好きな中間部66~81小節がグダグダに・・
でも止まらず何とか最後まで弾く。
前半は聴いていて”いい曲だな~”と思えるいい演奏だが、
中間部に入った途端音楽の流れが変わり、
「ただ弾いています。」的な演奏になっている。
原因は、音から次の音へバネで弾けていない。
次の音の場所へ手で持っていっているため、音楽が繋がって聞こえない。
歌えていないからだった。
歌わせるためには・・無駄な動きを入れず、次の音へ移動。
次の音に移動するまで鍵盤から指を浮かせない。
とにかく音(音のしっぽ、音の方向)をよく聴く。呼吸を忘れない。
確実に暗譜して音楽的に弾けるようにするために、
ゆっくり練習の宿題が出た。
ただゆっくり弾くことではなく、一つ一つの音、横の音の繋がり、
縦の音の響きをよく聴きながら、それぞれ最適なポジションを覚える。
まだ時間はある。じっくり練習しよう~

*バッハ/イギリス組曲第3番サラバンド*
ポロネーズに時間をかけて見てもらったため、5分程のレッスン。
こちらも長いフレーズを歌わせる練習。
音符の動き、方向に似合った音が出る場所で弾く。

「ピアノを歌わせる」「歌うように弾く」
言うのは簡単だが、これほど難しいことはないと思う。
でも、歌がない演奏には心惹かれない。
どうすれば歌わせられるのか?
先生のヒントを基に、いろいろ考えながら練習しようと思う。



関連記事

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top