FC2ブログ
2018
04.12

自主練記録<ハ長調>①

Category: 自主練
🎹ハ長調(C-dur C major) 
「調性で読み解くクラシック/吉松隆」より
・明るく真っ白なイメージで開放的
・「ドレミファ」の基本となる調。

 ~M先生の資料より~
<音階・調>
第Ⅰ音主音(トニカ)、第Ⅱ音=上主音、第Ⅲ音=上中音、
 第Ⅳ音下属音(サブドミナント)第Ⅴ音属音(ドミナント)
 第Ⅵ音=下中音、第Ⅶ音=導音、
♪長音階(長調 dur major) 
  第Ⅲ音と第Ⅳ音第Ⅶ音と第Ⅰ音が半音。
  それ以外は全音の関係で構成されている。
♪短音階(短調 moll minor)
 *自然短音階・・短音階の基本
  第Ⅱ音と第Ⅲ音、第Ⅴ音と第Ⅵ音が半音。
  それ以外は全音の関係で構成されている。
 *和声的短音階・・自然短音階の第Ⅶ音が半音上行変化したもの。
 *旋律短音階・・・自然短音階の第Ⅵ音、第Ⅶ音が半音上行変化したもの。
          但し、下行形は自然短音階と同様になる。
 ☆ドイツ音名ー長調(dur)は大文字、短調(moll)は小文字になる。
 
♪ハ長調の調号と主音・・調号なし。主音ド(ハ Cツェー C) 

♪近親調・・ある調(主調)の属調・下属調・同主調、
      及び主調・属調・下属調の平行調を近親調という。
 *属調ーーある調(主調)の属音を主音とする調。
 *下属調ーある調(主調)の下属音を主音とする調。
 *同主調ー同じ主音をもつ長調と短調を同主調という。
     (音階のうち3つの音に変化記号#♭をつける)
 *平行調ー同じ調号をもつ長調と短調は相互に平行調といわれる。

     (主音が3度ずれる)

 ♬ハ長調(C-dur C major)♬
DSCN0755_convert_20180402114329.jpg

 属調の平行調    ⇐     属 調     ⇒  属調の同主調
ホ短調(e-moll E minor)  ト長調(G-dur G major) ト短調(g-moll G minor) 
                 ⇑
    平行調              ⇐    主 調    ⇒    同主調
イ短調(a-moll A minor)  ハ長調(C-dur C major)    ハ短調(c-moll C minor)  
                   ⇓                                                               
 下属調の平行調   ⇐     下属調             ⇒ 下属調の同主調
ニ短調(d-moll D minor)  ヘ長調(F-dur F major)  ヘ短調(f-moll F minor)

 
関連記事

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top