2018
05.31

北欧の作曲家①

🎶エドヴァルド ・ハーゲンループ・グリーグ
 1843年6月15日生まれ ノルウェーの作曲家

子供時代のお気に入り”少年少女世界名曲アルバム”。 
その解説絵本の中で、絵があまりにも怖くて、
強く印象に残っている曲がある。
(怖いもの見たさ・・というものだろうか 笑)
シューベルトの「魔王」、そしてグリーグの「ペール・ギュント」

<ペール・ギュント>第1組曲より 第3曲「アニトラの踊り」

グリーグのピアノ曲といえば「ピアノ協奏曲イ短調Op.16」が有名。
ピアノ独奏曲なら<抒情小曲集>だろうか?
<蝶々>、<アリエッタ>・・・(あまり詳しくないので ^^;)
<ノクターン Op.54-4> は、大人向きの洒落た曲♪

グリーグの曲を習ったことはないのだが、
大人教室時代のお楽しみ会でグリーグが2台ピアノ版に編曲した
モーツァルトソナタK.283 1楽章を2台ピアノで披露したことがあった。
(第1ピアノはオリジナル、第2ピアノはグリーグが作曲したもの)
・・ただ、私は第1ピアノでモーツァルトだったのだけど・・(^^;
DSCN0788_convert_20180529090321.jpg
・・第2ピアノの方はダイナミックな演奏をされる方だったので、
その迫力に驚いた・・ことを覚えている(笑)

🎶クリスティアン・シンディング
 1856年1月11日生まれ ノルウェーの作曲家

「ピアノパッションⅡ」というピアノ曲のオムニバスCDに収録されていた、
「春のささやき」という曲。
あ~何だかいいな、弾いてみたいな~と思い、ピースを購入。
しかし譜読みをすることもなく、その楽譜はお蔵入り・・・
久しぶりに聴いてみた。




関連記事

コメント
こんにちは~~

北欧の作曲家には関心や憧れがありますが、未開拓分野です。

ペール・ギュントの『朝』だけ弾こうと試みたことがあるのだけど、「これ私の曲じゃない」と思って、あっさり放棄してしまいました(笑) 嫌いっていうわけじゃなくて、弾くのがしっくり来ないという意味で…。
あっ。抒情小曲集を手もとに置いておけば、自分に合う曲が見つかりそうですし、譜読み祭りも楽しめそうですね。

記事を読ませていただいて、良い刺激になりました!
グリーグかシベリウスか、どれかチャレンジしてみようと思います(*^▽^*)
Nekoushidot 2018.06.01 14:32 | 編集
Nekoushiさんどうもです^^コメントありがとうございます。

> 北欧の作曲家には関心や憧れがありますが、未開拓分野です。
> ペール・ギュントの『朝』だけ弾こうと試みたことがあるのだけど、「これ私の曲じゃない」と思って、あっさり放棄してしまいました(笑) 嫌いっていうわけじゃなくて、弾くのがしっくり来ないという意味で…。
> あっ。抒情小曲集を手もとに置いておけば、自分に合う曲が見つかりそうですし、譜読み祭りも楽しめそうですね。

そうなんですか~~実は私も聴くけど弾くことはあまりないですね。
グリーグはペールギュントのイメージが強くて、ピアノ曲はあまり知らないです。
「蝶々」など有名ですけどね。譜読み祭りは楽しそうです(*^^)v

> 記事を読ませていただいて、良い刺激になりました!
> グリーグかシベリウスか、どれかチャレンジしてみようと思います(*^▽^*)

そうですか~~!ぜひチャレンジを!!ヽ(^o^)丿
amydot 2018.06.01 20:21 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top