2018
07.05

プロコフィエフ

 先日の練習会で、ブロ友さんが参加されたコンクールの会場が話題に上りました。
その会場には作曲家の名前がつけられた小ホールが3つあるそうです。
・ショパンホール ・シューマンホール ・プロコフィエフホール
各ホールにはそれぞれ常設ピアノが置かれているそうでして、
ショパンホールはプレイエル、シューマンホールはザウダー、
プロコフィエフホールはブリュートナー。

ここで気になったのが、なぜ上記の3人の作曲家が選ばれたのか?ってこと。
そして、常設ピアノは作曲家が好んだピアノなのでは?と思うのですが、
ショパン=プレイエル(仏)、シューマン=ザウダー(独)、
プロコフィエフ=ブリュートナー(独)
ショパン、シューマンはわかるんだけど、プロコフィエフ・・??
プロコフィエフ(舌噛みそうな名前ですが~爆)、
一応名前は知ってますが、
「ピーターと狼」「ロメオとジュリエット」は知っていますが、
ピアノ曲は???
「束の間の幻影」という曲がオムニバスCDに収録されてますが、
全く記憶にないという・・・( ̄▽ ̄;)
近・現代の作曲家の曲に取り組もうと思うことがほとんどないので、、、
 ドビュッシーまでかなぁ・・・(一一")
 特にロシアの作曲家は、チャイコフスキー位かなぁ・・・
 (ハチャトゥリアンは少しだけ習ったけど。)


で、少し調べてみました。で、驚いた!プロコフィエフさん凄いお方だったわ~
20世紀を代表する重要な作曲家の一人で、ピアニスト・指揮者でもあったそう。
数多くのピアノ作品があるみたいですね。
♪「戦争ソナタ」と呼ばれる ピアノソナタ第7番

♪「束の間の幻影」

プロコフィエフホールの常設ピアノ「ブリュートナー」は、
プロコフィエフが好んだピアノだったみたいです。

私が好きなのは、やっぱりこの曲♪
インパクトが強すぎるわ~~!!(笑)

♪オケ版


某ケータイのCMに使われてたっけ・・・🐕


関連記事

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top