FC2ブログ
2018
07.23

時間をかけて

Category: 日々の練習
 毎日暑いですね・・・(;´∀`) 今年は暑すぎます!!猛暑、酷暑・・・(。>(ェ)<。)エエェェェ
  私は夏が大の苦手なんですよね。。。あと2ヶ月程続くのでしょうか。゚(゚´Д`゚)゚。
こう暑いと練習にも身が入らないのですが、
レッスンに行くとやはり違いますね。頑張って練習しよう!と前向きになります。

バッハイギリス組曲は、予想通り(?)終曲ジーグに手こずっています。
あと一息。なんですが、なかなか合格ラインに到達できないようです。
イギリス組曲第3番は去年7月初めからレッスン開始でしたので
余裕で(笑)1年超えちゃいましたねΣ(・ω・ノ)ノ!
サラバンド地獄(^^;~ガヴォット高速終了からのジーグは2ヶ月目。。。
まぁ急ぐ必要もないので、ゆっくり気長にやろうかと思っています。

ベートーヴェンテレーゼもレッスン開始6か月目です。
11月に本番演奏の予定があるので、それを目指して仕上げている段階です。
6か月取り組んでいると手にも馴染んできて、
ようやく自分らしく弾けるようになってきました。
去年の発表会後から、レッスンで譜読みから見てもらうことにしましたが、
今回も譜読みレッスンの効果を非常に感じています。
一つ一つ、フレーズごとに、楽に弾ける最適なポジションを探しながら
時間をかけて丁寧に譜読みしていくと仕上がり具合が全く違います。
1年続けたことで、自分でも最適なポジションや弾き方が随分わかるようになりました。
変な弾き方をしていると違和感を感じますし、
腕の位置なども自然と楽な場所へ持っていけるようになりました。

「何も早く仕上げることが良いことではありませんよ。
 じっくり時間をかけて深くやることに意味がありますからね。」
ピアノに限らず、何でも早い(速い)ことが良いことのように思われがちですが、
そうではないんですよね。時間でなく中身が大切なんだな、と。
”譜読みがはやいことはいいことだけど、もう少し深く譜読み出来れば更に良い。”
長年言われ続けてきたことの意味が理解出来ました。

そういうことで(笑)、憧れ曲 バラード4番 はじっくり時間をかけて
楽しみながら取り組んでいこうと思っています。
まさか、この私が、取り組むことが出来るようになるとは思っていなかった曲なので。
先生には「ライフワークとして取り組んでもいいですね。」と言われています。
本当に亀の歩みで、出来ない部分もたくさんありますが、
少しずつ、1フレーズずつを、じっくり時間をかけて譜読み中です。
現在は、私にとっての難所、58小節~の主題1変奏部分は取りあえず置いといて、
(忘れないように確認練習は続けながら)先に譜読みを進めています。

先日は99小節~ト短調部分を見てもらいました。
ここから134小節まで、6度和音を含む16分音符音型が続きややこしいのですが、
一つ一つ、音の動きに合う様に、弾く場所や指使いを考えて弾くと、
とても弾きやすくなりました。
レッスンでは、まず私が弾いてから先生が修正して下さいます。
一つずつ弾き方の見本を示して説明(私は先生の弾き方をガン見状態 笑)
それから同様に弾いてみて、手取り足取り?で修正作業。
毎回「なるほど~!」と目からウロコ!で得るものが多いです^^
(習得するのには時間がかかるので何度も同じことを言われてますが(^^;)
・・それと毎回思うんですが、やっぱりショパンって凄い!
複雑な音型でもピッタリ嵌る場所があって、そこで弾くと楽なんです。
その最適なポジションを探しながら、ぼちぼち譜読みを進めていきたいです。

急ぐことはない、じっくりゆっくりで~(笑)
暑すぎる今年の夏を上手く乗り切りたいですね。
  たま~に遊び弾きもしています。ほぼ、モーツァルトです~~(。>ω<。)ノ




関連記事

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top