FC2ブログ
2018
09.13

レッスン2018#32(=゚ω゚)ノ

Category: レッスン
 レッスンに行ってきました。

*ベートーヴェン/ソナタOp.78 1楽章*
前回の課題だったペダル。
レッスンで教えてもらったことを思い出しながら練習した。
一通り弾いた後、ペダルに関しては特に言われず(大体良かったようだ。)
本番に向けての仕上げレッスンに。
ベートーヴェンらしい演奏にするためには?
構成をよく考えて曲作りをする。テーマやモチーフは同じように弾かない。
調性や音の高さなど、違いを表現する。
オーケストラや弦楽四重奏のように、各パートはどんな楽器のイメージなのか?
考えて欲しい音色を作る。
平坦な演奏でなく立体的な演奏にする。
音の長さ、強さ、音の向かう方向・・よく観察して表現する。
楽で効率的な弾き方で弾く。最適なポジションを探す。

*ショパン/バラードOp.52*
ベートーヴェン⇒モーツァルトだとキツイので、
間にショパンのレッスンをお願いした。
今回も同じ部分の譜読みレッスン。
まだ最適なポジションが覚えられていない。
楽で効率的、そして音が繋がる場所を探していく作業。
少しずつだが前進。

*モーツアルト/ソナタ/K.333 1楽章*
初回レッスン。10小節まで。
常に呼吸と歌うことを忘れないこと。
音価の長い音は長さ分持続する音量で弾く。
モーツァルトは、スケールを粒を揃えて滑らかに弾くことが大切。
親指で弾く音注意。音が飛び出さないように。
上行しているところは一気に弾く。(下行部分も)
指くぐり部分はポジション移動。スライドさせて弾く。

今回のポイントは、前の音のバネで次の音を弾くこと。
遠くの音に飛ぶ時も同じ。手でその場所に持っていくのではない。
常に、和音ごとのポジションで脱力して楽に弾けるところに移動する。


関連記事

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top