FC2ブログ
2018
09.26

標題あれこれ・・⑤Σ(・ω・ノ)ノ!

 <ロマン派>~1890年頃まで<近現代>1890年以降
*西洋音楽史の時代の区切りはキッチリ決まっているわけでないので。。。
 面倒なので(笑)まとめていっちゃいます~~( ̄^ ̄)ゞ


<フランス>
♬アルカン♬ (1813~1888)
☆ショパンやリストと同じ時代を生きた。超絶技巧曲の作曲家???
鉄道:練習曲Op.27 ・・・は、速っっ(@ ̄□ ̄@;)!
♬ビゼー♬ (1838~1875) ☆代表曲「カルメン」
・子供の遊びOp.22(連弾曲)
♬サン=サーンス♬ (1835~1921)
☆「動物の謝肉祭」
・カナリアのワルツ  ・かわいいワルツ  ・のんきなワルツ
・物憂げなワルツ   ・愉快なワルツ  ・・ワルツシリーズ??
♬シャブリエ♬ (1841~1894)
・10の絵画風小品 6「牧歌」 10「スケルツォ・ワルツ」が人気。
 
♬フォーレ♬ (1845~1924)
☆三大レクイエム(モーツァルト、ヴェルディ、フォーレ)
 ピアノ曲多数。ノクターン11作品、舟歌13作品など。

・組曲「ドリー」Op.56(連弾曲)
・シシリエンヌOp.78(ピアノ独奏曲版)
月の光Op.46-2(ピアノ独奏曲版)

♬ドビュッシー♬ (1862~1918)
☆印象派 性格悪し?!
・映像第1集 水の反映、ラモーを讃えて、運動
・プレリュード(前奏曲)集Ⅰ 亜麻色の髪の乙女、沈める寺 等
 その他、喜びの島、ハイドンを讃えて、レントより遅く 等多数。
・12のエチュード
 1-5本の指のための(チェルニー氏による)チェルニーへのオマージュ
 

♬サティ♬ (1866~1925)
☆ヘンなタイトルの宝庫(笑)変人だった???
・子供の曲集Ⅲ迷惑な軽い罪 大きな頭の友人という存在をやっかみ
              彼のジャムパンを失敬して食べてしまう
              足のまめを理由に輪回しの輪を頂戴するために
・コ・クオの少年時代(母親の忠告)
              ココアを指につけてなめちゃだめよ、
                 耳もとでコソコソ話してはだめよ、
                 頭の上に手をのせるのはよしなさい、
   ・・・サブタイトルが何とも。。。爆

 
♬ラヴェル♬ (1875~1937)
☆やはり「ボレロ」かな?
・夜のガスパール オンディーヌ、絞首台、スカルボ
・クープランの墓
・マ・メール・ロワ  ・・など多数。

♬プーランク♬ (1899~1963)
☆名前を見て思ったこと
  その1「しりとり」 ・・プ、プーランク ・・ク、クープラン( ̄▽ ̄;)
  その2「名前を間違えるおばちゃん」 ・・プ、プークラン? ク、クーランプ??

・15の即興曲 10・音階賛美  ・・な、なんて美しい音階なんだ!!???
       12・シューベルトを讃えて 可愛らしい曲でした
 ♪エディットピアフを讃えて
 

♬メシアン♬ (1908~1992)
・鳥のカタログ 1~7巻

★この時代の流行りなのか、作曲家へのオマージュ的な曲が多い??

・・・標題(タイトル)、他にもまだまだありますが・・
         これで一旦終了。小休止とします<(_ _)>



関連記事

コメント
ちょちょちょ~~~、amyさんったら

その1「しりとり」 ・・プ、プーランク ・・ク、クープラン( ̄▽ ̄;)
  その2「名前を間違えるおばちゃん」 ・・プ、プークラン? ク、クーランプ??

笑笑笑
プーランクとクープランはどっちやねん!とツッコミたくなりますね(^^;(^^;

牛田くん、12歳でエディットピアフを讃えてはすごいですね(^^;
画面を見ないで聴くといい年の大人がしっとり弾いてるとしか思えない…(^^;
ね~み♪dot 2018.09.26 21:06 | 編集
ね~み♪さんどうもです^^コメントありがとうございます!

> 笑笑笑
> プーランクとクープランはどっちやねん!とツッコミたくなりますね(^^;(^^;

そうなの。プーランク、クープラン・・え~とぉ?あれ???
プークランやったっけ?あれれ、クーランプ???・・・となる(笑)
孫の名前を犬の名前と間違えるうちの母を思い出しました💧

> 牛田くん、12歳でエディットピアフを讃えてはすごいですね(^^;
> 画面を見ないで聴くといい年の大人がしっとり弾いてるとしか思えない…(^^;

そうなの。びっくり。
いい曲やわ~~♪エディットピアフとフォーレの月の光の楽譜が欲しくなりました(笑)
amydot 2018.09.26 21:38 | 編集
標題シリーズの完結編は、プーランクとクープランの独壇場ですね(笑)標題じゃなくて作曲家名に主役を持って行かれるとは!!

私も混乱します。というか、ごく最近まで同一人物と思い込んでて、「クープランって長生きだなぁ」とビックリしてました。よく考えたら、それだと300歳ぐらいになってしまいますね(爆)
ラヴェルに『クープランの墓』って曲があるんだから、気づけよって話ですが…(^^;;

サティもねぇ(笑)
大きな頭の友人という存在をやっかみ←大きな頭って羨ましい!?
足のまめを理由に輪回しの輪を頂戴するために←どういう状況なのでしょうね?「キミは足にマメができてて輪回しできないんだからボクに輪をくれた方が有意義だよ」的な?

あと、メシアンの『鳥のカタログ』が地味に気になりました。バードウォッチかペットショップの店頭か…(笑)
Nekoushidot 2018.09.27 05:24 | 編集
Nekoushiさんどうもです^^コメントありがとうございます~
> 標題シリーズの完結編は、プーランクとクープランの独壇場ですね(笑)標題じゃなくて作曲家名に主役を持って行かれるとは!!

(笑)やっぱり最後は作曲家ですかね~
プーランクとクープランは混乱しますよね。。同一人物と思いますよ~
300歳!!←地味に(?)ウケてしまいました(笑)

> 足のまめを理由に輪回しの輪を頂戴するために←どういう状況なのでしょうね?「キミは足にマメができてて輪回しできないんだからボクに輪をくれた方が有意義だよ」的な?

あ~!確かにそういう状況かも。意味不明だったのですよ。。。
どんな曲なんだろう・・気になります。

> あと、メシアンの『鳥のカタログ』が地味に気になりました。バードウォッチかペットショップの店頭か…(笑)

(笑)サブタイトルは鳥の名前でしたよ。ピティナ音楽辞典によると、
「鳥を媒介として、フランス各地の雄大な山や海の諸相を描出した、自然への壮大なオマージュ」だそうです。

一旦小休止ですが、いつか続きをアップします。
ロシアとか、北欧やスペインやアメリカ、そして日本。。。
ネタは尽きませんね(笑)
(・・パソコンの調子が悪くて。。。(;^_^A )
amydot 2018.09.27 07:42 | 編集
タイトルシリーズいつも楽しみにしていたのに(特に、amyさんの、さすが関西!というツッコミがgood・笑)一旦休止ですか?ちょっと寂しいです。でも、kleinepause ですよね〜 再開心待ちにしてます!

プーランクとクープラン 
誰しも一度は間違える?笑笑
そうそう、前の記事で、ピアノ音楽誌の漫画に載っている芸人・クープランさんの絵が強烈でした。

そうそう 曲のタイトルで私が印象に残ったものといえば、
ここにも名前が挙がっている、アルカンの、
「海辺の狂女の唄」
ですかね。
精神に異常をきたした女が、唄を歌いながら海に入っていく(入水自殺!)という内容らしいです、怖っ。
私はタワシdot 2018.09.28 09:38 | 編集
タワシさんこんにちは~コメントありがとうございます!
わぁ~楽しみにして下さってたなんて♪嬉しいです(*^^)v
うちのパソコンの調子がイマイチでして・・・打ち込んでいる最中にフリーズして何度もやり直してちょっと嫌になりまして(爆)
ちょっと様子みようかと。(次はロシアかな・・待ってて下さいね~笑)

> プーランクとクープラン 
> 誰しも一度は間違える?笑笑
> そうそう、前の記事で、ピアノ音楽誌の漫画に載っている芸人・クープランさんの絵が強烈でした。

やっぱりそうでしたか~(笑)
私はずっとプークランと思い込んでましたよ。
あの4コマ漫画、作曲家の特徴を掴んでいて、つい笑ってしまいます(笑)
ホンマにこんな人だったかも?!と思ってしまいます(;^_^A

> そうそう 曲のタイトルで私が印象に残ったものといえば、
> ここにも名前が挙がっている、アルカンの、
> 「海辺の狂女の唄」
> ですかね。
> 精神に異常をきたした女が、唄を歌いながら海に入っていく(入水自殺!)という内容らしいです、怖っ。

わ~~~すごっ!こわっ!
他にも強烈なタイトル(内容)の曲がありそうですね。。。
amydot 2018.09.28 18:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top