FC2ブログ
  大人になってピアノ再開しました
アーティキュレーションを読む
2020年03月06日 (金) | 編集 |
 自主練曲のソナタ第20番1楽章。
今回、楽譜はウィーン原典版を使っています。
子供時代の楽譜は、全音ピースかソナチネアルバムだったと思います。

ウィーン原典版は「田園」に取り組むので購入しました。(2巻です)
それまでは、全音ベートーベン・ソナタアルバムを使っていました。
ウィーン原典版と全音を比べると、やっぱり全音はスラーが多い・・
(原典版と解釈版の違いはあるけれど、、、)
今回ソナタ20番の楽譜を見比べていて、ふと気づいたことが。。

提示部 第2主題24~26小節、32~34小節のアーティキュレーションは・・
☆ウィーン原典版☆
KIMG0553_2_convert_20200306203440.jpg
☝32~34小節
再現部 第2主題91~93小節は👇となってます・・
KIMG0554_2_convert_20200306203651.jpg
99~101小節は提示部と同じです。

全音は、提示部24~26小節が・・
KIMG0555_2_convert_20200306203557.jpg
32~34小節が・・
KIMG0556_2_convert_20200306203611.jpg
再現部も同じです。

ちなみに・・全音ソナチネアルバム(娘の楽譜)は、
全てスタッカート3つの指示でした。
ヘンレなど、他の版はどうなっているのかわかりませんが。
今回はウィーン原典版の楽譜通りに弾くことにしました。
他には、ウィーン原典版はスラーが少なくて・・
スラーがついてない部分はノンレガートで弾くのか? う~~ん・・

例えば、モーツァルトの場合、
スラーの記譜がない部分は基本ノン・レガートが望ましいらしい。
スラーに関しては、フレージングを意味するスラーを書かなかったので、
原典版で記されているスラーは、アーティキュレーションを表しているそうだ。
(「原典版」で弾きたい!モーツァルトのピアノ・ソナタ/久元祐子)

作曲家によりアーティキュレーションやフレージングは違うのですよね。
「フレージングとアーティキュレーション」生きた演奏のための基礎文法
 ☝読んでみたい。。。




ソナタOp.49-2 あれこれ
2020年03月06日 (金) | 編集 |
 🎹今年はベートーヴェン・生誕250年記念イヤー🎹

 <ソナタ第20番 Op.49-2>
  1795年or1796年完成 1805年出版
  ☆1805年に「2つのやさしいソナタ」作品49として出版

 <第1楽章>
 アレグロ・マ・ノン・トロッポ Allegro,ma non troppo
  快活に速く、しかしあまり速過ぎないように
 ト長調(G-dur) 2分の2拍子 ソナタ形式

 ♪提示部(1~52小節)
  ・第1主題(1~4) ト長調
  ・推移・移行部(16~20)
   主題中に含まれる三連符音型が利用されている 
  ・第2主題(21~28) ニ長調
  ・第2主題確保、推移、終止(29~52)
 ♪展開部(53~66小節)
  ・ニ短調→イ短調、第1主題の展開→
   ホ短調(属音シが持続される上に、小さな素材が展開)→推移・移行部
 ♪再現部(67~122小節)
  ・提示部をいくぶん拡大。
   (第1主題の確保が縮小され、これに続く推移が拡大されている)  
  ・第1主題 ト長調 第2主題 ト長調


☆ソナチネに収録されているソナタ。
 それ程複雑ではありませんが、すごく粗が目立つ曲だと思います。。。
   ・・て、何回も書いてるやん~~笑
 3連符とか、粒を揃えることや縦に揃えることが意外と難しい・・
 それと、アーティキュレーション。
 強弱、スラー、スタッカート、レガート・・etc.をどうするか?
 ちょっと気になる部分があるので、それは別記事で~~~💨


 
   

バラード終了後にやりたい曲
2020年03月04日 (水) | 編集 |
今年の発表会まで2ヶ月を切りました。
2ヶ月後、新型肺炎の影響はどうなっているかわかりませんが。。。
発表会は無事開催できるのか、現時点ではわかりませんが、
4月末まではバラードに取り組みます。
現在、まだ「もぐら叩き底なし沼地獄」からは抜け出せていませんが、
少しずつ前進はしていると感じています。

弾き方を変えるレッスンを始めて6年目。
教室発表会に参加するようになって5年目。
思えば発表会の曲は、私のピアノ人生における
”ターニングポイントになった曲” なんですよね。
初参加のエチュード「大洋」、バラード1番、ポロネーズ1番、
去年のモツソナK.333、そしてバラード4番。。。
バラード4番は、5年間の締めくくり。
ちょっと大袈裟だけど、集大成のような気がしています。
まだまだこれから、道半ば、ですけどね~~笑

あと2ヶ月、出来るところまで頑張りますが、
最近はバラード終了後に取り組む曲のことも考えています。
バラードの次は、ベートーヴェンソナタ「田園」第1楽章。
これは決定です✨ベートーヴェン・イヤーだからね笑

プーランクのノクターン1番は、
キリのいいところまでは取り組む予定。
春の地元の弾き合い会には間に合わないので、予定変更。
春の弾きあい会は不参加になるかな・・・
秋の弾き合い会の曲にするかも?

当初、プーランクの後にショパンノクターン8番をやるつもりでした。
が、これも変更することにしました。
ショパンの次の曲は、エチュードから選ぶことにしました。
ノクターンもやりたいんだけど、2年長い曲(バラード)に取り組んだので、
次は短い曲がいいな、と(笑)
現時点では、エチュードOp.25-2をもう一度やりたいと思っています。
25-2は途中挫折してるので。。。
それと、以前習ったエオリアンハープや革命もやってみたい。
どちらも7年位前に習っているので、
今ならもっと深く取り組めるのではないかと・・
バラード4番で習ったことを、確実に習得したいなぁ~と。

発表会終了後、レッスンの曲は、
ベトソナ「田園」とプーランク・ノクターン、
そしてショパンエチュードの3曲でいこうと思っています。

・・となると、バッハは引き続きお休みになっちゃいますかね~~~
バッハはプーランクかベトソナが終了するまで小休止!


   バッハ大先生、おやすみなさい~~~
      。。。(=_=)💤(´Д⊂ヽ💤(=_=)。。。 

 


今月の自主練曲♪2020年3月
2020年03月01日 (日) | 編集 |
 🎎3月になりました

今月の自主練<ベトソナ祭り♪>の曲は、

 ソナタ第20番 Op.49-2 第1楽章 です~♪

ソナタ第20番は、ソナチネアルバム・ソナタアルバム1に収録されていますね。
私が習ったのは、確か・・小学生の頃?
発表会で弾いたと記憶しています。
 子供時代通っていた教室の発表会は、
 小学生の頃は、年に2回開催されていました。

楽譜は、たぶんピースだったのかな? 
楽譜が残っていないのでわかりませんが。。。

大人になってから習っていないので、
練習するのは小学生の頃以来?!
大人になってから、遊び弾きはしていたと思うけど・・
どっちにしても、すごい久しぶりですね~~~(@ ̄□ ̄@;)!!

2月から少し練習していますが、
すごく粗が目立つ曲だな・・と思います。3連符とかね。。。
ぼちぼちやっていきます! 





2020年自主練♪<2月>
2020年02月28日 (金) | 編集 |
 ⛄2月も明日で終わりですね。。。

2月の自主練曲、ソナタ「月光」2楽章はそろそろ終了です。
今月も発表会曲中心に取り組んでいたので、
自主練はあまりやっていませんでした^^;
細かい練習はできませんでしたが、
練習時間の最初に弾くことは続けていました。

月光2楽章は、
「もぐら叩き底なし沼地獄」に咲く一輪の花🌷でした。
弾くと、ホッと一息つける感じでした♪

今回も自分の記録として音源アップします。

 <ソナタOp.27-2「月光」第2楽章+α>
 ・グランド練習室で録音しました。
  もうすこし表情をつけられないか?と思い、
  練習室でいろいろ試しました。
 ・音が繋がるように弾くには?p、ppの出し方、
  右と左の音量のバランス・・etc.
  一度やった位ではコツは掴めませんでしたが。
 ・何度か録音にトライしましたが、録音するというだけで緊張。。
  最小限のミスにとどまった録音、1テイクしか録れなかったです^^;
 ・今回も、+αは来月(3月)の自主練曲です。
  今回は提示部のみです。
 ・3月の自主練曲、一見簡単そうかもしれないけど、
  すごく粗が目立つ曲やと思いました💦粒を揃えて弾くのが大変かな。。
 

 3月も<ベトソナ祭り♪>は続けますよ~~(*^▽^*)




レッスン2020#6・7<限定>
2020年02月27日 (木) | 編集 |
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

日々の練習あれこれ・・
2020年02月21日 (金) | 編集 |
 レッスンに行ってきました。
現在、バラードの後半集中レッスン中です。
今回も部分ごとに細かく丁寧に指導していただき、
教えてもらったことを忘れないように繰り返し練習しています。

練習時間は、仕事から帰宅後の1時間半ほど。
いつも最初に自主練曲の月光2楽章を練習します。
あまり細かい練習は出来ていないんですが・・💧
何度か通しで弾いて、その後3月の自主練曲の譜読みをしています。

その後、1時間は延々とバラードの練習。。。
未だ「もぐら叩き底なし沼地獄」から抜け出せていませんが、
それでも、直したい部分は数個所に絞られてきました。・・油断禁物やけど
現在は、後半177~210小節、そしてコーダを部分ごとに区分して練習。
KIMG0539_2_LI_convert_20200216184622.jpg
*181~190小節*
ここ、何回同じことを言われたやら。。。(;^ω^)
縦刻み演奏から抜けられません。。。
・左手の音を意識して、から始まるように弾く。
・次のの音の前まで繋げて一気に弾く。
 ☝を、一区切りずつ弾いてポジションや音を覚える。
 出来たら、ゆっくり繋げて弾く→テンポを徐々に上げる

レッスンで先生に修正してもらい、少しコツは掴めたんですよね。
後は、完全に覚えて定着させること、やね。
KIMG0405_2_convert_20191007081610.jpg
*191~195小節*
大洋のエチュード。
レッスンで片手ずつ見てもらいました。
ポジションを確実に覚えること。頂点と底の音がポイント。
次の音に向かう音が出る場所で弾くと楽なんですよね。
なかなか定着しないけど・・・
KIMG0542_2_LI_convert_20200216184711.jpg
*コーダ*
部分ごとに細かく見てもらいました。
☝音符の動き、ギザギザタイプね(笑)音の方向が変わる部分がポイント。
片手ずつゆっくり練習して、最後にコーダ全部を繋げて弾きました。
ゆっくりだけど、楽に綺麗に弾けた!!
とにかくゆっくり、徐々にテンポを上げていく。
コーダは何度も繰り返し練習。まだ定着はしていないけど。

部分練習に1時間。。最後に必ず通しで弾いて終了します。
後半以外の苦手部分も必ず部分練習するようにしています。
なかなか定着しないけど。。。

バラードの練習終了後は、
プーランク・ノクターンを少しだけ練習します。
前半は大分覚えられてきました。中間部以降はまだまだですが・・(^^;

そして最後に、
「エディットピアフを讃えて」、モツソナK.333 1楽章、K.330 1楽章 
を弾くのが最近のMyブーム(笑)
エディットピアフはレパートリーにしたいので1回は弾くようにしています。
モーツァルトは、ある日気分転換に弾いてみてすっごく楽しかったので(笑)
最近は、最後にモツさんを弾かないと終われなくなってます(笑)
・・そのため、練習時間が20分も長くなってしまう。。。⊂⌒~⊃。Д。)⊃

やっぱり古典が好きなのよね~~✨
古典に始まり(ベトソナ)、古典に終わる(モツソナ)今日この頃でした(一一")



本番演奏に向けて②
2020年02月17日 (月) | 編集 |
グランド練習室に行ってきました。
発表会まで月2回はグランド練習室で練習する、
・・という宣言通り 笑 有言実行!?・・続けたいですね

まず最初は、自主練曲の月光2楽章で指ならし。。
もっと表情をつけたいと思い、音の強弱を考えて弾いてみた。
録音もしましたが、思ったほど強弱がついていないのよね。。
もっと思い切って変化をつけないといけないのかな。。。
その後月光1楽章を弾きたくなり、途中まで弾き進めたところで、
バラードの練習をするためにレンタルしたのに!!
・・と思い途中でやめる。
そしてようやくバラード・・ではなくて、3月の自主練曲を練習(笑)
このままだとベトソナ祭り♪になっちゃうので、
キリのいい所でベトソナ終了!早速バラードの練習へ。。。

レッスンはしばらくの間バラードだけを見てもらうことにしました。
現在は、後半の集中レッスン中です。
中間部の最難関部後半、117小節から見てもらっています。
先日のレッスンでいくつか課題が挙げられているので、
その課題を練習しました。
ゆっくり、片手ずつ、ポジションを確実に覚える練習。
音の方向をよく聴き、次の音に繋がる音で弾く練習。
連続和音の弾き方。。。etc.
あっという間に1時間が経ってしまいました。

音を聴きながら、いろいろと何度も試しながら練習していたので、
結構頭が疲れていました。。。
疲れているけど、一度通しで弾いて録音することに。
バラードの録音は、ほとんど一発勝負なんですよ💦
比較的短い曲だと何回か録音して、
その中で一番気に入った録音をアップするんですが・・
バラードはそれが出来ません・・
2回以上弾いて上手くいったことはほとんどありません。
特に、コーダまで弾く時は尚更です💧
なので、ミスしてもつっかえても、
とにかく最後まで弾き切ることを考えて弾いています。

 👇今回の録音です。1月の演奏と比べてどうやろうか?
  1月はコーダ前の連続和音が弾けなくて途中まででしたが、
  今回は最後まで弾きました。
  かな~~~~り聞きづらい演奏やけど。。。特にコーダ💧
  ・・相変わらず苦手部分が焦って速くなっているな・・💧
  左手の音が出ていない部分がたくさんある・・・💧
  これは、指が鍵盤にかすっているだけで、
  ちゃんと重みが移動出来ていないからですね。
  それと両手が近く重なる部分は、つい手を横にずらしてしまい
  片手練習で弾いたように弾けていないからだな。

  ♬練習中♪バラードOp.52 ⑭♬

  レッスンで挙げられた課題を地道にやっていきます。
  次の録音で変化が現れればいいのだが。。。

  まだまだ「もぐら叩き底なし沼地獄」は続くのであった。。。☠